色と音の関係についての本やサイトを探しています。
(できれば本のほうが良いです)

ニュートン、ゲーテ、ザッコリーニ、クレー、
カンディンスキー、シェーンベルク、など、
どのようなものでもかまいません。

「こんなのあるよ」という情報をいただけると
とても助かります。よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  書籍としては、以下のシュタイナーの本がありますが、シュタイナーはかなり難解なことを述べます。ただ、ゲーテを尊敬していて、ゲーテミューゼオンだったか、ナチスに破壊された建築を自分で造った人でもあるのです。神秘主義思想家ですが、教育理論家・実践家としても知られ(農学者としても知られています。建築家だし、音楽家だし、舞踊理論家・実践者で……)、シュタイナー学校という独特のシステムの教育を提唱し、シュタイナー学校は、ドイツで百校は越えていたはずです。
 
  >「色と形と音の瞑想」
  >ルドルフ シュタイナー (著), Rudolf Steiner (原著), 西川 隆範 (翻訳)
  >価格: ¥1,900
  >単行本 - 221 p (2001/11/01)
  >風涛社 ; ISBN: 4892192082 ; サイズ(cm): 18 x 13
  >
  >レビュー
  >内容(「BOOK」データベースより)
  >色・形・音に秘められた意味は何か。精神科学の独自の観点から色・形・音について語ったユニークな一冊。
 
  一方、色と音の連関については、アルチュール・ランボーの有名な詩は、彼には「共感覚」として、文字の「音」が「色」に見えたのだろうという説があります。
 
  「共感覚 色 音」で検索すると色々なページが出てきます。また「色聴」というキーワードでも出てきます。以下の「色聴」というサイトには、参考本が8冊ほど挙げられています。
 
  >色聴
  >http://www.isop.co.jp/main/sikicho.htm
 
  >進化研究と社会:共感覚
  >http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/cog_ky …
 
  また、ヘルマン・ヘッセの Glassparenspiel には、この名の「演技」が出てきますが、何かよく分からないのですが、色彩のあるガラス玉を多数、配列しつつ、音楽がそれにともない、そして……という「総合純粋芸術」で、シュタイナーのオイリュトミーのような感じもするのですが、ヘッセのこの「演技」は一人で行います。『ガラス玉遊戯』または『ガラス玉演技』という名で訳されているはずです。唯一の二巻本長編で、ヘッセのノーベル文学賞は、名目は、この本の価値を評価してです。
 
  なお、わたしは共感覚経験はあまりなく、色聴もあまり記憶にないのですが、或る非常に美しい宗教音楽の或る部分を聞いていると、「虹色の光」が見えました。どうも、この音楽のこの部分は、「七色=虹色の光」が他の人にも見える曲というか、演奏部分のようです。
 

参考URL:http://www.isop.co.jp/main/sikicho.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん詳しく教えていただいて、ありがとうございます!
共感覚・色聴については全く知りませんでした。
キーワードとして、とっかかりになります。
非常に参考になりました。

お礼日時:2002/03/05 00:15

話は少しずれるのかもしれませんが、色彩にも意味があるようなことを撮影監督のビットリオ・ストラーロが言っていたのを思い出しました。


ストラーロと言っても、映画ファンでなければ分からないと思いますが、ベルナルド・ベルトリッチ監督とコンビを組んだ映画のカメラマンで、「ラストエンペラー」他で知られています。モーツアルトの映画(アマデウスではないテレビシリーズだったか)を独特のセピアトーンでとったこともあります。
わたしなどは、セピアの映画を見るとストラロをすぐに連想します。

彼は、色彩には意味があり、それを映画「ディック・トレーシー」で実験したとか。
個人的には好きな映画ではありませんが、音楽と映像という意味では、ディズニーの「ファンタジア」なども考察の対象に加えると、おもしろいかもしれませんね。
とはいえ、こちらは純粋に音というよりもストーリーというの部分が大きいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ストラーロですか。映画うといです(笑)
ファンタジアは子供のころ昔の作品をみて
すごいなぁ、と思った記憶があります。
参考になりました。

