今までダビング用のMDは、一枚300円以下だったら安いと思っていました。ところが、100円ショップに売っているのです。即買い。

ところで、100円と300円のMDの差は何なのでしょう?

1)デジタルからデジタルならば、理論上音質の劣化はないと思うが正しいですか?つまり、その点では、100円のMDでも300円のMDでも差はない。

2)価格の差は、販売時のパッケージングの差か、又は日本のメーカーの品質管理の違いで、不良品の出現する可能性の差のみと考えたいが正しいか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

Q/デジタルからデジタルならば、理論上音質の劣化はないと思うが正しいですか?



A/このような質問は過去に詳しく解答したことがあるので長くなるのでURLを
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=154958(MDのブランクメディアの違い詳細)

上の最後の解答を読めば分かるでしょうが、物理的な要因で音質はわずかに変動します。この違いが区別できないなら100円でも300円でも構いません。ただ、エラーレートが高くなるメディアの場合は、保存性が若干下がるでしょうけど・・・(ただ、メディア自体が最長50年前後記憶保持に対応していますので・・・そんなに保存するなら別ですが・・・)

Q/価格の差は、販売時のパッケージングの差か、又は日本のメーカーの品質管理の違いで、不良品の出現する可能性の差のみと考えたいが正しいか?
A/一つは、品質の差です。電磁処理の高さメディアの剛性などの最適化がよく施されているメディアは高いです。(ソニーなどではESと呼ばれる製品がありますが、これらは物理的な計算から最適な音質と低エラーレートになるよう一応設計されています。)
また、開発コストと製造コストももちろん関係あります。

不良品の発生率は逆に言えばどの程度の質まで販売用として容認して出荷するかと言うこと、検査基準が高く厳しいものは、通常の基準なら出荷できてもできないことがあり不良が出やすくなりますから当然ですね。
逆に低ければ、少々悪くても出回りますからね。
これは、製品の品質レベルに比例するということですね。

安いから悪いというわけではなく、悪い物も中にはあると考えるのが妥当です。音質については、差を感じるか否かはその人次第、分かる人の方が少ないでしょう。(よほど耳が肥えている方でないと・・・私にはMD同士での音質差を感じる耳はないようです。ただ100円は買ったことないですから聴き比べたことないですが・・・)
    • good
    • 0

ちょっと待った!このままでは「デジタルは劣化しない」「MDは全て同じ」という結論に落ち着いてしまいそうな。

しかし、実際音に差があるのです。ダイソーブランドの100円MDを試しましたが、一聴して音質劣化が認められたのです!続く
    • good
    • 0

>1)デジタルからデジタルならば、理論上音質の劣化はないと思うが正しいですか?


 残念ながら、劣化はありえます。
 と、いうのはCDにしろMDにしろ100%完全に読み取れるわけではなく、
 読み込み失敗した部分は計算により補完されます。
 「ある程度のエラーはしょうがない」という前提でデジタル録音はおこなわれているのです。
 読み込み失敗率はメディア、再生装置の性能によります。
 MDではMDプレイヤーの読み取り精度に追従できるだけの性能がなければ、
 読み取りエラーが多発し、結果オリジナルと違うということになります。

>2)価格の差は、販売時のパッケージングの差か、又は日本のメーカーの品質管理の違いで、不良品の出現する可能性の差のみと考えたいが正しいか?
 MDやCDなどは製造装置を人件費などのコストが安い国に据え付ければ、
 同等の性能で安く作れます。
 さらに大量発注で安くできます。
 場合によっては船賃などをかけても安く上がるのです。
    • good
    • 0

1)この回答は正しいのですがこれ(MD)は私はあまりお勧めできません。

理由は、圧縮すると言うところに問題点があると私は考えてます。音質ならばCD-Rをお勧めします。(価格はあまりお勧めできる物ではありませんが)関係ないことを行ってしまったようですね。要するに、MDはMDの音質でしかない。100円も300円も価格だけで中身は変わりません。しかし、LP4には注意してください。あれは音がスカスカになりますので。

1の結論300<100です!(断言)

続いて2)の質問いきます

これはメーカー物だからですね。決して音質面ではどちらも変わりません。MDですので。Sonyのが高いのは音質面ではなく、メーカー物だからです。エイプが高くてユニクロが安いみたいな物です。

結論から言いますと絶対に100円の方がいいです!


でも、humourさんが言ったようにCD-Rの方が僕的にはいいんですけどね・・・
    • good
    • 0

う~ん、


個人的には2年ほど前から
100円台でないMDは全て高いと思っていました。
僕が使っていた所は、
ケース一体型(個々にはケースが無い)においては、
すでに当時から100円のものがありましたが、
個別ケース付5~10枚組だと単価140円ほどでした。
メーカーもSONY、TDKなど国産で。
ですから今の時点でそれほどの価格破壊でもないでしょう。
確かにばら売りで100円って無かったですけど、
あり得ない話ではないです。
きっとそのうちよく見るようなメーカーのものでも、
100円になる時が来るのではないかと思います。
CD-Rの急速な普及でMDの需要そのものが落ちて、
在庫がだぶつくような気もしますから。

って、随分それましたが、
僕も基本的な部分では差がないと思ってます。
ただ僕はインデックスの書きやすさとか、
大量に揃えたときの見た目も気にするので、
メーカーは固定してるんですけど。
(何せ500枚を越えてしまっているもので)

NetMDの出現ですこし寿命が延びた気もしますが、
それも後何年続くか....
またメディアを変えないといけなくなると思うと、
憂鬱です。(^^;
    • good
    • 0

基本的に正しい認識と思います。



デジタルメディアは急速に安価なものが出回るようになりました。
CD-ROMなどもそうですね。
安定性というか、不具合への危惧の差とでも考えておけば…
何かの記念で確実に保存しておきたいならブランドのもので定期的にダビングで引き継ぎして置いた方がいいのでしょうけれど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMDからMDへダビングしたいです(AUXとダブルMDコンポについて)

MDからMDへダビングしたいです。
そこでダブルMDコンポを購入しようと検討しているのですが、
過去の投稿を参考にしてみるとポータブルMDとMDコンポを「AUX」でつなぐ方法が紹介されていました。

なるほど!と思ったのですが、
この「コンポとポータブルMDを外部入力でつなぐ」方法と、ダブルMDコンポによるダビングとでは音質の劣化に差は無いものなのでしょうか?

単純に考えると結局はどちらもアナログ録音に
なるので、両者に差は無いような気が・・。
でもなんとなくダブルMDコンポでダビングしたほうが劣化が少ないような気もします。

知識のある方、機械音痴な私に
明確な回答をどうか宜しくお願いします!

Aベストアンサー

> どちらにしてもヘッドホン端子を経由すると音質劣化が避けられないということなのでしょうか?

一般的に、ヘッドホン端子を経由すると内部で余分な回路を通る事になるので、若干ですが音質が劣化します。1台のラインアウト端子からもう1台のラインイン(AUX)端子に接続した方が劣化は少ないと言えます。

ヘッドホン端子に差し込むミニジャックから、もう1台のラインイン(AUX)端子にピンジャックで差し込んだ場合には、インピーダンスのミスマッチの影響ももしかすると多少あるかもしれません。

あと、ヘッドホンなどで多く用いられる平行コードは、シールドされたピンケーブルにくらべて外部からのノイズの影響を受けやすいという事も多少あります。

曲を楽しんでいれば気がつかない程度のわずかなレベルですが、オーディオマニアには気になるかもしれません。ラインアウトからAUXへの接続が無難だと思います。

QポータブルMDからMDラジカセへのタビングの方法

ポータブルMDからMDラジカセへダビングってできるんですよね。その方法を教えてください。何か特別なものがいるんでしょうか。過去のを調べてもよく分からなかったので簡単な方法を教えてください。

