「ゆとり教育」という言葉を最近よく聞くようになりましたが、
これは単純に学習内容を削減した、ということでよろしいのですか?
また、このようなゆとり教育への動きの背景にはどのような原因があるのでしょうか?
さらに、このゆとり教育について個人的に意見があるという方は、ぜひそれも
聞かせてください。
いろいろと聞いてしまいましたが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

文部省の言い分がどうであれ、ゆとりの教育とは学習内容の削減といえるでしょうね。


私は一般人ですからはっきりしたことはわかりませんが、背景には一般公務員と教員との労働日数の格差是正とかがあるんではないでしょうか?
教員は夏休みなどもやらなくてはならない仕事をたくさん抱えていますから休みが多いとは言い切れないし、ましてや部活の顧問などをやっていれば普段から休み無しという状況です。
私の中学時代でも練習の無かった日は1年間で3日でした。
そのすべてに顧問の先生が出ておられたので、先生の家族は十数年の間家族旅行など一度も行けなかったということでした。
しかしゆとりの教育の実施の背景については他にもいろいろとあると思います。

学習内容についてですが多くの方が親になられると「今の子供は難しい勉強をしている」といわれます。
ところが実際はそうではなく数学などはどんどん簡単になっています。
40年程前には三角関数のサイン、コサイン、タンジェントなどは中学で必須の学習だったと思います。
今では高校1年でも習わなくなってしまったと聞きました。
難しい(と思われる)ものはどんどん削除したり後回しにしてきた結果、日本の数学のレベルは韓国や台湾などからかなり遅れをとってしまい世界的にトップクラスといえないほどになってしまいました。
円周率が3,14ではなく3になったのもいい例です。
3,14のどこが難しいのか聞いてみたいものです。

既に40を過ぎた私から見ても今の中学の数学や理科はかなり簡単だと思います。

こういう現状を文部省がどう考えているのかわかりませんが、これからまた算数などを大幅に減らすというのですから何をか況んやです。
減らすのなら社会などの覚えることを基本とした教科の時間を減らすべきです。
もちろん漢字などの日常に必要なものは当然しっかり覚えないといけませんが、地図の記号などは小学生で覚える必要がどこにあるのか、それがどう考える力を育てるのか疑問です。
子供のうちに論理的に物事を考える練習をしておかないと、知識だけはあるがその知識をどう使うかわからないという人間が増えてしまいます。

日本は資源に乏しく輸入した資源を製造業で付加価値をつける形で外貨を稼ぎ高い水準で生活しています。
製造業で世界最高水準の技術者の活躍が日本の将来の安定のカギであることは誰もが認めることです。
その意味でも理科や算数は日本国民にとって生命線だと思うのです。

以上の理由で算数や理科を減らす文部省の認識の甘さに驚きを隠せません。
文部省には理系出身者の意見が押さえ込まれるほど文系出身者の割合が高いのかと疑いたくなります。(実際そうかも?)

もう一つ問題は公立校と私立校では同じように実施されないということです。
少なくとも義務教育については教育の機会が平等に与えられるべきだと思います。
「悪法もまた法なり」の精神で公立校と同じ授業時間を私立校に守らせるのも当然必要だと思います。

いろいろと書きましたが教育には全く携わっていない元理科系の中年男の独り言でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、教員の労働時間というのは他の公務員に比べれば、ずっとハードなものですよね・・。また、算数、数学の学習内容の削減については、僕もかなり疑問に思います。削減して新しくできた時間だけ、考える、ということに費やされていれば
いいと思うのですが・・。
いろいろと参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/03 00:40

いろいろな考えがあるとは思いますが・・・。



 まず、学習内容が削減されたといわれていますが、精選されたわけです。
そしてその内容は、クラス全員の子が理解する、最低限の内容・・ということです。つまり落ちこぼれはなくなるということです。
(今の学習内容で全員が理解するのは、厳しいです。)

