12年位前に講談社コミック「なかよし」に連載されていた作品で、主人公は女の子で、登場人物の中に「銀次(ギンジ)」という男の子がいて、「シルバー」という愛称で呼ばれている作品を見ました。凄く印象に残っていて、数年前からずっと探しているのですが、誰の作品なのか、題名はなんだったか全くわかりません。もし、見たことがある、知っているなどという方がいらっしゃいましたら教えて下さい。些細な情報でも構いません。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

cameraさん、こんばんは。


cameraさんがおっしゃっている作品は海野つなみさんという方が描かれた「学園宝島」というものでしょう。
これは、海野先生が「なかよし」に1991年7月から10月まで連載された作品です。
cameraさんがおっしゃる「女の子」という子は「寿々子」、「銀次」という男の子は「麻生銀次」という名前ではなかったですか?そうだとしたら、この作品で間違いないと思います。
「学園宝島」は、残念ながら現在のところ単行本化には至っておりません。
(私も「学園宝島」連載当時はまだ小学生で、この作品を読んだ記憶がなく、海野先生の大ファンになった今、コミックス化を熱望しております・・・(>_<)
ただ、海野先生の「彼はカリスマ」というコミックスの一巻のあとがきに、銀次くんと、寿々子ちゃんが描き下ろしのイラストで載っております。よろしかったらそちらのほうもご覧になってみてはいかがでしょうか??

ご参考までに、海野先生の簡単なプロフィールと今までに出されたコミックスを紹介しておきますね。

*海野つなみ*
8月9日 兵庫県生まれ B型
1989年第8回なかよし新人漫画賞入選の「お月様にお願い。」でデビュー。

*既刊のコミックス(全て講談社)*
-KCなかよし-
・ロマンスのたまご
・恋の熱帯低気圧
・西園寺さんと山田くん
-Amie KC-
・彼はカリスマ(全2巻)
・Kissの事情(全1巻)
・Telescope Diaries(全2巻)
-KC Kiss-
・ゴールデンデリシャスアップルシャーベット
・ゆうてる場合か!
・デイジー・ラック 1

海野先生は最近では「Kiss」などの講談社の雑誌でちょこちょこと描かれているようです。
「OnemoreKiss 3月号」の「リフォーム父さん」という作品が一番新しいのではないかと思います。
「学園宝島」のときとはまた違った作風であるとは思いますが、海野先生は独特な「空気感」が漫画で表現できる素晴らしい方だと思います。
もし興味がおありならば、一度他の作品も読まれてみてはいかがでしょうか?(^^)

長々としゃべってしまってすみません。
海野先生がらみの投稿を見つけたもので、嬉しくて、ついついレスしてしまいました。
cameraさんのご参考になればとっても嬉しいですvv
では(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

uminosukiさん、ご回答ありがとうございました。
そうです。思い出しました。主人公の女の子は寿々子ちゃんという名前でした。ありがとうございます!!
私も当時小学生だったのですが、その作品はすごく印象的で10年以上経った今もずっと覚えているのですよ。連載も4回と短かったのに。
単行本化はされていないのですね。いくら探しても、見つからないはずですよね。記憶を辿ってあらゆる本屋さんのKCなかよしを一冊ずつ見て周った位です。(KCは裏に作品の内容が書いてあるので)
海野つなみ先生の「彼はカリスマ」の1巻、是非見てみたいと思います。楽しみです。海野先生の他の作品もこれを機に読みたいと思います。
「学園宝島」は私もコミック化を熱望します。どうしても読みたいです。

とても参考になるご回答ありがとうございました。
補足も詳しくて、とても嬉しかったです。
また機会がありましたら、よろしくお願い致します。

お礼日時:2002/03/03 16:32

すみません。

下記の補足です。
「学園宝島」の連載時のサブタイトル(っていうのかな?)が分かったので、付け足しておきます。
*「学園宝島」
第1話 「遺産を探して胃酸過多」(32P) なかよし1991年7月号
第2話 「銀次の正体おしえてちょうだい」(31P) なかよし1991年8月号
第3話 「看病役の漢方薬」(31P) なかよし1991年9月号
第4話(最終話)「ファイナルはハイになる」(31P) なかよし1991年10月号

です。
私もなにぶん高校生くらいから海野先生の作品を読み始めたものですから、「学園宝島」連載当時、小学生で、この作品を読んだことは実はありません(汗)
ですから、読みたいんですけどね~。海野先生の代表作にあげられてる作品ですし。
ちなみに「彼はカリスマ」一巻の後書きに描かれていた銀次くんは白髪、三白眼でつり目、たらこくちびるの(海野先生いわく)悪役顔で、寿々子(すずこ)ちゃんは黒髪ストレートのロングで、おでこを出していました。ちなみに寿々子ちゃんは中1の設定らしいです。(後書き参照)

それでは(^^) 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1990年代なかよし連載マンガのタイトル

