興味があって調べてるんですけど、プロゴルファーって日本に何人くらいいるんですかね?

そしてその中でプロとしてゴルフだけで食べていける選手っていうのは何%くらいなんですかね...。


ご存知の方がいらっしゃったら教えてください ^^

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本プロゴルフ協会(PGA)には、資格認定を受けた4,443名(2006年1月6日現在)のゴルフプロフェッショナルがPGA会員となっています。


http://www.e-golf.co.jp/pga/

女子プロゴルファーを認定する日本女子プロゴルフ協会(LPGA)では、600人を超える女子プロが登録されています。
http://www.lpga.or.jp/profile/profile_retrieve.asp

トーナメントに出場して賞金を稼げるプロは、ほんの一握りしかいません。
ほとんどのプロは、先輩プロの紹介等によりどこかのゴルフ場の所属になりゴルフ場から報酬を得たり、ティーチングプロとして活動しています。
ある期間は安いながらも安定した収入を得られるゴルフ場所属プロはまだ良い方ですが、それでも生活は楽ではありません。単身赴任で寮生活の所属プロもいます。野球でいえば、2軍の選手みたいなものです。
主な収入アップは、自分の努力で賞金稼ぎをすることになります。
食べていけるかといえば食べていけるかもしれませんが、ゴルフ場に来たお客様と一緒にプレーしながら教えてあげたりしてご祝儀をいただく等がないと苦しいと思います。

トーナメントで優勝したりして、知名度が上がればテレビ番組出演や取材、講演等の依頼があり、競技以外での収入が増えますが、そのようなプロはトップクラスの人に限られます。
一方、トーナメントで賞金を稼げるようになるためにはプロになってからも練習を積み重ねなければならないので、副業をする時間を作ることが難しくなってきます。というか、副業をしていたのでは実力が上がりません。プロゴルフはそれほど甘いものではありません。

結局、実力のある者しか生き残れない厳しい世界です。
世界ツアーで優勝するような有名な若手プロも、実力を認めてツアー費用や生活費の面倒をみてくれたパトロンの存在がなければ、チャンスを逃していたかもしれません。

参考URL
日本プロゴルフ協会
http://www.pga.or.jp/about/index.html

参考URL:http://www.pga.or.jp/about/index.html
    • good
    • 0

正確には人数は書きURLで調べて見てください


都道府県別に登録されています

現在のトーナメントで出場できるプロは約300名ほど
トーナメントでも150名弱が出場して
予選で約半数がカットされ本戦に出ることが出来るのは
約70名ほどで本戦で50位以下だと出場費用がまかなえるかどうか
程度の賞金しか出ないようです
賞金だけで生活できるプロはおそらくその半分くらいかと思います
スポンサーが付いたり、副業を持ったり
中には奥さんが働いて夫のツアー費用を稼いでいる話も
あちこちで聞きます

楽な商売ではないようですね

参考URL:http://www.pga.or.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロゴルファーになるには?非常に甘い考えかと思いますが、敢えてお伺いし

プロゴルファーになるには?非常に甘い考えかと思いますが、敢えてお伺いします。当方40歳半ばですが、なかなか夢はつきません。プロゴルファー(シニア)になるには例えば例を上げさせていただきますと(非常に甘い考えの元書きますので、設定は当方=A、ある有名ゴルフショップのレッスンプロ=B、ゴルフ場の支配人=C、謎の大金持ち=Dの設定)、まず、プランA=ある日当方が有名ゴルフショップの試打室で試し打ちをしていると、そこのレッスンプロ Bが話しかけて来て『いい筋してますね。一度紹介したい人がいますので会ってみませんか』と言われついて行くと謎の大金持ち Dがおり『話しは聞いています。私がスポンサーになりますので一度プロゴルファーを目指しませんか』と言われプロゴルファーになる。プランB、ある日友人とラウンドする約束をしてゴルフ場に行きました。ところが4人で回るはずが急用で1人来れなくなり、そこへゴルフ場の支配人 Cが『私で良ければご一緒させていただけませんか』と言われ一緒にプレイをする。途中支配人 Cが『凄く上手い、是非当ゴルフ場で専属契約しませんか』と言われプロゴルファーになる。当方も歳も歳ですので、シニアプロになる。どちらもまったく可能性すら無い話でしょうか?

