人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

DNS超初心者です。
DNSの逆引き権限を委譲するとはどういうことなんでしょうか?

下記ページの語句説明を読みましたが、理解ができません。
http://www.sphere.ne.jp/service/dns/index.html#6
どなたか分かりやすく教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

■逆引きDNSの権限委譲
IPアドレス情報(=逆引きゾーン(※6)といいます。IPアドレスに対して名前を記述した対照表になっています。)を設定したお客さまDNSをインターネット上に告知するために、InfoSphereのサーバにそのDNSの名前を登録することです。割当られたIPアドレスに対して、名前情報を返すDNSである権限を、上位DNSからお客さまDNSに移管することから、「逆引きDNSの権限委譲(デリゲーション)」といいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「逆引き」と「権限委譲」について、それぞれまず理解する必要があります。



「逆引き」とは、IPアドレスからホスト名を検索することを言います。
通常、DNSはホスト名からIPアドレスを検索します。これを「正引き」といいます。
(例: www.example.jp → 192.168.1.1)
「逆引き」はこの逆を行います。
(例: 192.168.1.1 → www.example.jp)

権限委譲は、ユーザが取得したドメイン内のホスト名とIPの関連づけを、ユーザ自身に任せることを指し、具体的にはユーザが設置したDNSサーバに検索要求を転送することを指します。

今回の「逆引きDNSの権限を委譲」ということは、逆引き検索時のIPアドレスとホスト名との関連づけを、ユーザ自身が行えるように特定の範囲のIPアドレスに限ってユーザ側DNSで設定できるようにすることを意味します。
    • good
    • 2

DNSはネットワーク名をIPアドレスに変換するしくみです。


goo.ne.jpは?と聞くと(nslookup)
Name: goo.ne.jp
Address: 210.165.9.195
と答えます。
逆引きとは、名前のごとく、IPアドレスをネットワーク名に変換するしくみです。IPで引っ張ると

195.9.165.210.in-addr.arpa name = www.goo.ne.jp.

と答えます。www.goo.ne.jpです。この逆引きの名前を変えます、と言う事になります。

例えば、独自ドメインで mydomain.co.jpという名前を取得し、DNSサーバでサーバのIPを当てたとします。
例えば、
www.mydomain.co.jp 211.211.211.211
mail.mydomain.co.jp 211.211.211.211
www2.mydomain.co.jp 211.211.211.212
こんな感じでIPは複数のIPアドレスに振る事もできますね。
通常は、これだけで問題はありません。逆引きはmustではないと思います(ダイナミックDNS等は絶対無理ですしね)。
211.211.211.211
ですが、逆引きしたとき、www.mydomain.co.jpと答えた方がとてもスマートですよね。通常、逆引きを設定しない場合は、接続プロバイダ名を返します。
例えばYahooBBあたりで接続している場合は、
name = softbank00000000000.bbtec.net.
とか、
アサヒネットだと
name = c0000000.ppp.asahi-net.or.jp.
とか。スパムメール等の問題で、逆引きとメール発信者が一致していないとはじく、というメール設定もありますので、逆引きもしっかり設定した方がいいと思います。
    • good
    • 0

InfoSphere下で個人で立ち上げられているサーバのドメイン名を上位のDNSから


ではなく個人で立ち上げているサーバからInfoSphereのDNSに登録しなおすと
いう事だと思いますが。

DNSは上位のサーバから受け取って更新を行うのが普通ですが、個人で立ち上げ
られているサーバのように接続する度にIPアドレスが更新されるとDNSの不一致が
生じるから、立ち上がった個人サーバ側からDNSを更新するのではないでしょうか?
これを定期的に行うのがDDNS(ダイナミックDNS)だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QプライマリDNSとセカンダリDNSの意味を簡単に教えて下さい。

プライマリDNSとセカンダリDNSの意味を簡単に教えて下さい。セカンダリDNSは、ns.****.co.jpとかってなってますけど、ns.ってどうゆう意味ですか?
DNSサーバーの意味なら分かるんですけど。。

Aベストアンサー

<プライマリDNS>
管轄するドメインのメインとなるDNSサーバー

<セカンダリDNS>
プライマリDNSサーバの内容を複製した物です。
プライマリDNSが故障した際の予備だと思えばよいです。

>ns.ってどうゆう意味ですか?

