見守り電球またはGPS端末が特価中!

気体の収集法には水上置換法・上方置換法・下方置換法があるのは分かって、その理屈も一応は分かっているつもりです。が、どうしてもひっかかるのは軽い気体(分子量の軽い気体)のほうが拡散が速いという性質との兼ね合いです。上方・下方置換法をどう使い分けるかの説明がよく分かりません。

軽い気体の方が拡散が早いならば、上方置換法を使ってもさっさとどこかに拡散して十分な濃度を得られない気がします。また、重い気体の拡散が遅いのなら、上方置換法を使っても十分な濃度の気体を得られる気がします。

重力との兼ね合い、十分時間がたった状態では気体はほどよく交じり合うという性質との兼ね合いが分かっていないのかも知れません。どなたか説明していただけると非常に嬉しいです。よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

気体の分子は頻繁に他の分子との衝突を繰り返しており、その都度方向が変えられます。

そのため、まとまって放出された分子(すなわち特定の種類の気体の集まり)の中心付近にあるものは、外方向に進んでいても、途中で他の分子に衝突して、また中心方向に跳ね返されたりします。もちろん時間が経てば、気体の集まりは拡散して行くでしょうが、それにはある程度の時間が必要です。
それに対して、気体の集まりの外の方にある分子は、比較的簡単に、その気体の集まりから離れて行く(拡散する)ことになります。それを繰り返すことによって、気体の集まりは外の方から順に拡散して行き、最終的には中心部分も拡散して行きます。
つまり、ひとかたまりになる性質があるのではなく、ひとかたまりであった気体が拡散するのにはある程度の時間がかかるということです。

圧力の問題に関しては以下のように説明できます。
すなわち、圧力の高い部分というのは分子の密度が高い部分です。したがって、密度の低い部分(圧力の低い部分)と比較して、分子の衝突が頻繁に起こります。したがって、圧力の高い部分から低い部分に飛び出した分子は、次の衝突までの時間(あるいは距離:平均自由行程)が長くなります。すなわち、分子は高圧のかたまりの内側から外側に進む方が、平均として長い距離を進むことになります。これは、高圧であった空間が拡大することを意味します。気体分子の運動速度は極めて速く、分子の衝突も極めて頻繁に起こりますので、圧力が釣り合うのに要する時間はわずかであり、瞬時に圧力が釣り合うことになります。

圧力が釣り合えば、密度の差に従って、密度の大きい部分は下の方に移動します。・・・・この部分がわからないということですよね?正直、私もこの部分がいまいち釈然としません。おそらくは、気体分子も引力の影響を受けるでしょうから、重い分子の方が地球の引力を受けて下に落ちて行くということでしょう。そのため、気体の運動方向は、平均すると下向きに偏ることになります。ただし、下に落ちて行く過程においても、周辺部での拡散は起こっているでしょうし、ひとたび拡散すれば下への落下は起こらなくなるでしょう。なぜなら、気体分子の運動速度は速いので、拡散しようとする力が重力に打ち勝つということです。また、拡散してしまった方が熱力学的に好ましい(エントロピーが大きい)という言い方もできると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答ありがとうございます。

>圧力が釣り合えば、密度の差に従って、密度の大きい部分は下の方に>移動します。・・・・この部分がわからないということですよね?

そうなんです。密度差がどうしてマクロ的な動きを作り出すのかが疑問です。(質問から随分ずれてきたのでこれについては独立して質問してみます。)

どうやらポイントは分子の運動そのもののようですね。分子の運動が拡散も密度差に従う動きも作っていると考えられたらすっきりする気がします。分子の運動の方向は重力方向で大きいとすればそれが可能なのかなと思うのですが。

お礼日時:2006/07/19 09:35

>どうしてある気体がひとかたまりとして存在できるのかがよく分かりません。



いや、出来ません。
拡散が遅いだけです。

空気より軽い気体は、上方置換であつめるほうが拡散してなくなってしまうまでの時間が長いというだけのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
#1さんのお礼のところで引用させていただいたサイトを見ると、拡散だけで説明できるのだろうかとふと疑問に思いました。

お礼日時:2006/07/19 09:48

> 軽い気体の方が拡散が早いならば、上方置換法を使ってもさっさと


> どこかに拡散して十分な濃度を得られない気がします。

仮に、大気圧が地球よりももっと小さい火星などで行った場合は、
実際そうなると思います。

では、なぜ地球上ではそうならないかというと、気体分子が本来の
拡散速度では拡散できない程度に、大気が込み合っているからです。
この込み合いのために、それぞれの気体の集団から外れていこうとする分子
の何割かは、他の気体分子と衝突して集団の中に戻されてしまうので、
拡散が遅くなるわけです。
(満員電車で「乗り降り同時」だと「降りるだけ+乗るだけ」より
 乗り換え時間が掛かるのと同様に)

つまり、この「衝突による押し戻し」が「気体分子をまとめる力」として
見かけ上働くわけです。
・・・以上がミクロのお話。

で、この「見かけ上の気体の集団」が完全に解消されるまでは、
それぞれの気体の集団には密度の差が生じます。
このため、重い気体の方が重力によって下に沈んでいく・・・
というのが、マクロのお話になるかと思います。
(なお、沈んでいく間にも拡散は進んでいきます;
 結果、重い気体の集団の境界領域は拡大するとともに、
 その領域では重い気体の濃度は低下(=空気が混ざる))
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
地球の大気を火星にそのまま持ち込んだら、どうなるのでしょうね?
重力の大きさが違うと気体の混合の速度はどう変わってくるのでしょう?一部分かって、一部さらに分からなくなってきました。

お礼日時:2006/07/19 09:42

質問文を見る限り、十分理解されているように思います。

どの変がわからないのかがいまいちわかりません。

気体の集団を空気中に放つと、拡散して広がって行きます。
ただし、その際、空気の密度との兼ね合いによって、上向きの拡散速度と下向きの拡散速度に違いがあるというだけのことです。

長い時間経てば、拡散してなくなってしまうのはその通り。
容器中に少しでも長く気体を保つために、拡散速度が速い方向に行かないようにする。

というのが上方置換、下方置換です。

この回答への補足

何が分からないかおぼろげながら判ってきた気がします。
#1/2さんの言われる「個々の分子と分子の集団(同種の分子からなる気体のかたまり)は違います。」というところが分かっていない気がします。ミクロとマクロがごちゃごちゃになっているんだと思います。

固体なら「かたまりとその表面の挙動は違います」といわれれば納得できます。表面の部分では同じ物質でのそちら方向の原子(分子)間力が欠けているというのではと予想できます。

これが気体になるとよく分からなくなってしまいます。どうしてある気体がひとかたまりとして存在できるのかがよく分かりません。気体の分子間力は思いのほか大きく同種の気体分子をひとかたまりにまとめているのでしょうか?それともこれは全然見当違いで、他の何かの力が気体をかたまりにまとめているのでしょうか?あるいは、そんな力は存在しないのか?

#2さんの、「気体の圧力は内部と外部で同じになる」現象はミクロ的に何が起こっているのでしょうか?気体をまとめている何らかの力(があるとしたらそれは)がどう変化して圧力を一定にしているんでしょうか?

考える方向性を教えていただければと思います。

補足日時:2006/07/18 07:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、回答ありがとうございました。
どうも分子の動きは下向きの方がまさっていると考える必要がありそうな気がしてきました。

お礼日時:2006/07/19 09:36

個々の分子と分子の集団(同種の分子からなる気体のかたまり)は違います。

つまり、分子の集団の外の方にある分子が、集団の外方向に動けば集団から出て行ってしまいますが、内方向に動けば集団内に留まることになります。内部の分子はどちらに移動しても集団内に留まります。外方向に移動しかけても他の分子に衝突して、内方向に跳ね返されたりします。

つまり分子自体は確かに運動しており、拡散もするのですが、その拡散速度は必ずしも速くはないということです。そのために、Aという分子の集団は短い時間範囲で見れば、周囲のBという気体と、ほぼ独立した状態にあります。

