昨年より夫と小さな居酒屋を始めました。しかし現在国民健康保険に入っていて、それが月に約3万円かかります。まだ始めたばかりなので、この出費はかなりキツイです。業種によっては、もっと安い健康保険があると聞きました。自営の飲食業の人の入れる安い健康保険があったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>業種によっては、もっと安い健康保険があると聞きました。



 確かに建設業国民保険といったものもあるにはありますが、該当する業種が違います。料理飲食業を経営されているかたには、残念ながら一般の国民健康保険しかないと思われます。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=112419
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=207185

 国保の保険料は前年の所得や家族状況によって決められますが、お勤めだった方がやめられた翌年は保険料の額が大きくなる傾向にあるようです。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=192354

 今年一年がんばれば、来年からは今年の実情に応じて保険料(税)が決まりますので、来年から安くなる可能性もあります。それから確定申告の時にはだいたいの保険料(税)額もご自分で計算されておくことをお勧めします。計算方法は各自治体によって違いますので役場にお聞きになるとよいでしょう。

 またどうしても払えないときは、役場に延納の相談に行かれると状況に応じて相談に乗ってもらえるかもしれません。「減免」といって保険料そのものが安くなる制度もありますが、滅多なことでは適用されないとききます。これも自治体によって若干扱いが違うことあるということですので、一応ダメもとでお聞きになってみてはどうでしょうか。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=217672

 今が一番たいへんなときかとおもいますが、どうかがんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なアドバイスありがとうございます。特に
<お勤めだった方がやめられた翌年は保険料の額が大きくなる傾向にあるようです。>を聞いて少し安心しました。
商売の方も頑張ります。

お礼日時:2002/03/04 12:25

 No3の追加です。

現在の国民健康保険税(料)は、3月までの分ですので、4月の新年度分からは、昨年の1月から12月までの所得で計算がされます。4月からの平成14年度分は、前年度分より下がるかと思います。
    • good
    • 0

 自営業でも、建設関係でしたら建設国保などがありますが、飲食業の場合には残念ながら国民健康保険しか加入することができません。



 国民健康保険税は、ご承知の通り前年所得を基準に算定しますので、今、収入が少なかったり無職であったとしても、前年所得があればその額で算定されることになります。今、無職や書とが少ない場合には、来年度の国保税は下がることになります。

 月に約3万円の負担とのことですが、例えば年間の納付回数は決まっていますが、その回数を増やしてもらって、通常は6回や8回の納付回数を、10回とか12回とかに増やしてもらって1回の納付額を減らす方法もあります。役所にとっては納付されないことが一番困ることで、分割でても納めてくれる場合には納付の意志があるとして、納付方法や額について色々相談に乗ってくれます。国保税の減免という制度もありますが、減額や免除は生活保護程度の生活状況でなければ、適用をしてくれないのが実態です。収入が少ないということで減額をしていたら、多くの方が減額となってしまうからなのでしょう。

 また、一定期間保険税を納めない場合には、保険証の返還となりますので、それを避けるためにも、役所で納税相談などをされて、無理のない範囲内での納付方法を相談すると良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい説明ありがとうございました。
これで安心して次回の納付にそなえられます。

お礼日時:2002/03/04 12:23

自営業の場合は、市区町村の国民健康保険しか、加入可能な医療保険制度は有りません。



国保の保険料は、前年の年収をもとに計算し、それに資産割り・均等割り・家族割りなどが加算されて、保険料が決まります。

従って、一昨年のご主人の年収から保険料が計算されているわけですが、昨年、開業されたとのことですから、給与所得時代の収入が多かったためではないかと思います。

今年も、昨年の収入によって変更されますから、昨年の収入が減っていれば、保険料も安くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても素早い回答ありがとうございました

お礼日時:2002/03/04 12:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q離職後、国民健康保険が月3万円請求されました。

離職後、まだ職についていないのですが、健康保険が月3万円払う請求書が封書で届きました。他の税と重なり、支払いだけで相当な額になりそうです。どなたか良い解決策をご存じないでしょうか?

Aベストアンサー

金額は、前年度の収入に応じて決められるものなので、どうにもなりません。
が、現在収入がない/かなりの低額であるなどの理由があれば、徴収猶予・減額制度・減免制度をとってもらえることがあります。
地方自治体で取り扱いますので、詳細は、お住まいの役場の保険課でご確認ください。

Q国民健康保険、住民税について相談ですが現在自営業を行っています。

国民健康保険、住民税について相談ですが現在自営業を行っています。
先日確定した納付書が送られてきました。

現在、就職を考えていて正社員として働き毎月住民税や社会保険料をひかれる事になっても
この確定した国民健康保険、住民税は払っていかなくてはならないのですか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

あなたが会社へ勤務することになった場合は、国民健康保険を返却し
新しく勤務先から健康保険証をもらうことになります。
もちろん金額も変わりますので、会社の給料から天引きされるようになった月から
国民健康保険の金額は支払う必要はありません。
国民一人に一つだけの健康保険証ですから・・・

なお、住民税は昨年の所得によって決定された金額です。
納付書によって自分で納付する方法を普通徴収といって
会社から天引きされる住民税を特別徴収といいます。
金額はどちらの方法でも一年間の金額は変わりませんので
勤務されたら会社の方へ、住民税を天引きして欲しいと希望を伝えてください。

あとは会社の方で手続きしてくれます。

Q国民健康保険の方が共済組合より保険料がすごい安いなんて事ありますか??!

