ボクシングと空手どちらが突きの威力は強いのでしょうか?
ふと疑問に感じてしまいました。
空手においてまた正しい突きや相手にダメージを与える突きの方法
知っている人が居たら教えていただきたいです。
また、空手をはじめようと思ってるのですが流派とは
主にどんなところに大差があるのかもご存じでしたら教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

空手をやっているものですが、突き(パンチ)の威力は個人差があって一概に空手のほうが強いとかボクシングのほうが強いとかは言い切れないと思います


やはり、ウエイトが有るほうがパンチ力は強くなりますし、筋力等の差で威力は違ってきます。
格闘技の経験のない素人でもパンチ力が高い人もいると思います。
空手には試割りというものがありますが当然突きの威力が有るほうが割れますが、要はタイミングと割るためのコツのようなものがあり、ただがむしゃらに力任せに
殴ってもは成功しません、そのための空手であり、日々の稽古だと思います。

正しい突きの方法は、文章ではうまく説明できませんが、まず、拳の握り、腕を縮めた状態からの筋肉の伸縮を拳に伝えるための正確な動作といったところになると思います。
こればっかりは、やはり、一長一短には身に付きませんので、空手を始めるのであれば、日々の稽古の中で自然に身についてきます。
相手にダメージを与える方法は、簡単です、人間の急所に自分の突きまたはけりを当てることです。
例えば、こめかみ、あご、人中(鼻の下)、水月(みぞおち)、ローキックであればひざ(実際にはもっとたくさんあります)と言ったように人体の急所に当てることです。
それでも、実際にはその急所に当てることがなかなか簡単にはできないのが実情ですね、簡単に当てることができるようになれば、試合でも無敵だと思います。

また、空手を始めるとのことですが、流派のほかにも、空手には大きく分けて
伝統系(寸止め)、フルコンタクト系(顔面なしの実際に当てる組み手)、防具付系(硬式空手のように面をつけて顔面を含めすべてに当てる空手)
といったようにさまざまあります、自分がどのような空手をやりたいかによって変わってくると思います。

流派については、日本全国にさまざまな流派がありますが、あまり気にせず、とにかく空手をやると決めたのなら、まずは黒帯を目指しとにかく練習をしほかの人より少しでも強くなってやろうと思う気持ちが大事だと思います
私は、空手を始めるときはただ単に近くに道場があったからといったこれといって深い理由はありませんでした
それが、気がつくともう暦15年去年は全国大会にも出場させていただくまでになりました。
(ちなみに私は現在は防具付を主体にやっています、フルコンの試合にも出させていただいております)

何事も、継続は力なりですね、一生懸命がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁重なご返答どうも有り難うございました。
大変参考になりました。
15年とは頭が下がります。
本当に継続は力なりですよね、頑張ります。

お礼日時:2002/03/03 23:14

素手で打つとすると、空手でしょう。


パンチがあたった瞬間、手首が動くと衝撃が分散され、パンチ力が減ります。
ボクサーですとバンデージで手首を動かないように固定しますが、
空手ではマキワラ突きなどで手首が動かないよう鍛えますからね。
グローブありだとすると、ボクシングの方が、生物に与えるダメージは大きいと思います。
食らってみるとわかりますが、ボクシングのパンチは体内にダメージが残ります。
衝撃が染み込むようにきます。
これと同じ効果を得るようにしたのが掌底打ちですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事いただき有り難うございました。
詳しい説明でよくわかりました。
手首の動きで衝撃が分散されるとは知りませんでした。

お礼日時:2002/03/03 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGパンとTシャツと羽織りシャツの着こなしで

GパンとTシャツでの着こなし方では、TシャツはGパンに

入れないと思うのですが、Tシャツ1枚では少し肌寒い時なんかに

軽く羽織れるシャツ(前ボタンの長袖や半そで)を羽織る場合は

TシャツをGパンの中に入れますよね?

