【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

日本の環境政策の事例において、国(政府などアクター)の役割について詳しいことが書いてある本や参考URLを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の成書は参考になりますでしょうか?


--------------------------------
1.日本の政党の環境政策/環境オープンゼミ・環…/1998.3 
2.日本の環境政策の展開と企業の対応/李秀〔テツ〕[他]/富士ゼロックス小林節…/1997.12 
3.地球環境政策と日本の課題/宮本憲一[他]/岩波書店/1995.3 
4.現代資本主義論集/林直道/青木書店/1994.12 
5.OECDレポート:日本の環境政策/OECD編[他]/中央法規出版/1994.8 
6.米国と日本の間の環境政策の比較/日本貿易振興会/c1993 
7.日本の社会/2/蓮見音彦∥〔ほか〕編…/東京大学出版会/1987.8 
8.日本の環境政策/宮本憲一/大月書店/1987.59.
日本の経験/〔OECD事務局[他]/日本環境協会/1978.2 
-----------------------------------------
更に、以下のサイトにもタイトルと内容の概略が判るようです。
http://www.eic.or.jp/eig/linkword/i16/8.htm
http://www.s.fpu.ac.jp/oka/gyoseki.htm
(岡敏弘の著作)
http://www.aist.go.jp/NIRE/publica/sgkkyo_j/sgkk …
(資源と環境 1999年 Vol.8 No.3 要旨)
http://www.env.go.jp/
(環境庁)

ご参考まで。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考になる本やサイトをたくさん教えていただきありがとうございました。
お礼が遅れてすいませんでした。

お礼日時:2001/01/22 01:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ日本は他国の環境政策を真似しないのか

なぜ、ドイツやオーストリアなどの
環境先進国と呼ばれる国の政策を真似しないんですか?

ドイツは『ゴミを出さない』を目標にし
とても分別が細かいのが特徴でした。
オーストリアでは水力発電が主な発電方法で
原子力発電の輸入を阻止し
再生可能エネルギーを利用したりしていました。

ドイツと日本はやってることは一緒だけれども
その『深さ』が違い、
オーストリアと日本は再生エネルギーの視点で
全く違いました。


どうしてドイツのように
もっと分別を細かくしたり
オーストリアのように
再生可能エネルギーに力を入れないのですか?

世界で様々な環境問題が浮上している中で
日本もこういうこともすべきだと思ったのですが…

Aベストアンサー

ちょっちょっと、補足です。

日本では以前から太陽光発電が進められてきましたが、これは日本においては失敗しました。
初期に比べれば太陽光発電のコストは大幅に低下したとは言え、現在に至っても単位発電量のコストは通常発電様式の数倍になる。
発電は慈善事業ではなく、経済活動ですので、コスト的に見合うものでないと普及しない。
なので日本の太陽光発電は普及しなかった。

国の補助制度により太陽光発電の普及が進められていましたが、補助制度を利用しても利用者にとってのコストは高かった。なら、誰が経済感覚で太陽光発電を導入します?
導入するにしてもサイコがかった自然崇拝主義での導入しかありえません。(ただし、太陽光発電が通常電力利用よりもコスト的に安い、宇宙空間や隔絶地では太陽光発電の利用は有用です)


技術的にコストを下げるか、大量普及によってコストを下げるか。
その両者を産業界と国で共同してやってみたが、日本では上手くいかなかった。
国が悪いのか、技術力不足だったのか、私には分かりません。

日本に現在必要なのは、コスト的に見合う再生可能エネルギーの緊急大量導入です。
これに該当するであろう発電形態は、
1.水力 2.風力 3.地熱 です。

それと同時に、日本では失敗したが、根本的には世界規模で有用と考えられる、太陽光発電の大規模普及です。
日本で失敗した技を世界に期待してみる・・・あながち悪い事ではないかと。
新エネルギー分野での後進国たる日本。
こういう後進国が生き残るためには、技術政策大国各国の技術力・政策力に期待するしかないと。

ちょっちょっと、補足です。

日本では以前から太陽光発電が進められてきましたが、これは日本においては失敗しました。
初期に比べれば太陽光発電のコストは大幅に低下したとは言え、現在に至っても単位発電量のコストは通常発電様式の数倍になる。
発電は慈善事業ではなく、経済活動ですので、コスト的に見合うものでないと普及しない。
なので日本の太陽光発電は普及しなかった。

国の補助制度により太陽光発電の普及が進められていましたが、補助制度を利用しても利用者にとってのコストは高かった。...続きを読む

Q政府の失敗

現代経済政策で、「政府の失敗」とは何か。また、その対策について、規制緩和、公企業の民営化に注目して述べよ。 ということなのですが、どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

 「政府の失敗」とは一つは「公的サービス部門の経営の失敗」ということだと思います。例えば旧国鉄や高速道路公団などのように、国家がサービスを行なっているものさまざまな理由により経営的に失敗し、民間企業では有り得ないほどの負債を抱え込んでしまったがつぶすわけにもいかないので政府が仕方なくその赤字を補填している、という企業ができてしまうことだと思います。もう一つは政府系企業がその市場を独占してしまって、民間企業が育たない、この結果、高コスト体質、割高な料金が続き、国民に不利益をもたらすことになる、それが失敗だ、ということなのではないでしょうか。この例としては航空業界や情報通信業界があると思います。政府系企業と書きましたが、この場合、政府の厳しい参入規制により市場を独占してきた民間企業も含まれます。航空業界の場合は厳しい参入規制もあり戦後長い間ずっと少数航空企業の独占状態が続いて今いした。この結果競争企業が育たず、割高な料金が維持されてきました。情報通信業界ではNTTがあまりに大きすぎ、またこちらも厳しい参入制限が行なわれていたため、やはり競争企業が育たず、割高な料金、高コスト体質が続きました。
 それらの対策として有効なのが質問の中にもある規制緩和と公的企業の民営化だと考えられます。事実、上の各方面で規制緩和、公企業の民営化が行なわれ、大きな成果を挙げています。旧国鉄はJRとして民営化され、JR東海とJR関東は大きな利益を上げています。(ただそれ以外のJR各社は経営的に少し苦しいらしいが、国鉄時代の赤字に比べればまだまだましでしょう。) 航空業界では規制緩和により新規参入が相次ぎ全体的な航空料金の引き下げに貢献しました。情報通信分野でも規制緩和により有力な競争相手が相次いで参入し、電話料金の劇的な値下げを引き起こしました。高速道路公団も今まさに民営化を迫られています。

 ただ本当に自信があまりないので詳しい人がいればそちらの回答を優先してください。

 「政府の失敗」とは一つは「公的サービス部門の経営の失敗」ということだと思います。例えば旧国鉄や高速道路公団などのように、国家がサービスを行なっているものさまざまな理由により経営的に失敗し、民間企業では有り得ないほどの負債を抱え込んでしまったがつぶすわけにもいかないので政府が仕方なくその赤字を補填している、という企業ができてしまうことだと思います。もう一つは政府系企業がその市場を独占してしまって、民間企業が育たない、この結果、高コスト体質、割高な料金が続き、国民に不利益を...続きを読む

Q年齢確認が甘い居酒屋チェーン店

20歳をとっくに超えているのですが同い年の友人と居酒屋に行ったりするとたまに年齢確認をされます。
まだ未成年だった時はなんにもなかったのに…。
最近は厳しいのでしょうか。
しかし私は証明する物を持っていません。
免許もなければフリーターなので社員書もなし。
パスポートもありません。
なので口頭で生年月日を言えば通してくれる居酒屋ってどこですか?
甘い店を教えて下さい!

