豊田有恒の短編に「熊野伝説」という作品があります。熊野を舞台に徐福伝説を取り上げている作品です。この作品の中で、近親相姦の話題が出てくるのですが、熊野の伝説、徐福伝説にそのような言い伝えが実際にあったのでしょうか。超能力を次世代に残すために、血がうすくならないようにそうしていたようなのですが。実際、考えられることでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


  その作品は読んでいませんし、「徐福伝説」「熊野伝説」もよく知りません。ただ、徐福は、始皇帝の要望に応じ、東の方、海上にある蓬莱島に行けば得られるという「不死不老」の仙薬を持って来ましょうと名乗り出たはずです。肩書きは「道士」ですから、道教の師匠か、または老荘思想の実践家だったのかも知れません。
 
  徐福は、財宝と大きな船を始皇帝に求めました。と同時に、合計だったか、それぞれだったか、清純な童子・童女500人を求め、彼らと一緒に、巨大な船で、東の海の彼方に船出して消えてしまったとされます。その徐福一行が辿り着いたのが、いまの熊野だという説がある訳です。
 
  ところで、昨年にNHKで放送していたのですが、「日本人の故郷」を求めるというスペシャル番組の第五回目は、弥生人の登場で、紀元の始まる数百年前、水稲式稲作と共に出現した、この弥生文化の担い手は誰だったのか、という話で、それはどうも、戦国時代の中国の動乱に絶望した江南の中国人が、日本列島に渡って来て、縄文人と争ったのではないかという話になっていました。
 
  始皇帝は、秦を起こし、戦国を終わらせた人物です。徐福は、道士ですから、あるいは日本列島についての詳しい知識を持っていたのかも知れません。清純な童子・童女が何故多数必要になるのかは、それらの子ども達によって子孫を造るというのが、一番考えやすいです。徐福は、老荘思想に叶う、理想の世界を築こうと、船出して日本に来たのではないかという想像が可能です。
 
  他方、「熊野」というのは、どういう土地かというと、かなり特殊な土地で、それは或る説では、九州から本州のかなり東まで、黒潮に乗って勢力を築いていた、あま(海人)族の本拠地ではなかったのかという推測があります。神武天皇は、何故、奈良盆地に入るのに、回り道して、熊野から山を越えて奈良に入ったのか、考えると何か意味があるように思えます。
 
  また、壬申の乱において、大海人皇子(天武天皇)は、熊野から山を登った先にある、吉野に身を隠棲させ、そこでひそかに叛乱の計画を進行させて行ったとされます。大海人は、伊勢へと脱出し、伊勢神宮の天照大神に祈願した後、北上し、丁度、後の関ヶ原に当たる場所で、大津朝廷軍と戦い、これを打破します。
 
  「徐福伝説」については、諸星大二郎に、そのテーマの中編があるのですが、諸星ほど想像をたくましくしなくとも、熊野は、新しく日本に入って来た人々、(これが弥生人のことか、あま族という、また別の一族かは別として)、彼らにとって、「聖地」であり、何かの理念あるいは理想の建設の伝説があったのだと考えてもおかしくないでしょう。
 
  徐福伝説の500人の清純な童子・童女が、新しい土地で、新しい世界を建設するための基礎だったとすれば、「純潔性」を守らねばならないという理由が出てくるかも知れません。また、あま族の「純潔性」を守る必要もあったのかも知れません。「聖地」とは、そういう場所だからです。
 
  言い伝えがあるかないか、よりも、(というか、言い伝えはあるのです。現に、中国側では、徐福一行は行方不明になったと言っているのに、熊野に上陸したというのは、誰が言っていることかと言うと、熊野にそういう伝承が残っているのです)、また、超能力を次世代に残すというような飛躍した発想をしなくとも、聖地において、「純血」を守るため、何かの措置や儀式があったのだろうと考えるのは、自然なことでしょう。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神武天皇の両親

いま、日本の古代史を勉強しています。

A.神武天皇の両親の名前を教えて下さい。
B.神武天皇の正室の名前を教えて下さい。
C.神武天皇の側室がいたのであれば、側室の名前を教えて下さい。

Aベストアンサー

父親:彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)
母親:玉依姫命(たまよりひめのみこと)
正妃=皇后:媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)
妃:吾平津姫(あひらつひめ)、手研耳命(たぎしみみのみこと)、岐須美美命(きすみみのみこと)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%AD%A6%E5%A4%A9%E7%9A%87

Qアーサー王伝説ってどんな伝説ですか??