「www.***.co.jp」の「www」の部分と同じでホスト名を表してるだけです。
Webサーバのホスト名は慣例的に「www」を付けることが多いだけであり、実際には他の文字でもかまいません。
DNSサーバの場合は慣例的に「ns」を付けることが多いだけです。
※NameServerの略でしょうね。

QNTPで同期が始まらない

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntpq -pの結果は下記となります。

remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
133.100.9.2 .INIT. 16 u - 64 0 0.000 0.000 4000.00
130.69.251.23 .GPS. 1 u 27 64 377 8.015 -99970. 17262.6

同期ができれば「remote」列に「*」が表示されると思っています。
何か設定が足りないでしょうか?。
尚、「/vat/log/message」をtailしてますが特にエラーは無さそうです。

よろしくお願いします。

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntp...続きを読む

Aベストアンサー

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハードウエアclockを合わせます。
http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/hwclock.8.html

○ntpdの動作
ntpによる時刻調整は、調整幅が通常128mSと小さいので、1時間は様子をましょう。
2時間程度経過しても、時刻修正の兆候が見られない場合ハードウェアの不良も考えられます。

時刻調整の兆候としては、
・logファイルに 一時間毎に調整したメッセージが書かれる。
Jan 7 21:57:40 ntpd[91145]: offset 0.000994 sec freq -190.802 ppm error 0.000076 poll 8
・ntpq -p の出力の最初の桁に"*,+"が付く。また、reach が377になる。
% ntpq -np
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
+192.168.0.102 GPS_NMEA(0) 2 u 3 32 377 0.926 -0.330 0.023
*192.168.0.192 GPS_NMEA(1) 2 u 10 32 377 0.747 -0.336 0.023
192.168.0.9 PPS(1) 2 u 3 32 377 0.757 6.559 0.161


○その他
・PC起動時には、システムクロックを計測してその後の動作の基準にしていますが、
CMOSバッテリ不足やハードウェアに何らかの異常があるととんでもない時刻を示すことがあります。(要修理です)
・BIOSの時計も起動時の初期時刻として使われてしまうので、ある程度合わせておいた方がいいです。

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハ...続きを読む

QDNSサーバで逆引きができない件につきまして

現在、内向けと外向けのDNSを1台のサーバで運用しており、専用線をあるISPと契約しています。
そのISPにはホスティングサービスで逆引きのセカンダリサーバ立ててもらっております。
そのISPから逆引きゾーンファイルの転送ができていないとのお話を頂きました。正引きゾーンファイルの方は問題なく転送されているそうです。
そのISPの方に調べていただいたのですが、正引きは問題なくできておりますが、逆引きができない状態になっているとのことでした。
DNSの設定方法は一つの正引きゾーンファイルにグローバルアドレスとプライベートアドレスを登録し、逆引きゾーンファイルは内向けと外向けと二つ作成し、named.confにはそれぞれそのファイル名を指定しています。外向けの逆引きゾーンファイルの設定はそのISPから言われたとおりに設定しております。
なお、内向けのDNSは一見問題なく動いているように見えるのですが(内部で立てているHTTPサーバをIEで閲覧する時にアドレス欄がホスト名でも閲覧することが可能です)、Windowsのnslookupを使用して確認しようとするとserver failedというエラーが表示されてうまく名前解決ができません。
やはり内向けと外向けとを一つのサーバで運用しているのが良くないのでしょうか?

お分かりになる方がいらっしゃいましたらご教授くださいよろしくお願いいたします。

DNSサーバの
OSはLinux7.2、
BINDのバージョンは8です。

現在、内向けと外向けのDNSを1台のサーバで運用しており、専用線をあるISPと契約しています。
そのISPにはホスティングサービスで逆引きのセカンダリサーバ立ててもらっております。
そのISPから逆引きゾーンファイルの転送ができていないとのお話を頂きました。正引きゾーンファイルの方は問題なく転送されているそうです。
そのISPの方に調べていただいたのですが、正引きは問題なくできておりますが、逆引きができない状態になっているとのことでした。
DNSの設定方法は一つの正引きゾーンファイルにグロー...続きを読む

Aベストアンサー

あっ、No2 の続きの記事は
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/dnstips/017.html
のようです。
C クラス未満の設定が 104/29.103.102.101.in-addr.arpa
になっていますが、微妙に ISP によって形式が
違うので要注意です。
まっ kite2 さんは
> 外向けの逆引きゾーンファイルの設定は
> そのISPから言われたとおりに設定しております
とのことですので、ミスはないと思いますが・・・一応

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/dnstips/017.html

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

QL2TP/IPSecのルータのポート開放

L2TP/IPSecのルータのポート開放なんですが

ルータのポートフォワーディングで
1701 (udp) ・・・・l2tp
4500 (udp)・・・・ipsec-nat-t
500 (udp)・・・isakmp

の3つを宅内サーバに向けて開放していますが、つながりません。
ポート開放の番号や数が違うんでしょうか?

