どなたか、油絵の基本的な描き方(用具の使い方まで)が載っているホームページを教えていただけませんか?
お願いします。

A 回答 (2件)

こちらにちょっとだけ、載っていましたが。

私は描いた事なくて、もっぱら鑑賞するほうです。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/aburae-nyuumon/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいます。
参考にさせていただきます☆

お礼日時:2002/03/03 12:02

 ナイフ(パレットナイフ)で縦横無尽に塗りたくるのが、現代の大


方の作法かも知れません。兎に角、絵の具を何重にも塗り重ねるの
が結果的には、より良いものを描き出すかも知れません。(絵の具
の量を多くする=金を掛ける。)

 ご自分の作風を飽く迄も保ち続けるか、新たな境地を開眼するし
かブレークスルー(breakthrough、突破口、飛躍的な前進、現状打
破)は有りませんので、余りルールに拘らずに、縦横無尽に描いて
みて欲しいと思ったりします...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスを下さってありがとうございます☆
ただ、技法的な事よりも、もっと基本的な絵の具、油の使い方を
知りたいです。
ありがとうごさいました。

お礼日時:2002/03/03 12:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q油絵をはじめたくて

油絵をはじめたくて画材だけ集めたのではすが、それぞれの品物の使い方や描き方がわかりません。
ペトロール、ペンチングオイルって何に使うんですか?

Aベストアンサー

ぺトロールは揮発性で石油系の溶き油です。

オイルは色々と使い分けも出来ますが、
初めての方はペンチングオイルだけで描いてみては如何でしょうか?
(簡単に言うと水彩は水で溶くのに対して油彩はオイルを使います)

油彩の画材と技法は色々とあり決まった描き方はありません。
全部説明すると長くなるので、分からない事があったら質問してください。

油絵は慣れると楽しいので頑張ってくださいね!

Q油絵でガラス壜の描き方

油絵を始めた初級者ですが、ガラス壜がうまく描けません。何かコツが在るのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

ガラスは難しいそうですね。
一言でいえば、よーく観察して、それを表現するしかないしょう。

絵を描くときには二種類のものの見方が必要だと思います。

まず1番目には、対象の特徴をとことんイメージしながら。ガラスの壜でしたら、透明感、形の丸み、冷たさ、などを追求してみます。

細かくいえば、透明といってもまったく透明ではありません。わずかに青っぽいか、茶色っぽいか・・、色があるはずです。真ん中へんはほとんど透明で、縁のあたりは見る側から厚みが増すので、色が濃くなり、暗くなっています。当然周りのものも写り込んでいますよね。それから、屈折率が空気とは違うので、透けているものも縁のあたりでゆがんで見えると思います。
こうした部分をよく観察して、キャンバスに表現してみましょう。

しかし、これには欠点もあって、描き手が持っている先入観が表現をじゃましてしまうこともしばしばあるようです。

そこで2つ目の方法として、対象がガラス瓶であることを一度忘れてしまうようにしましょう。
まったく未知のものとして無心に観察してみます。
透明感とか、屈折とかを一度全部忘れて、目に映った映像を抽象的な図形のように写し取って見るようにします。
この方法が案外いい結果を得られるかもしれません。

ガラスは難しいそうですね。
一言でいえば、よーく観察して、それを表現するしかないしょう。

絵を描くときには二種類のものの見方が必要だと思います。

まず1番目には、対象の特徴をとことんイメージしながら。ガラスの壜でしたら、透明感、形の丸み、冷たさ、などを追求してみます。

細かくいえば、透明といってもまったく透明ではありません。わずかに青っぽいか、茶色っぽいか・・、色があるはずです。真ん中へんはほとんど透明で、縁のあたりは見る側から厚みが増すので、色が濃くなり、暗くなっ...続きを読む

Q多摩・八王子地区で画材が安く買える店

最近、大阪から東京に引っ越してきました。
油絵を描くのですが、多摩・八王子近郊で
キャンバスや油絵の具などを安く購入できる
画材屋さんがあれば、教えてください。
多摩美の画材やさんは一般の人でも変えるのでしょうか?

Aベストアンサー

既に名前が出ていますが、世界堂、ユザワヤさんが安いと思います。

世界堂は立川ルミネ・聖蹟桜ヶ丘アートマンにもお店があります。本店よりは品揃えは少ないですが、急ぎで欲しい時は便利です。

ユザワヤも吉祥寺のお店以外に、立川にも再オープンしました。会員割引以外にも会員限定のセール価格もありますね。会費は年間500円で、どこの店舗でも使えます。

多摩美内の画材屋さんは「びけん?」だったと思いますが、一般人でも買えました(10年前の話ですが...)。今でも大丈夫だと思いますよ。

Q油絵の基本的な書き方、テクニック

 私は美術の授業で油絵を描いているのですが、いまいち書き方がわかりません。それで、その作品は9月の文化祭で展示されるので、かなり焦っています!!
 