ハリーポッターの下地となっているそうなのですが、詳しく知りたいのでお勧めのサイトなど教えてください。

Aベストアンサー

 ハリー・ポッターと関連があるとは知りませんでした。まだ3巻までしか読んでいないのでなんともいえませんが、あまり関連は感じられないのですが・・・。
 
 アーサー王伝説は、5世紀はじめのブリテン島(現イギリスの一部、スコットランドなど含む)に実在したと言われる英雄の話です。イギリス南部までの最大の版図を誇ったローマが衰退し引き上げていき、北はスカンディナビアあたりから南はフランスまで多くの外敵の脅威に晒されていたブリテン島に、英雄が現れてその異民族の脅威から一時国を守ったという時代があったようです。
 ですが、この時代のブリテンは混乱を極めており、後に参考にできるような資料はほとんどなきに等しいんです。そのため暗黒時代と呼ばれてもいます。ですからアーサー王が本当に実在したかどうかもわかっていません。多くの人が、実在の人物がモデルであろうと考えていますが。
 また多くが口伝だったため、他の国の立派な伝説や王の逸話を取り込みながら現在の形にまでなったようです。またアーサー王の伝説がさらに逆にヨーロッパ全土に広がっていき、さらに巻き戻して逸話が練り上げられるという形で大きくなっていきました。ですからどこまでが史実でどこからが物語なのか、どこまでがアーサー本人の話でどこからが他人の逸話を練りこんだものなのか、それもはっきりしていません。
 そうして12世紀ごろには一つの形としてまとまり、文学として文字に残されました。それが今のアーサー王伝説です。
 おおまかにいうと、無名の少年だったアーサーが実は隠されていた正統な王だということがわかる少年時代と戴冠、アーサーとその円卓の騎士たちの輝かしい武勇伝、聖杯の探求、カムランの戦いにおいてアーサーが死に、湖にエクスカリバーとともに返されるまでの人生をたどった話です。

 またイギリスにはアーサー王と円卓の騎士たちは来るべきに備えて眠っているという民話があります。羊飼いの子供がうっかりしているうちに道に迷い、(魔術的なエピソードによって)眠っている甲冑姿のアーサー王を少し起こしてしまうのだが、「まだわれらが目覚める時ではない、さあお帰り」といって、財宝の少しを分けてもらって帰る、というような筋です。
 英雄を待ち焦がれた民衆にとって、彼の死は受け入れられなかったのでしょうね。もしスコットランド出身のお知りあいがいらっしゃったら聞いてみてください。多分、子供の頃からアーサー王の伝説に馴染んでいるでしょうから。
 
 余話をしてもよいでしょうか。
 大変面白い説を見たことがあります。キリスト教はローマの侵略によって広まりました。その際、邪魔だった土着の信仰を貶めるという戦略をとって広めたと言われます。
 有名なのはギリシャ神話で言うパンですね。黒い山羊の下半身、人間の男性の上半身、角の生えた姿というのは悪魔の姿として今日の人々の意識に染み込んでいます。しかしこれはヨーロッパのどこかの地方で2000年ほどの昔、地域信仰の対象であったと考えられています。今、極東の日本ででもゲーム中などでモンスターとして知られるようになった数々の存在は、元地元の神様だったというんです。
 アーサー王の神話も、そういった信仰と異民族が地元に融和するちょうどその時期の話だったという説を読んだことがあります。
 アーサー王はケルトの人々に親しまれているため、よりケルトよりだと考えられていますが、お父さんのウーゼル王がその兄のアンブロシウスとともにローマよりの人間としてサクソン人と戦ったはずなのです。ですから、アーサー王はローマ最後の人という位置付けです。アーサーの名前からしてケルトのものではありません。
 そのアーサーの后、グィネヴィア王妃ですが、この名前は紐解くとケルト特有の名前なんだとか。意味は白い姿の貴婦人、だったような気がします。(違ったらごめんなさい。詳しい本をご覧下さい)ともかく、このグィネヴィアもケルト地母神の名前なのです。
 そのグィネヴィアが人間ということになって、征服者であったはずのローマ人と結婚している。グィネヴィアがアーサー王伝説が作り上げられるまでの何百年もの間のいつ姿をあらわし、いつ騎士ランスロット(フランスよりの名前ですね)と端的に言えば不倫の関係の陥ったのかわかりませんが、非常に寓意的ですね。
 
