私の通っている美容院では、
散髪、洗髪後に5分のマッサージをやる有料サービスがあるのですが、これは違法行為なんでしょうか?
wikipediaの記述には、
「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」により、対価をとるか取らないかに関わらず違法だとする旨の記述がありましたが、実際のところどうなんでしょう?
違法だとすると、どの程度マズいことなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

マッサージと称するサービスの内容によります。


現在のエステティック的なマッサージは元々利用の分野から起こっていますし、理容・美容の学校でも教える分野です。
厚生労働省(当時は厚生省)の昭和32年9月18日 医発799「柔道整復師の業務範囲及び医業類似行為について」の照会・回答でも「社会通念上、当然に附随すると見なされる程度のあん摩(指圧及びマッサージを含む)行為をなすことは差支えない」となっていますので多少灰色の部分はあるにせよさほど問題は無いに思います。
また、平成3年6月28日 医事58 各都道府県衛生担当部(局)長宛の厚生省健康政策局医事課長の通知「医業類似行為に対する取扱について」では、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう及び柔道整復以外の医業類似行為については、・・・昭和35年3月30日付け医発第247号の1厚生省医務局長通知で示したとおり、当該医業類似行為の施術が医学的観点から人体に害を及ぼすおそればあれば禁止処罰の対象となるものであること。とし、「施術が医学的観点から人体に害を及ぼすおそれ」のある内容かどうかが問題となっています。また、通達にも「施術者の体重をかけて対象者が痛みを感じるほどの相当程度の強さをもって行うなど、あん摩マッサージ指圧師が行わなければ、人体に危害を及ぼし、又は及ぼすおそれのある行為については、あん摩マッサージ指圧に該当するので、無資格者がこれを業として行っている場合には、厳正な対応を行う」とあります。
昭和35年1月27日の最高裁判例でも「あん摩師、はり師、きゆう師及び柔道整復師法第12条、第14条が医業類似行為を業とすることを禁止処罰するのは、人の健康に害を及ぼす虞のある業務行為に限局する趣旨と解しなければならない。」とあり、人の健康に害を及ぼす虞のある業務行為に限局して禁止処罰する旨判示しています。人の健康に害を及ぼす虞がない内容なら問題はないといえるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、人体への悪影響を及ぼすほどでなければ運用上はグレーということですね。
詳しいご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/28 08:19

厳密に言うと違法です。



あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律

第1条
医師以外の者で、あん摩、マッサージ若しくは指圧、はり又はきゆうを業と
しようとする者は、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許又は
きゆう師免許(以下免許という。)を受けなければならない。

第13条の7
次の各号のいずれかに該当する者は、50万円以下の罰金に処する。
1.第1条の規定に違反して、あん摩、マッサージ若しくは指圧、はり又は
きゆうを業とした者
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
う~んなるほど違法なんですか。
どの程度マズいことなんでしょうか。

お礼日時:2006/07/17 14:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q対価を取るカープールは違法か?

燃料代などを割り勘するカープール、ライドシェア、相乗りは日本において違法(白タク行為)になってしまうのでしょうか?


謝礼の通貨は、お金じゃなくても自分が今度「乗る権利」を得るとかでもいいのですが。

背景:
大学のIT系の授業の課題で、乗る人、乗せる人を効率的にマッチングするシステムをプログラムしようと思っており、その際「燃料代を半分負担する」というルールを設けようと思いました。
もちろん、事故時の補償などは完全自己責任であることを明記します。

温暖化問題、燃料費高騰、渋滞解消など社会貢献という意味ではこれを法律で規制する合理性はないですよね。。。白タク規制の法律はIT社会化によってこういうサービスが出てくる事を想定していないような気がするんですが。。

Aベストアンサー

この法律で「旅客自動車運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、自動車を使用して旅客を運送する事業であつて、次条に掲げるものをいう。
(有償運送)
第七十八条  自家用自動車(事業用自動車以外の自動車をいう。以下同じ。)は、次に掲げる場合を除き、有償で運送の用に供してはならない。
一  災害のため緊急を要するとき。
二  市町村(特別区を含む。以下この号において同じ。)、特定非営利活動促進法 (平成十年法律第七号)第二条第二項 に規定する特定非営利活動法人その他国土交通省令で定める者が、次条の規定により一の市町村の区域内の住民の運送その他の国土交通省令で定める旅客の運送(以下「自家用有償旅客運送」という。)を行うとき。
三  公共の福祉を確保するためやむを得ない場合において、国土交通大臣の許可を受けて地域又は期間を限定して運送の用に供するとき。



 厳密に解釈すれば白タクですが、(有償)営業行為では無く社会通念上認められる範囲の額(割り勘)であれば大丈と思います
 


 

Q無資格者の指圧の違法性

よく仲間内で、軽い気持ちで「ここのツボが効くんだよ~、えいっ」「いたたた、効く~」みたいな感じで指圧をする場面があると思います。
(1)これは指圧師マッサージ師按摩師などの資格なしに行うと違法とみなされ、処罰の対象となるのでしょうか?
(2)違法になるとすれば、具体的にはどのような行為が医療類似行為とみなされるのでしょう?鍼灸師などの鍼を使う行為は医療類似行為だと納得できるのですが・・・
(3)指圧按摩マッサージは違法性に線引きがあるのでしょうか?

良く効くツボを紹介している簡単な本などで得た生兵法的な知識で他人に指圧を施すことは避けた方がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)なりません。業とは不特定多数の人に反復継続して行うことなので合法です。
(2)及び(3)マッサージ、あんま、指圧は業務独占資格なので、勝手に名乗れば罪となります。しかし人体に害がなければ散髪屋さんのマッサージ程度は罪となりません。(最高裁判例)
以前、不法滞在の中国人を雇っていた整骨院がマッサージ業で逮捕された事がありました。

QWikipediaの情報を抜粋してアフィリエイトしたら違法でしょうか

Wikipediaの情報を抜粋しまくって、一つのホームページを作ったとします。その中でアフィリエイトとかgoogle adsenseとかしてお金を儲けたとします。このような行為は違法性があるでしょうか?例えばその情報を提供したことによって閲覧した人が損害を被るとかなどは無いモノとしてお願いします。

Aベストアンサー

下記のページを参照。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9

Q管理薬剤師のパートは違法?

薬剤師が複数の箇所で業務を行うことはよく聞きますが,管理薬剤師がほかの薬局で業務を行うことは違法でしょうか?その場合,具体的にどのような罰則があるのでしょうか?薬事法・薬剤師法には具体的な事例はありません.HP等をご紹介ください.
また,その管理薬剤師が動物医薬品のための契約の管理薬剤師(参考:http://www.pref.ibaraki.jp/yoshiki/0605/0605n0010.htm)であり,その薬剤師が薬局でパートをした場合には,罰則があるのでしょうか?
よろしくお願い致します.

Aベストアンサー

私の今までの経験では、管理薬剤師は、同じ系列の薬局であっても、他の薬局で働いてはいけなかったと思います。たとえば、本店の管理薬剤師が、支店で調剤することは許されていなかったと思います。

たしか名義貸しとかを禁ずるためですよね。

非常勤の学校薬剤師ならば、業務に差し支えない範囲でOKだったと思います。

動物医薬品を販売するための管理薬剤師だったら、そこの施設以外で、実務をしてはいけないのではないでしょうか。


薬事法(昭和三十五年法律第百四十五号)(抄)
(薬局の管理)
第8条第3項
薬局の管理者(第一項の規定により薬局を実地に管理する薬局開設者を含む。次条第一項において同じ。)は、その薬局以外の場所で業として薬局の管理その他薬事に関する実務に従事する者であつてはならない。ただし、その薬局の所在地の都道府県知事の許可を受けたときは、この限りでない。


薬事法の施行について(昭和三六年二月八日)
第3条第3項
法第八条の管理に関する規定は、開局中は常時直接管理の状態にあることを原則とし、いわゆる名義貸し等の事態を強く禁止する趣旨であること。そのため、たとえば管理薬剤師がその地位を離れた場合に本人からその旨を届け出させるよう指導することその他適当な措置を講ぜられたい。
 法第八条第三項の許可は、薬局の管理者が非常勤の学校薬剤師を兼ねる場合等であつて薬局の管理者としての義務を遂行するにあたつて支障を生ずることがないと認められるときにのみ与えることができるものであること。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/07/s0721-6d.html

私の今までの経験では、管理薬剤師は、同じ系列の薬局であっても、他の薬局で働いてはいけなかったと思います。たとえば、本店の管理薬剤師が、支店で調剤することは許されていなかったと思います。

たしか名義貸しとかを禁ずるためですよね。

非常勤の学校薬剤師ならば、業務に差し支えない範囲でOKだったと思います。

動物医薬品を販売するための管理薬剤師だったら、そこの施設以外で、実務をしてはいけないのではないでしょうか。


薬事法(昭和三十五年法律第百四十五号)(抄)
(薬局の管理)
...続きを読む

Q彫師の違法性について

彫師の違法性について
刺青を業として行っている人(彫師)についての質問です。
厚生労働省 平成13年11月8日医政医発第105号通達(http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/131109-a.pdf)によって、はっきり医師以外が業として行うことは違法と示されたにも関わらず、無免許で営業している店(スタジオって言わないと怒られる?)が沢山あるようです。
違法行為を堂々とやろうが、取り締まらない方も怠慢だと思うのでそれの是非については置いておいて下さい。
(ソープみたいに、友達に彫ってて無償提供。完全に関係無しでお金をもらったというような詭弁?)

疑問があるのは、そのような店の中で、「手彫りは違法だけど、うちは機械彫りだから合法」と豪語している店があるということです。
多分詭弁だとは思うのですが、もしこの根拠となるソースを知っている方がいらっしゃいましたら、教えて頂けないでしょうか?
個人的感情は置いておいて、単純に疑問を持ったので質問しました。
回答お待ちしております。

Aベストアンサー

 医師免許を持たない人間が刺青を彫るのはご指摘の通り現在では完全に違法です。根拠法規は医師法です。
http://kisato.posterous.com/-yahoo-467
 
 ただ、今年の7月までは警察は特に取り締まっていなかったようですね。指定暴力団に無関係でも祭り好きが高じて刺青をしていた方もおられますし、伝統産業と見られていましたからね。
 最近逮捕された彫士も暴力団の構成員で暴力団関係者に刺青をしたことから、当局の怒りに触れたようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報