そこまではいいのですが、少し暖かくなって途中羽織っているシャツを脱ぐ時

Tシャツはどうしますか?

ズボンに入れたままか? それか、Tシャツの下の方がシワクチャになっていても出すか?

Aベストアンサー

軽いシャツなんかを羽織る時も入れないでいいと思いますよ。
シャツよりもTシャツの方が長くてスソが出てしまうなら前を閉めなければいいと思います。

Qケンカと空手(ボクシングやキックボクシング含む)

興味を持っていただけるように、あえて稚拙なタイトルにしました。

私は30才で、最近、空手3年くらい経験者の先輩(茶帯)に、
友人数名と、健康維持+護身術としての空手をおそわっています。

グローブ・ひざ・すねのサポーターの3点をつけて、
組み手の練習などもしています。

ここで、いま、一点考えている事があります。
その先輩は、顔には当てない流派の空手だったらしいのですが、
護身術として実践の事を考えた場合、
アマチュアボクシングのヘッドギアみたいなものとかをつけて練習したほうがいいのかなとも思っています。

現在は練習は顔は狙っていないので、
ガードが体のみになってしまっているんです。
私は、やり始めると本格思考になってしまうので、
「これじゃあ、一方的にケンカを売られて身を守ろうと思っても、
素人が顔を一発狙ってそれが入ったら倒れちゃうかもしれない。」
と、思っています。

いい年なので、ケンカが強くなりたいとかは思いませんが、
ただ、やるからにはケンカの火の粉が飛んできても、
冷静に対応できるような技量を身に付けられたらとは思っています。

しかし、正式な師範的な人も居なく、顔もアリとなると、
公民館の会議室みたいなところで練習をしているのですが、
倒れた場合に問題がおきちゃうかなとも心配です。

ボクシングや、フクコンタクトの空手や、キックボクシングなどで、
ストリートファイトの経験もある方の意見として、

私の状況の中で、顔もアリで練習する事は危険だからやめた方が良いと思われますか?
それとも、注意しながらやれば、それほど問題に発展する可能性は低いでしょうか?

それ以外の予想できていない問題点や、「ぜんぜん平気だからやっちゃえば?」でも、
広い視野でのご回答をおまちしております。

興味を持っていただけるように、あえて稚拙なタイトルにしました。

私は30才で、最近、空手3年くらい経験者の先輩(茶帯)に、
友人数名と、健康維持+護身術としての空手をおそわっています。

グローブ・ひざ・すねのサポーターの3点をつけて、
組み手の練習などもしています。

ここで、いま、一点考えている事があります。
その先輩は、顔には当てない流派の空手だったらしいのですが、
護身術として実践の事を考えた場合、
アマチュアボクシングのヘッドギアみたいなものとかをつけて練習し...続きを読む

Aベストアンサー

#8のDanielです。
≫截拳道というのを初めて知りました。
ショック!!ジークンドーは名前だけなら有名だと思ってた!
は、置いといて、今度は経験者として書きます。

≫護身術としての空手
趣味レベルで護身術は無理だと思います。#6.7.11さんの言っている通りなんです。
護身術として習うという事は、イザという時に人を加害する。習った技を相手に対して使う覚悟がある。って事ですよ。
護身術は、誰も傷付けない術じゃないです。
まぁ、関節極めたら傷は付かないかもしれませんが、壊す事はありえます。
いつか来るかも知れないピンチな時の為に…
自分の中に修めた暴力を、いつでも抜ける状態でいるという事。
何時でも、暴力を使う選択をするという事。
自分を護る為に、相手を加害する事。
人に使う気持ちで練習してますか?護る為に、本気で人が殴れますか?
トラッピングやパリィングだけでは、相手は怯みませんよ。
スウェーやダッキングだけで、相手は退きませんよ。
そんな覚悟が、練習の時から必要ですよ。