Aベストアンサー

ポータブルMDのヘッドホン端子とMDラジカセのライン入力またはマイク入力をつなげばダビングできます。

ただし、適合した接続ケーブルが必要ですので、電気屋さんの接続ケーブル売り場で探してみて下さい。
(特にマイク入力とつなぐ場合、抵抗入りケーブルが必要です)

QMD~MDへダビングしてくれるところ

いつも大変お世話になっています
今回はMDをMDにダビングしなくてはならなくなりました
何処かやっていただけるところが有ったたら教えて頂きたいのですが お願いします

Aベストアンサー

コンポから音を出して、MDウォークマンのマイクで録音したのですか?周囲の音が入らないように気をつけながら…。(ビックリ!)
失礼ですが、オーディオなど機器に詳しくない方なんですね。(^_^;)

ダビングしてくれる店は聞いたことがありませんが、簡単に自分でライン(コード)でダビングできますよ。

いくつか方法がありますが、基本はこれです。
・ウォークマンの出力端子(ヘッドフォンを挿す穴)と、コンポの外部入力端子(おそらく本体の裏側にある穴)をコードでつなぐのです。
つまりウォークマン側から音を出し、コンポ側で録音するのです。(ちなみに、録音できるウォークマンならその逆も可能です。)
そのためには、つなぐためのコードを買わなければなりません。コードは数百円程度でいろいろな種類があるので、できれば電気屋さんで、同じようなコンポを指し示し、「ウォークマンから録音したい」と言って適切なコードを教えてもらいましょう。

そうして録音できたものは、デジタル情報ではないので曲と曲とのつなぎ目の情報や文字情報などはコピーされませんが、あとで編修によって元のMDと同じようにはなります。音も、デジタルからアナログになっていますが、普通に注意深く聴いてもその違いがわかるものではありません。

要は、できるということ。詳細は電気屋さんに聞くべきということ。補足があればまたここで質問してください。

コンポから音を出して、MDウォークマンのマイクで録音したのですか?周囲の音が入らないように気をつけながら…。(ビックリ!)
失礼ですが、オーディオなど機器に詳しくない方なんですね。(^_^;)

ダビングしてくれる店は聞いたことがありませんが、簡単に自分でライン(コード)でダビングできますよ。

いくつか方法がありますが、基本はこれです。
・ウォークマンの出力端子(ヘッドフォンを挿す穴)と、コンポの外部入力端子(おそらく本体の裏側にある穴)をコードでつなぐのです。
つまりウォー...続きを読む

QMDR-DS5100 と MDR-DS8000 の違いは何ですか?

SONY より発売されているデジタルサラウンドヘッドホンシステム「MDR-DS5100」と「MDR-DS8000」の違いは何か教えてください。5.1ch と 6.1ch というところが異なるらしいということはわかりますが、そもそも"ch"(チャンネル)の意味がよくわかりません。値段も倍違うのですが、実際使用してみた感じも全く異なるのでしょうか?

Aベストアンサー

Q/そもそも"ch"(チャンネル)の意味がよくわかりません。

A/チャンネルですか・・・・解答があるようですが難しかったようで・・・
そこでたぶん?分かりやすく?ちょっと補足です。

チャンネル(ch)はいわゆる何台の「独立した」音を出すスピーカーにリスナーが囲まれるかを指します。

たとえば、1chなら1台のスピーカーで音声を聴くことと同じことで、モノラルのスピーカーで音楽や音声を聴くことを指します。
2chなら、ステレオ(フロントスピーカー<前方のスピーカー>2台で聴くこと)

3chなら、ステレオ3ch<3chサラウンド>(フロント2chステレオ+フロントセンタースピーカー1chセンターはモノラルに相当)

センタースピーカー=前方にある中央のスピーカー、ボーカルの音・人の声などを専用に明瞭に再生する


4chなら、4chサラウンド(上のシステムにリア(後方)スピーカー左と右の2本でモノラル1chを追加・・・次に詳しく解答)

5chなら、5chサラウンド(リアをステレオ化して5chにすること)

