最新閲覧日:

 もちろん、こんな経験は、今までにほとんど(全く?)ないと思います。
 映画「ミッション・トゥー・マーズ」では、宇宙空間で、宇宙服のヘルメットをはずして(自殺して)しまうシーンがありました。映画では、数秒程度で(水分が蒸発して?)顔が灰色になってしまいました。
 映画「2001年宇宙の旅」では、ボーマン船長が、宇宙服のヘルメットなしで、ディスカバリー号に飛び移るシーンがありました。映画を見る限りでは、数秒間(それ以上?)空気のない無重量空間に滞在していますが、ま、無事でした。
 映画「アウトランド」では、宇宙空間にもうけられた廊下のような通路に人間がいて、廊下の壁が裂けるシーンがありました。空気が抜けてしまいますが、数秒程度で、人体がふくらんで破裂してしまいますよね。
 実際のところ、どれが正しいのでしょうか。
 地球上で1気圧がかかっているとすれば、それが0になったからといって、すぐ破裂したり、凍ったりすることはなく、2001年ふうに、ある程度は生きているのではないかと思います。だって、2気圧なんて、ちょっと水中にもぐれば得られる気圧ですし、それで何ともないわけですから、(水面に浮上すれば1気圧まで下がるわけですよ)1気圧が0気圧になっても、たいした影響はないんじゃないですか。
 ま、血液が沸騰するとか、いろいろあるでしょうが、それは、長時間宇宙に放り出された場合であって、数秒では「がまん」できるのではないですか。少なくとも、「破裂」はしないのではないでしょうか。
 これからの宇宙時代を生き抜くための生活の知恵として(笑)知っておきたいと思います。
 こういう質問は「映画」でしょうかね?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

人間では 無いのですが ゴキブリは 平気で生きていました。

真空パックをする業務用の機械に ゴキブリが 入ったのを 気づかず ふたをして操作してしまった経験があります。真空になっている時間は 大体 20~30秒ほどでした。結果どうなったかと言いますと 終わってふたを開けると ノソノソでは無く 機敏に 行ってしまいました。と言うか 飛び出してきたので 中にいたんだ~とわかっただけです。(T_T)意外でした。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 これは貴重な経験をお知らせいただき、まことにありがとうございました。
 ゴキブリのたくましさを感じさせますね。
 人間では、なかなか経験できないわけですが、……。
 そういえば、旧日本軍の満州駐在部隊で人体実験をした731部隊で、大きな容器の中に中国人を入れてだんだん空気を抜いて(真空にして?)殺す実験があったことを思い出しました。森村誠一さんの本の中の記述です。突然真空中に放り出されるのとは状況が違いますが、参考になるかもしれませんね。

お礼日時:2002/03/02 17:49

こんばんは。



最近、同じ様な質問がされていますので、参考URLを見てみて下さい。
(まだ締め切っていないようです)

実は、この参考URLよりも、この中のさらなる参考URLのほうが
分かりやすいかも知れません。(こちらはきちんと締め切っている)

これらによると、ある程度の時間は大丈夫のようですね。

では。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=199203
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 これはこれは、どうもありがとうございました。
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=190956
さらには
http://imagine.gsfc.nasa.gov/docs/ask_astro/answ …
が、おもしろかったです。
 これでほっとしました。

お礼日時:2002/03/02 02:29

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