 教師の休みを増やすためという考えもあるかと思いますが、家庭や地域での時間をもう一度見直すということでしょう。
 子どもを育てるのは学校ばかりではありません。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。最低学力の保障、みたいなことは、ゆとり教育においてのメリットと考えられるかもしれませんね。
ご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/03 00:49

少々過激な意見かもしれませんが‥


日本の将来を無くすため。
そして,
教員の休暇を増やすため。
という2大目的しか思い浮かびません。

世界でもトップクラスだった学力は近年どんどんと低下し続けていますネ。
それを学習内容を簡単にし,もっと下げていこうという‥
今の日本の5年生レベルの算数は,インドや中国の2~3年生レベルです‥
それをもっと下げようとしているのですネ。

10年後,20年後に日本の国際競争力はなくなってしまうでしょう。
「受験戦争」にしたところで,日本は世界でも類を見ないほど生ぬるいものですネ。
小学校から1日18時間勉強しないとダメというような国は沢山あります。

「ゆとり」教育というものを進めていくと,家庭の貧富の差が教育レベルに直接反映することになるのではないかと思います。
裕福な家庭では,子供を優秀な私学に入れたり,塾や予備校に入れる余裕がありますが,そういう余裕が無い場合は‥

「ゆとり」って何なのでしょうか?
何か大きく間違っているようにしか思えません。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、皆さんがいわれているとおり、実質的な狙いは教員の負担を軽くする
ということにあるんですねえ・・。僕は、普通に、子供たちに対する配慮だと思っていましたが・・。
今後、受験戦争自体はどういう風になっていくか分かりませんが、確かに家庭によって、受けられる教育サービスに不平等さが生まれてくることは、問題になってくるんでしょうね・・。
ご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/03 00:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文書間の類似度を調べるのにコサイン類似度を用いない理由 ( コサイン類似度の欠点 ) があったら教えてください

ここのカテゴリでいいかわからないのですが質問させてください。

今ある事情である文書とべつの文書が類似してるかどうか調べています。
この時オーソドックスなのがコサイン類似度を用いるのが普通だと思います。
しかし事情があり、別の方法を取りたいと考えています。
そこで他人に説明するときにコサイン類似度を用いない理由を説明する必要があるので、考えられるコサイン類似度を用いない理由 ( コサイン類似度の欠点 ) があったら教えてください。

また、他に適切なカテゴリがあったら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コサイン類似度の定義が明確でないので答えられません。
常識的に考えると、二つのベクトル a, b があるとき、その類似度は
(a, b) /(||a||・||b||)
で定義されます。分子はベクトルの内積で、分母はそれぞれのノルムです。これはベクトル空間における二つのベクトルのコサインになります。
このように定義された類似度 s は
-1 ≦ s ≦ 1
になり、右側の等号が成立するのは a=Kb (K>0) のときだけです。
このような性質があるので類似度は良く用いられますが、これおを用いなければならない必然性があるわけではありません。

Q教育大学の2年次です。卒論でゆとり教育について書いていこうと思うのですが、①ゆとり教育が始まった

教育大学の2年次です。
卒論でゆとり教育について書いていこうと思うのですが、
①ゆとり教育が始まった理由
②ゆとり教育を受ける前の世代と受けた世代の学力差はどうなのか
③社会科の授業においてゆとり教育で削られた物、増やされた物はあるのか

以上の3点について教えてください。

Aベストアンサー

1.いわゆる「詰め込み教育」の弊害からの反省ですね。
詰め込み教育は、「知識をひたすら頭の中に詰め込むこと」に力点を置いた教育で、それによって「学習意欲の減退」「知識の習得がその場限り・一過性になる」「激しい受験戦争に巻き込まれる」ということになって、そういう反省から生まれた教育理念です。

2.学力差については、以下に記述があります。
http://diamond.jp/articles/-/46988?page=2
http://www.jc.u-aizu.ac.jp/11/141/thesis/msy2009/01.pdf#search=%27%E3%82%86%E3%81%A8%E3%82%8A%E6%95%99%E8%82%B2+%E5%AD%A6%E5%8A%9B%E5%B7%AE%27

Qサイン コサインを小学生レベルで教えて

サイン コサインをなつかしく思い出しました。
もういちどサイン、コサインを簡単に教えてください。
(小学生にも分かるくらい・笑??)

Aベストアンサー

原点を端点とする、長さ1の線分が、くるくると回るとき、もう1つの端の座標の
x座標がコサイン
y座標がサイン

上から光を当てて、地面にできた影がコサイン
横から光を当てて、壁にできた影がサイン

こんなんでどう?

Qゆとり教育の授業時間・学習内容の削減について

教職のレポートをまとめているのですが、いろいろ調べてみても、学校週5日制にともない、授業時間2割、学習内容3割の削減について、具体的にはどう減ったかについてはわかりませんでした。
ご存知でしたら教えてください。
また、参考になるようなURLがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

こういうのは、教科書会社のWebが一番正確で、しかも具体的です。例えば

​http://www.osaka-shoseki.co.jp/kyoiku_zenpan/contents.html

教科書会社によって、教科書を出している教科と出していない教科があるので、全部を網羅したければ、いくつかの教科書会社のWebを当たって下さい。
新旧対応表が必ず載っています。

Q【数学】コサインシータって何ですか? コサインと何が違うんですか? シータってなに?

【数学】コサインシータって何ですか?

コサインと何が違うんですか?

シータってなに?

Aベストアンサー

cosθ の事ですね。
「θ」 は質問に有る様に「シータ」と読みます。
ギリシャ文字の8番目の文字です。
数学では角度をあらわす文字として多く使われます。

つまり、「角度θにおけるコサインの値」と云う意味になります。

Qもし、ゆとり教育や人間性重視の教育を進めると・・・

 今、日本ではゆとり教育や学力低下の問題が注目されていますが、例えば、学校の授業時間数、特に英語・数学・理科・社会・国語の授業時間を今の半分にしてしまったら、子供の成長や日本社会はどのような影響を受けるのでしょうか?
 また、英数理社国の授業時間を大幅に減らす代わりに、江原啓之に代表されるスピリチュアルや宗教教育、道徳教育、武道・書道・華道や着物の着付け等の日本の伝統教育、漁業・農牧業実習、建築・工場内作業実習、裁縫・調理実習、実践心理学・人間関係学、子育てや福祉施設での介護実習、医療教育、恋愛・性教育、部活動時間の増加、刑務所見学、サバイバル訓練、ホームレス支援活動等のボランティア活動への参加、両親の家事や仕事の手伝いを生徒に進める、選挙に関する知識を養う授業・・・等の人間性を養う教育・実生活で役に立つ教育を多く取り入れたら子供の成長や日本社会にどのような影響をもたらすのでしょうか?
 暇な人!どうか教えてください!
 
  

Aベストアンサー

現状のゆとり教育って、貴方が書かれている幅広い内容ではないですよね。
現在より、いいかもしれないと私は思います。
しかし、条件としては、学力に関しては時間だけの問題ではないと思います。私が思っているのが競争心があると悪いかのような教育がまずいと思います。英数理社国の授業時間を大幅に減らしても授業を受ける子供のやる気が2倍あれば、家に帰って勉強します。

今、日本の子供達及び若者の問題点は生きるパワーがないことです。
生きる力をつけるような教育が、英数理社国の授業時間を半分にして身に付くなら、大半の子供はその方が救われると思います。
私は、大人の世界、社会に出てつらい思いをするのなら、子供の頃から厳しさを感じる経験をしていた方がいいと思います。
昔の日本とか、開発途上国の子供達は、親の仕事の手伝いをして当たり前です。 そして中学卒業くらいの学力の人が大半の社会でリーダーになる人は少数の人が大学に行き、日本を立派に引っ張ってきています。中学卒でも事業を起こし、会社の社長になってる方も中学卒の方が一番多いです。
日本国民、大きな勘違いをしています。子供達も有名大学に行かないと俺の人生真っ暗だとニートになってしまって失速しています。
生きる力不足を感じます。反論したい方もおられると思いますが、なぜ、将来の日本のことを思って学生運動など現在の学生はしないのか元気がないし、将来に希望を持ってない、無気力さを感じます。
大学に行っても出世するとは限らないです。

色んな現代の考え方「勝ち組とか負け組とか」、価値観など、ぶっ壊して新しい日本の将来ビジョンを特に若い人が思い描いて若い人による運動をスタートしてほしいです。

そのためには貴方が提案していることプラス、「自分の人生と将来の日本をどうするか」的なことを考えさせる教育をやるべきです。
幕末の吉田松陰みたいな先生が出てきてほしい!
と願っています。

貴方の「ゆとり教育を増やして、子供の成長と日本社会への影響」の回答にはなっていませんが、特に若者が「何でも誰かから将来を与えられると勘違いしている」ことを「違うんだ!将来の日本は、自分達で切り開いて、勝ち取るのだ」と教えることが、一番大切なことだと思います。

現状のゆとり教育って、貴方が書かれている幅広い内容ではないですよね。
現在より、いいかもしれないと私は思います。
しかし、条件としては、学力に関しては時間だけの問題ではないと思います。私が思っているのが競争心があると悪いかのような教育がまずいと思います。英数理社国の授業時間を大幅に減らしても授業を受ける子供のやる気が2倍あれば、家に帰って勉強します。

今、日本の子供達及び若者の問題点は生きるパワーがないことです。
生きる力をつけるような教育が、英数理社国の授業時間を半分に...続きを読む

Q【数学】cosθのcosのコサインってどういう意味ですか? 分かりやすく説明してください。

【数学】cosθのcosのコサインってどういう意味ですか?

分かりやすく説明してください。

Aベストアンサー

cosの意味は、直角三角形を図のように置いたときの[底辺]/[斜辺]
由来はNo.1さんの通り

数学的な意味は、こうして覚えた↓

Qゆとり教育が英語教育に与えた影響について。

ゆとり教育が英語教育に与えた影響について。
学力の低下に伴って、中学校の英語の授業時間数が増やされる事になったそうです。
そもそも、英語に限って言えば
ゆとり教育によって、どのような現象が起きたのでしょうか?
私自身が、ゆとり教育世代ではないので
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

そもそもwikiにも参照されるよう「ゆとり教育」というものは30年以上前に提案されて其れが2002年に形となりました。
この教育は元来あったものからある程度の学習内容を簡略、削減することにより、学校生活で「ゆとり」を持たせることで人間性、自主性の成長を促そうといったような概念でなされていると私は思っています。
このゆとり教育で学力低下などが言われていますが実際のところほんとに低下したのかどうかは比較データがなく誰にもわかっていません。
しかし学習内容が削減されていることと学力水準の国際的な相対値が下がっていることから学力が落ちてきているとされています。
ゆとり教育とは本来学校で使っていたはずの学習時間を週休2日などにより他のことにも向けることができるようになってないます。
そこで勉強する子としない子では学習時間の差が大きくなることで学力の差が大きくなったとも言われています。
今回学習時間が増えたというのは増えたというよりも「元に戻した」という表現に近いのでは?と思います。
英語に限って言えば私の観点からすると近年の傾向としてゆとり教育の中であっても国際化の流れに乗って学習内容が年々変化してることを見れば悪くはなっていないのではと思えます。
むしろ英語教育の基礎部分を作る国語が出来なくなってきていることの方が問題になったのではないでしょうか。
国語ができないと日本では正しく学べませんしね。

以上のことから私としてはゆとり教育が英語に与えた影響としては具体的なデータはないけれども学習時間の減少と国語力の減少に伴っての理解力の低下ぐらいだと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%86%E3%81%A8%E3%82%8A%E6%95%99%E8%82%B2

そもそもwikiにも参照されるよう「ゆとり教育」というものは30年以上前に提案されて其れが2002年に形となりました。
この教育は元来あったものからある程度の学習内容を簡略、削減することにより、学校生活で「ゆとり」を持たせることで人間性、自主性の成長を促そうといったような概念でなされていると私は思っています。
このゆとり教育で学力低下などが言われていますが実際のところほんとに低下したのかどうかは比較データがなく誰にもわかっていません。
しかし学習内容が削減されていることと学力水準...続きを読む

Qサインとコサインの関係

三角関数でサインコサインというのでサインの方が主でコサインのほうが従である様に思っていましたがこの二つには主従関係とか優劣関係があるのでしょうか.

