不思議です。

ポラッケでしたっけ?
侮蔑的な呼び方・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

 更につけたし。



「国民の歴史」に、ナチスについてのことが少しかいてあります。立ち読みでそこだけ読んでみてもいいかも。
    • good
    • 0

付け足しです。



 ユダヤ人が流浪の民だったからというのもあるらしいですよ。

 尚宗教がらみの本で、面白い本がありますよ。1時間もあれば読めます。題名、筆者とも忘れましたが、ユダヤ、キリスト、イスラム教と戦争等の関わりについても書いてあります。世界史を宗教から読んでみるというのもなかなかおもしろいですよ。お近くの書店で探してみてください。

 
    • good
    • 0

>宝石のスペルが「jew」というのもなんか象徴的。



すいません訂正です。「jewel」です。
aluminizedmanでした。
    • good
    • 0

★理由(1) 金融業で成功した人が多から(例ロスチャイルド家ロックフェラー家?


 キリスト教社会では、貯蓄は罪悪でタブーとされてた。今でいうヤクザみたいな街キン、高利貸しなど悪役のイメージがあった。でも高利貸しをする以前からユダヤ人は既に差別されてて、人の嫌がる仕事でしか生計を立てられなかった。

★理由(2) 魔女説?鼻デカ、やせっぽち、賢い「ユダヤ人=魔女」のイメージ
 中世の魔女裁判とか、グリム童話でしこたま宝石を貯め込んでてお姫様をイジメてる悪役の婆さんはユダヤ人がモデル。ユダヤ人の事を啓典の民ってよく言われます。ユダヤ人の聖典タルムードは、異教徒のイスラム教徒でさえ認めざるを得なかった。ユダヤ人は太陽の黒点活動から世界経済の景気を予測したり、昔から占星術に精通していた。ユダヤ人はとにかく聖典を大切に、何千年もの知恵の結晶を受け継いできた。現代でも「アメリカのノーベル受賞者は、ほとんどがユダヤ人だ」とよく聞きます。

★理由(3) キリスト殺し、これは皆さんのご指摘どおり。一番大きな要因では?救世主と呼ばれていた人を迫害、死に追いやったので。

映画のセリフとかで「このジューイッシュjewishめ」とか憎々しげによく呼んでますね。宝石のスペルが「jew」というのもなんか象徴的。

ユダヤ人とナチスに興味がおありなら、以下の文庫を推薦します。
■「20世紀最後の真実」南米に亡命後、秘密国家を築いたナチス高官の追跡
■「モサド、その真実」イスラエル・スパイ組織の報復活動、アイヒマンとか。
いずれも集英社、落合信彦、実話リポート。
真偽の程は定かではないが、スリリングではあると思います。

※ロックフェラーがユダヤ財閥なのかは、少し自信がありません。誰か詳しい方いないですか?上記3つの理由は、僕のうる覚えの知識で書いたものです。間違ってたらゴメンなさい。しかしこのテーマは興味を惹きますね。しばらく皆さんの意見を観察してみたいものです。締め切りは少し伸ばして頂けたら幸いです。
    • good
    • 0

>外国の国の子を半ば強制的に連れてきて頭がよく美しい人間を作ろうとする考えを何といいましたっけ??



優生学といいます。
ちなみにナチスの場合は、頭、顔、体格などが優れている生粋のアーリア人種どうしです。外国の子ではないです。
    • good
    • 0

No.6の訂正です。


「Poracke」ではなく「Polacke」でした。
    • good
    • 0

 ヒットラー個人の犯罪だったのか。


 それともナチスの党としての犯罪か。それともドイツ人全体の行為か。
 あるいはほかの民族にも反ユダヤ主義は存在し、何らかの原因であの時期のドイツで極端化したのか。
 多分、ご質問はこのような趣旨だと思います。
 
 結論的にいって、歴史家の間でもいまだに決着がつかず、論争が続いている難問です。
 数年前米国で出版されたゴルトハーゲン著「ヒットラーの自発的処刑者たち」は、ホロコーストはナチスだけではなく、一般国民も進んで協力した。しかもこうした迫害は特殊ドイツだけの現象で、ドイツ人だけが歴史的に特別に強い反ユダヤ主義を育てていたのだ、と主張し、大論争に発展しました。
 
 ゴルトハーゲンの主張はなかなか斬新ではありますが、一種の国民性論であり、科学的に難点があります。
 しかし一方で、ホロコーストを、どこにでもある一般的な反ユダヤ主義で説明することは、その異常性、悪魔性を薄めることになり、しかもなぜドイツでだけ起きたかの説明にならない、という批判も昔からあります。
 