しかしながら、そういった分子の移動とは関係なく、気体の圧力は内部と外部で同じになります。つまり、仮に高圧ボンベから出た気体であっても、外に出れば瞬時に大気圧になります。しかし、その分子の拡散は瞬時には起こりません。

すなわち、Aという分子の集団の圧力と外部の圧力は同じになるので、その分子の分子量に応じて、密度に差が生じます。
結果的に、Aの分子の集団が、内部まで拡散してしまうまでは、外部との密度の差があるので、それに応じて上や下に行くということです。

ちなみに、ガスが極めて少量ずつ発生すれば、拡散してしまうでしょうが、ある程度速く発生すると密度の差によって上や下に集まる方が速くなるということでしょう。

なお、個々の分子のレベルでは拡散に方向性はないと思います。ひとたび拡散したものが集まってくることはありません(液化などをさせれば別ですが)。すなわち、瞬時に拡散を起こしてしまわないだけの分子が集まって、はじめて周囲の気体と密度の差がある分子の集まりができ、上や下に集まるということになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び、ありがとうございます。少しだけ整理できて何が分からないかまでは到達した気がします。

#3さんの細くのところに書きましたが、「個々の分子と分子の集団(同種の分子からなる気体のかたまり)は違います。」というのが直感的にイメージできません。ミクロレベルでどういう現象が起こっているから密度の低い分子のかたまりが密度の高い分子のかたまりより上に行くのがのイメージがどうもつかめないのです。(すみません。)

お礼日時:2006/07/18 08:08

拡散は関係ありません。

単に気体の密度の問題です。
空気よりも密度の大きい(平均分子量の大きい)気体は下方置換、小さい気体は上方置換ということです。
つまり、重力の関係で、空気よりも密度の大きいものは下に行きやすいし、小さいものは上に行きやすいということです。

拡散を考えるとするならば機体の捕集後の話であり、容器を密閉していない場合に、捕集した気体がどの程度の時間、容器内に留まるかと行ったことと関わってくると思いますが、捕集方法とは関係ないと思います。

この回答への補足

全然分かっていないので質問もうまく組み立てられないのですが。
密度の気体Aと気体Bがそれぞれ集団として動く場合(軽いものが上へ行く)とAとBがそれぞれが拡散する場合(混合する)、気体の(分子レベルで?)何が違うのでしょうか。

補足日時:2006/07/17 13:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

> 拡散は関係ありません。単に気体の密度の問題です。
温暖・寒冷前線や気球のアナロジーからなんとなくは分かるのですが、いまいち納得できないでいます。

http://kibi.hosen.okayama-c.ed.jp/rika/chem/gas/ …
を見ると、(私の解釈がどこか違うのだと思うのですが)拡散に方向性があるようにも見えます。もし拡散に方向性があるのならば時間がたっても気体は十分混合し得ない気がします。考え方のどこに間違いがあるのでしょう?

お礼日時:2006/07/17 13:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、水素が上方置換じゃいけないのか。

こんにちは。受験勉強をしていて、わからないことがあったんで、聞いてみたいと思います。
水素は、気体の中で最も軽いんですよねえ?なのになぜ上方置換法で気体を集めてはいけないんですか?アンモニアは軽くて上方置換でしょう?
水素はなんで最も軽いのに水上置換にしなきゃいけないのかってことがすごく気になります。
分かるかた誰かおしえてください

Aベストアンサー

安全性の問題だと教わりましたが・・・・

空気中の酸素1に対し、水素2の割合で混合してしまった水素混合物となり、ものすごい爆発力で燃焼します。
仮上方置換を行っていて、誤って、引火したとします。
酸素はそこらにうようよしてるんで、純粋な水素は、大変危険なものになります。

・・・空気中の上方置換は、大変危険なのでやめましょう~~とのことです。

Q空気が成分で分離しないのはなぜ?

40代文系主婦です。中学生くらいからの疑問です。いつか誰かに聞こうと思って今日まで来ました。

空気はいろいろな成分(酸素や窒素など)でできていて、それぞれに重さがありますよね。

屋外では風などでかきまわされていますが、個室ではなぜ分離しないのでしょうか?