プロゴルファーになるには?非常に甘い考えかと思いますが、敢えてお伺いします。当方40歳半ばですが、なかなか夢はつきません。プロゴルファー(シニア)になるには例えば例を上げさせていただきますと(非常に甘い考えの元書きますので、設定は当方=A、ある有名ゴルフショップのレッスンプロ=B、ゴルフ場の支配人=C、謎の大金持ち=Dの設定)、まず、プランA=ある日当方が有名ゴルフショップの試打室で試し打ちをしていると、そこのレッスンプロ Bが話しかけて来て『いい筋してますね。一度紹介したい人がいますので...続きを読む

Aベストアンサー

40代半ばでも夢持つのは素敵な事です。
ただしその夢を実現するには、多くの壁を乗り越える必要と、人生をかけるコミットメントが必要です。

貴方の描いているプランでは、プロゴルファー(トーナメントプロ)に成るには無理でしょう。
なぜならプロゴルファーになるにはPGAのプロテストに合格する必要があります。
そして合格してもすぐにツアーに参戦できるわけでは在りません。
トーナメントに出るには、その出場資格を手にする必要が有るからです。

オープントーナメント(プルもアマも参加するトーナメント)の常連アマで、常にベスト20位に入るだけのゴルフの技量を持っていたとしても、プロになるには道のりは遠いでしょう。

参考までにPGAの資格について載せておきますね。

社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)は、文部科学省管轄のもと日本国において唯一の「プロゴルファー」の認定団体です。現在PGAが認定しているプロゴルファー資格には、「トーナメントプレイヤー(TP)」、「ティーチングプロ(TCP)」の2種類あります。「トーナメントプレイヤー」とは、ゴルフ技能に特に優れ、トーナメントに出場するだけの技能、及び知識を有した者に付与されます。一方、「ティーチングプロ」とは、ゴルフの指導技能に優れ、広範にわたるゴルフ知識及びPGA指導要領を取得した者に付与され、ゴルフの普及と発展を目的に活動します。

○PGA資格認定プロテストは、その年度中(2010年1月1日~12月31日)に、16歳に達する者以上の男性で
 下記対象者が受験できる。国籍は問わない。

◆ ゴルフ研修生として受験資格を獲得した者。
ゴルフ研修生とはゴルフ場、ゴルフ練習場で従業員として勤務しながら、研修会団体の競技会に出場している者

◆ 競技実績による受験資格に該当する者。(各プロテスト受験資格参照)
  アマチュア競技成績による受験資格者は、資格取得後5年間以内に1回のみ受験可。
  複数タイトルホルダーでも受験は1回のみ。プロテスト(一次~最終プロテスト)を通過しなかった場合、
  次回はプレ予選からの出場となる。

◆ 他国のPGAライセンス取得者(日本人を含む)

◆ ハンディキャップ(JGA ・ R&A ・ USGA ・ IGF)3.0以内の者

◆ ゴルフ部在籍経験者

◆ PGAティーチングプロ

◆ 2009年度最終プロテスト出場者

◆ その他PGAが承認した者

40代半ばでも夢持つのは素敵な事です。
ただしその夢を実現するには、多くの壁を乗り越える必要と、人生をかけるコミットメントが必要です。

貴方の描いているプランでは、プロゴルファー(トーナメントプロ)に成るには無理でしょう。
なぜならプロゴルファーになるにはPGAのプロテストに合格する必要があります。
そして合格してもすぐにツアーに参戦できるわけでは在りません。
トーナメントに出るには、その出場資格を手にする必要が有るからです。

オープントーナメント(プルもアマも参加するトーナメント...続きを読む

Qすっごく興味があるんだけど…。

高校二年生です。
最近体育の授業でしか体動かしてなくてスポーツがやりたくなったので、
どうせやるなら興味のあるゴルフをやってみたいなあと
思っているのですが、知り合いにやってる人はいないし父親もやっていないし、
近くにゴルフ場もない(都心なのですが手軽には行けない…)し
自分で道具をそろえるお金もないしで、まったくの八方塞がりに困っています。

親に頼もうかとも思いましたが、ただでさえお金ばっかりかけさせてるのに
ゴルフのように道具やらラウンド料など比較的お金のかかる趣味を持ちたい
などといってこれ以上わがままな頼みはできません。
これは親孝行の心からとかそんなのじゃなくて、
この歳からじゃプロにはなれないし今のところなるつもりもないので、
親には言い出せないんです。
「一生の仕事にするつもりのないものをわざわざ忙しい今から始めるな」って
言われるのは目に見えています。自分でも納得しています。

そこで、高校生のお小遣い程度でも平気なぐらいリーズナブルにゴルフを
楽しむ方法ってないでしょうか(できればテレビゲーム以外でお願いします)。

また、素振り用の短いやつ(?)の値段とか、
ゴルフをする際に使う筋肉を鍛える方法とかをご存知の方、お教え願いたいです。

高校二年生です。
最近体育の授業でしか体動かしてなくてスポーツがやりたくなったので、
どうせやるなら興味のあるゴルフをやってみたいなあと
思っているのですが、知り合いにやってる人はいないし父親もやっていないし、
近くにゴルフ場もない(都心なのですが手軽には行けない…)し
自分で道具をそろえるお金もないしで、まったくの八方塞がりに困っています。

親に頼もうかとも思いましたが、ただでさえお金ばっかりかけさせてるのに
ゴルフのように道具やらラウンド料など比較的お金のかかる趣味を...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私は北海道に住んでおり、都会の練習場や原っぱ?の無さは解りません。多分あったとしてもクラブを振り回していたら騒ぎになったりするんでしょうか?
でもでも、せっかくゴルフに興味を持った人がただ都会に住んでいるからといって「なかなかできない」のはもったいない。アドバイスになれば幸いです。
さて、まずは道具ですね。最近は中古ショップもディスカウントショップもあります。インターネットオークションやフリーマーケット等でも出品されてますよね。セットや最新モデルはまだ必要ありません。1本1000円程度で売ってる三流メーカーや中古のバラクラブをまず手に入れましょう。7番アイアンか5番アイアンがいいでしょう。それとセットでプラスチックの穴開きボールを買います(00円くらい)。このボールがまっすぐ飛べばゴルフボールも前には飛びます。
クラブとボールを手に入れたら次にプロのレッスンビデオを手に入れましょう。若いウチはビデオの真似をするだけで充分です(脳も身体も柔らかいので真似ができるのです)。ただし買ったビデオにグリップの握り方が入っていなければ学校の先生などを総当りして教えてもらいます。握り方は重要です。そしてクラブグリップの変わりになるものを用意して(太さが似ていればただの丸棒でも構いませんが硬いもので)テレビの前でスイングの真似を毎日しましょう。イチローや中村のスイングをモノマネする感覚で構いません。そうすれば自然と身体のひねり方や体重移動のしかたが身に付きます。ただし細やかに!足の裏のつき方とか目線の写し方なんかもきちんと!私は岡本綾子さんのビデオで練習しました(ちなみに私は男です)。現在は85前後でラウンドする25歳です。
その次に素振りができるスペースを探します。アスファルトの上は最初の内はやめましょう。地面をたたいて手首を痛めたり、逆にそれを怖がってちゃんとしたスイングが身に付きません。土か痛めても良い芝生(川原とかアゼとか)の上でやれれば安全です。素振りをして身体をゴルフに適した柔らかさにします。ゴルフのスイングは意外と腰や背筋を無理に伸ばしたり縮めたりしますから身体が慣れていないとあちこち痛くなるものです。肩幅よりほんの少し広い構えで身体の真正面の土(芝)にホンの少し跡が付く(かする程度)、その跡の方向が打ちたい方向に向いている、それを目標に疲れが残らない程度に毎日頑張りましょう。薄暗くなってきたらボールを使います。地面がよく見えなくてもそうすれば方向が解るからです。力は7割程度で。練習場は金がかかるんですよね。だから月1回程度で良いんじゃないでしょうか。それとゴルフをやってる人は教えたがりです(笑)。機嫌を損ねないように適当に聞き流して、教えてもらう人や教材はできる限り絞ってください。できれば最初は一つに絞ったほうが良いと思いますよ。ビデオの中で岡本さんも言ってますが「金を掛けなくてもまっすぐ振れればちゃんと飛ぶ」です。根気よく頑張ってください!!

こんにちは。
私は北海道に住んでおり、都会の練習場や原っぱ?の無さは解りません。多分あったとしてもクラブを振り回していたら騒ぎになったりするんでしょうか?
でもでも、せっかくゴルフに興味を持った人がただ都会に住んでいるからといって「なかなかできない」のはもったいない。アドバイスになれば幸いです。
さて、まずは道具ですね。最近は中古ショップもディスカウントショップもあります。インターネットオークションやフリーマーケット等でも出品されてますよね。セットや最新モデルはまだ必要あ...続きを読む

Q元巨人の桑田が、プロゴルファーになる?