 これからもこの議論は続いていくでしょう。ゴルトハーゲン論争については次のサイト(英文)を参照してください。

 なお、反ユダヤ的なデマゴギーの一つに「キリストを殺したのはユダヤ人だ」というのがあります。イエスはユダヤ王国の辺境のガリラヤで育ったため、ユダヤ側からは反体制的とみられ、この図式がのちのちまでキリスト教徒によるユダヤ人迫害の理由とされましたが、イエスは人種的にはユダヤ人だったのだから、こじつけみたいなものです。

 どこの社会でも少数者は差別されやすいもので、とりわけ宗教的、民族的アイデンティティーを失わなかったユダヤ人がその対象にされたのでしょう。 
 
 「ポラッケ」(Poracke)はポーランド人に対するドイツ語の蔑称です。

 

 
 
 

参考URL:http://www2.h-net.msu.edu/~german/discuss/goldha …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそう♪ポラッケはポーランド人の蔑称でしたね^^
アタシが一番知りたかったのは、美しい人間を作るために人間を掛け合わせたのかなーとゆう所なのですが・・・苦笑

お礼日時:2002/04/26 22:24

 ユダヤ人 = ユダヤ教、派生してキリスト教、イスラム教が生まれる。

おおもとはユダヤ教です。でもユダヤ教は、キリスト教(イエスキリストの存在)を認めていません。故にナチスに限らずキリスト教徒の一部は、ユダヤ人が嫌いです?。ヒトラーの場合これが突出したのでは?といわれているのを聞いたことがあります。

だってユダヤ人てわがままでしょう。選ばれた民とか言って中東に国を作ったし。

 宗教がらみは怖いのでこの辺にしておきます。
    • good
    • 0

歴史的には(本当かどうかはともかく)キリストを裏切った使徒ユダがユダヤ人だったから、というのが一番の遠因だと聞いていますが・・・?

    • good
    • 0

ユダヤ人の迫害というのは,ナチスドイツの専売特許ではないですヨ。


フランスでもロシアでもイギリスでも‥ヨーロッパ全域で,また,中近東全域で2000年も前から行なわれてきたことです。
ですから,ナチスがユダヤ人を(実際にはスラブ人や同性愛者,精神病患者も)迫害したのは,それほど珍しいことではなかったわけです。
もっとも大衆に理解し易いことであったとも言えるでしょうネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

汚いコトをただヒトラーがやったというだけのことなのでしょうか。

お礼日時:2002/03/03 14:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユダヤ人の特徴について

なぜユダヤ人はドイツ含み、ヨーロッパの部分部分で嫌われたんでしょうか?
歴史をみるかぎり、ユダヤ教だからという理由よりも、もっと人種的に何らかの特徴(たとえば日本人なら言いたいこと言わない民族とか、中国人は周囲の影響を考えない民族とかそんな特徴)をとらえて、戦争や迫害が起こっているように見えます。
そもそもユダヤ人とはユダヤ教徒のことなのか、民族(イスラエルの一部の人たち?)を指すのか、どのようにとらえたらいいでしょうか?
加害者、被害者ではなく、ユダヤ人は近隣諸国の他の民族から見て、どのように見え、何に反応してるんでしょうか?
ポイントが3点になってしまいましたorz
1点づつでも良いのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #2です。
 うーん、『歴史的にみれば』宗教に起因すると考えるのが簡単だと思うんですが、たぶん質問者さんはいろいろ思うところがあるんでしょうね。短くまとめなきゃいけない質問文からは汲み取れないのが難しいところですが。

 ただこういう質問を本質的なところまで突き止めようとするのは難しいのではないかなと思います。なぜ黒人は差別されているのかその答えを導くのが難しいように。
 まあ前置きはこのくらいにして。


 ユダヤ人がいわゆるヨーロッパにおいて排他された原因はお金だけじゃないですよ? 先の回答にありますが、「イエスを殺した恨み(キリストの深い教義的には無意味だと思いますが)」を根源に差別で職業を制限するなどして優越感に浸っていたのに、思惑とは逆に成功されてしまったというやり場のない憤り、ナショナリズム、そういった「流れ」を通して、形成された反ユダヤ観ですし。金銭的なものはあくまで最後の結果です。