同じようにサーバ側のパケットフィルタリングでも上記3つを開放しています。

Aベストアンサー

 お尋ねの件ですが、1701ポートNoをトンネルトランスポートされるようにしていますか?
 4500番はNATトラバーサル用ポート番号、500番はIPSEC認証キー用番号ですが、ポート開放以外にルーターのIPフィルタのパス登録コマンド、out登録コマンドにて通信透過されるようにしていますか?
 上記のチェックでも駄目な場合、DMZホスト設定でルーターの着信データを全てサーバへ向けてみては如何でしょうか?
 DMZの場合、全てのデータ着信はサーバへ向きますので、セキュリティ設定はサーバ側にて破棄登録等実施された方が良いかもしれません。

QDNS:MXレコードの優先順位について

教えてください。
DNSにに、優先順位をつけて複数のMXレコードを追加します。

例)
MX 10  mail1.xxx.co.jp
MX 100mail2.xxx.co.jp

この優先順位というのは、mail1に、メールのアカウントが無かった場合、次のmail2に問い合わせにいくという意味なのでしょうか?それとも、単に(サーバー停止や撤去などにより)mail1の応答がない場合に、mail2に問い合わせにいくという意味なのでしょうか?

また、もしmail1を(サーバー機ごと)撤去することになった場合などにより、不要になったMXレコードというのは、削除した方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

アカウントには関係ありません。
サーバーが応答しない場合に優先順位の低い方へ接続しに行きます。

撤去したサーバーは、MXレコードから削除すべきです。そうでなければ、相手側のメールサーバーがmail1に接続しに行くという、無駄な手順を踏むことになり、余計なトラフィックを増やし、相手サーバーに余計な負荷をかけることになります。

また、相手側ソフトの実装によっては、順位の低いメールサーバーに接続しに行かない場合も考えられますので(正しい実装では無いかもしれませんが) その場合は、メールが届かないと言うことにもなりかねません。

QDNSサーバーの構築「no servers could be reached」

FEDORA3でDNSサーバー構築後にnslookupを行いましたが次のメッセージが表示されて動作しません。
「;;connection timed out; no servers could be reached」
半日ばかり問題を検討していますが解決できません(T_T)。
アドバイスをお願いします。

◆環境◆
OS:FEDORA3
実際のインターネット環境で利用するためではなく自宅内練習のためドメイン名は任意で設定しています。

<BIND設定ファイル>
zone "ABC.com" {
type master;
file "ABC.com";
};

zone "8.30.168.192.in-addr.arpa"
type master;
file "ABC.com.rev";
};

<ゾーンファイル>
@ IN SOA NEKO.ABC.com. postmaster.ABC.com. (

IN NS NEKO.ABC.com

NEKO IN A 192.168.30.9
INU IN A 192.168.30.10

ns IN CNAME NEKO

<リゾルバ>
search ABC.com
nameserver 192.168.30.9
nameserver 127.0.0.1


「/etc/rc.d/init.d/named start」では「OK」が表示されるが「/etc/rc.d/init.d/named stop」では「OK」が表示されない。

「/etc/rc.d/init.d/named start」で起動後も「netstat -ln」でポート番号「53」が表示されない。

読みにくい長い文を読んで頂いてありがとうございます。
自分での解決が難しそうなので是非アドバイスをお願いします(T_T)!