お礼日時:2002/03/11 21:23

女優シャーリー マックレーンの書いている「going within」という本のP.146に載っていますよ。

(和訳され 角川文庫からでています)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
探してみます。

お礼日時:2002/03/05 00:39

スクリャービンという作曲家はご存知でしょうか。

色彩ピアノなるものを使って、音と色の融合をはかった作曲家です。

この人をなしに、多分色と音の関係は語れないと思いますが。
目下文献はちょっとわかりませんが、探せば必ず当たると思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/MusicHall/2678/russia …

この回答への補足

(これからお答えくださる方へ…)
ド=赤、レ=橙…
のような対応づけについて、多くの情報を求めています。
ex.マクドナルド・ライト

補足日時:2002/03/02 01:12
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます!

スクリャービンは名前しか知りませんでした。
とても参考になりました。本を探してみます。

お礼日時:2002/03/02 01:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲーテ色彩論

ゲーテ色彩論がどういうものなのか、知りたいのですが、文献を読む前に具体的な絵画を見たいと考えています。そこでゲーテ色彩論を取り入れている画家にはどんな人がいるのか、回答お願いします。

Aベストアンサー

お読み頂き有難うございます。

補足いたします。最大の光量を徐々に減らすと、最初に黄色が見えてきます。更に減らすとその両側に黄緑と橙が見えてきます。逆に、真っ暗から徐々に光を増やすと青色が最初に見えて、更に増やすと、その両側に、黄緑と赤紫が見えてきてきます。

この光を徐々に減らして見える幾つもの色と、反対に増やして見える幾つもの色が最終的に一致して、円となるのです。

ここで、黄色と青色は補色関係になります。

従いまして、この光の増減によって見える色が変化しますから、この順番に色を配置すれば、絵に光量の動きを書き込むことができるのです。ターナーの絵の白は本当に明るいところ、黄色いところはそれよりも、光がすくないところ、順番に描かれています。

ここでの問題は、光は明度・彩度を変化させませんが、絵の具は重ねていくと明度と彩度が落ちてきますので、それらを変化させないで、自分が表現したい色々な色を如何に表現するかが画家の力量です。

この流れから、点描画法(小さな色の点はキャンパス上で混じってないので、彩度は落ちていないが、人間が見てから画家が希望する混色となるのです)が生まれている。

お読み頂き有難うございます。

補足いたします。最大の光量を徐々に減らすと、最初に黄色が見えてきます。更に減らすとその両側に黄緑と橙が見えてきます。逆に、真っ暗から徐々に光を増やすと青色が最初に見えて、更に増やすと、その両側に、黄緑と赤紫が見えてきてきます。

この光を徐々に減らして見える幾つもの色と、反対に増やして見える幾つもの色が最終的に一致して、円となるのです。

ここで、黄色と青色は補色関係になります。

従いまして、この光の増減によって見える色が変化しますから、...続きを読む

Q絵画コンクール教えていただけないでしょうか?

絵画コンクールに出品したいのですが、どのコンクールがどのようなレベルか分からなくて困っています。
そこそこレベルの高いコンクール(日本の有名公募団体展で賞を取ってる人が出品するぐらいのコンクール…?例えがしょぼくてすみません。)を教えていただけないでしょうか?ちなみに私は学生で油絵です。

Aベストアンサー

下記のサイトに絵画の公募展の一覧が載っていますので、
rurio様の作品を出展されたらいかがでしょうか。
下記のもの応募要領が載っています。
上野の森美術館大賞展
搬入
 2004年2月22日(日)、23日(月) 10:00~16:30

第7回川の絵画大賞展
搬入
5月15日(土)・16日(日) 両日とも 午前10時~午後4時

北の大地展ビエンナーレ
搬入
8月7日(土)~8月8日(日) 午前10時~午後4時

お気に入りに登録して時々ご覧下さい。

参考URL:http://artkan.com/link2.html#haru

Qピアノ奏法の練習のしかたを教えていただけませんか?