元巨人の桑田 真澄が50歳までにプロゴルファーになるとの報道がありましたが、本気なんですかね?
僕は、将来的にはプロ野球の世界で、コーチか監督となると思っていましたが、もう野球界には戻らないのですかね?彼がプロゴルファーになったら、野球界の損失になると思いますが、皆さんはどう思いますか?
率直なご意見お願いします!

Aベストアンサー

中々興味深い質問ですね・・・
あくまで私の考えですが「ゴルフ」「野球」どちらもあり、と言うか本人自体「どっちか?」と考えているのでは?と言う気がします。

その一つに彼の野球界でのイメージがあります、ご存知とは思いますが現役(ちょうどバブル期ですね)時に球界人には珍しい財テク?と称し相当な不動産を所有しそれが原因で破産寸前まで行きましたよね・・・この問題で彼は相当「悪いイメージ」を球界に残してしましました・・・
その後あのナベツネさんが手を回すというか問題解決に力を貸したらしいですが・・・
その時から「野球界」では「将来の指導者は?だね」と言う暗黙の了解らしき見方になったそうです・・・

ただ彼の長い経験や卓越した技術論はある意味野球界の財産的なものでもありますし実際球界関係者もコーチ(監督もあるかも?)として招聘したいのでしょうがやはり前述の「悪いイメージ」がまだ残っているのかも知れませんね・・・まぁもう20年以上前の事ですからいずれは忘れられる事だとは思いますがやはり野球界と言うかプロの世界はイメージが優先されますからね・・・

そして幸か不幸か彼の弟がゴルフ界に籍をおいてた事もありゴルフに目覚めた?らしいです・・・まぁ彼の素質や性格からしたらプロになる資格も十分にあると思いますしなにより根っからのスポーツマンですからね・・・「本気でやろうか?」という考えも理解出来ますよ・・・
なんでもあの松坂大輔も引退後はプロゴルファーになる計画をしてるらしいですからね・・・
余談ですがプロ野球の選手でも特にピッチャー経験者はゴルフの素質があるらしいです、他の回答者様が「西本聖」の事を書いておられましたが往年の大投手金田正一も相当な腕前でしたからね・・・

まぁ今回は彼の試合後のインタビューでも「いい経験が出来た」「プロ(ゴルフ)の世界を実感出来た」とか色んな意味で前向きな発言もしてましたので当面はゴルフに精進し経験を積みながらも今後の野球界の動向を見てるのでは?と・・・・・

「ゴルフと野球」と言う二束のわらじも彼なら十分出来ると思いますし中年(確か43歳?)の星、と言うか両方の世界での活躍も期待出来るのでは?と言う気もしますしね・・・・

しばらくは彼の今後の動向に注目したいと思っております。

私見ながら長々書き申し訳ありません。

中々興味深い質問ですね・・・
あくまで私の考えですが「ゴルフ」「野球」どちらもあり、と言うか本人自体「どっちか?」と考えているのでは?と言う気がします。

その一つに彼の野球界でのイメージがあります、ご存知とは思いますが現役(ちょうどバブル期ですね)時に球界人には珍しい財テク?と称し相当な不動産を所有しそれが原因で破産寸前まで行きましたよね・・・この問題で彼は相当「悪いイメージ」を球界に残してしましました・・・
その後あのナベツネさんが手を回すというか問題解決に力を貸したらし...続きを読む

Q日本男子ゴルフでプレーオフって何なんですかね?公式記録には入らない記録?

日本男子ゴルフでプレーオフって何なんですかね?公式記録には入らない記録?

