素朴な疑問です。
どうして2月だけ28日なのでしょうか?
毎回カレンダーを見る度に思ってます。

ちなみに、29日になる意味はわかります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

参考URLに詳しいです。


要するに
・2月が最後の月だった。
・大の月(31日)と小の月(30日)が交互と決まった。
・多すぎるので最後の月から削った。
・8月が増えたので最後の月から削った
ということです。

参考URL:http://www.town.bisei.okayama.jp/stardb/cal/data …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
良く分かりました。
こんなことで決めていたんですね。
もっと重要なことで決めていると思ってました。

お礼日時:2000/12/29 01:57

完全な蛇足です。



質問の答えは ababa さんの言うとおりだと思います。

下のサイトを見に行かれたら、是非ユリウス歴の所をもついでに見て下さい。

日本でいう7月(七番めの月)とラテン語での数字がずれています。なぜこうなったのかというのは、皇帝が自分の名前を月に入れたので、こうなったそうです
(細かいことを忘れてしまいました)。

今のラテン語での読みは
  6‥ヘキサ
  7‥ヘプタ
  8‥オクタ
  9‥ノナ
 10‥デカ
 11‥ウンデカ
 12‥ドデカ
      (11と12は冗談みたいですが、本当です。笑えます)

「オクトーバー(8番目の月、10月、神無月)」
「ノベンバー(9番目の月、11月、霜月)」
「ディセンバー(10番目の月、12月師走)」
がなんとなく、判るような気がしておもしろいと思っています。

ところで、ノストラダムスの「1999年、7の月」はどうなったのでしょうか。
ただ、個人的には、この話しを知っていたので、「7月と言わず7の月と言っているのだから9月に天変地異がある。みんなは安心してるけど、本当は違うんだ。まだ、終わったわけではない。」と一人でびくびくしていました。
本当にどうなったのでしょうか。でも、何もなく良かったと思ってもいます。

完全な蛇足のtukitosan でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

蛇足、ありがとうございます。
当時の皇帝さんのおかげで、今の日付があるんですね。
まったく余計なことを・・・とは言いません。(あえて)

ノストラダムスの予言のことですが、実はもう一つ、予言があります。
ノストラダムスがあまりにも有名だったので、その影で、あまり知られていない予言です。
2012年と、世界各地の原住民が(何の共通点も無いのに)言っております。(大洪水って言ってた)
本当かどうかは、その年にならないと分かりません。(これは私)

お礼日時:2000/12/29 02:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報