今年はモーツァルトの生誕250周年記念ということで、演奏会でモーツァルトを聞いた人も多いと思うのですが、そのときのコンサートで、アンコール曲になにが演奏されたか、と、その曲を聞いた感想(うまい下手ではなく、プログラムの構成として)を教えてください。プログラム(アンコールではなくて)のほうも、どんな曲だったか教えてください。

 モーツァルトがプログラムの1部であった場合はともかく、オール・モーツァルト・プログラム(と、せいぜいハイドン)で、アンコールに全然違う作曲年代の曲(ウィンナ・ワルツとか)って、「あり」ですか?

 

A 回答 (3件)

昔ですが、ネヴィル・マリナー指揮、アカデミー管弦楽団で、モーツァルトの交響曲39,40,41番の演奏会で、アンコールが、グリーンスリーブスだったのを覚えています。

これは、当時マリナーが、積極的にグリーンスリーブスを演奏していたので、納得しました。今年(2006年)の、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートでモーツァルトのフィガロの結婚序曲が演奏されましたが、その次には、ランナー作曲の「モーツァルト党」というウィンナワルツが演奏されました。この曲は面白くて、魔笛の序曲とかが3拍子になっていましたね。とても楽しかったですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 「グリーンスリーブス」は、ボーン・ウィリアムズの「~幻想曲」とかではなく、原曲そのものですか?
 ウィーンフィルの「モーツァルト党」、テレビで見たはずなんですが、忘れていました。CDを買って聞いてみようと思います!

お礼日時:2006/07/19 02:31

> ボーン・ウィリアムズの「~幻想曲」



ボーン・ウィリアムズの「グリーンスリーブス幻想曲」だったと思います。

モーツァルトだと、オケが小編成ですから、アンコールでできる曲も限られますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 再度ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/20 01:19

オール・モーツァルトのプログラムは聞いたことがありませんが、モーツァルトを演奏したコンサートのアンコールでは、モーツァルトオペラの序曲(フィガロの結婚など)や、モーツァルトの曲をアレンジした現代音楽(ジャズ、ボサノヴァ風)を聴いたことがあります。

現代音楽は、新鮮でとても面白いと感じましたし、オペラの序曲も楽しめましたが、気に入るかどうかは人それぞれだと思います。

ちなみに、プログラムはモーツァルトのレクイエム、交響曲、ピアノ協奏曲などだったと思います。

オール・モーツァルトプログラムでアンコールにウィンナワルツというのは、素人の観客には受けると思いますが、好き嫌いのあるクラシックファンは首を傾げるかもしれませんね。

アンコールの曲は、オーケストラが有名な曲を演奏するのもいいですが、そのコンサートのソリスト(コンチェルトの)が独奏したり、あまり有名ではないが面白い由来のある曲を演奏してもらえるのが個人的には好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
 モーツァルトをアレンジしたジャズなんてあるのですね。

お礼日時:2006/07/18 14:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーツァルトの名盤を探す方法って?

ここ何年かモーツァルトのCDを購入して、ネットしながら聴くのが楽しみです。
ところでモーツァルトの名盤を探す方法って何かありますか?
ヤフオクなどで安いときに買うというやり方だと、曲が偏ってくる傾向があります。ピアノ協奏曲20番だけ3枚も持っている、とか。そうではなくモーツァルトという作曲家の全体像からいいCDを探して聴きたいのです。
フィリップスが全集を出してますが、CD170枚を一度に購入しても聴けるやらどうか不明です。
名盤案内も出版されてますが、何かいい本ありますか?

Aベストアンサー

心情としては、色々お聴きになって、駄演?も好演も色々お聴きになり、時間を掛けて行く事で、自分のベスト盤が出来ると思っています。
とは言え、私も評価本を多少は持っています。ただ、私の場合は、父からの2代に亘るレコードを所持していますので、評価本を見た時には、2千枚位の量になっており、評価本を参考にレコード購入をする段階ではなくなっていました。ただ、同じ曲で数種有るレコードに対する印象や評価と本意書いてある内容や意見が一致していると嬉しくなったり、全く違うコメントだと、執筆者の感性を疑たり、レコード会社から袖の下を貰っているのでは・・・等と、一人で、文句を言ったりしております(苦笑)!
その様な事で、私は、評価本に書かれている記事内容と自分の印象との一致点より違っている内容の指す意味を考えてみる事は有ります。明らかに記事の方が間違っていると言うスタンスが変わらないレコードも有れば、聴き方のスタンスの違を感じて、新たな発見に繋がり、過去、ぞんざいに聴いていた演奏が、発見に因って、好演に激変する事があり、その様な時には、評価本に感謝する時も有ります。
しかし、評価本を基に、レコード、現在ならCDを購入しようとは思いません。(私の感性まで人頼みの様な気がして!)

余計な事を長々書きまして、お気を悪くされているかも知れませんね。
無駄口を、申し訳有りません。

さて、私が持っている評価本です。
●「名盤鑑定百科 モーツァルト」 吉井亜彦著 春秋社 \1,800
モーツァルトに限定し、作曲された全曲ではありませんが、
交響曲8曲、管弦楽曲5曲、協奏曲20曲、室内楽曲11曲、ピアノ曲6曲、声楽曲3曲、オペラ4曲が、取り上げられています。
私の様なレコード時代~CD時代にお跨っている者には、好都合ですが、常に出る最新録音や復刻情報には、付いて行けていません。
ただ、一曲毎の過去暦の数とコメントが、豊富にて、曲毎の演奏の取り上げられ方などの傾向が解って面白いです。

前述のモーツァルト限定版の兄貴分である「名盤鑑定百科」シリーズ
●「交響曲」版、●「協奏曲」版、●「管弦楽曲」版、●「ピアノ曲」版、●「声楽・オペラ」版を所持しています。現在は、更に出ているのかも知れませんね?何れも吉井亜彦著ですので、執筆者の癖や傾向、繋がり等には要注意!

専ら、上記が常用ですが、他には

●「クラシック不滅の名盤1000」レコード芸術選定 音楽の友社
(月刊誌レコード芸術を御存知でしたら、評価内容などの雰囲気はお察し頂けるかと存じます。)

○「クラシックCD エッセンシャル・ガイド」聴きくらべ!  Gakken
●(交響曲編)/●(協奏曲編)の2冊。
この本のコメントは、万人受けはしないと思います。かなり個性的な、選別と評価内容で、他には無い感覚が有りますが、これをメインの本にすると、凄く偏る?個性的になる?人と意見が合わない?面白い事になるかも!!!
(チョッと表現が極端になっております。割り引いて下さい!)

私は持っておりませんが、推奨したいのは、吉田秀和さんの本でしょうね。
著書も載っております。参考にしてみて下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E7%A7%80%E5%92%8C

こんなところです。参考になりますかどうか??

心情としては、色々お聴きになって、駄演?も好演も色々お聴きになり、時間を掛けて行く事で、自分のベスト盤が出来ると思っています。
とは言え、私も評価本を多少は持っています。ただ、私の場合は、父からの2代に亘るレコードを所持していますので、評価本を見た時には、2千枚位の量になっており、評価本を参考にレコード購入をする段階ではなくなっていました。ただ、同じ曲で数種有るレコードに対する印象や評価と本意書いてある内容や意見が一致していると嬉しくなったり、全く違うコメントだと、執筆者...続きを読む

Q2016 生誕・没後○○周年 クラシック作曲家で注目するのは?

2016年がメモリアルイヤーの作曲家
http://i-amabile.com/comp_memorial?y=2016&d=10

モーツアルト 生誕260年
ショスタコーヴィチ 生誕110年

シューマン 没後160年
ブルックナー 没後120年

等、今年は幅が広いですが、どの作曲家に注目しますか?

Aベストアンサー

うーん…どれもスパッという年数じゃないので(10年単位)
メモリアルとしては個人的には盛り上がらないですねぇ。

ただ、モーツァルトの没後200年で高校生の頃盛り上がった覚えがあるので
なんとなく、感慨というか、思いはありますね。

でも、普段あまり聞かなかったけど
最近ちょっとはまりつつあるシューマンに一票入れます。

ずっとオケか吹奏楽でしたが近年ピアノ曲にはまってきましたので。
今トロイメライ練習中です

Q”初聴で?だが、今は夢中”という名盤

名盤ガイドなどを読んで聴く方も
たくさんいらっしゃると思いますが
「なんでこれが名盤なの?」と正直、思うものも
あると思います。

もちろん、人それぞれ感性は違うのですが
名盤といわれるのであるから多くの人間が
”非常に良い”と心底、感じているはずです。
理性として「まったく理解できん・・・」
と思いつつ、聴いていると感性が訓練されるのか
学習するのか
「す、すばらしいっー!」と夢中になって
しまうことがあると思います。自分はありました。

そんなあなたにとっての名盤を教えてください。

ちなみに自分にとってのそういった名盤は
グールドのゴールドベルク(新盤)でした。
旧盤とくらべて非常に遅いし、ヘッドフォンで聴く
自分としてはステレオで鼻歌の耳障り具合がアップ
されたこのアルバムは
まさに「なんでこれが名盤?」と
不思議でたまりませんでした。
「遺作だから過剰評価?」と余計な詮索まで
してしまいました。が、半年くらいなんとなく
聴いているうちに「美しい・・」とうっとり
するようになりました。

最初の印象は自分が考えているほど
当てにならないのかもしれない、とつくづく感じてます。

名盤ガイドなどを読んで聴く方も
たくさんいらっしゃると思いますが
「なんでこれが名盤なの?」と正直、思うものも
あると思います。

もちろん、人それぞれ感性は違うのですが
名盤といわれるのであるから多くの人間が
”非常に良い”と心底、感じているはずです。
理性として「まったく理解できん・・・」
と思いつつ、聴いていると感性が訓練されるのか
学習するのか
「す、すばらしいっー!」と夢中になって
しまうことがあると思います。自分はありました。

そんなあなたにとっての名盤を教え...続きを読む

Aベストアンサー

思わずうなってしまいました。というのは、僕が真っ先に挙げようと思ったのが同じくグールドの『ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集』(ソニーミュージックエンタテインメント、2004年)だったからです。

その意味においても、グールドは人をじっくりと感動させるアーティストの一人だと思います。

Q生誕100記念

先日、ウィーンで行われたカラヤン生誕100年記念コンサートで小澤征爾が指揮をしたそうですが、演目はなんだったんでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは
下記によるとベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調と
チャイコフスキーの交響曲第6番ロ短調「悲愴」だったようです。↓

http://www.asahi-net.or.jp/~mf4n-nmr/kandou.html

ご参考まで。

Qモーツァルトについての質問です。今日、音楽の授業の時に渡されたプリントでこの5つの問いがわかりません

モーツァルトについての質問です。今日、音楽の授業の時に渡されたプリントでこの5つの問いがわかりません。
1.モーツァルトはどこの国の人?
2.モーツァルトの一番弟子と言われている人物?
3.モーツァルトは生涯に交響曲を何曲作曲した?
4.モーツァルトの作品記号【K】の読み方?
5,モーツァルトとベートーベンの年の差は年号上で何年?
どれでもいいので教えて下さいお願いします(´・_・`)

Aベストアンサー

ググればわかりますよ。
ググり方は「モーツァルト 国」みたいに。

Q2007年に記念年(生誕OR没後)を迎える作曲家を教えてください

さ来年、私の参加する合唱団が定演をする予定ですが、メイン曲が決まりません。そこで記念年の作曲家で探そうと思います。宗教曲で合唱付のいい曲はありませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

曲まではわかりませんが、記念となる作曲家で有名なのは
エルガーが生誕150年、シベリウスが没後50年、グリーグが没後100年、グリンカが没後150年、あまりきりがよくないですが、ベートーベンが没後180年、メンデルスゾーンが没後160年、ボロディンが没後120年、ブラームスが没後110年です。

Q誰にも教えたくない名盤、あなただけが知っている名盤を教えてください

名盤なんだけど全く紹介されていない。
誰にも教えたくない。
誰かに知らせたい。

そんな名盤がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

メシアン「世の終わりのための四重奏曲」(Vnオレグ・カガン、Clエドゥアルド・ブルンナー、Vcナターリャ・グートマン、Pヴァシリー・ロヴァノフ、1984年クフモ音楽祭でのライヴ)LIVE CLASSICS LC712

 晩年のリヒテルが良く共演したオイストラフ門下のヴァイオリニスト(クレーメルの兄弟子)で若くして胃がんで亡くなったカガン。EMIやメロディアにモーツァルトやブラームスの録音が有りました。バシュメットやグートマン(カガンの二度目の奥さん、ちなみに前妻はエリザーベト・レオンスカヤ)、ヴィルセラーゼとも頻繁に共演、シュニトケやグバイドリーナなどとも深い親交があり現代音楽も得意にしていました。このライヴ録音は気心の知れあった名手たちが純粋にひたむきにメシアンを演奏しています。特に曲の最後、VnとPが天国の調べのように美しく消え入るように演奏され(ヴォリュームをものすごく大きくすると本当に小さい音ですが、神々しいVnとPが聞こえます)、一瞬の深い静寂が訪れた後、我に帰ったかのような聴衆の拍手が聞こえてきます。

 LIVE CLASSICSは、カガンの業績を忍ぶため作られたレーベルでリヒテルとカガンのヒンデミットなど名盤がありますが個人的にはこの盤が一番です。

参考URL:http://www.amazon.co.uk/exec/obidos/ASIN/B000025BI7/qid%3D1133779224/203-9075496-2151951

メシアン「世の終わりのための四重奏曲」(Vnオレグ・カガン、Clエドゥアルド・ブルンナー、Vcナターリャ・グートマン、Pヴァシリー・ロヴァノフ、1984年クフモ音楽祭でのライヴ)LIVE CLASSICS LC712

 晩年のリヒテルが良く共演したオイストラフ門下のヴァイオリニスト(クレーメルの兄弟子)で若くして胃がんで亡くなったカガン。EMIやメロディアにモーツァルトやブラームスの録音が有りました。バシュメットやグートマン(カガンの二度目の奥さん、ちなみに前妻はエリザー...続きを読む

Qモーツァルト 39 の演奏者

このモーツァルト39は誰の演奏かわかりますでしょうか? 

https://www.youtube.com/watch?v=IzR4cjLYKnA

よろしくお願いします

Aベストアンサー

カラヤン ベルリンフィル 1988 東京
かな。

https://www.youtube.com/watch?v=8GUykQeIqO4

Qモーツァルトという名前

ふと思ったんですがモーツァルトって作曲家のモーツァルト以外に知りません。珍しい名前なんでしょうか。他に有名なモーツァルトさんがいれば教えて下さい。また、バッハは小川みたいな名前の語源があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

多くの愛好者が抱く彼のイメージを変えはしないかと、回答を逡巡。。。

本題です。

このアレマニア語は、十四世紀に既に存在して
Mozart はMotzhar(d)tから派生し、二つの言葉から成立です。

先頭は、motzen, motschen で、ドロを動かすとの意義から
そのような仕事、そのような仕事に従事している労働者のことです。

末語のhard/hartは大変との強調を示して、罵りや陵辱する言葉です。

これからの連想されるお仕事や労働者に関しての言及は、控える事に致します。

分布していたと考えられる地域は、ドイツの Augsbourgを中心に
アルザス、リヒテンシュタイン、オーストリアの西部と一部スイスの用です。

今一つの解釈(マイナーだが)は、har(d)tを、風景の一部と看做して
『沼地と森林』とするものです。

(年少組みの頃から、その楽曲を頻繁に聴き
名前の由来を知ってからも一層悦楽に。。。)

Qモーツァルトのクラリネット五重奏曲、クラリネット協奏曲イ長調で一番評価の高い演奏を収めたCDを教えてください

モーツァルトのクラリネット五重奏曲、クラリネット協奏曲イ長調

これらの演奏を収めたCDはいくつか出ておりますが、僕は、世界的評価が一番高い演奏を聞きたいのです。

そこでお尋ねするのですが、上記の曲では誰が指揮し、誰が演奏した、いつのものが一番出来のよいものとされていますでしょうか。

Aベストアンサー

>世界的評価が一番高い
というのは基準がないのでわかりませんが,
協奏曲では#1さんがお薦めのものは私もいい演奏だと思います。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=606709
指揮者ベームは,当時,オーストリアの人にとても愛されたようで,
ドイツとを結ぶ列車にもカールベーム号と名付けられたものがありました。
ウィーンフィルとの共演はいくつかありますが,モーツァルトの
評価は高かったと思います。

五重奏では,カール・ライスター,ベルリンフィルゾリステンも
いい演奏だと思います。気心知れたベルリンフィルのメンバーと
楽しくやってるという感じです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=507252
私が持っていたのはアナログレコードですが,同じくベルリンフィルの
メンバーのコッホとのモーツァルト・オーボエ四重奏が組合せでした。
組合せがブラームスのクラリネット五重奏になっていますが,
おそらく同じ録音だと思うのですが…。

ライスターについての紹介
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

>世界的評価が一番高い
というのは基準がないのでわかりませんが,
協奏曲では#1さんがお薦めのものは私もいい演奏だと思います。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=606709
指揮者ベームは,当時,オーストリアの人にとても愛されたようで,
ドイツとを結ぶ列車にもカールベーム号と名付けられたものがありました。
ウィーンフィルとの共演はいくつかありますが,モーツァルトの
評価は高かったと思います。

五重奏では,カール・ライスター,ベルリンフィルゾリステンも
いい演奏だと思...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報