名戦闘機だったと言われる零戦。テレビでは“ゼロセン”と発音していますが、野球のストライクを“よし一本”と呼んだ時代にも“ゼロセン”だったのでしょうか?。“レイセン”でしょうか?。関係者または当時の経験者からの回答をお願いします。

A 回答 (5件)

零(レイ)式艦上戦闘機=「レイセン」が正式な呼び名です。


「ゼロ(ファイター)」は亜米利加側の呼び方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

判りました。有難うございました。NHKでは確かに“レイセン”と言っていました。民放は当てになりませんね。

お礼日時:2000/12/28 19:39

本によっては違いがあるようですが、「レイセン」という呼び方以外に「ゼロセン」や「ゼロ」といった呼び方もあったのはほぼまちがいないようです。


参考までにURLを挙げておきました。

> 旧陸軍式だと、百式という呼び方になります。
> 何故呼び方が違うのかははっきりしないのですが。

もともと統一するつもりではあったらしいですけど、仲の悪い陸軍海軍の事、お互いに譲らず二つできてしまった、と言う話を読んだことがあります。

また細かいツッコミではありますが、
> ですから「九十九式」と言うのもあります。

戦前の正式な命名法では「九十九式」ではなく「九九式」で読みも「きゅうきゅうしき」になるかと思います。

参考URL:http://www.epsnet.co.jp/~vought/ansq001/A1000011 …
    • good
    • 0

直接関係はありませんが、形式について補足。


零式というのは、旧海軍式の呼び方です。
旧陸軍式だと、百式という呼び方になります。
何故呼び方が違うのかははっきりしないのですが。
    • good
    • 0

barunabaさんの補足をします。

(というか蛇足ですが‥。)
終戦まえは、barunabaさんの言うように、紀元での下2桁をとって名称にしていました。ですから「九十九式」と言うのもあります。

戦後は、自衛隊などで使われているものは、西暦の下二桁をとってつけています。「八十二式」とかあれば、西暦1982年にはじめて導入されたということになります。ですから、今年は2000年ですので、今年新規に導入されたものがあれば「零式」となります。ただ、今度の場合は、K-1さんが言うように亜米利加風の読み方で「ゼロシキ」となるような気がします。

tukitosan でした。
    • good
    • 0

読み方はK-1さんのおっしゃる通りです。


日本の紀元2600年に制式化されたので0式(レイシキ)と呼ばれたようです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング