あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

こんにちは。

http://profile.yahoo.co.jp/biz/fundamental/2001. …
に記載されている平均年収が、「7,030千円」となっているんです。
どう読むのでしょうか?七千三十万円でしょうか?
それとも間違いなのでしょうか?

教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

703万円です。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2006/07/16 19:28

結論は703万円です。



電卓をご覧になられればわかると思いますが、様々な金額を使う場合、わかり易いように3桁ごとに「,」の区切りを通常は入れるようになっています。
そうでないと、例えば1千万円として、10000000円では、一瞬ではいくらかわかりませんが、10,000,000円と表記すると、それに慣れていれば瞬時に1千万円とわかります。

その最初の3桁の単位が千円である所から、会社の決算書や大きめな金額が載る書類には、千円単位で表記される場合が多いので、ご質問のケースもそういう事となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく説明していただき、ありがとうございます!
とても参考になりました(*^_^*)

お礼日時:2006/07/18 22:06

7,030の下にゼロが3つつくということで、703万円です。

間違ってはいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
とんでもない誤解をしていたようです。参考になりました☆

お礼日時:2006/07/18 22:05

英語の場合4ケタごとに単位が変わるでしょ?


そこにカンマを入れると解り易い。
1,000=thousand
1,000,000=million

ところが日本は5桁で変わる。
万、億・・・
昔はゼロ4つ目にカンマを入れることも認められていたのですが。
1,0000=一万
1,0000,0000=一億

でも10千円って社会の教科書(公民だったかな)でもあった気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

衝撃です!教科書でですか~。
回答ありがとうございます(*^_^*)

お礼日時:2006/07/18 22:04

703万円ですよ。



,の位置が英語のmillionの100万の所にあることからもわかります。

もしくは、3千円と書いてあったら、31000円とは
読まないですよね?

よろしいですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに英語で考えるといいですね。理解しました。
回答ありがとうございます!

お礼日時:2006/07/18 21:58

703万ですね。

。。
単位が千円ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!
誤解していたのですっきりしました。

お礼日時:2006/07/18 21:57

これは会社概要の一般的な書き方です。


703万円という表記はせずに千円単位で表しますのでわかりにくいかもしれないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一般的なんですね!初めて見たので、びっくりしてしまいました。
ありがとうございます!!

お礼日時:2006/07/17 20:57

7,030千円は



7030×千円の意味です
ので

703万円と同じ意味ですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明、ありがとうございます!
理解できました(*^_^*)

お礼日時:2006/07/17 20:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q千円単位

会計などで、よく千円単位で書きますよね。
例えば、
100万円を1,000千円
とか。
100万円は100万円の方が一発すぐ感覚的にわかるのに、なぜ1,000千円とか1000万円を10百万円とかくのですか。
10百万円はまだしも、1,000百万円っていくら?っておもうのはわたしだけ?
会計は度素人ですのでお願いします。

Aベストアンサー

みなさんのご回答と趣旨は一緒です。

1000000000円では見づらいので、
1,000,000,000円と、3桁ずつカンマを付けるのが慣習です。

ただ、あまりに桁数が多い場合は、適当なカンマ単位で省略表記することが多いのです。

また、「1百万円」ではなく「1M(ミリオン)」などと表記をする人もいます。

私も、入社当初はなかなかなじめず「いち、じゅう、ひゃく、せん・・・」など頭の中でゼロを数えていたものですが、しばらくすると慣れましたよ。(声を出してゼロを数えていると、先輩などからバカにされたものでした・・・笑)

慣れてしまうと、逆に万円単位に違和感を持つこともあるくらいです。ただし、仕事上の資料などの場合だけですけどね。日常生活での買い物などでは、やはり万円単位の方が多いでしょうから。

また、例えば「12千円」のことを、たまに「じゅうに、せんえん」と読む人がいまして、それには困ります。一般的にはどういう表記であっても「いちまん、にせんえん」ですよね。

つまり、読み方は一緒ですが、表記の問題、ということです。ご参考まで。

みなさんのご回答と趣旨は一緒です。

1000000000円では見づらいので、
1,000,000,000円と、3桁ずつカンマを付けるのが慣習です。

ただ、あまりに桁数が多い場合は、適当なカンマ単位で省略表記することが多いのです。

また、「1百万円」ではなく「1M(ミリオン)」などと表記をする人もいます。

私も、入社当初はなかなかなじめず「いち、じゅう、ひゃく、せん・・・」など頭の中でゼロを数えていたものですが、しばらくすると慣れましたよ。(声を出してゼロを数えてい...続きを読む

Q経審や決算報告書の千円未満の端数処理について

お世話になります。

今、ふと疑問に思ったのですが
決算報告書の「工事経歴書」「直前3年の各事業年度における工事施工金額」の金額・
財務諸表等(「損益計算書」の完成工事高等)の金額・
経審の「工事種類別完成工事高」の金額は
千円単位をもって表示をさせていますが
これらの端数処理はどうされていますか?

ちなみに財務諸表は四捨五入にしていて、他のものは切捨てで記載してました。
これだとズレが生じてしまうのではないかと心配になり質問させていただきました。
(今のところ数字的に大丈夫です)

Aベストアンサー

財務諸表は切り捨てのケースが多いです。
経審は切捨てです。(作成要領に書いてますね)
最初に円単位で作成してから、下3桁を切り捨てていく記載要領は下の方の記載の通り。

現金    11,999円 →  11千円(1)
売掛金  188,999円 → 188千円(2) 
流動資産 200,998円 → 200千円(3)

(1)+(2)=(3)にならないので違和感がありますが、こういうものだと思って下さい。

Q単位の読み方の質問です。

 6,496百万円(前年比89.8%)
 6,245百万円(前年比137.9%)
 4,740百万円(前年比114.2%)
 3,541百万円(前年比135.9%)

 238百万円(前年比87.8%)
 356百万円(前年比111.5%)
 243百万円(前年比145.3%)
 225百万円(前年比578.1%)

等の売上数字を良く見ますが、これはいくらと読めば良いのかわかりません。単純に一番上の数字を参考にすると6,496百万円とありますが、百倍するだけで良いのでしょうか?例えば6,496,000というようにゼロを三つつけて読めば良いのでしょうか?そうすると年間売り上げが『ろっぴゃくよんじゅうきゅうまんろくせんえん』、しかないのでしょうか?わかる方がおりましたら教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 この場合、漢字の部分が「百万円」となっていますが、「千円」となっているものもよく目にすると思いますが、いかがでしょうか?ではなぜ、「百万円」や「千円」を漢字で書くのか、それはズバリ「0(ゼロ)」の数を省略したいからですが、闇雲にゼロを4つ省略したり、7つ省略したりすると分かりにくくなってしまうので、「,(コンマ)」の切れ目にあわせて省略するようになったことの結果です。
 数字を表記する際のコンマは三桁ごとで、1,000であれば、このように千の位と百の位の間にコンマが入ります。同様に1,000,000(百万)であればこのようにコンマが2つ入ります。このコンマを区切れに桁を省略しているということです。
 さらに、なぜコンマは3桁ごとに入るのか、それは英語では「千=サウザンド」ですが、万は「テンサウザンド」つまり10千と表現しますよね。同じく十万は「ワンハンドレットサウザンド」=100千と、まるで掛け算のように表現します。しかし百万になると「ミリオン」という別の単位が用意されていて、次は十億が「ビリオン」となっています。もう分かりますね?つまり、英語では千を超えると3桁ごとに単位の単語が用意されているわけです。
 こういった事情でコンマは3桁ずつ、そして桁を省略する際も3桁ずつ(ゼロを3つずつ)というのが慣例となったわけです。
 ちなみに、「20百万」などと表記されている資料などは、6桁省略されているわけですが、省略されているということは、それより小さい数字は大意に影響がないと考えてよいということです。

 この場合、漢字の部分が「百万円」となっていますが、「千円」となっているものもよく目にすると思いますが、いかがでしょうか?ではなぜ、「百万円」や「千円」を漢字で書くのか、それはズバリ「0(ゼロ)」の数を省略したいからですが、闇雲にゼロを4つ省略したり、7つ省略したりすると分かりにくくなってしまうので、「,(コンマ)」の切れ目にあわせて省略するようになったことの結果です。
 数字を表記する際のコンマは三桁ごとで、1,000であれば、このように千の位と百の位の間にコンマが入りま...続きを読む

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q101,000千円 の千円って何ですか?

最近、大きな数字を扱う仕事をすることになったのですが、101,000千円の読み方がわかりません。この千円の意味は一体何なのでしょうか?

このような数字が出てきた場合、数字に慣れない人間が読みやすく読めるようなコツがありましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

101,100×1000円という意味です。
読み方は、1億(とんで)100万円です。
大きな数字は千円単位や100万円単位で書かれるときが多いですが、それはカンマの位置で切ると読みやすいから…だと思います。
3桁ずつカンマで区切るときに、どこが千円か、1万円か…というのを覚えていくしかないと思います。とりあえず、1000円、100万円、10億円という区切りを頭に入れ、そこから一桁ずれるから、とかいう風に考えていくとか。

Q返送?ご返送?

丁寧語について教えてください。
ある文書が送られてきてそれに記入後返送することについて、
・相手にお願いするときに「ご返送願います」
・相手へ返送する際に「ご返送いたします」

どちらに「丁寧の「ご」」がつくのかわかりません。
それとも送る際は「返送」ではなく普通に「お送り致します」の方がスマートなのでしょうか。

また、よくこのテのこと(どちらに丁寧語をつけるのか)で悩むので参考になるHP等あればアドレスを教えていただきたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「ご返送願います」は尊敬+丁寧(ます)
「ご返送いたします」は謙譲+丁寧(ます)
で、どちらも正しい日本語です。
「お送りいたします」も謙譲+丁寧(ます)です。

「ご/お~になる」は尊敬表現ですが、「ご/お~する/いたす/申し上げる」は謙譲表現です。
自分の行為でも、その結果が相手に及ぶときに、「ご/お」を付けるのです。丁寧語ではありません。
相手の行為について「ご用意してください」などと言ってはなりません。
単に尊敬語が欠けているというのではなく、「ご用意する」という謙譲表現を使っているからです。

「100万円までお預け入れできます」「お持ち帰りできます」
は、相手の行為に謙譲表現を用いた誤用です。
(「お持ち帰り」を名詞と見て「お持ち帰り【が】できます」の省略形のように誤解しているのかも知れません。)
「ご用意できます」「お答えできません」のように、自分について言うときに使うべき表現です。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q社長、専務、常務、取締役って何?

はずかしくていまさら聞けない内容ですが、そもそも会社における役員、重役とはなんなんですか。また会長、社長、専務、常務などの違いも分かりません。私はよく名刺交換するのですが、代表取締役会長とか、取締役社長、専務取締役、取締役本部長など、肩書きの意味が全く分かりません。だれか教えてください。

Aベストアンサー

>そもそも会社における役員、重役とはなんなんですか
これに答えるには、そもそも会社自体がなにかを知る必要があります。

会社、特に株式会社は、株券という形で資金を集めて、その資金を元手に事業を行う仕組みのことです。このような人たちを出資者といいます。
ですので、会社そのものはお金を出した人たちの物と言う事が出来ます。しかし大きな会社になると、集まるお金も膨大ですし、お金を出す人もたくさんいることになります。これらの人が全員が経営に口を出すと、とてもじゃないですが利益をだすことなどできません。
そこで出資者は、経営のプロを連れてきて会社の運営を任せます。これが役員です。出資者は年に1回、株主総会で役員の会社運営について意見をいう機会があり、投票で同じ役員に任せるかどうかを決めるのです。
ただしこの投票は、1株1票ですので、株を持っている人の意見が通りやすくなります。ですので株を一生懸命集めて、多数を取れるようになれば、会社を乗っ取ることもできます。堀エモンや村上ファンドがやったのは、外資の資金を借りて株を集めて、会社を乗っ取ることでした。
(乗っ取りというと聞こえは悪いですが、お金が基本なので資本主義である以上、悪いことばかりではありません)

このように役員は任命されて、会社の経営を担うのですが、会社の組織である以上、序列が必要です。
代表取締役は会社をどのように運営するか最終的に決定し責任をとる立場です。その下の役員は、執行役員として会計・営業・製造などの各部門の責任を持って会社の運営にあたります。
このときは肩書きの序列はあまり関係なく、むしろ社長の次に有能な人や、出資者の意向で序列が決まります。
序列の順番は、会長・社長・専務・常務・取締役です。取締役本部長は取締役としてはヒラ、従業員としては部長(つまり最高ランク)ということで、役員の経営方針を部下の従業員に伝え、具体的にどのように行動するかに責任を持つ、一番つらい中間管理職といえます。
逆に会長は、代表取締役が通常社長のため、前社長が隠居しつつアドバイスを与えるなどの、名誉職的な側面が強いです。
もっとも、代表取締役会長とか代表取締役専務などもいます。これは家族経営のような会社で、創業社長(たぶんお父さん)が、「社長」の肩書きを手放したくないけど、実質経営を息子に任せるなどの場合に使うようです。

帽子の女性社長で有名なア○ホテルですが、彼女は社長では在りますがしばらく間、特にCMやテレビに良く出ていた頃はまだ代表取締役ではありませんでした。
社長といっても、代表権があるとは限らないのです。

>そもそも会社における役員、重役とはなんなんですか
これに答えるには、そもそも会社自体がなにかを知る必要があります。

会社、特に株式会社は、株券という形で資金を集めて、その資金を元手に事業を行う仕組みのことです。このような人たちを出資者といいます。
ですので、会社そのものはお金を出した人たちの物と言う事が出来ます。しかし大きな会社になると、集まるお金も膨大ですし、お金を出す人もたくさんいることになります。これらの人が全員が経営に口を出すと、とてもじゃないですが利益をだす...続きを読む

QFacebook メッセンジャー

メッセンジャーで、ウェーブが届きました。と来たのですが、これは何の意味でしょうか?
私を選択して送られてるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

Poke機能というのはわかりますか? 肩をちょっちょっとつついて「元気?」みたいに簡単な挨拶をする機能です。
Wave(ウエーブ)とは、このpokeと携帯のGPS機能の合わせ技で、時間的に近い距離にいる友達に対して「近くだよ。元気?」みたいな挨拶をする機能です。Waveが来ることで、じゃあ、今から合おうかみたいなこともできるのではと言われています。

>私を選択して送られてるものなのでしょうか?
個人ではなく、物理的な距離の近さによって出てくるようです。どのぐらいの距離の近さに設定しているか詳細はわかりませんが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング