会計事務所の仕事について詳しく知りたいと思います。業務内容に関してより具体的で詳細に記載されている書籍、もしくは会計事務所の裏話などの書籍、税務署と会計事務所の関係など、おすすめの書籍等ありましたらご回答ください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「不撓不屈」


著:高杉良
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
映画やってたので、観にいきました^^

お礼日時:2006/07/17 17:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会計事務所、特許事務所、法律事務所など

このカテゴリーでいいのかよくわからないのですが・・・。
就職活動中の学生です。

ちょっと興味があるのですが、
『会計事務所』『特許事務所』『法律事務所』『社会保険労務士事務所』『経営コンサルタント』では、それぞれどのような業務をしているのでしょうか?

お答えお願いします。

Aベストアンサー

『会計事務所』
公認会計士・税理士が勤務しており、公認会計士は会社の監査、税理士は各種税金の申告書の作成、等をしています。他に経営相談・資産運用相談、行政書士(公的機関に提出する書類の作成)を兼ねていることもあります。

『特許事務所』
弁理士が勤務しており、特許権の申請書類作成、申請前の類似特許がないか検索、等をしています。

『法律事務所』
弁護士が勤務しており、法の専門家として、訴訟・法律相談・代理人交渉、等が中心業務ですが、税理士の仕事を兼ねる人もいます。

『社会保険労務士事務所』
社会保険労務士が勤務し、各種社会保険に関する申請書作成をしています。行政書士を兼ねて助成金関係の手続きをする事務所もあります。

『経営コンサルタント』
経営相談・開業相談・融資(金融機関)の紹介、等をしています。

Q会計事務所からの税務署への問い合わせについて

現在、会計事務所(税理士法人)で勤務をしています。
私が事務補佐で従事している税理士からは 税務 について質問がある場合でも、

「会計事務所の所員は、税務署に質問してはいけない。」

と言われています。
私はまだこの業界では3年と経験が浅いですが、悩むレベルもまだまだ低いので、
税理士に質問する事で解決できますが、
税理士であっても判断をしかねる案件の場合、個人を装って(会計事務所の所員である事を隠して)
税務署へ問い合わせをさせられる事もしばしば。。。

会計事務所や税理士法人の所員(もしくは税理士?)は、
本当に税務署へは問い合わせをしてはいけないのでしょうか?

つまらない質問で申し訳ございませんが、参考までにお伺いしたいと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

元会計事務所職員です。
私も個人を装って税務署に質問していました。

別に質問してはいけないということはありませんよ。
税務署も聞かれた事には答えてくれますし…。

まぁ、税理士や会計事務所としてのプライド…というのもありますが…。
実は税務署に余計な情報を与たくないから…というのが一番でした。

税務申告書類だけでは日々の取引内容までは解りませんよね。
しかし、取引内容の情報が税務署に渡れば申告結果から処理内容を類推するのは簡単です。
更に税理士でも判断に困るような案件であれば、税務署が目を付けない訳がありません。
申告書を見て怪しいと思えば、税務調査対象の候補にあがるかもしれません。
それを避けるために個人を装って税務署に質問していた次第です。

また、あまり会計事務所からの質問が多いと、関与先全てに解釈違いの嫌疑がかけられ、調査対象が増えてしまうこともあります。

そういった余計なトラブルを避けるため、個人を装って税務署に問い合わせていました。



余談ですが、税法解釈は「狭義解釈」が基本です。
「たぶん~だろう」といった曖昧な解釈をして、それが税務署の解釈と異なっていた場合、トラブルの原因にもなりかねません。
事実、解釈の相違が元で関与先から訴訟を起こされた税理士が何人もいます。
そうならないためにも税務署の見解を知ることも必要になってくるのです。


以上、長文失礼いたしました。

元会計事務所職員です。
私も個人を装って税務署に質問していました。

別に質問してはいけないということはありませんよ。
税務署も聞かれた事には答えてくれますし…。

まぁ、税理士や会計事務所としてのプライド…というのもありますが…。
実は税務署に余計な情報を与たくないから…というのが一番でした。

税務申告書類だけでは日々の取引内容までは解りませんよね。
しかし、取引内容の情報が税務署に渡れば申告結果から処理内容を類推するのは簡単です。
更に税理士でも判断に困るような案件であれば、税務署...続きを読む