 あ、あと、最初に断ったと思いますが、これは『ドイツ含み、ヨーロッパの部分部分で嫌われた』背景の話です。『いつまでたっても戦争が終わらない』の戦争がどれを指しているのかわかりませんが、パレスチナ紛争のことを言っているなら、また変わります。


 ユダヤ人の民族性として挙げるなら、選民思想でしょう。やはりこれも宗教に因るものですがw(というか「性格」というのは「環境」によって作られるんです《※》。そしてその「環境」は主に「周囲の人」との出会いですが、その「周囲の人」の人格に影響を与える大きな要因が「宗教」なんです。)

 《※》逆に遺伝子によって形成されるという説もありますが、まあこれは複雑ですので置いておきます

 選民思想というのは、ユダヤ人は選ばれた民族だという考えです。特殊な民族なので、神ヤハウェから特恵が得られる、自分たちのための救世主が現れる、と考えているんです。そのために過去に神と結んだ契約を絶対に守る(戒律を守る)。

 世界に散ったユダヤ人はこの信仰を捨てなかった。かたくなに守った。と同時に、そのことは他民族(つまり散ったユダヤ人が住んでいる国の主要民族)の拒絶を意味します。これがすごいことです。
 移民とは多かれ少なかれ、移住先の文化に同化していくんですが、ユダヤ人の場合それをしなかった。これは強い選民思想を持っているからです(ユダヤ人としてのアイデンティティーを捨てることは、ユダヤ人が得られる特恵を放棄することにつながりますから)。


 ユダヤ人は多民族から差別されると同時に、宗教的にはユダヤ人が他民族を差別しているわけで、ユダヤ人がそのなかで浮いた存在になるのは必然と言えるのかもしれませんね。
 民族がたくさんあった古代では、差別も分散されるでしょうが、キリスト教を軸とするヨーロッパ人というくくりができると、ユダヤ人に差別が集中するのも不思議ではない気もします。

 言葉が至らないところがあったらまたご指摘ください。長文失礼しました。

 #2です。
 うーん、『歴史的にみれば』宗教に起因すると考えるのが簡単だと思うんですが、たぶん質問者さんはいろいろ思うところがあるんでしょうね。短くまとめなきゃいけない質問文からは汲み取れないのが難しいところですが。

 ただこういう質問を本質的なところまで突き止めようとするのは難しいのではないかなと思います。なぜ黒人は差別されているのかその答えを導くのが難しいように。
 まあ前置きはこのくらいにして。


 ユダヤ人がいわゆるヨーロッパにおいて排他された原因はお金だけじ...続きを読む

Qナチスのユダヤ人迫害について

ナチスはなぜユダヤ人を迫害したんでしょうか?
ヒトラーの個人的な理由とかではないですよね?
詳しく教えてくれませんか?

またナチス以外にもユダヤ人を迫害していたところもあるみたいなんですが,その人たちもナチスと同じ理由で迫害していたんでしょうか?

また迫害とは具体的にどのようなことをしたんでしょうか?
ナチスは大虐殺をしたそうなんですが,いったいどのくらいの人を殺したんでしょうか?
また他にどのようなことをしたんでしょうか?

ナチス以外の人たちはどのようなことをしたかも教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>>ナチスはなぜユダヤ人を迫害したんでしょうか?

ユダヤ教は選民思想(自らを神に選ばれし民族とした)がある、ドイツ人はゲルマン民族が最高だと思っ

ユダヤ人は流浪の民であっていわば居候だったのに、お金持ちが多かったのでねたまれた。このままではドイツはユダヤ人にのっとられてしまうという演説がされたり。

>>ナチスは大虐殺をしたそうなんですが,いったいどのくらいの人を殺したんでしょうか?

600万人くらいといわれていたような。
迫害について。
商店を焼き討ちされた。胸にダビデの星をつけてゲットーといわれるユダヤ人居住地区へ強制連行し押し込めたり、暴力をうけた。絶滅収容所へ汽車で強制連行し、その中で強制労働・ガス室での虐殺が行われました。

>>ユダヤ人を迫害していたところもあるみたいなんですが
キリスト教ではキリストを殺した民として(裏切り者のユダ)。
ユダヤ人がペストをばらまく犯人とされたことも。

http://www.fic.i.hosei.ac.jp/~kumasemi/SRron.htm
http://www.urban.ne.jp/home/hecjpn/

参考URL:http://www.urban.ne.jp/home/hecjpn/

>>ナチスはなぜユダヤ人を迫害したんでしょうか?