朝起きたら、部屋の酸素が下のほうにたまっていたなんてことはないですよね。それとも厳密には酸素濃度が濃い部分と薄い部分があるのでしょうか?

Aベストアンサー

■理系向けの回答

仮定1:空気は理想気体の状態方程式 PV=nRT に従う。
仮定2:高さ h における成分 i の単位物質量あたりの位置エネルギーは m[i]gh で与えられる。ただし、g は重力加速度、m[i]は成分 i のモル質量である。
仮定3:部屋は完全に密閉されていて、平衡状態にある。
仮定4:h ≪ RT/m[i]g

上の四つの仮定のもとで、高さ h における成分 i の分圧 P[i,h] は

 P[i,h] = P[i,0] exp(-m[i]gh/RT) ≒ P[i,0] (1 - m[i]gh/RT)

で与えられる。

高さ h における成分 i のモル分率は、分圧 P[i,h] と分圧の和 ΣP[j,h] から

 x[i,h] = P[i,h]/ΣP[j,h]

と求めることができるから、与式より

 x[i,h] = (P[i,0]/ΣP[j,0]) (1 - m[i]gh/RT)/(1-Σx[j,0]m[j]gh/RT)
     ≒ x[i,0] (1 + (Σx[j,0]m[j]-m[i])gh/RT)
     = x[i,0] (1 + (m[air,0]-m[i])gh/RT)

と計算できる。ただし、m[air,0] は高さ h=0 における空気のモル質量である。

上の式に

 m[air,0]=0.029kg/mol
 m[i]=m[O2]=0.032kg/mol
 g=9.8m/s2
 RT=2500J/mol

を代入すると、h ≪ RT/m[i]g ~ RT/m[air,0]g を満たす任意の h における酸素の平衡濃度が、基準点 h=0 における酸素の平衡濃度とどれくらい違うのかを計算する式が得られる。


■40代文系女子向けの回答

> 厳密には酸素濃度が濃い部分と薄い部分があるのでしょうか?

部屋を密閉して、壁の温度を一定に保って、それから気の遠くなるほど時間が経つと、理論上は、天井よりも床の方が酸素濃度が濃くなります。私の計算が間違っていなかったら、酸素濃度の違いは次の式で求められます。

 天井の酸素濃度=床の酸素濃度×(1-0.000012×床から天井までのメートル数)

例えば部屋の高さが3メートルだったなら床の酸素濃度は天井の酸素濃度よりも1.000036倍だけ大きくなることが、理論的には予想されます。

> 屋外では風などでかきまわされていますが、個室ではなぜ分離しないのでしょうか?

部屋の空気を一度かきまわして室内の酸素濃度を均一にしたとしましょう。いったん均一になったあとでは、どれだけ静かにして待ってもほとんど分離しません。最大でも1.000036倍です。

> 朝起きたら、部屋の酸素が下のほうにたまっていたなんてことはないですよね。

はい。ないです。最大でも1.000036倍しか大きくならない、ということは、昼間に部屋の酸素濃度が均一だったなら一晩で酸素が部屋の下のほうにたまることって事実上ありえない、ということです。かき混ぜたってかき混ぜなくたって下にはたまらないのですから、かき混ぜの有無は関係ない、と結論できます。

> 空気はいろいろな成分(酸素や窒素など)でできていて、それぞれに重さがありますよね。

はい。重い成分が下にたまる、という考えは間違いではないのですが、
 (1) 酸素や窒素の分子のひとつひとつはとても小さくて軽い
 (2) 空気中の分子が熱運動している
ために、濃度の差は測れないほど小さくなります。測れないほど小さい、ということは、重い成分でも下にはたまらない、ということです。


■もう少し詳しい回答

(1) 酸素や窒素の分子のひとつひとつはとても小さくて軽い、それならもっと重い二酸化炭素CO2ではどうなるか?

さほど変わりません。1.000036倍が1.0002倍くらいには変わりますけど。

(2) 空気中の分子が熱運動している、それなら空気が液化しそうなほど部屋の温度を下げたらどうなるか?