 このアーサー王の話で私が今までおもしろいと思ったものは多々ありますが、他の方と違う紹介をさせて下さい。
 ローズマリ・サトクリフという、アーサー王に惚れ込んだ方がいます。この方は日本では児童文学家として有名ですが、彼女の子供向けのシリーズの一冊「ともしびをかかげて」には、まさにそのアーサー王の起源となった伯父アンブロシウスの生涯がおさめられています。
 小学校3年のとき、これを夢中で読みました。yukiko00000さんにもぜひ、ぜひ読んでみてほしいです。児童向けとなっていますが、非常に読み応えのあるシリーズです。
 また、「ナルニア国ものがたり」「タランのシリーズ」などと並ぶスーザン・クーパーの闇との戦いもアーサー王伝説が下地となっています。こちらも「児童向け」が平易を意味しない読み応えがあります。

 またサイトで言えば私がアーサー王関係で面白いと思うのはここです。
http://www.europe-z.com/tabi/gb199508/13.html
http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/text/text3.htm
 下のほうは参考URLにも乗せました。ぜひどうぞ。

参考URL:http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/text/text3.htm

 ハリー・ポッターと関連があるとは知りませんでした。まだ3巻までしか読んでいないのでなんともいえませんが、あまり関連は感じられないのですが・・・。
 
 アーサー王伝説は、5世紀はじめのブリテン島(現イギリスの一部、スコットランドなど含む)に実在したと言われる英雄の話です。イギリス南部までの最大の版図を誇ったローマが衰退し引き上げていき、北はスカンディナビアあたりから南はフランスまで多くの外敵の脅威に晒されていたブリテン島に、英雄が現れてその異民族の脅威から一時国を守った...続きを読む

Q神武天皇は・・・

神武天皇という天皇が昔にはいたみたいですが、あまりにも昔なので
年代がないのです。それかその人物は架空人物なのでしょうか?

Aベストアンサー

神武天皇と名乗った人物がいたわけではなく、日本の中央に政権を建てた最初の「大王」の後世「天皇」という敬称ができた時の贈名が神武天皇ですから、記紀に書かれているイワレヒコと、同一人物かは確かでありませんが、いたことは間違いありません。
その後の仁徳天皇に至る、間の14人の天皇の実在が不確かということです。   神武天皇の大よその年代は、中国の史書から、わかります。

Q湯灌のお湯の言い伝え

だいぶ前の話ですが、熱いお湯を水で薄める時
祖母に「その方やり方は湯灌の時のやり方だから
縁起が悪いので逆の手順でやりなさい。」
と言われたのを思いだしました。
でも、お湯に水を入れるのがダメなのか
お水にお湯を入れるのがダメなのか思い出せません。
ご存知の方お教えください。

Aベストアンサー

真水に湯を足して適温にするのが、死人の体を清めるための湯の作り方(湯灌)です。
だから、お湯に、水を加えて適温にすれば問題ありません。

Q神武天皇の存在について

神武天皇(と後世呼ばれている人物)の存在やその事跡は、完全な架空の代物なのでしょうか?

Aベストアンサー

>神武天皇(と後世呼ばれている人物)の存在やその事跡は、完全な架空の代物なのでしょうか?

神武天皇は実在の人物です。皇室の祖先の一人であり、皇室の子孫にとっては実在が確認される祖先のうちの最古の祖先です。しかも皇室の子孫にとって、偉大な業績を遺した人です。

8世紀の初頭、日本の最古の歴史書である古事記と日本書紀(併せて記紀と略称)が編纂されました。この時皇室の系譜が作成され、神武天皇が最古の祖先と位置付けられました。実際には、皇室も、あなたも、私も、最古の祖先などあるはずがありません。私たちの祖先(血族)の系譜は無限に遡るものだからです。

では、なぜ神武天皇が皇室の最古の祖先になったかというと、日本書紀の編者たちが木簡や鉄剣などに彫り込まれていた皇室の祖先の系譜を調査してみると最も古い祖先は「狭野(さの)」という名の人物らしいということが分かったのです。

神武天皇の前の祖先は、(必ずいたはずなのだけれども)名前が分からない。ただ、ニニギという祖先(男子)が天から地へ降りてきたとか、アマテラス(女子)という祖先が天岩戸に・・といった、およそ現実離れした伝承が皇室の内外に残っているが、ニニギやアマテラスの実在が確認できない。

ということで、皇室の系譜では、神武天皇の前は「神代」ということにして、邇邇芸命(ニニギノミコト)も天照大御神(アマテラスオオミカミ)も神として位置付けた訳です。

なお、神武天皇の物語(事跡)についてですが、木簡や鉄剣などに彫り込まれていた信頼できる事跡はほとんど確認できず、物語(事跡)の大半は皇室の内外に残っていた諸説を取捨選択して神武物語に仕上げたのだろうと思います。

最後に、神武天皇が皇室の子孫に遺した偉大な業績とは、神武物語から推測する限りでは、九州の部族だった皇室が大和盆地に移住したとき、先住民族との間で摩擦が生じ、その摩擦を乗り越えて盆地の一角に生活の本拠を築いたことでしょう。生活の本拠を築いたとは、生存の保障を獲得した、つまり、「米を作る田んぼを手に入れた」ことです。

>神武天皇(と後世呼ばれている人物)の存在やその事跡は、完全な架空の代物なのでしょうか?

神武天皇は実在の人物です。皇室の祖先の一人であり、皇室の子孫にとっては実在が確認される祖先のうちの最古の祖先です。しかも皇室の子孫にとって、偉大な業績を遺した人です。

8世紀の初頭、日本の最古の歴史書である古事記と日本書紀(併せて記紀と略称)が編纂されました。この時皇室の系譜が作成され、神武天皇が最古の祖先と位置付けられました。実際には、皇室も、あなたも、私も、最古の祖先などある...続きを読む

Q昔からある言い伝えを詳しく知りたい

夏休みの自由課題で子供が
昔からよく言われている言い伝えを調べています。
【文様 言い伝え】等で検索してみたところ
どうもいいサイトがありません。

例えば、朝蜘蛛は殺したらダメで夜蜘蛛は殺したほうがいい…?とか
夜、爪を切ると・・・
夜、口笛を吹くと蛇が出る?などなど

このような言い伝えとその意味(理由)などが詳しく載っている
サイトをご存知の方がいっらっしゃいましたら
教えていただきたいのですが…
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#3で回答した者です。
どうも風習と迷信は少し違かったようで、ごめんなさい。

また改めて、調べてみました。
茨城の迷信です。私も茨城人ですが、知っているものばかりでした。
http://homepage2.nifty.com/smartstyle/meisin.htm

沢山、地方の迷信が載っています。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~tk-asano/meisin/first_page/index.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/smartstyle/meisin.htm,http://www2u.biglobe.ne.jp/~tk-asano/meisin/first_page/index.htm

Q神武天皇即位前の日本はどんな状態?

神話によると、神武天皇は紀元前660年2月11日に初代天皇に
即位したとされています。
では、神武即位前の日本とは一体どんな状態だったんでしょうか?
国を治める者が誰もいない無法状態?
悪魔や悪霊が国を支配していた地獄のような状態?

私は神話教育を受けていない世代なもので、具体的なイメージが
あまりわきません。

ご解説よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)記紀によれば

神武天皇は日向にすんでいました。
しかし、あまりに国の端であるというので東政を決意。
その際、「東にはニギハヤヒがすでに天の磐船を操って天下っている」と発言しています。

そして白肩の津より畿内入りします。
※白肩の津とは大阪府枚方市のことだと言われています。
※関西では【し】は【ひ】と訛るので、白肩が枚方になったのだと。


ところがそこではナガスネヒコ軍が待ち構えており、屈強なナガスネヒコ軍に神武軍は敗退。
※ナガスネヒコは地元の豪族と考えられています。
※そしてナガスネヒコはニギハヤヒを神と奉じていました。
※ナガスネヒコの妹・トミヤスヒメとニギハヤヒの間に生まれた御子をウマシマジノミコトといい
ウマシマジノミコトとは物部氏の祖神とされています。
※ここから、神武以前に物部王朝があったという説があります。

神武は一旦南へ迂回し、熊野を越えて再び畿内入りし、再びナガスネヒコと対決します。
ところが、神武に服したニギハヤヒによってナガスネヒコは殺されます。


(2)初代神武天皇は【ハツクニシラススメラミコト】とも呼ばれていますが
10代崇神天皇もまた【ハツクニシラススメラミコト】と呼ばれています。
ここから、初代神武と10代崇神天皇は同一人物とされています。

(3)10代崇神天皇の伯母に倭迹迹日百襲姫命がいますが、
この倭迹迹日百襲姫命が邪馬台国の卑弥呼だという説があります。
倭迹迹日百襲姫命は反乱を予想したり、鬼道につかえたと魏志倭人伝に記される卑弥呼のイメージと重なります。

※籠神社でみつかった系図によれば
始祖の彦火明命(ひこほあかりのみこと)から9代目の孫に「日女命(ひめのみこと)」とあります。
この「日女命」の脇に、「またの名を倭迹迹日百襲姫命」、「またの名を神大市姫命」、「日神ともいう」と記されています。
 