こんにちは。
1990年代前半に「なかよし」で連載されていたマンガのタイトルが気になって仕方がありません…。

そのマンガの内容で覚えている内容(うろ覚えですが…)は、
・1991年か1992年頃の作品
・主人公はおしゃれな女の子
・貧乏か片親
・意地悪されてもらったダサいセーターを、編み目を伸ばしておしゃれに着こなした
・髪型はおでこを出して、ピンで留めている(これは特にうろ覚え)

ストーリーは全く覚えていません。
ただ、ダサいセーターを着こなした話だけが強烈に残っています。

少ない情報ですが、覚えてる方がいらっしゃいましたら、作品名(もしくは作者名)を教えてください!
宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

ひうらさとるの「プリティ・グッド」ではないでしょうか
yahooで少し立ち読みできますので、ご確認下さい。
http://comics.yahoo.co.jp/kodansha/hiurasat01/puritexi03/shoshi/shoshi_0001.html

Qなかよしで連載されていたデリシャス!について

何年か前に『なかよし』で連載されていた『デリシャス!』のレシピ集って、出てませんでしたか??
懐かしくなって、とても欲しいんです。
あと、同じ時期くらいに連載していた、『ミル・フルール』の園芸本と言うか、ベル・フルール本・・・
この2冊の行方を知ってる方、お願いします!!

Aベストアンサー

>何年か前に『なかよし』で連載されていた『デリシャス!』のレシピ集って、出てませんでしたか??

もしかしたら復刊ドットコムで復刊リクエストされているデリシャス!スイート・クッキングのことでしょうか?

http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=20842

参考URL:http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=20842

Q昔“なかよし”で連載されていたマンガのタイトル

10年ほど前“なかよし”で連載されていたあるマンガのタイトルを教えてください(>_<)

そのマンガのあらすじ:

ある女の子があるカメラマンのアシスタントを始めた。
そのカメラマンは専属のモデルを持っており、気に入ったモデルを見つけると、それまでの専属モデルをポイッと捨ててしまう。その女の子のお姉さんは昔そのカメラマンの専属モデルだったが、ポイ捨てされたため自殺した。女の子はカメラマンに復讐するためにアシスタントになった。
しかし、カメラマンは女の子を気に入り、専属のモデルにした。女の子もカメラマンに惹かれていき、情が生まれて復讐できない。


うろ覚えなのであらすじは間違いが多々あると思いますが、だいたいこんな感じの話でした。

私が小学生の頃なかよしを読んでいて、このマンガが連載され始めました。
面白いなーと思っていたのですが、なかよしを買うのをやめてしまったため、最後まで読めませんでした。
今になって読みたいとは思うのですが、題名が分からないので、分かる方教えてくださいm(__)m

幼稚な文章ですいません(汗

10年ほど前“なかよし”で連載されていたあるマンガのタイトルを教えてください(>_<)

そのマンガのあらすじ:

ある女の子があるカメラマンのアシスタントを始めた。
そのカメラマンは専属のモデルを持っており、気に入ったモデルを見つけると、それまでの専属モデルをポイッと捨ててしまう。その女の子のお姉さんは昔そのカメラマンの専属モデルだったが、ポイ捨てされたため自殺した。女の子はカメラマンに復讐するためにアシスタントになった。
しかし、カメラマンは女の子を気に入り、専属のモデルに...続きを読む

Aベストアンサー

高瀬綾さんの「スイート・リベンジ」でしょうか?
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAN00881/

Q’99年頃、講談社の「Kiss」連載のもりたゆうこ『DESTINY』について

こんにちは。

7年くらい前に講談社の漫画雑誌「Kiss」に連載されていた、もりたゆうこの『DESTINY』のストーリー&結末を教えて頂けないでしょうか。

もうすぐ30歳になろうとしている、つまらない男にばかりひっかかっていて、借金取りにも追われているキャバ嬢が主人公。
彼女が突然18歳の姿になって当時にタイムスリップしてしまい、人生のやり直しをするという話です。

あの当時「Kiss」を毎号読んでいたのですが、何かしらの拍子に『DESTINY』連載途中に読むのを止めてしまいました。
なので、その後のあの物語の展開については何も知らないのです。

私が覚えているのは、18歳の姿で当時に戻った主人公が、「キムタク」がモチーフになっていると思われる(笑)アイドルと、結構いい感じの仲になるところまでです。

気になるのなら、コミックを買って読めばいいのですが、そこまでしようとは思わなくて、ただ、その後のあらすじと結末が判ればいいのです(すみません‥汗)。

今日、久しぶりにふっと思い出して気になりましたので、質問させて頂きました。
ご存知の方おられましたら、よろしくお願い致します。

こんにちは。

7年くらい前に講談社の漫画雑誌「Kiss」に連載されていた、もりたゆうこの『DESTINY』のストーリー&結末を教えて頂けないでしょうか。

もうすぐ30歳になろうとしている、つまらない男にばかりひっかかっていて、借金取りにも追われているキャバ嬢が主人公。
彼女が突然18歳の姿になって当時にタイムスリップしてしまい、人生のやり直しをするという話です。

あの当時「Kiss」を毎号読んでいたのですが、何かしらの拍子に『DESTINY』連載途中に読むのを止めてしまいました。
なので、そ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
うろ覚えですが(どこかに本はあるはずなのですが・苦笑)…。
主人公は結局、彼の将来の事を思って、ひどい言葉を吐いて彼とは別れます。
その後、ライバルだった女の子にアドバイスしてその子を売り出す事が出来たのを切欠に、芸能プロダクションを始めます。
その手始めに、街で声をかけてきたニートっぽい青年を一生懸命口説いて、ついには香港でアクションスターとして売り出すのに成功します。
彼を看板スターに会社は成功し、彼女は社長として頑張ります。
ですが、現実の時間に近づいていくにつれてアイディアの貯金が無くなり、実は好きだった看板スターも事故で行方不明になり、歯車が狂い始めてついにあの時と同じ日、会社は乗っ取られ、何もかも失った上に、借金取りが現れます。
結局また、振り出しに戻るの?と思った彼女の元に、学生時代の二人の友人や誤解を解いたアイドルや、彼女のお陰で売り出せた元ライバルの女の子が現れ、代わって借金を払ってくれるのです。
そして、再び一からの出発を決意した彼女の元に、怪我でしばらく身動き出来なかったという看板スターが現れて、プロポーズ、というところで終わります。

…こんな感じで大丈夫でしょうか?(^_^;)説明が下手ですみません。

こんにちは
うろ覚えですが(どこかに本はあるはずなのですが・苦笑)…。
主人公は結局、彼の将来の事を思って、ひどい言葉を吐いて彼とは別れます。
その後、ライバルだった女の子にアドバイスしてその子を売り出す事が出来たのを切欠に、芸能プロダクションを始めます。
その手始めに、街で声をかけてきたニートっぽい青年を一生懸命口説いて、ついには香港でアクションスターとして売り出すのに成功します。
彼を看板スターに会社は成功し、彼女は社長として頑張ります。
ですが、現実の時間に近づいてい...続きを読む

Q「りぼん」「なかよし」に載っていた作品、作者を教えてください

最近、自分が昔よく読んでいて面白かったものを読みたいなと思っているのですが、ぼやっとは覚えている程度で、作者の名前が出てこなかったり、タイトルが出てこなかったりで、皆さんに教えていただけたらと思いました。
りぼん、なかよし、に載っていたもので、皆さんの好きな作品、作者を教えていただけますか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

りぼん限定で。
その昔、姉の読んでいたりぼんを暇に任せて読み初め、そのうち自分でコミックスを揃えて読んでました(苦笑。
さすがに最近の作品には疎いですが。


大昔の話になりますが、千明初美さんという作家がいらっしゃいました。
非常に独特の感性を持つかたで、その作品は必ずしも全てが傑作ではないのですが、個人的に非常に惹かれるものがあり未だに覚えています。
以前に古本屋で傑作集3冊の揃いを見つけて、宝物のようにしています。

 『蕗子の春』
 『いちじくの恋』
 『バイエルの調べ』

ちなみに、千明初美さんの「先生と2年E組」にインスパイアされた、つうか、はっきり言ってぱくってできた作品が大島弓子さんの「あまのかぐやま」だったりします(笑。

まぁ、「千明初美を大島弓子が料理するとこうなるのか!」と感心しましたけれども。


時代が下って、

一条ゆかりさん、清原なつのさん、池野恋さん、あたりはメジャーすぎてコメントすることなし。
谷川史子さん、この方も独特の感性が魅力でした。
柊あおいさん、これはもう、いかにも「りぼん」の大作家。
「星の瞳のシルエット」大好きでした。
彩花みんさん、「赤ずきんちゃちゃ」で一世を風靡。
同様に矢沢あいさん、「天使なんかじゃない」。


そして、この人の名を忘れてはいけない、

岡田あーみんさん

いやぁ、大好きでした(大笑い。
「お父さんは心配性」もすごかったですが、「ルナティック雑技団」のキレっぷりは凄まじかった。
あと、長期連載の合間に描いた短編も案外いいものがありましたねぇ。

りぼん限定で。
その昔、姉の読んでいたりぼんを暇に任せて読み初め、そのうち自分でコミックスを揃えて読んでました(苦笑。
さすがに最近の作品には疎いですが。


大昔の話になりますが、千明初美さんという作家がいらっしゃいました。
非常に独特の感性を持つかたで、その作品は必ずしも全てが傑作ではないのですが、個人的に非常に惹かれるものがあり未だに覚えています。
以前に古本屋で傑作集3冊の揃いを見つけて、宝物のようにしています。

 『蕗子の春』
 『いちじくの恋』
 『バイエルの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報