俺はH163,W56です。
喧嘩の仲裁に入る時、そりゃ怖いです。
二人の自分より大きい人の間に入るんですもん。
截拳道を使わなくて済むとホッとします。
貴方くらいの体格なら、今の空手の形でもずっと続けていれば力になってくれます。
ジャブを見る訓練や、避ける訓練、1・2を見る、捌く訓練はやっても大丈夫だとは思います。

伝統を修める。ストレス解消。自信を付ける。自慢する。身体造り。ダイエット。
の為なら、誰も傷付きません。
ただ、プロになる、護身術まで行くと、「人に対して使う」意志を持つ。
趣味レベルじゃ覚悟が足りないと思います。
武術本来の形は人を壊すものですよ。
それを意識して、使いこなす気持ちを持って、スタートラインだと思います。
結構じゃじゃ馬ですよ。
世の中、「力」と呼ばれるものは、必ず「向き」があります(ベクトル)
暴力は「他人(ひと)に向く力」ですよ。
そして、武術は闘う為の技と選択肢にすぎません。
使うのは、貴方の気持ちです。

自分がどんなものを身体に修めたいかを考えて、覚悟が出来るなら、やっぱり「ちゃんと教えられる人」について習うべきです。

#8のDanielです。
≫截拳道というのを初めて知りました。
ショック!!ジークンドーは名前だけなら有名だと思ってた!
は、置いといて、今度は経験者として書きます。

≫護身術としての空手
趣味レベルで護身術は無理だと思います。#6.7.11さんの言っている通りなんです。
護身術として習うという事は、イザという時に人を加害する。習った技を相手に対して使う覚悟がある。って事ですよ。
護身術は、誰も傷付けない術じゃないです。
まぁ、関節極めたら傷は付かないかもしれませんが、壊す事はありえます。
...続きを読む

Q画像のおめんみたいな被り物は空手で使うらしいんですが何の為に使うんですか ? 空手のこと詳しくないの

画像のおめんみたいな被り物は空手で使うらしいんですが何の為に使うんですか

空手のこと詳しくないので教えてください!

Aベストアンサー

剣道の防具、ボクシングのヘッドギアーと
同じです。

大きな怪我をしない為の防具です。

Q空手の突き

ボクシングのパンチは速さ重視のため軽く握って当る瞬間に強く握りこみますが、これはバンテージとグローブで手が保護されているから出来る事だと思います。これだと素手で人を殴った時は怪我をしてしまうと思いますが、空手家はどうして素手の突きで殴れるのですか?拳頭を鍛えているのは分かりますが、最初から拳を強くギチギチに握りしめて殴っているからですか?

Aベストアンサー

大陸の拳法を学んでいる者です。

>速さ重視のため軽く握って当る瞬間に強く握りこみますが

これはある意味ではそうですが、決して速さ重視のためだけに軽く握ってる訳では有りません。拳の先に力を伝える間には肩・肘・手首等の関節が有ります。これらの関節によけいな力を奪われずに拳の先に力を伝えるために軽く握って当る瞬間に強く握るんです。

ですから
>これはバンテージとグローブで手が保護されているから出来る事だと思います。

これは間違いです。

>空手家はどうして素手の突きで殴れるのですか?
鍛えてるから、としか言えないな~。何て言えばいいかな?

ちなみに
>最初から拳を強くギチギチに握りしめて殴っているからですか?
こんなやり方でやってたらスピードは遅いし、それに長時間拳を出し続ける事が出来無いですよ。自分で試しにギチギチに握った状態と軽く握った状態をやってみてはいかがですか?

Q寸止め空手の筋トレ

度々質問すみません。
以前は柔道用の筋トレを続けていたのですが、今度は寸止め空手に効果的に使える筋トレを始めようと思います。
どなたか寸止め空手で筋トレされている方いらっしゃいますか?
またどんな筋トレをされてますか?
下半身の安定性と突きの威力を強化しようと考えています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も寸止め空手をしています。(組手専門です)私がしていた筋トレはウエイトでしたら軽い負荷のものを10回、できるだけ短い時間でするようにし、種目としてはベンチプレス(私の場合、最初は10キロくらいでした。あまりスピードがおちるようでは重すぎです)、アームカール(両方で4キロ)、ジャンピングスクワット(10キロ、しゃがんでから、高く早く飛ぶのがポイント)、レッグカール(すいません覚えていません)です。各3セットか4セットくらいです。各1セット終わった段階で、突き、蹴り、踏み込みを10回づつします。(筋トレの動きを競技に生かすためのもので重要です。)頻度としては、週2~3回で週一回は何も運動しない休養日をつくってください。私は高校生のころ、この筋トレで1ヶ月半をすぎたあたりから自分でも驚くくらいスピードがつきました。しかし、この筋トレはかなりの負荷がかかるため注意が必要です。フォームを崩さないようにすること、ウォームアップ(私の場合、15分の有酸素運動の後、柔軟体操をして半分くらいの負荷をゆっくりとした動作から始め、徐々に慣らしていきます)をしっかりしてください。 腹筋については足上げ腹筋、起き上がり腹筋、背筋は上体そらしでウエイトを使用せず回数をこなし100回程度こなせるようになったら、スピードをあげてしていました。  
このトレーニングも続けているとスピードがある段階まで伸びた段階でそれ以上伸びなくなるので、少し負荷を変える、違う筋トレをする等の工夫が必要です。
他の筋トレといえばプライオが良いと思います。このトレーニングは世界チャンピオンのジョージ小高選手も行っています。その練習メニューはウォームアップ
の後、5M程度の短い距離をダッシュの後20mほどの流し走行、プライオ(高く、速く10回ジャンプ(着地する瞬間にまたすぐジャンプすること。これをその場10回、前後10回、左右10回をジャンプしたとき膝を抱え込んでするのと膝を曲げずふくらはぎの力だけで飛ぶ)、その後フットワークのトレーニング、それから組手の練習をしているようです。

私も寸止め空手をしています。(組手専門です)私がしていた筋トレはウエイトでしたら軽い負荷のものを10回、できるだけ短い時間でするようにし、種目としてはベンチプレス(私の場合、最初は10キロくらいでした。あまりスピードがおちるようでは重すぎです)、アームカール(両方で4キロ)、ジャンピングスクワット(10キロ、しゃがんでから、高く早く飛ぶのがポイント)、レッグカール(すいません覚えていません)です。各3セットか4セットくらいです。各1セット終わった段階で、突き、蹴り、踏み込...続きを読む

Q格闘技経験者の技を凶器とみなす、基準を教えてください。 空手・柔道・ボクシング・キックボクシングなど

格闘技経験者の技を凶器とみなす、基準を教えてください。
空手・柔道・ボクシング・キックボクシングなどなど…

Aベストアンサー

格闘技経験者の技を凶器とみなす、基準を教えてください。
   ↑
凶器とみなす、なんて正式な基準など
ありません。

負傷させた場合、武器を持っていた場合と
同様に扱うことがある、というだけです。

一応ですが、空手の有段者、プロボクサーの
拳、剣道有段者の持つ棒、などが武器と同視
されることがある、ということになっています。

Qお子さんが空手を習っているかたへ

子供が伝統空手を習い始めるのですが、みなさんどんなバッグで通っていますか??
おすすめがあれば教えてください。
また、当面購入するまで普通のリュックサックではおかしいでしょうか。

Aベストアンサー

小さい子ならリュックでもいいと思います。

ミズノやアディダスといった胴衣を作っているブランドのエナメルバッグを
持っている子が多いです。

大手の連盟などですと大会会場などで連盟や協会の名前の入ったバッグを販売していたりもします。

Q【空手】例えば、右突きをしたとき、腰を右に回転させるのはなぜですか?

空手を始めて、間もないのですが、ひとつ疑問があります。
なぜ、突きの時に、突いた方の腕の方向に腰を回転させるのでしょうか?
突きをすると、どうしても、腰が動いてしまいうから、腰を正面に向かせるために、回転させるのでしょうか?
それとも、切れを出すため?
どなたかご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは、yos4さん

私に流派ではこの方法を「習うために作る土台として習ういわゆる名前のついた技」としてのやり方とは教えておりません.

しかし、私がまだ型の試合に出ているころは「裏技」として教わりました. 私は今では試合と言う物に関して疑惑を感じているので、もちろん流派としても、教えていません.

何を言っているかというと、逆突きでも追い突きでも(突く腕と前に出す足との側が違うか同じによって変わる名前ですね)突く側の腰を後ろに引く事によって、腰が浮かなくなります. つまり、重心がつく側に留まり、更に、突く側のかかとが床にしっかり座る事になります.

また、腰を突く方向に動かさない事によって、腕の動きだけが強調され、スピードのある突きに見えるわけです.

そうするどうなるかと言うと、「見栄えがする」と言う事になるわけです. 技が「決まった」と見えるわけです. つまり、型などをする時に、腰を正面に向かせる事によって、また、腰が結果として落ちるために、どしっとした立ち方に見え、また、突きもあたかも鋭い物のように見えることになるのです.

また、連続突きにもちょうど逆の側の動きによって、逆の腰が前に出て、それが逆の手での突きがし易くなると言う事になります. ですから、同じ手での連続突きをするにはかえって難しい物になります.

さて実践的にはどうなるかと言うと、腰を引く事で肩も引く事になり、腰が前にでて肩が前にでる「貫通性の高い」突き方と較べ、「リーチ」が非常に短くなりますね. 

しかしこれを実戦でその代わりに使う事もできます. 接近戦では、どうしても加速がでにくくなりますが、これをする事によって、後ろ足が地面に密着する為、「滑走距離が少ない」突きでも地面からの支えが出来上がっているので、貫通力を持たせる事ができるわけです.

私の流派ではこの訓練を主に猫足立ちと三戦立ちで訓練をします. (こういったら流派がわかってしまうかもしれませんね) よって、私の流派では、打ち方で教えるのではなく立ち方で教えている事になります. この方がより実践的な訓練ができると考えるわけです.

流派にとらわず、技と呼ばれるものができてからの訓練が出来るように準備する事が名前のついた技を習う事だと昔ながらの教え方であれば、結局使える空手になるわけです.

数学を習う準備として数字を、また、英語を習うためにまずアルファベットを習うのと同じなんですね. まず、決まりきった物を有無を言わせずに習わせ、覚えたらそれを使って徐々に奥深い所まで教える事が出来る、と言う観念と全く同じなわけです.

全くの私の自己主張としてだけではなく、空手を実戦だけのために使える物として開発した流粗たちの教え方はこう言うものなんだと考えていただければ嬉しいです.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

Gです。 こんにちは、yos4さん

私に流派ではこの方法を「習うために作る土台として習ういわゆる名前のついた技」としてのやり方とは教えておりません.

しかし、私がまだ型の試合に出ているころは「裏技」として教わりました. 私は今では試合と言う物に関して疑惑を感じているので、もちろん流派としても、教えていません.

何を言っているかというと、逆突きでも追い突きでも(突く腕と前に出す足との側が違うか同じによって変わる名前ですね)突く側の腰を後ろに引く事によって、腰が浮かなくなります....続きを読む

Q重ね着用の長袖Tシャツについて

長袖Tシャツを半袖Tシャツの下に着たいと思っていますが、色や種類について迷っています。

下に着る長袖Tシャツの色はなるべく半袖Tシャツと同じ色の方が無難でしょうか?
(半袖Tシャツは黒か白です)
長袖Tシャツの袖口がリブになっているものや、リブになってないものがあったのですが、どちらが重ね着用として合いますか?

アドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんの仰る様に

白に黒、黒に白は必ず合います。
白や黒だと他のパンツやアウターとも組み合わせ
し易いのでオススメですね^^

半袖のシャツに柄がついているならその柄と
同系色のロンTにすると格好良いです^^
逆に無地なら黒シャツなら白のロンTに
シルバーのネックレス、
白シャツなら黒のロンTに黒や黒系のレザーの
アクセを付けるとお洒落ですよ^^

反対色のものはアクセントがついて良いですけど、
同系色のものもまとまりがあって良いですよ?
(同系色は同じ色って意味ではないです・笑)
例えば茶系でまとめると落ち着いた感じになります。

私個人的にはロンTはリブじゃない方が好きです。
上からジャケットでも羽織るならリブの方が
しっくりきますけどね^^

個人の趣味なので余り参考にならないかもですけど
頑張って下さいね♪

Q伝統空手、型の中の中段突きはどこを突くか?

空手経験者ですが、型の中に正拳による中段突きがよく出てきますが、例えばピンアンの型など。
私の習ったころ中段突きはミゾオチ(水月)に突き入れるよう習いました。しかし、最近、糸東流開祖、摩文仁賢和氏の古い写真をみましたが中段突きはやや肩の高さに近い位置でして、どう考えてもミゾオチ(水月)の高さよりは少しばかり高い位置に拳があるのではないかと確認できました。本来、沖縄より伝わってきた空手の型の中段は水月ではなくて、決まった範囲を中段と考えればよいのでしょうか?まあ確かに腹部や脇腹も中段ですが、型やその場基本での中段突きは正中線、自分のミゾオチ(水月)の高さと私は指導されましたが、これはいかがなものでしょう?是非、お詳しい方、お教えください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

横車ですいません。
空手ではなく、中国の北派拳法を昔かじった者です。

基本の突きは、肩の高さでした。腕が水平になると、力が逃げません。
後年、自分でいろいろ工夫している内、「突き」にはいくつかの段階があると思うようになりました。

1.相手の身体に接触する瞬間。
2.相手の身体深く突き込む瞬間。特に中段の場合。
3.反作用を支える瞬間。
4.抜く瞬間。

形意拳などでも、崩拳の腕の高さが問題になったりします。「腕の位置がどうだから、あれは間違っている云々」など。

4.の抜く時に、少しこすり落とすようにして抜くと、体内に波動を起こすことができるようです。いわゆるフォロースルーですね。抜いた後の拳の高さは、鳩尾からへそ位の高さになります。

だから、形意拳的には、「打つ」ことを重視すれば肩の高さに、「抜く」ことを重視すれば鳩尾の高さになるのだと考えられます。

これは、あくまで私個人の解釈です。簡単な実験では効果が確かめられましたが、本格的な人体実験はしていません。

ただ、『実戦内家拳ファイル』という本で、崩拳の連続写真分解がありましたが、わたしの見解とほぼ同じだと判断しました。


空手のことは、よく分かりません。そもそも空手の突きが、こすり落とすように打つものなのかどうかも、わたしは存じません。

何かの参考にでもなれば、幸いです。

横車ですいません。
空手ではなく、中国の北派拳法を昔かじった者です。

基本の突きは、肩の高さでした。腕が水平になると、力が逃げません。
後年、自分でいろいろ工夫している内、「突き」にはいくつかの段階があると思うようになりました。

1.相手の身体に接触する瞬間。
2.相手の身体深く突き込む瞬間。特に中段の場合。
3.反作用を支える瞬間。
4.抜く瞬間。

形意拳などでも、崩拳の腕の高さが問題になったりします。「腕の位置がどうだから、あれは間違っている云々」など。

4.の抜く時に、少...続きを読む


人気Q&Aランキング