Q法律事務所、会計事務所、特許事務所などのカテゴリについて

会社の取引先をカテゴリー別に分類整理しているのですが、
法律事務所、会計事務所、特許事務所をまとめてどのようなカテゴリーにすればいいのかわからず悩んでいます。
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

企業の分類方法は色々あります。
(御社にとって、検索・抽出しやすい分類にする必要がありますので、御社事
 情を知り得ない者の回答は意味が無いかもしれません)

ただ、これが回答では意味がありませんので

http://www.stat.go.jp/data/jigyou/2006/bunrui.htm
専門サービス業

こちらですと、ほぼ全ての企業体を網羅できますのである意味、便利な分類です。

Q会計事務所(税理士法人・事務所なども含む)勤務経験がある方にお尋ねします!

(1)会計事務所に就職する場合は税理士を目指すということが前提でないと駄目なんでしょうか?
(2)もし、税理士を目指さなくても就職できたとしても、税理士を目指さないのであれば、会計事務所に就職する意味はないのでしょうか?
   御意見を伺いたいです。
(3)会計事務所に就職後何年かそこで働いて、その経歴を活かして、企業経理に転職することは可能なのでしょうか?
   ちなみに、取得資格は日商簿記2級、勉強中の資格は日商簿記1級であるという前提でお願いします。

Aベストアンサー

以前、会計事務所で働いていました。

(1)目指していなくても大丈夫ですよ。しかし、事務所が所属していた全国グループ内での試験はいくつか受けるように言われました。(国家資格ではありません。)
ちなみに私は面接の時点で、簿記3級も持っていませんでしたが、やる気があるところを見せて採用してもらいました。その後すぐに2級まで取って実践で色々学びました。当然税理士なんて程遠かったですよ。

(2)意味はあります。様々な業種の顧客の監査をするんですよ。こんなに色々な分野を見れるなんてなかなかないじゃないですか。私は先輩の補助として監査について回りましたが、本当に勉強になりました。会計の中身だけでなく、その顧客のお金に対する考え方も聞けていい経験になりました。

(3)私は一部上場企業の子会社に「本社経理希望」で転職しましたが、事情があって最後まで経理にはつけませんでした!(今は出産退職)
悲しい事に性別でも違ってくると思います。
経理は女性事務員がやるものだ!という人や、お金の事だから簡単に仕事を辞めない男性がやるものだ!という人がいました。

質問者様がどの規模の会社を狙うかはわかりませんが、若いうちの転職でしたら「経験者」でなくても入り込みやすいのでは。
面接で「こいつは育てれば使える」と思わせるように活動すれば、会計事務所の経験を認めてくれると思います。

以前、会計事務所で働いていました。

(1)目指していなくても大丈夫ですよ。しかし、事務所が所属していた全国グループ内での試験はいくつか受けるように言われました。(国家資格ではありません。)
ちなみに私は面接の時点で、簿記3級も持っていませんでしたが、やる気があるところを見せて採用してもらいました。その後すぐに2級まで取って実践で色々学びました。当然税理士なんて程遠かったですよ。

(2)意味はあります。様々な業種の顧客の監査をするんですよ。こんなに色々な分野を見れるなん...続きを読む

Q会計事務所や税理士事務所の形態は何?

会計事務所や税理士事務所、弁護士事務所、ジャニーズ事務所
というように、「~事務所」とつく事業形態は、
個人事業なのですか?それとも、法人なのですか?

Aベストアンサー

会計事務所や税理士事務所に関しては、圧倒的に個人事業が多いものと思います。

特に税理士事務所に関しては、数年前に税理士法人という制度ができたばかりで、徐々に法人も増えつつはありますが、ほとんどは個人事業です。

そもそも、法人であれば、会計事務所であれば、監査法人○○、税理士事務所であれば、税理士法人○○、という名称をつけている所がほとんどですので、○○会計事務所、○○税理士事務所、という名称であれば、ほとんどが個人事業と考えて良いものと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報