*4chと5chの違いは、同じ5本のスピーカーを使うのですが、後方(リア)の音声が右も左も同じ音(モノラル)の場合は4ch、それがステレオで別々の音なら5chとなるです。

そして、5,1chサラウンドになると、上に、ウーファという重低音専用のスピーカーが加わります。
ウーファはこれまでのスピーカーと違って、再現できる音の広さが狭いため、0,1chとカウントされます。
*ウーファの役割は、重低音専用と述べているとおり、低い音、地に響くような爆発音、コントラバスなどの楽器の低音などを専用に出力して、音に力強さを与えます。

6,1chは、さらに3chのステレオ時にセンターを加えましたが、リア(後ろ)にセンタースピーカーを加えることです。後ろからの声や音声を明瞭にする。

さらには、7,1でバックリアスピーカーなどもあるのですが・・・それはだいたい想像付くでしょう。

ちなみに、サラウンドは囲むという意味です。
音声が周りに反響して聞こえたり、実際にその場にいるような臨場感を出せる音声技術をサラウンド技術といいます。2chでもバーチャル(疑似)ですがサラウンドは可能。

Q/「MDR-DS5100」と「MDR-DS8000」の違いは何か教えてください?

A/まず、DS8000はドルビープロロジック2(DP2)に対応していますね。
それに加え、AACデコードとdts-ES(6,1ch)DolbyDigitalEX(独自サラウンド6,1ch)にも対応しています。また、ソニー独自のヘッドトラッキングにも対応ですね。

分かり難いので長くなりますが、解説です。
ドルビープロロジック2は、4ch録音から、リアステレオ成分と重低音の音成分を取り出して、擬似的に5,1chにする技術です。これは、結構効果的な技術です。(プロロジック2はステレオ2ch音声の一部も5,1ch化します)

AAC(アドバンストオーディオコーディング)はBSデジタル放送で使われている新しいサラウンドフォーマットです。いわゆる映画館並の5,1chをテレビ放送で再現する音声圧縮技術で、BSデジタルハイビジョン放送やこれからの地上波デジタル放送でこれを利用した放送が増えることが予定されています。
こういう技術にも対応しています。


そして、ヘッドトラッキングはソニーが独自に開発した技術で、ヘッドホンが頭の動きを解析して音源の場所がずれないようにする技術です。これは、左右に頭を動かすと実際にスピーカー5,1ch設置している場合は、頭が動くと耳の方向が変わるので音の位置がずれるでしょう。しかし、ヘッドホンでは耳にスピーカーが固定されているため、スピーカーが移動していつもいつも自分にあわせて場所移動しているのと同じです。そこで、頭を動かすと頭の向きにあわせて音の聞こえも変化するようにしたのがこれです。(これは、複雑で分かり難い・・・説明しにくいですが分かったかな?)

後は、6,1chをバーチャルで再現していることですか、これだけの違いがあるのです。特に新しい音声技術に対応させたことが、高く付いたのでしょうね。

Q/使用してみた感じも全く異なるのでしょうか?
A/ソフトによるでしょうが、違いはあります。ただし、全く違うと感じるかは別ですが・・・少なくともBSデジタル放送で利用されるAACを聴くときに大きな効果を得ることができるのと、ドルビープロロジックの映画をドルビープロロジック2で見るときなどは若干サラウンド効果が強くなります。ただし、予算に見合っただけ効果があるかというのは、財布と利用する側の評価次第です。こういう製品は店によっては、店員に頼めば聴けますので試してみてはどうでしょう。

長くなりましたが、もし何かあれば補足を・・・

Q/そもそも"ch"(チャンネル)の意味がよくわかりません。

A/チャンネルですか・・・・解答があるようですが難しかったようで・・・
そこでたぶん?分かりやすく?ちょっと補足です。

チャンネル(ch)はいわゆる何台の「独立した」音を出すスピーカーにリスナーが囲まれるかを指します。

たとえば、1chなら1台のスピーカーで音声を聴くことと同じことで、モノラルのスピーカーで音楽や音声を聴くことを指します。
2chなら、ステレオ(フロントスピーカー<前方のスピーカー>2台で聴くこ...続きを読む