Aベストアンサー

cosは任意の向きを持った線に対してX軸方向に投影した影の長さを示します。
sinは任意の向きを持った線に対してY軸方向に投影した影の長さを示します。

ここではXY軸で例にとりましたが、高校で教わってきた数学では実数空間しか扱っていません。
オイラーの公式では虚数空間を扱い、この空間の中では一般的にXY軸ではなく、実数-虚数軸になります。

オイラーの公式ではXY空間で扱っていたY軸(縦軸)方向を虚数軸と見立てているので、あのように「i」が非対称に付くのです。
実数軸から90度回転するとなんで虚数軸と一致するのかと言われると、そう考えると都合が良いから、ということになります。
ですので、横軸を虚数軸方向と仮定してicosθ+sinθとして公式を活用することも出来ます。
その代わり、θの基点等も併せて考えないとならないでしょう。

Qゆとり教育って…

すみませんが、ゆとり教育について”出来るだけ簡単に”教えてください。

1)誰がどのような目的で「ゆとり教育」はじめたのか?
2)なぜ今見直しが叫ばれているのか?
3)現場の教師の方々はどのように考えておられるのでしょう?

当方、海外に在住しており情報が限定しているせいでしょうか?どうもよくわかりません。ただ、日本の学生の学力や海外競争力の低下は海外にいても感じ取れます。

最近、海外に転居してきた日本の小学生は日本の国歌が「君が代」と知らず、「それは相撲の歌」と言われ、びっくりしたことがあります。語学留学の方の日本語もかなりひどいと思います。日本語でも十分考えられないのにレヴェルの高い英語を話せるはず無いと思います。東大生の方に自慢げに「夏目漱石は読んだことありません」と言われ目の前が真っ暗になったりもします。

こんな日本に誰がした?

Aベストアンサー

世間では忘れられていますが,
ゆとり教育自体は昨今始まったものではなく,
1977年の学習指導要領改訂の際に導入されたのが最初です(実施は1980年)。
その後,1989年(実施は1992年),1998年(実施は2002年)の改訂を経て
ゆとり教育路線は推し進められてきたわけです。
改訂のたびに「学習内容の厳選化」の名目で教科書は薄くなり,
現行の教科書は70年代までのものの半分程度の厚さしかありません(大判でカラーになったけど)。

それでも90年代前半までは
進学率の上昇と団塊ジュニア世代の人口のせいで受験への圧力は高まり続け
学力低下はさほど問題にはなりませんでした。
90年代後半,学力低下が最初に顕在化したのは大学です。
大学の場合,受験人口の減少,いきすぎた入試科目削減,教養課程の解体など,
固有の問題があったのですが。
で,小中高は大丈夫かと懸念されていた時期に
1998年の学習指導要領でさらなるゆとり路線が打ち出されたために
世論を二分する論争になったわけです。
しかも今回は学校5日制と連動したものでしたから。

世間では忘れられていますが,
ゆとり教育自体は昨今始まったものではなく,
1977年の学習指導要領改訂の際に導入されたのが最初です(実施は1980年)。
その後,1989年(実施は1992年),1998年(実施は2002年)の改訂を経て
ゆとり教育路線は推し進められてきたわけです。
改訂のたびに「学習内容の厳選化」の名目で教科書は薄くなり,
現行の教科書は70年代までのものの半分程度の厚さしかありません(大判でカラーになったけど)。

それでも90年代前半までは
進学率の上昇と団塊ジュニア世代の人口...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報