Aベストアンサー

公式記録には入らない記録?
そですね、本ラウンドは一応終了して
同点決勝ですから、公式記録には・・・プレーオフの結果○○選手の勝ちと
記録される暗いですね!^^
PGAの規定で、同スコアでの、両者優勝者は認めていません
ですから、プレーオフで、単独の優勝者を決めるんですね!^^

Q全て網羅したプロゴルファー名鑑

検索しましたが見つからないので質問します。
日本のゴルフ創成期からの男女プロゴルファー(優勝できなかった方を含む)を網羅したプロゴルファー名鑑がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

恐らくJGAでしか記録されていないと思いますので
JGAに問い合わされることが早道かと思います

もし、見たことがないのですが、毎年名鑑が発行されていれば
図書館に保管されている可能性が考えられます

アドバイスまで

Qプロゴルファー

現在27歳ゴルフ歴2年です。スコアは90前後で、週一ぐらいのペースで練習場に通っています。いきなりですが、今からプロゴルファーを目指せますでしょうか?厳しい世界なのは漠然とわかっていますが、可能性があるなら挑戦してみたいと思います。ただ、本当にゴルフが好きになってしまい、四六時中ゴルフのことばかり考えています・・・

Aベストアンサー

十分目指すことができます。
PGAやJGTOのテストを受けている人たちで30歳を超えている人はたくさんいます。
27歳は少し年だといった程度です。
ただ順調にプロになったとしても、ツアーで戦うのはやはり難しいですし、
かなり経費もかかります。
レッスンプロの世界も今では勝ち組と負け組みに分かれているようです。
いずれにせよ経済的に余裕がなければ、生活はかなり苦しくなる可能性が高いことを覚悟してください。

Qサンテレビめざせパーゴルフ初代女子プロゴルファー

現在サンテレビで放映中の「原田伸朗のめざせパーゴルフ」にレギュラー出演されていた
女子プロゴルファーの名前を教えてください。

現在はその女子プロゴルファーの後任として
井戸木鴻樹プロが出演されています。

Aベストアンサー

私が番組を見始めた時(かれこれ10数年前?)に出ておられた女子プロは乃村三枝子プロでした。
http://www.lpga.or.jp/profile/326

残念ながらこの方が初代かどうかわかりませんが、乃村プロのあと2人ほどはさんで松澤知加子プロ→井戸木プロだったように思います。 何分かなり前のことなので、記憶があいまいで申し訳ありません。。。。
松澤プロ出演時はツアーでも優勝されたりと活躍されていて、当時まだ目立った成績を残していなかったゲストプロの藤田寛之や久保谷健一にプレッシャーをかけて委縮させてました。 懐かしいです。

Qプロゴルファーの青木さん

プロゴルファーの青木さんという男性の方は、おいくつからゴルフを始められたのですか?
初めから素質はあったのでしょうか?
それとも努力の成果の方が大きいタイプ?
彼がプロになるまでのゴルフには、どのような特徴がありましたか?

初心者質問ですみません^^;

Aベストアンサー

すみません
御質問の何歳からゴルフを始めたかについては
ホームページにはありませんでした

記憶をたどって(あまり確かではありませんが)
中学生の時にキャデイーをやった事はホームページにも出ています
この頃はクラブがとても高価で現在のように一般の人が簡単に
手に入るものではなかったと聞きます
プレーヤーが忘れていったり、ご褒美にくれたりしたもので
ゴルフをしていたそうです
15歳の頃、5I一本だけを手に入れた青木プロが
テイーショットも、バンカーも、パターも5Iでラウンドして
練習したと覚えています
全盛期に、寄せを5Iでやっていたのはその頃からの感覚が
一番生きるクラブであったからと解説されていました

ゴルフが大変好きだった事で自分も努力したのでしょうし
才能もあったからプロにもなれ、数々の優勝が勝ち取れた
と思います
とにかく、小さい頃はお金の取れる職業として
目標にしていた事は間違いないと思います

参考になればと思います

Q女子プロゴルファー

女子プロゴルファーで活躍していた井上陽子さんはどうしたのでしょうか。
女子プロゴルファー協会にも名前がないのでどうされたかと思っています。
ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

改名して、現在は井上葉香(ようこ)と名乗っていますよ。

参考URL:http://www2.lpga.or.jp/profile/profile.asp?cd=451&yyyy=2005

Q30年ほど前、ロ リョカンというアジア人プロゴルファー、いませんでしたか?

30年ほど前、 ろ りょかん ? と言う名前の
プロゴルファー がいませんでしたか?
英語ではミスター ルー、とか言われていたと
思います。
どなたか知っている方、教えてください。

Aベストアンサー

呂 良煥選手ですね。台湾の方です。
http://www.fujisankei-g.co.jp/fsc/rekidai/winer75.htm
http://taipeinavi.com/daynews/daily_photo.html?id=523


人気Q&Aランキング

おすすめ情報