ユダヤ教は選民思想(自らを神に選ばれし民族とした)がある、ドイツ人はゲルマン民族が最高だと思っ

ユダヤ人は流浪の民であっていわば居候だったのに、お金持ちが多かったのでねたまれた。このままではドイツはユダヤ人にのっとられてしまうという演説がされたり。

>>ナチスは大虐殺をしたそうなんですが,いったいどのくらいの人を殺したんでしょうか?

600万人くらいといわれていたような。
迫害について。
商店を焼き討ちされた。胸にダビ...続きを読む

Qユダヤ人について

世界中には多くのユダヤ人がいて、さまざまな分野で活躍しています。その才能は世界でも認められているノーベル賞などにも受賞をされています。それなのに未だにユダヤ人に対しての差別があるのは何でなのか知りたいです。アメリカにおけるユダヤ人に対しての差別が知りたいです。
それはWASPという観念からきている差別なのか。
宗教の違いという観点から差別があるのか・・・?
御回答、お願いいたします。

Aベストアンサー

 やはり宗教の違いが一番大きいですね。そもそも WASP 自体が
プロテスタントであることを内包しているので、宗教の違いに含まれ
ますよ。ユダヤ人差別はいまに始まったことではなく、それこそ紀元
前からあることなので、根の深さは相当なものです。

※宗教差別は日本人には肌では感じられませんが、世界中の
 差別の多くは、実際のところ宗教差別のバリエーションです。

> さまざまな分野で活躍しています

 活躍しているからこそ差別される、という観点は見逃せません。
「 けっ、あいつらばかり、上手くやりやがって 」という感情は
古今東西、共通ですからね。

 なお、ユダヤ教の教義を守っていないユダヤ系米国人は少なくありません。
ホロコーストを生き延びたユダヤ人にとって、米国はある意味パラダイスです。
そのため、米国人として生きていくことを決心し、ユダヤ人としてのアイデン
ティティーをほとんど表に出さない層も少なくありません。彼らは血の抜いて
いない肉も食べるし、ユダヤ教の教会( シナゴーグ )にも行きません。

 ちなみにユダヤ人の中にも差別があります。イスラエルには旧ソ連
から移住してきたユダヤ系が多く、彼らはヘブライ語が下手などさま
ざまな理由から、「 純粋なユダヤ人ではない 」と差別されがちです。

 いっぽうで、旧ソ連のエリート教育のノウハウを持つ人も少なくなく、
イスラエル国内にはソ連式のエリート私立校が増えてきています。その
優れた教育が話題を呼び、非ロシア系でも自分の子どもをここに通わせる
親が増えています。ただ、自分たちの出自を忘れないためにロシア語教育も
行なわれており、これが差別をさらに助長していたりもするのですが。

 やはり宗教の違いが一番大きいですね。そもそも WASP 自体が
プロテスタントであることを内包しているので、宗教の違いに含まれ
ますよ。ユダヤ人差別はいまに始まったことではなく、それこそ紀元
前からあることなので、根の深さは相当なものです。

※宗教差別は日本人には肌では感じられませんが、世界中の
 差別の多くは、実際のところ宗教差別のバリエーションです。

> さまざまな分野で活躍しています

 活躍しているからこそ差別される、という観点は見逃せません。
「 けっ、あいつら...続きを読む

Qユダヤ人のナチスによる迫害のその後

ナチス崩壊後なので、イスラエル建国辺りから現在に至るまでのユダヤ人の歴史を
できれば人権という観点からまとめた文章など
必ずしも人権に繋がらなくても良いので、何かないでしょうか?

Aベストアンサー

パレスチナへの侵略についてアラブ側から見た人権侵害の歴史については、いくつか著作があります。

下記の本は、フォトジャーナリストの日本人から見たパレスチナです。

民兵組織を利用した虐殺や暗殺、農地を国家が騙し取る手口なども詳細に述べられていますので、参考になるかと思います。

岩波新書 「パレスチナ新版」 広河 隆一

Qユダヤ人

世界経済にユダヤ人が大きく関わっているといいますが、


詳しくは…?


昔「シンドラーのリスト」とゆう映画をみましたが、ヒトラーに迫害されてからのことでしょうか?


それとももっと昔からユダヤの方は世界経済をにぎっていたのでしょうか?


わかりやすく簡潔に教えていただけると幸いです

Aベストアンサー

> 世界経済にユダヤ人が大きく関わっている

 という説と、そうでないという説がありますが、私は「そうでない」と思っています。

 そんな力があったら、いまごろとうにタップリ賠償金を払って国家の安全を買っていることでしょう。

 世界経済に大きく関わっている、というなら、我がニッポン人のほうがよほど大きく関わっていると思いますよ。


 上記のように言われる原因は、古代ユダヤ国家が滅ぼされて国民が離散したのち、各地に散ったユダヤ人が猛勉強して、一生懸命仕事をして、その地域でかなりカネを貯めたためだろうと思います。

 国家のバックアップも帰る国もないのですから、ユダヤ人としては勉強し、優秀になり、一生懸命仕事をして、カネを稼いで銭を貯めざるをえなかったわけです。

 なぜなら、迫害されて逃げ出すとき、不動産は持って逃げられませんでしたから、彼らは守銭奴になった。いつも高価な金細工を身につけてキラキラさせていた。いつでも逃げられるように。

 でも、それを見せつけられる地元民には、深い話は関係ないことです。

 帰化しようとしない在日韓国・朝鮮人のように、「なるほど、腰掛けで住んでいるだけで、オレたちの仲間になるつもりはない、ってことね」という不信感をもたれ、差別される原因になってきました。

 事実、仲間になるつもりはないのですから、「気はないよね?」と聞かれても「その通り」としか答えられないのだからしかたない。

 よそから来た人間が自分たちよりも優秀で、金持ちになり、自分たちは彼に頭を下げないといけないのですから、当然、警戒され、悪評を立てられます。

 それぞれの地域での小さな成功でも、あちこちにいるユダヤ人が成功すれば、地球的規模で「ユダヤ人は」と噂されます。針小棒大な噂になる。

 第二次世界大戦のドサクサまぎれ(イギリス人がウソついた!)にイスラエルが建国された後も、アメリカなどに留まったユダヤ人が優秀で、経済理論をうちたてたり政治家になって活躍したりしていますので、上記のように言われ続けています。

 そういう優秀な人がいる、というだけで、大半のユダヤ人はたいしたことないのですが。

 「本を売りたい、カネを儲けたい」と思っている人にとってかっこうな材料になっていますしね。

-----

 ちなみに、ユダヤ人には12部族ありました。ところが、いまイスラエルにいるのは2部族だけ(他の部族はほんの少数)。

 では、あとの10部族はどこへ行ったのか・・・ 東に行ったとユダヤの本に書かれているそうです。「いまなお、(メソポタミアの)○○にいる」とまでは書かれているそうな。

 その後、さらに東に行って、日本人になった、という説もあります。

 神主の装束その他神道関係を中心に、さまざまな生活習慣に古代ユダヤ教と同じものが残っているのに、メソポタミアから中国・朝鮮までには全然残っていないのだという話。

 これを信じるユダヤ人と、信じないユダヤ人と、無関心なユダヤ人がいます。アメリカのキッシンジャー元補佐官は信じないユダヤ人らしいですね。日本は嫌いなんだとか。
(^^;

 逆に、日露戦争で大金を貸してくれたナントカというユダヤ人は、カネを貸した理由の一つに日本人はユダヤ人の末裔かも知れないという気持ちをあげているとか。

> 世界経済にユダヤ人が大きく関わっている

 という説と、そうでないという説がありますが、私は「そうでない」と思っています。

 そんな力があったら、いまごろとうにタップリ賠償金を払って国家の安全を買っていることでしょう。

 世界経済に大きく関わっている、というなら、我がニッポン人のほうがよほど大きく関わっていると思いますよ。


 上記のように言われる原因は、古代ユダヤ国家が滅ぼされて国民が離散したのち、各地に散ったユダヤ人が猛勉強して、一生懸命仕事をして、その地域でかなりカネ...続きを読む

Qユダヤ人は何故迫害されてきたのでしょうか????

唐突な質問で申し訳ないのですが、ユダヤ人はどうして嫌われ、いじめられてきたのでしょうか????
根本的なところから教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

>一つだけ分からないところがあるのですが、米国の思惑、っていうのはどういう思惑なのでしょうか????

米国の思惑を知るには、まず、世界地図の西アジア(中東)を広げて、イスラエルの位置を確認してみてください。
周りの国は全て、イスラム教国家なのが分かりますよね?
そして、その東側は中国とロシア(旧ソ連)が控えています。
この二つの国は、東西冷戦というように、米国とは対立関係にありました。
また、ソ連崩壊によってロシアは衰えたとはいえ、その潜在能力は不透明です(また強いロシアが復活するかも?)。
そして、中国が台頭し始めています。

また、中東は石油が大量に産出しますし、天然ガスなども眠っています。
この石油を巡って、東西対立はまだまだ続いていると考えられます。
イラクのフセインは、石油はアラブ人のモノと主張したので、欧米に嫌われました。
しかし、イスラム教国家同士でも対立しあっていたので、技術力で上回った米国に敗退を余儀なくされました。(因みに、フセインはイスラムを近代化しようとしましたが、欧米にとっては近代化されると困る)

ここまでを読んで、改めてイスラエルの位置を確認してみてください。
イスラエルは、西アジアの西の隅っこにある国だというのが分かりますね。
その西側は、地中海です。
また、サウジアラビアとエジプトさえ味方とまでは行かなくても中立を保ってくれれば、紅海側にも道が開けます。
そして、イスラエルを起点にして内陸部への攻撃をかけることが出来ます。

よくこういう話になると、米国のユダヤ人勢力の陰謀説などがまことしやかにささやかれます。
もちろん、それを完全否定する気はありませんが、それを割り引いて考えても米国にとってイスラエルがどれだけ大事な位置にある国かを考えれば、彼らが手放すわけありませんね。
また、イエルサレムというユダヤ教・キリスト教・イスラム教共通の聖地が
あることも、問題を複雑化している要因です。

http://www.gl.iit.edu/govdocs/maps/Israel%20and%20Neighbouring%20States.gif
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB%E5%9C%B0%E5%9B%B3&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&hl=ja&client=firefox&rls=org.mozilla:ja:official&hs=X8s&ie=UTF-8&oe=UTF-8&um=1&sa=N&tab=wl

>一つだけ分からないところがあるのですが、米国の思惑、っていうのはどういう思惑なのでしょうか????

米国の思惑を知るには、まず、世界地図の西アジア(中東)を広げて、イスラエルの位置を確認してみてください。
周りの国は全て、イスラム教国家なのが分かりますよね?
そして、その東側は中国とロシア(旧ソ連)が控えています。
この二つの国は、東西冷戦というように、米国とは対立関係にありました。
また、ソ連崩壊によってロシアは衰えたとはいえ、その潜在能力は不透明です(また強いロシ...続きを読む

Q頭いいなぁ~

そう思うのは、どんな人でしょうか?

くりぃむの上田さん、千原ジュニアさんが思い浮かびます。
学歴は知りませんが学歴ではなく、頭の回転がいいと感じます。

どう思いますか?

Aベストアンサー

おはようございます。

良い質問ですねーが嬉しくなって、また来ました。

頭の良い人で今のところ出た方以外に、芸人さんがまた一人思いつきました。

今田耕司さんです。

あの方の司会をされている番組かなり見ています。頭が良いという言葉の知的かどうかもそうですが、人としての立ち回り方の上手さという面で頭が良いと思いました。

彼は決して人を傷つけるような言葉で、笑いを取ろうとしないので尊敬できるなと思うんです。

大抵の芸人さんのスタイルは、相方をこき下ろすとか、人の失敗をネタにすることで笑ってもらおうとするように見えますが、
今田さんの場合は、褒めるところは褒め、それでも足りないことや気付いていないことを、ちょっと突いて笑い変えるところなど人を思い遣っているのが伝わります。

Qユダヤ人迫害の理由

お世話になります。
先日質問させていただいた内容と別に新たにコーナーを設けました。
ユダヤ人は、なぜ差別され、迫害されるのか。ユダヤ人の周囲には、なぜ紛争が絶えないのか。というところ分かりやすく教えてください。

(あまり専門的だと混乱するので易しく分かりやすくお願いします^^;)

Aベストアンサー

 参考 URL に、似た質問がありますね。
 この参考 URL の No.1 で、「自己強化」という話が出ていますが、差別され続け、迫害され続ける中で、それが固定化されてきたというメカニズムが働いています。

 その出発点ですが、ユダヤ教という生き方は、ユダヤ教が生活の中に戒律を持ち込む啓示宗教であるため、他の人たちと同化するのではなく身内で固まることを強制します。この特性と、自国が無いという「どこへ行っても異邦人」状態から、「違う人たち」扱いをされることになります。
 啓示宗教であればイスラム教も同じですが、ムスリムには自分の国がありますから、いざとなれば、強弱あるにせよ、自分の国が外交力で守ってくれます。が、ユダヤだけはそれが無かったため、イスラエルが作られるまでは一旦迫害されると止め処がなくなる状況がありました。それもまた、迫害が持続するメカニズムの一つです。

