派遣社員として働いた場合、社会保険はどうなるんでしょうか?
例えば、雇用保険には加入して、健康保険には加入しない、など。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

派遣社員に限らず、健康保険と年金保険に関しては任意です。

但し、国民健康保険と国民年金、または国保以外の健康保険と厚生年金というパターンで、どちらかを選択しなければなりません。
雇用保険は、独自では当然入れません。派遣元で加入手続きを取ります。

派遣社員の場合は、結構国民年金と国保にして雇用保険のみという方が多いようです。
    • good
    • 0

数ヶ月以上同じ派遣会社で働いた場合、基本的にはそこの派遣会社の社会保険に強制加入ですが、単に書類を郵送してくるのみで、入れ入れとうるさく言われるわけではありません。

長期で働いていても、国民健康保険にしている派遣社員は実際大勢います。自分の好きな方でいいのではないのでしょうか。

もちろん雇用保険のみとか厚生年金のみ加入、などはできません。
    • good
    • 0

派遣社員として、長期での仕事(長期と見込まれるも含む)であるか、


短期としての仕事か、というのも関係あります。
短期の仕事を色々やっている。という状態ですと、雇用保険などの加入の
資格(義務)がない場合もあります。
長期で、一定の条件をクリアしていれば、任意ではなく義務になります。
    • good
    • 0

派遣会社が社会保険(厚生年金・健康保険)や雇用保険(失業保険・労災保険)に加入していれば、それに従います。


本人の希望で、加入する制度を選択はできません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険加入をせずに期日まで働く方法ってありますか?

扶養控除内で働く主婦です。
現在短期派遣で1日8hの週5で就業しています。
12/1からの就業予定でしたが、前任者との引継ぎをということで11月末から12月末までの契約になりました。
ですが1月末までの延長の申し入れがありました。
引き受けたいのですが、1月末までの契約となると就業開始日から終了日までが2ヶ月以上になり、
社会保険加入の対象になるといわれました。
そのため、1月の末までではなく、27日までにすれば2ヶ月以内になるので加入しなくていいといわれました。
ですが私としては、きりもわるいしできれば末日まで働きたいと思っています。
この前にいた派遣会社でも同じような期間働いていましたが、
色々方法を考えてくれて、社会保険加入にならないように契約をしてくれました。
なので、今回もなんとか月末まで働ける方法があるのではないか?と思っています。
是非知恵をお貸しください。
ちなみに、以前は契約日云々よりも月120時間以上働かないようにして加入を逃れていたと思います。

Aベストアンサー

会社側は2ヶ月と1日を越えて契約する場合は、社会保険に加入させる義務を負います。この「2ヶ月と1日を越えて契約」というのがポイントですね。よくあるケースでは、契約書をわけてしまうケース。特に今回のように年末年始をはさんで、休業期間が発生しそうな場合は
1つ目の契約書を「11月末~12月26日」
2つめの契約書を「1月5日~1月31日」とします。
そうしてしまうと、どちらも2ヶ月を超えませんので会社側は雇用保険に加入させる義務は負わなくなるわけです。
「27日~4日」までに空き期間がでますが、扶養の範囲で働いているのであれば、その期間に国保に入らなくちゃいけないといったこともないですしね。

ただ、短期就業の場合は、ほんとに自分は今扶養でいられる状態なのか?ということにご注意ください。たとえ1か月限りでも、日給で3600円以上の収入がある場合は、社会保険の扶養に入れないことが大半です。この点はきちんと確認をとってありますか?あとでバレると遡って国保加入になったり、ペナルティで扶養が一定期間打ち切られたり、また契約違反でご主人のクビの理由にされかねませんので要注意です。

会社側は2ヶ月と1日を越えて契約する場合は、社会保険に加入させる義務を負います。この「2ヶ月と1日を越えて契約」というのがポイントですね。よくあるケースでは、契約書をわけてしまうケース。特に今回のように年末年始をはさんで、休業期間が発生しそうな場合は
1つ目の契約書を「11月末~12月26日」
2つめの契約書を「1月5日~1月31日」とします。
そうしてしまうと、どちらも2ヶ月を超えませんので会社側は雇用保険に加入させる義務は負わなくなるわけです。
「27日~4日」までに空き期間が...続きを読む

Q派遣社員で働く場合の、所得税や社会保険料など支出は?

4月1日から派遣社員として働きます。自給1100円で平日の8時半から4時(派遣先企業の定時は5時15分です。うち休憩は45分間)までの勤務です。単純に1ヶ月20日勤務と考えた場合、月に14万円強の収入になると計算しています。この場合、日の労働時間及び1月の労働日数のいずれもが、おおむね一般の社員の4分の3以上ということで、社会保険(厚生年金保険+健康保険)への加入義務が生じじるのでしょうか?また長期で勤務した場合、年収が103万円を超えると、所得税もかかってくるのでしょうか?また、夫の扶養から外れることになるのでしょうか?
私事ですが、1歳の子供がおり毎月6万円近い保育料を払うことになります。夫の扶養から外れ家族手当が無くなり、その上所得税や社会保険料を負担することになると、手元にどれほど残るかと悩んでいます。収入を増やして家計の足しにしたいと思っているのですが、不安になっています。アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

>社会保険(厚生年金保険+健康保険)への加入義務が生じじるのでしょうか?
厳密には従業員の加入義務ではなく、雇用主に従業員を加入させなければならない義務が発生します。
(従業員に選択の余地はありません)

>また長期で勤務した場合、年収が103万円を超えると、所得税もかかってくるのでしょうか?
なんともいえません。社会保険料控除(社会保険に支払う保険料)があるのであれば、103万+保険料分までは非課税でしょう。もちろん他にも控除なるものがあれば非課税範囲は大きくなります。

>また、夫の扶養から外れることになるのでしょうか?
所得38万、即ち給与収入で103万を超えると夫は配偶者控除は受けられません。
また所得76万、即ち給与収入で141万以上だと夫は配偶者特別控除も受けられません。

会社の家族手当は会社の基準によるためわかりません。

健康保険と年金については社会保険に加入すれば当然扶養は外れます。
社会保険に加入しない場合については夫の会社の健康保険の基準によりますので確認下さい。


>手元にどれほど残るかと悩んでいます。
それは計算してみないとわかりません。ご質問の場合は会社の家族手当基準や社会保険加入の有無により少し微妙ではないかと思います。

>社会保険(厚生年金保険+健康保険)への加入義務が生じじるのでしょうか?
厳密には従業員の加入義務ではなく、雇用主に従業員を加入させなければならない義務が発生します。
(従業員に選択の余地はありません)

>また長期で勤務した場合、年収が103万円を超えると、所得税もかかってくるのでしょうか?
なんともいえません。社会保険料控除(社会保険に支払う保険料)があるのであれば、103万+保険料分までは非課税でしょう。もちろん他にも控除なるものがあれば非課税範囲は大きくなります。

...続きを読む

Q社員で働く?年金未加入?

なんと世間知らずで無知だったのか。
只今の年齢46歳で国民年金は一度も手続きした事がありません。
納付書のような通知も記憶の残る所ではありません。
気にはしながら、年金課に出向く勇気?が今までありませんでした。
この度この年齢でも社員でどうぞと言われましたが、
国民年金を掛けていないし、主人の配偶者控除から外れるのと・・
主人も掛けていません。
先日、年金課に電話で、問い合わせた所、
2年さかのぼってもギリギリ69歳まで払込だそうですが。
国民年金は過去2年分とこれからの分と合わせた額に厚生年金も一緒に払うのでしょうか?
本当にギリギリで25年になるのでしょうか?

Aベストアンサー

トータルで25年間分の年金払い込みが年金の受給資格になってます。
国民年金+厚生年金=25年という期間の金額分が必要です。
受給時の内訳は国民年金分がいくらで、厚生年金分がいくらというような受給の仕方に今現在ではなっております。(自分の払った国民年金金額からの支給金額と厚生年金金額からの支給金額とが区別されておりトータルで年金は受給をされております、通常は2か月に1回、2ヶ月分を1回での振込です)

これから先の未来のことは全く予測が出来ませんが、おそらく国民年金の方はまとめて過去の2年間分の支払いが一括でも可能です!
(これから社員で働いてからでも可能だと思いますし、定年退職をされてから足りない年数分をまとめて収めている人もかなりおります)
これから先は厚生年金で給料から引き落としになることと思われます
(厚生年金は自分が支払う金額と同じ金額を会社も毎月支払うことになっておりますので、当然、こちらの方が受給金額も多くなります)

とにかく25年間の継続した期間の払い込み金額分が無ければ、今現在のやり方では年金の受給金額は1円も支払われません。
お金を払わない人にお金は1円も支払われません、それが今の現状ですが、年金未納問題が増加をしておりますので、国はこれからますます条件を厳しくするかもわかりませんが、それは、私にも予測が出来ません。

トータルで25年間分の年金払い込みが年金の受給資格になってます。
国民年金+厚生年金=25年という期間の金額分が必要です。
受給時の内訳は国民年金分がいくらで、厚生年金分がいくらというような受給の仕方に今現在ではなっております。(自分の払った国民年金金額からの支給金額と厚生年金金額からの支給金額とが区別されておりトータルで年金は受給をされております、通常は2か月に1回、2ヶ月分を1回での振込です)

これから先の未来のことは全く予測が出来ませんが、おそらく国民年金の方はま...続きを読む

Q雇用保険の加入期間

基本的なことを質問して申し訳ないのですが、1997年5月1日入社、2002年4月30日退社、この場合、雇用保険の加入期間は何年になるのでしょうか?5年未満?それとも5年以上なるんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雇用保険の加入期間の計算は、1日に加入した場合は月末で1ヶ月になりますから、ご質問の場合は5年間になります。

ただ、会社で5月1日の入社として処理して、職安に届けているか確認する必要があります。

お手元に「雇用保険被保険者証」が有ったら、資格取得日が1997年5月1日に成っているか確認してください。
確認できない場合は、会社か職安に聞けば確認できます。

Q国民健康保険加入者が死亡した場合

一時金みたいなものが出るのでしょうか?
自治体によって違うのですか?
解る方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

2年以内に葬儀社の領収書を添えて自治体に請求すると国民健康保険葬祭費が支給されます。

参考URL:http://www.kokoro-wet.com/souzoku/sogigo01.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報