Aベストアンサー

最近確認が厳しいですよね…
私も、よく聞かれるんですが同じく運転免許持ってないし、
パスポートや保険証持ち歩くのも怖いので病院の診察券持ち歩いてます。

生年月日書いてるので、居酒屋チェーンとかならこれでOKですよ♪

直接の回答でなくてごめんなさい。

Q社会的限界費用の問題です、解き方がわかりません。

(問題)
 製品の需要曲線がD=130-2P、供給曲線がS=-50+4Pで与えられている。(いずれのPも価格、D   は需要量、Sは供給量)。この工場から沿岸の海に排出される有害物質のために、沿岸漁業の生  産量が激減している。その漁業への被害(C)は、工場での供給量(Q)(生産量に等しいものとする)  に比例し、C=20+7.5Qであるとするとき、
(質問1)
 この製品一単位が工場から生産されるごとに、すなわちQが一単位増加するごとに漁業への被害 cは、( )だけ増加する。これが生産一単位当たりの汚染費用である。括弧内に 入る数値はいくらか。
(質問2)
 有害物質の漁業への影響を考慮した最適点はどこになるか。価格と取引量を答えなさい。
(質問3)
社会にとって最適な生産量はどこであるか、総余剰の大きさに触れながら説明しなさい。
(質問4)
社会にとって最適な生産量を達成するために、政府が取りうる政策について説明しなさい。
 以上が、問題と質問です。参考書などで勉強しておりますが、回答を導きだすことに困っておりま  す。わかる方、よろしくお願いいたします。

(問題)
 製品の需要曲線がD=130-2P、供給曲線がS=-50+4Pで与えられている。(いずれのPも価格、D   は需要量、Sは供給量)。この工場から沿岸の海に排出される有害物質のために、沿岸漁業の生  産量が激減している。その漁業への被害(C)は、工場での供給量(Q)(生産量に等しいものとする)  に比例し、C=20+7.5Qであるとするとき、
(質問1)
 この製品一単位が工場から生産されるごとに、すなわちQが一単位増加するごとに漁業への被害 cは、( )だけ増加する。これが生産一単位当...続きを読む

Aベストアンサー

条件をクリアーしたので回答します。外部費用関数はC=20 + 7.5Qと与えられているので、外部限界費用=7.5=1単位の追加的生産にかかる外部費用。それから、逆供給関数=私的限界費用=12.5 + Q/4であることに注意すると、

社会的限界費用=私的限界費用+外部限界費用=12.5 + Q/4 + 7.5 = 20 + Q/4
社会的限界便益=逆需要曲線=65 - Q/2

となる。社会的に望ましい生産量は社会的限界便益=社会的限界費用ののとき成立するから、

   65 -Q/2 = 20 + Q/4

(3/4)Q = 45

Q = 60

が最適生産量である。(あなたが計算した、外部費用を無視し、私的費用だけを考慮した生産量Q=70は社会的には過大であることがわかる。)

総余剰は社会的限界便益曲線(需要曲線)より下の部分の面積から社会的限界費用き曲線のより下の部分の面積を差し引いた値に等しいことに注意すると、これら2つの曲線が交わる生産量Q=60のとき、その値(社会的総余剰)が最大化されることがわかる。これらの2つの曲線の図を描いて確かめなさい。

Q=60を実現する1つの方法は外部費用を内部化することだ。そのためには、1単位当たり7.5(円)の物品税(ピグー税と呼ぶ)をこの財に課し、あとは市場にまかせる。このとき、均衡においてQ=60が達成されることを確かめてください。

条件をクリアーしたので回答します。外部費用関数はC=20 + 7.5Qと与えられているので、外部限界費用=7.5=1単位の追加的生産にかかる外部費用。それから、逆供給関数=私的限界費用=12.5 + Q/4であることに注意すると、

社会的限界費用=私的限界費用+外部限界費用=12.5 + Q/4 + 7.5 = 20 + Q/4
社会的限界便益=逆需要曲線=65 - Q/2

となる。社会的に望ましい生産量は社会的限界便益=社会的限界費用ののとき成立するから、

   65 -Q/2 = 20 + Q/4

(3/4)Q = 45

Q = 60

が最適生産量であ...続きを読む


人気Q&Aランキング