※ここから卑弥呼とは日女命を音訳したものだという説があります。
※とすれば、神武以前の日本には倭(やまと)という国があったと考えられます。

(4)え!神武が先住民族を滅ぼして建国したのが大和(やまと)朝廷じゃないの?
と思うかもしれませんが、神武はどうやら入り婿に入って政権をのっとったようです。

※さきほど、初代神武と10代崇神天皇は同一人物ではないか、という説があることを話しましたが
崇神天皇には「ミマキイリヒコ」という別名があります。
また、次の代の垂仁天皇は「イクメイリヒコ」といい、どちらにも「イリ」とあるので
「イリ王朝」と呼ばれてます。
この「イリ」とは「入り婿」の意味だという説があります。

(5)記紀には10代崇神天皇代に大物主の祟りで疫病が流行り、人民が背いたという記述があります。
大物主は奈良県桜井市の大神神社に祀られています。
※大物主命の正式名称は【倭大物主櫛甕魂命】といいます。
※神武以前に畿内に天下っていたとされるニギハヤヒは正式名称を
【天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊】(あまてる くにてる ひこ あめのほあかり くしたま にぎはやひ の みこと)
といいます。
【倭大物主櫛甕魂命】と【天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊】にはどちらにも櫛・玉(魂)という文字があるので同一神ではないかという説があります。
※とすれば、大物主とは物部王朝の神、ということになります。
※倭大物主櫛甕魂命】の【倭(やまと)】は神武以前の政権の名前が倭であったということを示唆していると思います。
※倭(やまと)はのちの政権・大和朝廷(やまとちょうてい)にも通じますが、神武が倭に婿入りして政権を掌握したと考えれば、辻褄が合います。

(6)大神神社(奈良県桜井市)の御祭神=大物主命
 出雲大社(島根県出雲市)の御祭神=大国主命
 は同一神だと考えられています。

※なぜならば、記紀に次のような記述があるからです。
大国主の前に海の向こうから光り輝く神が現れ、「私はあなたの幸魂・奇魂である。私を祀るように。」といいました。(大国主は自分で自分を祀ったということですね。)
こうして建てられたのが奈良県桜井市の大神神社であると。
※梅原猛氏によれば、出雲大社は大和からおいだした大物主命を祀った神社ではないか、としておられます。
※奈良県桜井市の大神神社のそばに「出雲」という地名があるのが気になります。
島根県出雲は倭の大物主が支配する土地だったのではないでしょうか。

(1)記紀によれば

神武天皇は日向にすんでいました。
しかし、あまりに国の端であるというので東政を決意。
その際、「東にはニギハヤヒがすでに天の磐船を操って天下っている」と発言しています。

そして白肩の津より畿内入りします。
※白肩の津とは大阪府枚方市のことだと言われています。
※関西では【し】は【ひ】と訛るので、白肩が枚方になったのだと。


ところがそこではナガスネヒコ軍が待ち構えており、屈強なナガスネヒコ軍に神武軍は敗退。
※ナガスネヒコは地元の豪族と考えられています...続きを読む

Q法政大学は体育会系の大学ですか?またはそのような人が多いですか?

法政大学は体育会系の大学ですか?またはそのような人が多いですか?

Aベストアンサー

法政OGですが、
別に、ごく普通の大学です。体育会所属の部活の人はそうですが、
そうじゃないほとんどの学生は、ごく普通の大学生です。
最近の在校生にも会いましたが、チャラい子は少ないですが、別に体育会系ではないですね。

Q天照大神と神武天皇の関係

天照大神は神武天皇の六代前の祖先ということでよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

そのとおりです。下記に詳しい系譜が掲載されています。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~t-sato/index14.html

Q馬の”蹄鉄”が幸運をもたらすという言い伝えについて

馬の”蹄鉄”が幸運をもたらすという言い伝えについて、もっと詳しく知りたいので、”どこでいわれている言い伝えか”、”たとえばどんな幸運か”など、できるだけ詳しい情報を知らせてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

いろいろいわれがあるみたいですね。

*馬は人を踏まないことから、蹄鉄は欧州では交通安全や幸運のお守りとして人気がある。(欧州)

*馬蹄は魔を除け、幸運をもたらすものであり、蹄鉄を家の戸口や壁に飾るとその下を魔女は通ることが出来ず、幸運が訪れるという風習もある。(欧州)
【これはかなり、有名です。仕事関係のイギリス人の家に招かれた時、教えてもらいました】

飾る時は、袋のような形(下が曲線)で飾るそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報