緑茶にホルムアルデヒドを吸着する作用があると聞きますが、それをミクロレベルで説明するとどうなるのでしょうか?
また麦茶など、緑茶以外のお茶でも消臭力はあるのでしょうか?
そして効果がどのくらい持続するかも興味あります。

A 回答 (2件)

以下のサイトが参考になります。


1.http://www.s-iri.pref.shizuoka.jp/s7/s7_39/n39_0 …
(静岡工業技術センター;茶カテキンによるホルムアルデヒドの吸着性能)
2.http://www.s-iri.pref.shizuoka.jp/tech/tree/tr10 …
(茶カテキンのホルムアルデヒド吸着能)
3.http://www.s-iri.pref.shizuoka.jp/cgi-bin/namazu … 検索 &key=ホルムアルデヒド&max=20&format=long&sort=score
(静岡工業技術センター;検索結果)
4.http://cssjweb.chem.eng.himeji-tech.ac.jp/jcs/v7 …
(茶カテキン類のC-6位またはC-8位におけるヒドロキシメチル化の反応性を高めるためには)
ちょっと専門的ですが・・・?
5.http://www.kagakudojin.co.jp/chemistry/chem_1999 …
(化学1999年5月号;茶カテキンの応用--ホルムアルデヒドを吸着)
この論文の参照文献が参考になりますでしょうか?
6.http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/ne052303.htm
(住まいの異臭退治、茶殻が効果 都消費生活総合センターが実験)

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん紹介していただいてありがとうございます。
参考にしたいと思います。

お礼日時:2001/01/04 15:17

緑茶のポリフェノールが、ホルムアルデヒドと化学反応(縮重合)をし続けて、高分子になります。


 ポリフェノールがあるものなら、どれでも効果があるでしょう。
 ちなみに、吸着は活性炭のようにたくさんの穴に入れてしまうとか、シリカゲルのように静電気の力で取り込んでしまう現象をいいます。

 一度化学反応が起こると、再びホルムアルデヒドに戻ることはほとんどないはすです。

 なお、ホルムアルデヒドは、酸化されて蟻酸になる性質もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
良く理解できました。

お礼日時:2001/01/04 15:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報