プリント基板に実装された部品(金属皮膜抵抗2-3W)ですが、半田付け部分で約70度の熱が発生しています。これって良いのでしょうか~?また、プリント板を制御盤に入れた場合は盤内温度はどの位がBESTなのでしょうか?制御盤自体も55度の雰囲気温度です・・・。色々な条件があると思いますがよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

盤内温度55度はきついでしょう。


一般PLCなどの動作保証範囲は低いもので50度高いものでも60度です。
物によってはサーボドライバーなど発熱の多いものはもっと低めの設定です。

盤内雰囲気が55度の場合、PLCのCPU発熱部分は60度以上の可能性が大きいです。

盤内クーラー等を使い、温度を下げないと今つかえていても、ある日動作しなくなる可能性が高いです。

キンピ抵抗の周辺が70度も回路設計上間違いが無いなら、上記のように冷却しつつ制御盤の中でファンをまわして強制対流を起こしたほうが良いと思います。

>盤内温度はどの位がBEST
長期安定を望むならプリント板が無くても制御機器があるでしょうから45度以下、出来れば40度以下がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご連絡ありがとう御座います。
長期安定をしなければならないので、プリント基板の設計変更に踏み切ろうか悩んでいます・・・
盤内温度は夏場の最悪な時の温度でして、通常は常温+α位ですが、冬場は0度近くになる場合もあります・・・
色々な環境的な問題もありますので、再度考えてみたいと思います。
色々とご鞭撻ありがとう御座いました。
今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/03/04 08:46

半田自体が共晶半田だとすれば融点は180度ですし、高温半田にになれば更に高く、一般の金属皮膜抵抗でしたら、かかる時間にもよりけりですがまず問題ないはずです。


「この程度」の部品はチップ混載基板などの場合でも,普通にリフロー炉に入れて流しています。
(下に回答がある通り 通常230度ぐらいの熱をかけます:短時間ですが)

盤内温度の55度は少し高いですね・・
できれば、クーリングファンなどで対応を取った方がよいでしょう、発生源が特定されている場合は放熱処理をした方がよいでしょう・・

かなり、おおざっぱなアドバイスでしたが御容赦を

ベストというのは、通常室温+アルファをできれば20度程度くらいを目安に考えればどうでしょう(実際は50度くらいはザラですが・・)

電子部品の耐熱温度表示は (1)温度 (2)時間です
○○度にて○○秒 という表し方をしますが、それ以下の温度でもあまりにも長時間かけると、破壊します・・

又、温度が高い場合は盤内の排気自体の温度でファンがいかれますので、複数必要な場合もあります、
(排気と吸気の併用など)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう御座いました。
盤内温度は夏場の場合です・・・
通常は常温+10度くらいなのですが安全を見ております。
部品実装後の半田の経年変化の問題で、色々と悩んでおりましたが
室温+20度になるよう努力してみます・・・
色々ありがとう御座いました。
今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/03/04 08:40

自動ハンダ付け機でのハンダ付け温度は245℃程度(ハンダそのものは260℃程度)ですので、全く問題ありません。


あまり高温だと、ハンダが溶けたりする前に部品がいかれると思います。
要は結露しなければ良いのではないでしょうか。
申し訳ありませんが、良い悪いの判断は出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご鞭撻ありがとう御座います。
63半田を使用している為、おっしゃられる通り溶解温度には達しておりません・・・
部品劣化も考えられる要因ですが、半田部の経年変化が心配です。
温度上昇と共に半田がボロボロになる事が非常に怖いです・・・
やはり盤内の温度を下げる事が最優先なのでしょうか・・・
今後ともご指導願います。

お礼日時:2002/03/04 08:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリント基板について

プリント基板で質問します。
プリント基板の製造工程で洗浄剤(酸・アルカリ)を使用する工程はないでしょうか?
あればどの工程でするのか教えてください。
参考書などを読んでも分からなかったもので・・・。
できるだけ細かく説明していただけると助かります。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

パターン印刷前とソルダーレジストを印刷する前に
希塩酸をかけて研磨します、
またフラックス塗布前にも希塩酸をかけて研磨します。

製品によっては製造方法が違ってくるかもしれません。

Qプリント基板の異常動作の推測要因を教えてください。

自分が設計したプリント基板の動作を確認しているのですが、パターン配線がらみでおかしな挙動がみられます。

基板を組み立て、通電し、数日間は正常に動いていたのですが、ある日突然異常動作がみられはじめました。

そこで、異常動作の原因をさぐろうと疑わしいICのリードをオシロであたっていきましたが、CPUのアドレスバスのピンのひとつにプローブをあてると、異常動作が正常に戻り、プローブを当てるのをやめると異常動作が復活するのが確認されました。
あきらかにこのリードにプローブを当てる、当てないで異常動作が収束、再現となります。

このような事象の場合、どういった原因が考えられますでしょうか?

具体的な回路構成がないと分からないことかもしれませんが、この条件で考えられる不具合要素を教えてもらえますでしょうか?

基板の不良
・パターン配線のクロストーク
・???

疑わしいアドレスバスにつながっている部品の異常
・メモリがラッチアップしている
・C-MOSの異常(?)

のような感じに考えられる要素を挙げてもらえますでしょうか?