Q現代音楽の正しい理解、正しい向かい方

現代音楽に興味があるのですが、どれを聴いてもどこをどういう風に味わえばいいのか全然解りません。
知り合いには、現代音楽は半端じゃない深い音楽だと言われましたが、それを理解できない自分が少し情けないです。
一応興味があるのはバルトーク、リゲティ、ファーニホウ、望月京あたりで、
興味がないのはライヒやジョン・ケージなどです。
ちなみにクラシックではモーツァルト、ベートーヴェンからショパン、チャイコフスキー、ラヴェル、ショスタコーヴィチまでは大好きですし、わりかし「よさが解ってる」つもりです。


現代音楽を楽しむ方法を教えて下さい。

なお、「良さが解らないなら無理して聴く必要ない」という回答はやめて欲しいです。

Aベストアンサー

>知り合いには、現代音楽は半端じゃない深い音楽だと言われましたが、それを理解できない自分が少し情けないです。

「理解できない」とちゃんと言えるjohn and paulさんは、とても偉いと思います。
知ったような顔して、現代音楽は良いと言っている人は多いですよ(笑)

もし、john and paulさんが作曲の知識がおありなら、どのようにして作られているのかを考えながら聞くことで、理解が促進されると思います。そうはいっても、作曲の知識がある人でも、12音音楽がセりーのような非人間的・超人工的音楽は受け付けないという人は居ます。私の知り合いの作曲家は、そのように言います。最近はこんな技法で作曲する人も随分と減りました。。

もし、作曲の知識が無いという場合は、やはり、音楽を聴いてみて、何らかのイメージと関係付けながら耳を澄ます、というのが良いと思います。

現代音楽といっても多様で、何らかの「音楽以外のもの」をモチーフにしたものと、音楽は音楽以上のものは語らないのだという「絶対音楽」の立場(音楽は音空間における音の造形という意味以外に無いという立場)のものなど、色々あります。専門的な人は、「絶対音楽は他のイメージと結びつけるなど邪道」と言う人が少なくないと思いますが、しかしながら絶対音楽であっても、音楽のもつイメージというのは、広がりをもつもので、いくら作曲家が絶対音楽なのだと言い張っても、聴き手には他のイメージに飛びつつ音を聴くということが許されるわけです。

そもそも、人間の聴覚は、発生学的に他の感覚器官(特に視覚)と未分化で、聴覚情報を聴覚情報だけで感じ取る能力が弱いと聞いたことがあります。聴覚は、視覚や臭覚、触角などと切り分けることが難しいのです。

そこで、次のような方法はいかがでしょうか。これは私も時々やっていることです。

(1)抽象画がたくさん掲載された美術本を買ってくる。
(2)難解な現代曲を聴くとき、それを聴きながら、その曲によく合う絵はどれか、(1)の本から選んでみるということをする。
(3)そういうことを続けていると、自然に、難解に聞こえていたものが、「覚えられる音響」になり、理解ができたと思えるようになってくる。

いかがでしょうか? 音楽イメージの多元性を活用した方法です。
ちなみに、絵画の抽象度は、どの時代も音楽を少しリードしています。絵のほうは、時代性を考えて選ぶのも良いでしょう。最近の絵画は、抽象から具象に戻ってきていますから、音楽もそのような傾向が増え始めています。

>知り合いには、現代音楽は半端じゃない深い音楽だと言われましたが、それを理解できない自分が少し情けないです。

「理解できない」とちゃんと言えるjohn and paulさんは、とても偉いと思います。
知ったような顔して、現代音楽は良いと言っている人は多いですよ(笑)

もし、john and paulさんが作曲の知識がおありなら、どのようにして作られているのかを考えながら聞くことで、理解が促進されると思います。そうはいっても、作曲の知識がある人でも、12音音楽がセりーのような非人間的・超人工的音楽は受け...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報