 なお、ユダヤ人の周囲に紛争が絶えないというのは、偏見です。別にユダヤ人の周囲でなくても紛争はおきていますし、ユダヤ人の周囲で平和な所もあります。
 このQ&Aの No.2 で言われているような民間レベルの揉め事は、いまだにありますが、これはどちらかというとユダヤの文化が排他的であったり平和ボケの人には意味が理解できなかったりユダヤ教の選民意識というものが鼻に付くからでしょうね。

 例えば、こんなエピソードがあります。
 父親と子供がお金を家の中に隠し、「お母さんには内緒にしようね」と言っていた、というものです。
 平和ボケした日本人は、「家族で隠し事なんて、しかもお金の話なんて、なんて酷い!」と反発するわけです。が、ユダヤ人というのは突然隣人にリンチされて殺されて家財丸ごと略奪されるなどという目に遭うことを、極めてリアルに警戒しなければならない立場でした。であれば母親が知らなければ、たとえ拷問されてもお金の隠し場所は言えず、結果として父や息子は助かるわけです。そういうシビアな状況での文化であり生活の知恵ですから、なかなか平和ボケの人たちとは素直に近所づきあいができません。
 まあ、その結果、突然皆殺しにされたりする状況を招いてしまうので、悪循環ではあるのですが。

 なお、イエスを殺したのがユダヤ人だという話は、聖書に載っているのですが、この辺の時代を述べた聖書の話は、そうとう疑わしいということは踏まえておきましょう。
 キリスト教が、死に掛けの皇帝をだましてローマの国教の座に居座ってから、教会は権威を帯びそれを維持するために、あらゆる手段を取っています。異端認定による異論の封殺、一般民衆の愚民化政策、民間の知恵の圧迫、魔女裁判、etc. その一環として、キリスト教の敵を作り、キリスト教徒を一体化させるという戦略も取られたと考えるべきです。現在、中国や朝鮮が日本を敵として国内を纏めているのと同じ手で、古今東西でよく使われる手ですから、キリスト教会がそれを使わなかったと考える方がナイーブというものです。そして、その敵が、ユダヤ人でした。
 よく聖書を読むと、イエスの処刑に関連するピラト総督とユダヤ人たちの問答は、いかにも作り話くさいシナリオです。実にステロタイプにユダヤ人が悪人に描かれ、それが却って創作であるという疑惑を強めます。フィクションに慣れてスれた現代人だからそういう疑惑を抱けるのであって、千年以上前の人々は、たいがい騙されたでしょう。

 ヘロデ王の時代はユダヤの自治も認められローマ帝国と特に衝突も無く暮らしていたユダヤ人たちですが、たぶん、後継者が悪かったのでしょうね。ユダヤ教という一神教の教条主義的な面が強烈に出て、多神教のローマ人と徹底的に衝突し、弾圧されます。この辺はヨセフスという男の書いた「ユダヤ戦記」に経緯は詳しいのですが、そういう敵であった経緯が、キリスト教の敵という座を押し付けられる相手として適役だったと考えられます。

 こう見ると、なんだか迫害された可哀想な人たちと感じるかもしれませんが、それは一面に過ぎません。そういう迫害を受け続けた故に、極めてタフでシビアでプラグマティズムの塊であるという一面もあります。
 例えば、「ホロコースト」は、恐らくユダヤ人の捏造です。イスラエル建国のために、連合国に恩を売るためにシナリオを作り証人や証拠を揃えたと考えられます。極めつけは、「ホロコースト」に異論を挟んだら逮捕されるという法律をドイツに作らせてしまって、捏造を法的に固定化した点です。こんな立法をしたこと自体が、逆に捏造だということを示していると考えられます。捏造だからこそ法で強制しないと、自由な議論や研究の結果、捏造がばれてしまうと、自分でも思っているわけですね。
 日本ですら、「ホロコースト」が捏造であるというテーマを記事にした「マルコ・ポーロ」という雑誌が、ユダヤの圧力で廃刊に追い込まれています。
 可哀想なだけの人たちではないということは、認識しておく必要があるでしょう。

参考URL:http://okwave.jp/qa2318062.html

 参考 URL に、似た質問がありますね。
 この参考 URL の No.1 で、「自己強化」という話が出ていますが、差別され続け、迫害され続ける中で、それが固定化されてきたというメカニズムが働いています。

 その出発点ですが、ユダヤ教という生き方は、ユダヤ教が生活の中に戒律を持ち込む啓示宗教であるため、他の人たちと同化するのではなく身内で固まることを強制します。この特性と、自国が無いという「どこへ行っても異邦人」状態から、「違う人たち」扱いをされることになります。
 啓示宗教であれば...続きを読む

Qユダヤ人迫害の具体的な内容

今、ユダヤ人迫害についていろいろと調べているのですが、ユダヤ人が具体的にどのような迫害を受けていたのかがなかなかわかりません。
ユダヤ人迫害最中の様子等がわかる人、もし良かったら教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

目も覆うような悲惨な現状は2次世界大戦の時代の資料でお調べになったらわかりますので、そんなに暗い話ではなく現代に近い部分でユダヤ人が持たれる嫌悪のイメージがよくわかる作品は、ウディ・アレンの映画だと考えます。
アニーホールというアカデミーを取った作品がとても解りやすいので一度みてみるといいとおもいます。アレン自身が、恋人の家にいって恋人のおばあさんに露骨な嫌な顔をされたりするのを、シュールな笑いなどで暗くなることなく雰囲気をつかめます。今でも、人によっては結構冷遇されているのかもしれません。
あくまで、迫害のテーマの映画ではないので趣旨から外れる部分もありますけどね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000185DB2/qid=1107258494/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-2035719-3549814

Qユダヤ人迫害

ユダヤ人は何が原因で迫害されるようになったのか、教えてください。
キリスト磔の罪以外には、どういった要因があったのですか?

Aベストアンサー

旧約聖書「エステル書」3章にはペルシャ大豊の重臣ハマンがユダヤ人絶滅をもくろんだ内容がかかれています。歴史的な信憑性はともかく紀元前6世紀のペルシャでのユダヤ人がテーマとされていますから、その根底にあるものは非常に古いと考えられます。

ユダヤ人のデアスポラ(離散)は遅くとも紀元前6世紀後半、バビロン捕囚からすでに始まっていますからエステル書より古いわけですからユダヤ人が各地へ離散し他民族と接触を始めたときから迫害が始まったと思われます。

歴史によると紀元前411年にシナゴーグ(会堂)がエジプト人によって徹底的に破壊されたとの記録もあります。多神教の古代社会で唯一神を信仰しその律法を厳守するユダヤ人の生き方そのものが誤解や迫害を生む根源となりました。

ローマ時代においては「ユダヤ人の間には厳しい結束が支配しており、また他の人々に対する敵対心も強い」(タキトウス「歴史」)と書かれているほどそのように思われていたようです。

確かに後世では「キリスト殺し」の罪を着せられ反ユダヤ思想を現代までつづくユダヤ人観を作ることになりますが、イエスキリストの死がユダヤ人側の策謀によったことは事実としても、死刑の決定を下したのも執行したのもローマ側であり、ユダヤ人は死刑執行権を持っていませんでした。しかも十字架刑はローマ的処刑方法だったわけです。

「ヨハネ福音書」が成立した1世紀の終わり頃からユダヤ人に対するキリスト殺しの責任だけではなくユダヤ人が悪魔を父に持ち嘘で凝り固まっていると避難しています(ヨハネ福音書8章44)

この時点でキリスト教社会にとってユダヤ人は根本的に悪の存在とイメージされました。このユダヤ人観はキリスト教徒の間に徐々に浸透し4世紀以降キリスト教が政治的に力を増すにつれ教会側から厳しい禁止条項などだされローマ帝国側も歩調を合わせ律法行為の禁止や制限事項を設けました。

東ローマ・ビサンツ帝国の時代になると対ユダヤ人法が皇帝権力によって次々と定められました。

このように反ユダヤ思想は中世や近代や現代のナチズムが作り出したのではなく、古代からすでに同じような迫害が行われており発想や背景や意図が違っても各時代に同じような迫害が行われてきています。

旧約聖書「エステル書」3章にはペルシャ大豊の重臣ハマンがユダヤ人絶滅をもくろんだ内容がかかれています。歴史的な信憑性はともかく紀元前6世紀のペルシャでのユダヤ人がテーマとされていますから、その根底にあるものは非常に古いと考えられます。

ユダヤ人のデアスポラ(離散)は遅くとも紀元前6世紀後半、バビロン捕囚からすでに始まっていますからエステル書より古いわけですからユダヤ人が各地へ離散し他民族と接触を始めたときから迫害が始まったと思われます。

歴史によると紀元前411年にシ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報