それをもとに、FT図を作成し、どこを疑っていくか検討してみたい次第です。

なお現在の事象としては
・異常動作は突然発生し、きっかけが不明(湿度?瞬停?)
・停電にすると直ることもある。
・疑わしいアドレスバスはCMOS IC、SRAMがつながっている

よろしくお願いします。

自分が設計したプリント基板の動作を確認しているのですが、パターン配線がらみでおかしな挙動がみられます。

基板を組み立て、通電し、数日間は正常に動いていたのですが、ある日突然異常動作がみられはじめました。

そこで、異常動作の原因をさぐろうと疑わしいICのリードをオシロであたっていきましたが、CPUのアドレスバスのピンのひとつにプローブをあてると、異常動作が正常に戻り、プローブを当てるのをやめると異常動作が復活するのが確認されました。
あきらかにこのリードにプローブを当てる、当...続きを読む

Aベストアンサー

基板の不良解析の経験はありませんが、LSIの不良解析をしている者です。

まず、化学っていうのはカテ違いですよ。(ちなみに私は化学科卒ですが)コンピュータ>ハードウェア>その他 あたりが適当かな。

>リードにプローブを当てる、当てないで異常動作が収束、再現となります。
→LSIの不良解析ではよくあるパターンです。リーク電流の影響などで電圧が0と1の間の半端な位置(トライトステートだっけ?)にあってプローブ等でちょっとさわってしまうと正常になってしまうってパターン。

基板の不良か部品の不良かはわかりません。どっかで電流がリークしてるのかな くらいしか私にはわかりません。各部品を交換してみるとか。

このレベルの話になると、一般のWEBで解答を求めるのは厳しいかもしれませんね。

Q温度による溶解度の違い

大変初歩的な質問なのですが、温度によって物質の溶ける量が違うのは何故なのでしょうか?
砂糖やミョウバンは温度差による溶解度の違いがとても大きいのに対して、食塩はほとんど変わらないのはどうしてなんでしょう?
それに、水酸化カルシウム[Ca(OH)2]や気体の多くが、他の物質と違って、温度が低いほど良く溶けるというのもよく分かりません

一度にたくさん聞いてしまいましたが、どれか一つだけでもいいので、回答お願いします

Aベストアンサー

そもそも世の中を形作っている物質は その温度によって固体、液体、気体と姿を変えます。これは温度が上昇するにしたがって、分子間の結合が活性化され固体から液体、液体から気体へと変わっていくと考えられています。
水などのような液体に物質を混ぜ合わせる時、水の分子の間(隙間)に活性化した分子が入り込むことが 溶けるという現象となって現れるのです。しかし水の分子の隙間がすべて埋め尽くされてしまうと それ以上は溶けこめなくなります。これを飽和状態というのです。
この飽和状態になるための量は物質によりさまざまです。
次に気体の場合ですが、気体とは常温ですでに活性化されている姿なので、このままでは水などのような液体には溶け難いのです。温度を低くし活性を落としてやる必要があるのです。つまり温度が低いほど溶けやすくなります。
しかし、水が固体(氷)になるまで温度を下げてしまっては何も溶けこませることはできませんよね。

Q溶解度の圧力、温度依存性について

現在、加圧容器中に水酸化ナトリウム水溶液と、リン酸ナトリウムを加えて、
ある温度で反応させようと考えてるのですが、リン酸ナトリウムはどのくらい溶けるのでしょうか?
その温度での溶解度が分かる、目安となる公式等ございましたら、ぜひ教えていただきたいです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

理科年表によれば以下のとおりです。
100g溶液中の溶質のg数(0℃、20℃、40℃、60°、80℃、100℃の順で)
NaH2PO4; 36.5, 45.5, 57.0, 65, 68, 71
Na2HPO4; 1.6, 7.7, 52.7, 82.8, 93.5, 103.3
Na2PO4; 5.38, 14.53(25℃), 23.3, 46.2, 68.0, 94.6

Q吸光度差と温度の関係について

吸光度差ΔAと温度Tの関係について

近赤外分光法に関する本を読んでいて引っかかったところがあります。

液体を通過した光の吸収量は吸光度A=-log(I/Io)で表され,温度は吸光度と相関があるという風なことが書いてありました.
これを読んで,吸光度の場合は横軸に温度,縦軸に吸光度をとれば-logのグラフになると思いました.
ではある温度の吸光度を基準として吸光度差ΔAを求め,温度Tとの相関をとったときはグラフはやはり-logの関数になるのでしょうか?
ある温度を基準としたときの吸高度差は,単純に基準からの差を見ているだけなので温度と線形になってもいいような気がするのですが.
どなたかわかるかたアドバイスをお願いします.

Aベストアンサー

誰も答えてないので。
何故、温度によって吸光度が変わるんでしょうか?


原因は色々あると思いますが、一番分かりやすいのは温度によって分子の会合状態が変わるというものです。
高温になればなるほど分子振動が激しくなるため、溶液中で会合体を作っていた分子の会合がほどけていきます。すると会合由来のピークが下がり、単分子由来のピークが上がることになりますよね?つまりスペクトルの形状も変化することになります。
固体状態の吸光度も同様に、パッキングの状態が温度変化することでスペクトルは変わっていきます。

この会合がほどけるほどけない、の話が線形に乗るのかどうかという話ですが、基本的には乗らないと考えて良いと思います。特定の温度以上では完全にほぐれ、それ以下だと凝集が発生する…ということになりますので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報