1年前退職する際(7月)、事務の方に国民健康保険より共済組合の方が安いからと言われ任意継続をし、毎月2万程支払っています。
結婚し、夫が私の在住の市に転居すると、夫の国民健康保険が月5200円に安くなった(以前は2万近く払っていたと)と。。。

1.保険料のこの差はありえますか?(しかも国民健康保険より高い)

2.共済も国民健康保険も保険料はどう決めているのですか?
  国民健康保険は市によって保険料が違うのでしょうか?
(私は退職後1年間は単発のバイトをたまにやる程度で、収入は激減。以前の給料のままで保険料をとられているのでしょうか)

3.共済は年金もふくまれているのでしょうか?(国民年金は別途支払っています)

4.私は国民健康保険に変更したほうが良いのでしょうか?

少し調べたのですが、よく分からなくて。。。どなたか教えてください。。

Aベストアンサー

>1.保険料のこの差はありえますか?(しかも国民健康保険より高い)

ありえます。

>2.共済も国民健康保険も保険料はどう決めているのですか?
  国民健康保険は市によって保険料が違うのでしょうか?
(私は退職後1年間は単発のバイトをたまにやる程度で、収入は激減。以前の給料のままで保険料をとられているのでしょうか)

在職中は勤め先と折半だから任意継続は退職時の金額の2倍になる。
国民健康保険は自治体によって算出になる基の金額や算出の計算が異なるので、まったく同じ条件でも自治体によっては10倍ぐらいの差が出ることがある。

>3.共済は年金もふくまれているのでしょうか?(国民年金は別途支払っています)

年金は関係ないでしょ。

>4.私は国民健康保険に変更したほうが良いのでしょうか?

それはわかりません、なぜなら上記のように自治体によって大きく異なるから。
そもそも自治体によって大きく異なるのだから

>1年前退職する際(7月)、事務の方に国民健康保険より共済組合の方が安いからと言われ任意継続をし、毎月2万程支払っています。

ということは必ずしも言えない。
通常は市役所に行って保険料を試算してもらって、比べてみて安い方に入るべきだったのに、事務の人の言葉を鵜呑みにしたのがそもそもの誤りです。
ですから市役所に行って保険料を試算してもらって、そちらの方が安ければ切り替える安くなければそのままでよいでしょう。
ただし任意継続は国民健康保険に切り替えると言う理由で脱退は出来ません、もし前納分の保険料があっても返還されません。
任意継続の場合は強制脱退となり、10日までに保険料を払わずに強制的に被保険者の資格を喪失すると言う形になります。
11日以降にすぐに共済組合に行って、任意継続の被保険者資格喪失証明書をもらいそれを持って市役所に行き国民健康保険の手続きをすることになります。

国民健康保険の手続きは、多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は退職後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は退職日の翌日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると退職日の翌日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

>1.保険料のこの差はありえますか?(しかも国民健康保険より高い)

ありえます。

>2.共済も国民健康保険も保険料はどう決めているのですか?
  国民健康保険は市によって保険料が違うのでしょうか?
(私は退職後1年間は単発のバイトをたまにやる程度で、収入は激減。以前の給料のままで保険料をとられているのでしょうか)

在職中は勤め先と折半だから任意継続は退職時の金額の2倍になる。
国民健康保険は自治体によって算出になる基の金額や算出の計算が異なるので、まったく同じ条件でも...続きを読む

Q国民健康保険料と健康保険料

国民健康保険料と政府管掌などの健康保険料を比べた場合、国民健康保険料が倍ほど高いのですが、なぜでしょう?給与から天引きされてた健康保険料と国民健康保険に加入した金額があまりにも違います。

Aベストアンサー

国保の場合は、前年の所得を基に計算され、均等割・家族割・資産割などが加算されますから、家族が多いと高くなります。
又、自治体ごとに保険料率が違いますから、国保の財政状況でも保険料に差があります。

健康保険の場合は、会社が半額負担していますから、社員の負担が少なくなります。
又、給与によって保険料率が違いますが、保険料の上限があります。
更に、今年の4月までは、賞与に対しては保険料率が低かったので、国保が全所得を対象としているのに対して、保険料が安くなっていました。
4月以降は、総報酬制に変わりましたから、給料も賞与も同じ保険料率になりました。

Q政府管掌の健康保険と国民健康保険について

政府管掌の健康保険と国民健康保険についてですが、現在のサービスは両者
とも3割負担であることなど、傷病手当金と出産手当金の有無を除けば両者
ともほぼ同じサービスが受けられることになっていると思います。

しかし負担額に関して、政府管掌の健康保険については仮に年収1,500万円
として、会社と個人を合わせて国への支払額は年間約120万円、国民健康保
険については年間約53万円と倍近い差があります。
年収をもっと低くして計算しても政府管掌の健康保険の方が負担額(会社・
個人の合計額)は多いと思います。

なぜほぼ同じサービスなのに政府管掌の健康保険は高いのか、または、なぜ
同じサービスなのに国民健康保険は安いのかの理由、根拠、考え方をお教え
いただけますでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

制度の作り方が違います。

社会保険だと、扶養家族がいくらいても、保険料はかわりませんが
国保には、扶養という考え方がありません。
子供がいればその分高くなります。

質問のようにMAXのところで計算すると、社会保険の方が
トータルで高いですが、低いところで、子沢山だと
国保の方が高かったりすることもあります。
また、国保は、大抵赤字になっていて、その分税金から
補填されています。
http://www.city.sapporo.jp/hoken-iryo/kokuho/genjo.html

制度設計が違うので、一概に金額を比べられない。
国保は、税から補填を受けている。
(根拠は、憲法上の権利ですね)
というところかなー。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報