息子にピアノを教えようとして、困っています。
問題点は、右手の4の指と5の指の独立が上手くいかない事です。左手に比べて和音を弾くことが少ないためかとも思われますが、自分自身も苦手なままにきたので、具体的にどうすればいいという答えもテキストもこれといったものがわかりません。

Aベストアンサー

確かショパンが書いて、日本ではピアニストの安川加寿子さんが編集したんだったけな 「ピアノのテクニック」っていう教本(ハノン系)の中に、それは恐ろしい 4 と 5 の指を鍛える練習法があったと思います。
子供のころ、泣きながら練習した思い出があります。

確か、4の鍛え方は1、2、3、5を全部押さえて(ド、レ、ミ、ソ)状態で4の指だけ指を動かして 「ファ、ファ、ファ。。。。」と音を出す様な物だったと記憶しています。

Q編曲をしていただけるサイトを探しています。

こんちには、作曲(メロディのみ)をピアノ曲用に編曲していただける方を探しています。そのような、サイトを知っていましたら、教えてください。

Aベストアンサー

どちらかというと個人的にお願いしたいという感じですね。
サイトに関しては、たとえばSNSのコミュニティなんかをさがせばごろごろいるんじゃないでしょうか。
ただ個人的にはメロディのみで作曲といってしまうのはもったいないような気がします。私自身は伴奏とかリズムとか全部ひっくるめて作曲と考えておりますので。
やはり自分の曲を作るのには、他人のどんなに素晴らしいアレンジよりも、自分の発想とかイメージが一番だと思います。

Q美術品の箱です。訳していただけませんか。

先日弟が中国に行き「香炉」を購入してきました。その木箱の表・裏に添付画像の様な文字が書かれています。何と書いているのか訳を調べようとしましたが、判別出来ずに困っています。
詳しい方がいらっしゃいましたらご教授願いますでしょうか・・・。よろしくお願いいたします。
(画像見えますでしょうか・・・何度も添付に失敗してサイズを小さくしたので劣化していないか不安です・・・)

Aベストアンサー

最初の二文字は「汝窯」
次が不明でなんとなく「茶」かなと。で次が「均窯」
そのあとが「相違なきことを約する」ではないですかね。「なきことを  する」はひらがな。「約」は推測です。「證」「訋(機種依存文字)」かもしれない。かなりゆずって「記」。相違ははっきり書いているのにこちらは判読がむずかしいのはわざとなのか。偏が簡体字印刷書体の言偏に似ています。

名前は判読不能で
一番上が斜めに算用数字の「187」か「189」。「’87」かも。次が漢数字の三か五。次が不明、ちょっと「平」に見えます。最後が「真」
日本人っぽい名前のようです。算用数字が不明ですが。

字も筆記具も、字の雰囲気も自信無さげで、怪しい雰囲気をかもし出しています。
板にちゃんと書けない筆記具を選ぶだろうかということ。
汝窯、均窯、どっちなんでしょう?
 「相違ない」の前に「に」が入っていない。
草書、行書、楷書体の混用。
平仮名が妙に丸字のように思います。

好意的に解釈すると中国の「汝窯」のスタイルにならって作られた物、で「○均窯」は彩色方法。 ですかねえ。均窯は鈞窯の別字当て字のようです。

最初の二文字は「汝窯」
次が不明でなんとなく「茶」かなと。で次が「均窯」
そのあとが「相違なきことを約する」ではないですかね。「なきことを  する」はひらがな。「約」は推測です。「證」「訋(機種依存文字)」かもしれない。かなりゆずって「記」。相違ははっきり書いているのにこちらは判読がむずかしいのはわざとなのか。偏が簡体字印刷書体の言偏に似ています。

名前は判読不能で
一番上が斜めに算用数字の「187」か「189」。「’87」かも。次が漢数字の三か五。次が不明、ちょっと「平」に見えます...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報