FEDORA3でDNSサーバー構築後にnslookupを行いましたが次のメッセージが表示されて動作しません。
「;;connection timed out; no servers could be reached」
半日ばかり問題を検討していますが解決できません(T_T)。
アドバイスをお願いします。

◆環境◆
OS:FEDORA3
実際のインターネット環境で利用するためではなく自宅内練習のためドメイン名は任意で設定しています。

<BIND設定ファイル>
zone "ABC.com" {
type master;
file "ABC.com";
};

zone "8.30.168.192.in-addr.arpa"
type mast...続きを読む

Aベストアンサー

>「/etc/rc.d/init.d/named start」で起動後も「netstat -ln」でポート番号「53」が表示されない。

じゃあ、起動していないんでしょうね。
# pgrep named
とやってPIDが返ってこなければプロセスすらあがっていないですよ。名前解決が出来ないとかいう以前の問題です。
named-checkconfとかnamed-checkzoneとかで設定ファイルをチェックしてみたらどうですか?
それと、RedHat系の起動スクリプトではrndcを使ってstopやらstatusを処理しているのでそのあたりの設定も必要ですよ。

#1の方がおっしゃっているようにログになにか出力されているならそれを投稿するのも手でしょう。別にあなたが分からなくても回答者は分かるかもしれませんし。

最近のディストリビューションを使用されているならselinuxの使用有無も情報として重要です。

bind-chroot絡みなら/etc/sysconfig/named内でROOTDIRが定義されているか?とかも関連するのでチェックして下さい。

>「/etc/rc.d/init.d/named start」で起動後も「netstat -ln」でポート番号「53」が表示されない。

じゃあ、起動していないんでしょうね。
# pgrep named
とやってPIDが返ってこなければプロセスすらあがっていないですよ。名前解決が出来ないとかいう以前の問題です。
named-checkconfとかnamed-checkzoneとかで設定ファイルをチェックしてみたらどうですか?
それと、RedHat系の起動スクリプトではrndcを使ってstopやらstatusを処理しているのでそのあたりの設定も必要ですよ。

#1の方がおっしゃって...続きを読む

QNTP の TCPポートは?

NTPは123/UDPでようは足りると思うのですが、
WELL KNOWN PORTとかいろいろな資料に「123/TCP」ポートが割当たってます。
ntpd,ntpdate等でNTPを使う場合、実際には123/TCPは使われているのでしょうか?

Aベストアンサー

RFC1305では「ntpには123/udpを割り当てる」となっていますが、RFC1700では「123 ntp」となっており、「123/udp」と明示されているわけではありません。
よって、「123/tcp ntp」が間違っている(または使えない)という明確な根拠にはなりません。

「現状では『123/tcp ntp』を実装するための定義が存在しない」程度に考えた方が良いと思います。

ただ、将来的にRFC2030のSNTPが(IPv6対応などの点で)主流になる可能性があるので、「123/tcp ntp」は定義されない可能性もあります。

Q逆引きできないホストからのメールを拒否ってどう思いますか?

今月から、借りているレンタルサーバー会社が、
spam対策のために逆引きできないホストからの
メールを拒否する設定を行いました。

すると、取引先数社からのメールが届かなくなりました。

さすがに困って、レンタルサーバー会社に相談したの
ですが、
「メールサーバーのIPアドレスを逆引き設定をするのは
常識で、逆引きできないメールサーバーは悪以外のな
にものでもない。断固として戦う」
と宗教じみた回答がありました。

レンタルサーバー会社の引っ越しも考えていますが、
どうも釈然としません。そこでご質問です。

1.本当の逆引きしていないのは悪ですか?
2.今後このspam対策は一般化しますか?
3.aol以外で、逆引きできないホストからのメールを拒否
しているISPやレンタルサーバー、大手企業、大学、
公共機関がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

> 1.本当の逆引きしていないのは悪ですか?

悪とは言い切れないですね。したほうがいいのは確かですが。
でもレンタルサーバなどで、逆引き設定していても、正引きと結果があわないことなんてざらにありますし、それが絶対条件になるのはちょっとね…
送信元メールサーバが複数のホスト名やドメイン名を持っている状態なんてざらにあると思うんですがねぇ。

個人的には逆引きができないことによるrejectはちょっと安易すぎる設定だと思います。
許容できるのはせいぜい、意図的に「一時エラー」を返して、送信元に再送を要求するくらいまででですね。

> 2.今後このspam対策は一般化しますか?

わかりません。
ただ、「判りやすい」対策なので、今後しばらくの間、導入するところは増えてくると思います。

> 3.aol以外で、逆引きできないホストからのメールを拒否しているISPやレンタルサーバー、大手企業、大学、公共機関がありましたら教えてください。

某光回線を提供しているISPで同じ原因でメール送信トラブルがありました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング