すいません。電気・電子計測を勉強しているのですが、積分回路てなんですか?積分や微分というのは、数学では分かるのですが、後ろに回路という文字がつくと分かりません。お手数ですができるだけ早く教えてください。

A 回答 (4件)

数学ならお分かりということですので、直ぐわかりますよ。


回路があって、入力から時間の関数で変化する信号を入れた時、その信号を時間で積分したような信号を出力する回路のことを積分回路と言います。
定積分でグラフで考えたりしましたね。電気信号を縦軸が電圧で横軸に時間をとって考えて見てください。
最も簡単なものは、直列に抵抗器を入れ並列にコンデンサーを入れた回路などです。
このような簡単なものからオペアンプを使った回路や複雑な回路もあります。
因みに、逆に信号を微分する微分回路もあります。
簡単には、直列にコンデンサー、並列に抵抗器になります。
制御などに使う時には、両方を組み合わせた微分積分回路もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変よく分かりました。ありがとうがざいました。

お礼日時:2002/03/02 19:09

入力される電気信号の


微分値および積分値が出力されるため
そのような名称になったと思います。
    • good
    • 0

積分回路とはこんな回路です。

抵抗RとコンデンサCを組み合わせて構成されます。

  ○─/\/\─┬──○
         │
入力↑      ┷  ↑出力
         ┯
         │  
  ○──────┴──○

入力から入ってくる電荷がコンデンサに蓄積されます。
蓄積された電荷をQ(t)とすると、Q(t)は抵抗Rを流れる電流i(t)の積分値ですから出力電圧Eo=Q/Cもまた電流の積分値になります。このために積分回路といいます。


微分回路はこの逆で

  ○───┨┠─┬──○
         /
入力↑      \  ↑出力
         /
         \
  ○──────┴──○

です。コンデンサに溜められた電荷が減っていく割合(dQ/dt)に比例した電圧が出力に出ますので、微分回路と言います。
    • good
    • 0

よさげなサイトを紹介します。



参考URL:http://www.interq.or.jp/japan/se-inoue/ckt.htm

この回答への補足

なんとなく分かったのですが、なぜ積分という文字がついたのですか?できれは教えてください。

補足日時:2002/03/02 18:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじめに、質問に答えてくれてありがとうございました。またおねがいします。

お礼日時:2002/03/02 19:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q微分回路の理論式 画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

微分回路の理論式

画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

Aベストアンサー

回路? 単なるコンデンサーの電圧と電流の関係式ですよ。

オペアンプの入力側に抵抗 Rs が、出力側に静電容量 C のコンデンサーを接続した積分回路なのではありませんか?

微分回路を作りたければ、静電容量 C のコンデンサーを入力側に、抵抗 Rs を出力側にすればよいのです。
↓ こんな構成に。
http://www.nteku.com/opamp/opamp-differential.aspx

そうすれば、
 Vout = -Rs * Ic = -Rs * dQ/dt = -Rs * d(C*Vc)/dt = -Rs * C * d(Vin)/dt
です。

Q積分回路と微分回路?

初めて質問します。
自分なりに調べたのですが、分からず、まとまらず、の状態なんです。
積分回路と微分回路は何に使われているのでしょうか?
回路に組み込まれているのは分かるのですが、どういったジャンルの製品に使われているのでしょうか?
ぜひとも教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

積分回路はある一定時間の変化を平滑化する作用があります。たとえばホースから出る水の量や勢いはホースの太さと元の水圧に直接的に影響を受けます。ところが途中にバケツを置けば、元の水圧に応じてバケツの水面が上下しますが、バケツから流れ出る水の水圧は瞬間的な元水圧の変動は受けなくなります。積分を行う区間(時定数という)を適切に調整することにより外乱の影響を受けにくく安定して制御を行うことが出来ます。
微分回路は逆に変化が現れたときにその変化を抽出する働きをします。たとえば昼休みになってみんなが一斉にテレビをつけたら消費電力が上がりますが、発電所ではその徴候をすぐに捕らえるために微分回路を使います。
逆の使い方として、パルス上の外乱を取り除くために使うことがあります。ラジオ放送を聞いている時に近くをバイクがとおるとバリバリという音が入りますが、このバリバリというパルス状の雑音を微分回路で抽出し、元の信号に加えれば除去することが出来ます。
多くのICの入力回路にも同様のノイズ除去回路が用いられています。
電子回路的にこれらを実現するのがRC回路であったりRL回路だったりします。電流に対してLは積分的に働き、電圧に対してCは積分的に働きます。(反対に電流に対してCは微分的に働き、電圧に対してLは微分的に働きます。)
Rと組み合わせることで適切な時定数を作ることが出来ます。また工業プロセスの一部を電子回路にすることによって、プロセス自体では実現し得ない高速な応答やプロセスの安定化を図ることが出来ます。

積分回路はある一定時間の変化を平滑化する作用があります。たとえばホースから出る水の量や勢いはホースの太さと元の水圧に直接的に影響を受けます。ところが途中にバケツを置けば、元の水圧に応じてバケツの水面が上下しますが、バケツから流れ出る水の水圧は瞬間的な元水圧の変動は受けなくなります。積分を行う区間(時定数という)を適切に調整することにより外乱の影響を受けにくく安定して制御を行うことが出来ます。
微分回路は逆に変化が現れたときにその変化を抽出する働きをします。たとえば昼休みに...続きを読む

Q微分回路、積分回路について

微分回路、および積分回路はどんなところに応用されているのでしょうか?
たとえば心電図のCR回路の部分などもそうなのでしょうか?
そのほかにも、たくさんあると思いますが・・・・。
是非、教えてください。m(__)m。お願いいたします

Aベストアンサー

フィルター回路
フィードバックのある回路
波形変形
デジタル式自動制御の入り口の回路
ミキサーとかセパレーターとかの回路

このようなもので良いでしょうか。なお.電気に関係しなくなってから
かなりの年月がたっています。したがって.現在使用されてる名称と異なる
場合があります。

Q微分、積分回路の周波数特性のグラフ

一般的な微分、積分回路の周波数特性のグラフを片対数グラフに書きたいのですがどのようにしたらいいのか全くわかりません。
また、微分、積分回路の周波数特性とはどういったものなのでしょうか。

漠然としているかもしれませんがどなたか教えて下さいお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、グラフの書き方について。
一般的には、グラフ用紙を横長に使って、対数軸を周波数軸に使います。縦軸は、振幅をdB(デシベル)に直してから、直線スケールで使います。
dB=20log(E_out/E_in)
(ただしE_outは出力電圧、E_inは入力電圧とします)

微分、積分回路については教科書などに必ず載っていると思うので調べてみてください。それでもわからなかったら補足してください。

Q微分回路と積分回路について

微分回路と積分回路について学習しているのですがいまいち理解できません。微分回路ですと、普通、I=V/Rなのにi=C×d/dt×Vcとなることなどです。なぜ、コンデンサの容量に電圧降下の微分をかけたものが電流となるのでしょうか。また、なぜ微分回路・積分回路というのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

電流というのはそもそも電荷の時間変化(単位時間当たりに通過した量)を表したものです(1秒間に1アンペアの電流により流れる伝家が1C)
よって
(d/dt)q(t)であり、コンデンサにおいてはq=CVが成り立ちます
よって、
i(t)=(d/dt)q(t)=C*(d/dt)V(t) Cは時間によらず一定なので係数扱い

微分・積分回路については
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%AE%E5%88%86%E5%9B%9E%E8%B7%AF
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%8D%E5%88%86%E5%99%A8


人気Q&Aランキング

おすすめ情報