【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

過去の日本の有名人の名言をホームページ、チラシ広告
に使いたいのですが、著作権はどのようになるのですか、
その言葉はすでにホームページでは公開されて
います。
著作権は必要ないのでしょうか、また、他に注意すること
があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

その有名人の名言が、著作物として認められるか否かが判断基準となります。

著作物として認められる場合には、著作権で保護されていますし、著作物でない場合には、著作権を考慮する必要はなくなります。

一般的には、標語、キャッチフレーズ、書籍の題号、音楽のタイトルなどは、著作物ではないとされることが多いようです。

http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime1.html

しかし、標語についても著作物となると判断した裁判例はあります。下記サイト、交通標語事件参照。

http://www.kondolaw.jp/hanrei_tyosaku.html

これらのことを考えると、その名言の内容しだいということになります。

例えば、短歌は著作物として、著作権の保護が受けられることが多いと思われます。一方、短歌より短いと、著作物が成立するのは難しい場合があるのではと思われます。

この広告の予算にもよりますが、多額の予算で広告をするのでしたら、著作権に強い弁護士に事前に相談することが無難と思われます。
    • good
    • 0

著作権の保護期間は、個人の場合は死後50年です。


よって、仮にその過去の有名人が50年以上前に亡くなっているならば、何の問題もありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q著名人の言葉を引用 ~著作権

会社のホームページに、日替わりで著名人の有名な言葉を掲載すると、著作権の侵害となるのでしょうか。

言葉には作者を明記します
○○○○○○○○○○○○(武者小路実篤)

故人も生存している人もいます。


ざっと考え方だけでも教えていただけると助かります
お助けを

Aベストアンサー

著作物の定義は、著作権法10条ではなく、2条にあります。10条の例示は、あくまで「著作物にはたとえばこんなものがありますよ」と言っているだけですので、これに該当しないから著作物ではないとは言えません。
また、名言の類は、著作権法10条においても、「言語の著作物」に該当することになると思われます。
一般にキャッチフレーズのようなものは著作物ではないとされていますが、ご質問のような事例であれば、ある人がその「思想又は感情を創作的に表現」しているというところに価値を置いているわけですから、短文といっても著作物と見るべきかと思います。

※著作権法第2条第1号
「著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」

さて、ご質問のような利用方法は、著作権法上の複製及び公衆送信に当たりますので、著作権者の許諾を得る必要があります。
ただし、お亡くなりになった方については、基本的に死後50年で著作権は消滅します。

なお、名前や出典さえ書いておけばよいという俗説がありますが、誤りです。
論文や批評などで、「●●は△△といっているが、」などと自分の文章を組み立てるために他人の文章を引用しなければならない場合については、一定の条件のもとに著作権者の許諾を得なくてもよいこととされています。この場合の一つの条件として、出典を明示すること、というのがあるのですが、これが誤って伝わっているものと思われます。
ご質問の場合については、名言を掲載するのが主目的ということになると思いますので、著作権者の許諾を得なくてもよい場合には該当しないと考えられます。
(引用の要件については、例えば下記URLのkawarivさんのご回答など、今までもたくさんの回答があります)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=281361

著作物の定義は、著作権法10条ではなく、2条にあります。10条の例示は、あくまで「著作物にはたとえばこんなものがありますよ」と言っているだけですので、これに該当しないから著作物ではないとは言えません。
また、名言の類は、著作権法10条においても、「言語の著作物」に該当することになると思われます。
一般にキャッチフレーズのようなものは著作物ではないとされていますが、ご質問のような事例であれば、ある人がその「思想又は感情を創作的に表現」しているというところに価値を置いているわ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング