人間にも優しい人もいればそうでもない人もいるように
人間以外の動物にも個性はあるのでしょうか?
おそらくあると思うんですが、
それぞれの個性の違いの差が大きい動物とか小さい動物とかを教えてください。
代表的なものだけでかまいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

これを個性と言うのかどうかの判断はppoooo様に委ねます。


まず、集団生活をする動物で天敵から逃れなければならない鳥獣にはあると思います。
これはたとえば天敵に襲われた場合に真っ先に逃げる一部の集団、一番最後に逃げる集団、その結果どちらが生存に適しているのか判断してそれに準じて行動する大多数の意思を持たない一般集団とかに分類されると思います。
そうする事によって、種の保存が達成出来るからだと思われます。
ここで例えば真っ先に逃げる集団が一番に餌食になる環境下では一般集団は後者の遅く逃げる集団に準じて行動しますが、その場合でも一般集団の中から自然発生的に先に逃げるものが出現してきます。
そうでないと、先に逃げるのが有利な環境に変化した場合に不都合が生じるからだと思いますが、これはつまり逃避行動についての個性が自分の意思では無く、種の保存の為に存在するものであることを物語っているのだと思います。
人間も同様に、今の社会構造に向いている人ばかりでなく、社会構造の激変後などに適応できる能力を備えているばかりに今現在不遇な状況にある方々がおられますよね。

っで、例ですが例えば鳥の鴨や雉ですが、鷲鷹目が繁栄している状況では先に逃げると餌食になりやすい、逆に陸上捕食動物が繁栄している状況では最後に逃げると餌食になりやすかったりします。

犬などの共同で狩りを行う動物では、やはり役割分担がある様で、追い鳴き専門、格闘専門、追跡専門と分れている様ですが、これも集団生活を行う為に発達した個性であろうと思います。
つまり、個性は集団生活を行う動物が生存する為に見られる現象だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

個性はそのようにして生まれるんですね。
人間のことを考えるうえでもとても参考になりました。

お礼日時:2001/01/04 14:58

 個性と各種族における役割分担は意味が違います。

種固有の性質(役割分担を含む)は個性ではありません。種固有の性質から離れた行為などが個性(個々の個体間の行動などの相違)なのです。
 この意味において、動物の行動は「走性」、「反射」、「本能」、「学習」、「知能」に分類され、後者2つが特に大脳の働きの帰すものが多い。皆さんがご指摘のように個性がよく表れる(個体間の行動などの差が大きい)動物はやはり、大脳が発達しているものと結論づけられる。
 通説では、イルカは犬とほぼ同レベルの大脳発達であると言われている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても新鮮なご指摘ありがとうございます。
脳力との関係があるということは今まで考えたこともなかったのでとても参考になりました。

お礼日時:2001/01/04 15:04

深い森の中で倒れた木は果たして本当に倒れたことになるのかなんて設問もありますが。


>個性の違いの差が大きい動物とか小さい動物
ってのは結局どんだけ人間と身近であるかどうかに
関わってることでしょう。所謂ペットは個性差が大きいのではないですかね。そんだけ観察している人がいる訳ですから。
あと脳みそが大きければ大きいほど(=知能が高い)多様性は見られると思います。但しそれをきちんと判断する人間がいないとダメでしょうが。ということでイルカやクジラよりは(観察しやすい)猿などの方が個性差があるように見えるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/01/04 15:01

犬にも猫にも、ハムスターにまでも個性があります。



あんなに小さい脳なのに、ハムスターは人懐っこく好奇心旺盛な子と、なぜか穴掘りが大好きで物に動じない子がいると思えば、非常に臆病な子もいます。

群れを作る動物は、群れの中で役割分担をするのですから個性があってもさもありなんと思えますけれど、単独行動をするはずの猫やハムスターにまで個性が与えられているのは、とても不思議です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/01/04 15:00

イヌや猫でも性格はありますよ。


わたしは熱帯魚を飼っていますが、同じ種類でも性格があるようです。

一度に複数の子供を産むほ乳類の場合、先に生まれた子どもは、一番最初に母乳にありつけ、あとから産まれてきた子は、やや不足していたりします。
そのため、たいてい先に生まれた子は大きくなり、あとから産まれた子は比較すると、体が小さいです。
当然からだの大きい子は強く、体の小さい子は弱いので、性格もおとなしくなってしまいます。
これはいわゆる「弱肉強食」の掟ですね。
生まれる順序によって、性格が分かれてきてしまうんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても参考になりました

お礼日時:2001/01/04 14:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要について説明せよ。

芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要を説明せよ。

まず、この文章の意味が全然わかりません。
この難題が分かる方、是非とも、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは,生物の身体の中で色々な化合物が作られる事で,「生合成系」とはその過程(経路)です。つまり,「●●がXXに変わって,XXは△△に変換されて,・・・・,で**が作られる」ってこと。

 で,「芳香族化合物」が作られる経路には幾つかありますが,「代表的な経路」は2つです。#3 さんがあげてられる,「酢酸マロン酸経路」と「シキミ酸経路」です。

> それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、

 「上記の各経路で生合成される代表的な化合物の名前を挙げなさい。」ってこと。

> それぞれの概要を説明せよ。

 「例に挙げた化合物が生合成される経路を書きなさい。」ってこと。

 いかがかな?文系だったら,これで質問の意味は分かりますよね。模範解答は「天然物化学」の教科書でも見て下さい。

 ネット上にもこんなサイトありますが,書かれてる意味は解りますか?

  ◎ 植物成分について

 生合成研究はした事ありませんが,天然物化学屋としては基礎知識の部類ですので「専門家」としておきます。でも,内容は御自分で確認してね。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/about_plant_constituents.htm

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは...続きを読む

Q動物は外見だけで人間を識別できるが、人間は外見だけでは動物を識別できない?

こんにちは。

もしかしたら生物学というよりは、脳科学の分野なのかもしれませんが。。。先日なにかの機会に、「動物は外見だけで人間を識別できるが、人間は外見だけでは動物を識別できない」というようなことを聞いた記憶があります。

おそらくこの意味するところは、100人の人間がいたら、猿はその100人の人間の顔の違いがわかる。しかし、100匹の猿がいても、人間はその100匹の猿の違いが顔からはわからない。(もちろん、できる人もいるかもしれないが、普通の人にはできない。)ということのように思います。

そこで、このことに関してもっと勉強したいので、説明してある本(できれば一般向け、高校生くらいでも読める本なら尚良)をご紹介いただけませんか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全くの見当違いかもしれませんが・・・
ご覧になったのは昨年10月にNHKで放映された「赤ちゃん 成長の不思議な道のり」でしょうか?

http://www.nhk.or.jp/special/onair/061022.html

中身の詳細は以下で紹介されています。
http://h-mind.blog.ocn.ne.jp/mindramble/2007/02/post_e57d.html

もしそうだとすれば、もう少し詳しい説明をしてくれる人がいると思います。

Aベストアンサー

ちょっと質問の意味が解らない部分があるのですが、

簡単に言えば、魚から人にうつる病気やウイルスはあるか?
という感じで良いのでしょうか?

基本的に、動物から人にうつる病気、ウイルスはもちろんあります。
それらは、「人獣共通感染症」と言われているので
ウィキペディアで調べれば詳細が解ると思います。

魚から感染する病気に関しては、こちらを参考にしてみてください。

http://aqua.yukigesho.com/kansen.html

Q動物が人間や他種の動物と言葉が通じるようになり、会話できたり、動物が普通に学校で義務教育を受けたり、

動物が人間や他種の動物と言葉が通じるようになり、会話できたり、動物が普通に学校で義務教育を受けたり、人間や他の動物や同種の動物の友達とテニスしたり、映画館で映画観たり、動物がオリンピックに出られたり、動物が職業に就けるような夢の世界を作ったら、ノーベル賞は貰えますか?その他にも貰える賞等がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

残念ながらそれが起こると大戦争が起き、知的生物は壊滅します。現在でも人種差別問題で町中で頻繁に人間が射殺されます。全ての知的生物が一瞬のうちに混ざるならともかく、群れを作って住む様になると互いに反目しあい耕地や水を取り合い、産業を取り合い、さらに騙し合い、兵器産業は戦争をあおります。最終的に核戦争になり齧歯類の様に地下で生き延びられる種族を残して地上は荒れ果てます。悪い事に、この齧歯類レベルの連中は直ぐに知的生物に戻ってしまうので、これを幾度繰り返すか分からないのです。言葉が通じ合わないから平和なのです。

Q【人間】人間は群れる性質がある動物のはずなのに群れるのを嫌う人間がいます。これはなぜですか?

【人間】人間は群れる性質がある動物のはずなのに群れるのを嫌う人間がいます。これはなぜですか?

Aベストアンサー

嫌う、と言う事は「群れを意識している」から発生する感情。

群れに入りたいのに何か障害があって入れない。
希望が達成されないので当人は不安定になる。
その不安定に対するカウンターが「嫌う」です。
何かしらの理由をつけて群れを嫌う、は
群れに参加できない欠陥のある自分自身を
「参加できないのは自分が嫌っているから」と
都合の良いように解釈する行為。

本当に群れない存在は、群れを嫌う事すらしませんよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報