さほど変わりません。1.000036倍が1.0002倍くらいには変わりますけど。

(3) じゃあ、理科の時間に上方置換とか下方置換とか習ったけど、あれはなんだったの?

あれは、アンモニアとか塩化水素とかの発生させた気体が空気中に拡散していく速さ(気体が空気と混ざり合う速さ)よりも、もっと速い速度で発生した気体を捕集瓶に送り込んでいるので、瓶に気体を溜めることができます。空気中の酸素の場合とは違って、アンモニアとか塩化水素とかの気体がはじめはひとまとまりになっている、という点がポイントです。

(4) 洞窟や窪みなどに二酸化炭素が溜まるのはなぜ?

いったん空気と混じったあとの二酸化炭素は、(私の計算に間違いがなければ)下には溜まりません。二酸化炭素が低地に溜まるのは、先の下方置換の原理と同じで、どこかで発生した二酸化炭素が空気と混ざり合わずに低いところに流れ込んだためでしょう。

ちなみに#6さんの回答にある、HClとNH3の実験は良く知られた実験ですけども、この実験の結果を「分子の拡散」で説明してはいけない、ということも良く知られています。この実験もまた、気体がひとかたまりで動く例の一つです。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001824837

■理系向けの回答

仮定1:空気は理想気体の状態方程式 PV=nRT に従う。
仮定2:高さ h における成分 i の単位物質量あたりの位置エネルギーは m[i]gh で与えられる。ただし、g は重力加速度、m[i]は成分 i のモル質量である。
仮定3:部屋は完全に密閉されていて、平衡状態にある。
仮定4:h ≪ RT/m[i]g

上の四つの仮定のもとで、高さ h における成分 i の分圧 P[i,h] は

 P[i,h] = P[i,0] exp(-m[i]gh/RT) ≒ P[i,0] (1 - m[i]gh/RT)

で与えられる。

高さ h における成分 i のモル分率は、分圧 P[i,h] ...続きを読む

Q拡散について

初めて質問します。化学の授業で気体分子は熱運動によって拡散していくと学習します。それは納得できるのですが,ではなぜプロパンガスは部屋の下にたまるのでしょう。空気より重いからというのはわかりますが、拡散には気体分子の質量は関係あるのですか。誰か教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

時間の問題です。
時間をかければ、均一に混合します。
「浮力」では、「拡散」という「熱力学的性質」の説明は出来ません。

分子量が大きい物質は、平均飛距離が短く、速度も遅いです。
平均速度は、分子量の平方根の逆数に比例します。
http://chem.sci.utsunomiya-u.ac.jp/v2n2/kashida/pdf/chemt202.pdf

「2.2 気体の性質」の「図2.4」を見てください。
H2の平均速度は約1600m/sですが、O2, N2の平均速度は約400m/sです。
プロパンの分子量は44ですから、O2,N2よりもっと遅く、平均飛距離も短く、この両者は
なかなか混合しません。
しかし、時間をかければ混合します。

気体の拡散についての理論、実験はGoogleで検索すればいっぱい出てきますので、ご覧に
なってください。
楽しいですよ。

参考URL:http://chem.sci.utsunomiya-u.ac.jp/v2n2/kashida/pdf/chemt202.pdf

Q蒸気圧ってなに?

高校化学IIの気体の分野で『蒸気圧』というのが出てきました。教科書を何度も読んだのですが漠然とした書き方でよく理解できませんでした。蒸気圧とはどんな圧力なのですか?具体的に教えてください。

Aベストアンサー

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。
また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。

さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0.02気圧であると述べましたが、これはどういう意味かと言えば、大気圧の内の、2%が水蒸気によるものだということになります。
気体の分圧は気体中の分子の数に比例しますので、空気を構成する分子の内の2%が水の分子であることを意味します。残りの98%のうちの約5分の4が窒素で、約5分の1が酸素ということになります。

ただし、上で述べたのは湿度が100%の場合であり、仮に湿度が60%だとすれば、水の蒸気圧は0.2x0.6=0.012気圧ということになります。

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む


人気Q&Aランキング