 授業の担当の先生は、自分のやり方を押し付けてくる割には、どのように作業を進めればよいかわからなくなり、質問すると「自分が思った通りにやればよい」という感じのことを言ってきます。
 また、私は美術部でもなんでもないので、油絵は初体験なのですが、それが人物画なんです。(自分の顔です。)背景→肌の順で塗っていますが、ものすごく色が不自然でのっぺりした絵になってしまいました
 
 2学期には風景画を書くのですが、油絵はきっと今描いている人物画とその風景画しか描かないので、本をかうのは勿体無いと思うのです。
 油絵の基本的な描き方や、テクニックのわかりやすく説明されたサイトを知っている方、是非教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

お答えに沿わなくサイトは知らないのですが、少しだけ書き方に触れたいと思います。

あなたは初心者と言うことですがどの程度のことを知っていますか。また、どんな作家が好きでどんな絵が描きたいのですか。

私も少々たしなむのですが、私は具象画で風景や静物を書いています。

先ず始めの下書きは木炭を使います。
木炭をルツーセで留めたら、コバルトブルーでもう一度デッサンを行い次にイエローオーカーで下塗りをします。
このときに注意をしたいのはこの時点から完成状態をある程度想定して色の濃淡、塗りの厚さを考慮し、「デッサンをする様に」描いて(塗るとは言いません)いきます。
この時点から画面に色を塗るように描いてしまうと画面がのっぺりしてしまう要因になります。
あくまでも絵の具で(描いていく)ことを心がけてください。多少の塗り残し等は気にしないでください。
イエローオーカーで描き終わったら次は完成状態を意識しながら色を置いていきます。
例えば植物の緑の下にはブルーをのせたりします。
これは最終的に緑を載せた場合の発色や緑の塗り残しから見えた時の視覚上の混色の効果を考えて決めていきます。
この辺はある程度経験を積まないと難しくいきなり良いものは出来ません。
また、置き色といって部分的にポイントになるところに全く唐突とも思えるような色をピンポイントでおくこともあります。これも最終的には上に塗る色の発色や塗り残しの間から見える効果を狙ったテクニックです。
一枚の絵の中にはいくつか強弱を持たせる必要があります。ぱっと見て目が行くようなところが有り次に目が行くのが次に強いところというように見る人が絵の中で視線異動を行えるようになるといい絵になってきます。このときに効果的なのが置き色なのですが、私は人物画を書いたことは無いので具体例が出しにくいですね。
人物画で強いところを作るとすると人物の目になるのでしょうか。
人物画で私の知っている重要なポイントはただ似顔絵を描くのではなく、その人物の性格まで現せるような描き方をするということです。
良く路上で似顔絵を描いている人がいますが、まぁ、似ているかなとは思っても決していい絵とは思わないですよね。
彫刻家のロダンはその人物の性格や振る舞いを良く観察し完成した作品は誰が見てもリアルでその人そのものというような感じになっているそうです。
また、画家のアメディオ・モジリアニは出来るだけ絵を簡素化し、その人物の特徴を書き表した作家です。

油絵は感じたままを表現することで個性的な作品になります。実際の色や形に囚われずに自由に書いてください。

尚、塗り残しと表現している所は、筆で塗ったときに一回では完全にはキャンバスの凸凹に埋めることが出来ずに残る部分が出来ますが、この様な部分と、背景と人物などの輪郭の境界部分に少し残る塗り残しの事を言っています。

お答えに沿わなくサイトは知らないのですが、少しだけ書き方に触れたいと思います。

あなたは初心者と言うことですがどの程度のことを知っていますか。また、どんな作家が好きでどんな絵が描きたいのですか。

私も少々たしなむのですが、私は具象画で風景や静物を書いています。

先ず始めの下書きは木炭を使います。
木炭をルツーセで留めたら、コバルトブルーでもう一度デッサンを行い次にイエローオーカーで下塗りをします。
このときに注意をしたいのはこの時点から完成状態をある程度想定して色の...続きを読む

Q色鉛筆画をやっている人に他の画材のプレゼントをしたいのですが。

退職後、72色の色鉛筆を購入し描き始めた父に、誕生祝として他にもいろんな画材を・・・と思っております。
スケッチブックはプレゼントするつもりですが、他に油絵以外で手軽にできる画材を探しております。以前、ディアゴスティーニ?だったかに水彩画で画材が固形?で水で水彩画調になるもの(わかりずらくてすいません)とかあった気がします。そういうあまり汚れない画材とか手軽にできるオススメ画材、画法があれば教えてください。また名古屋周辺で画材がたくさんおいてあるお店をしって見える方は教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
水彩色鉛筆又はWaterColour(ウォータカラー)
の事ですね。私のは「REXEL CUMBERLAND DERWENT」と書いてあります。
筆を水で濡らして、水彩色鉛筆の芯に絡めて、水彩画が簡単に描けますよ。パレット要らないし、確かに楽チン。
画材店のURLを張っておきます。
ただ、藤が丘の駅の少し北にある画材店の名前がありませんでしたね、店の名前を覚えていませんが、比較的沢山の商品がおいてありましたね。

参考URL:http://www.maruoka.co.jp/map/aichi.htm

Qどなたか教えて頂けませんか?

恐れ入りますが曲を捜していまして、フォークソングです。1970年頃の発売と思います。ボーカルは女性で数名(5~6人で)のグループだったと思います。曲のサビの部分が  ひろしー きれわれた今でもあなたが好きよ、好きなの、あーあー流星に・・・・・ひろしー(叫ぶかんじで)こんな感じでした。
 当時よく有線で流れていましたが、ハイファイセットや赤い鳥、系統だと思います。
失礼承知の上で連絡します。誰かご存知ないですか?又何かヒントなり歌詞を検索できるサイトなどでもokです。
 探し続けて半年・・・

Aベストアンサー

私はよくはおぼえてないのですが調べてみましたら

ヒデとロザンナの「さらば愛の季節」という曲ではおっしゃるような歌詞があるようです。

「ひろし~~」と叫ぶところもあるようですよ?

この曲で検索してみてください。

Q油絵のにおい

油絵の絵の具とか油とかクリーナーとかって臭いがきついと聞いたんですが、室内でやるとかなり臭いが充満すると思うんですが、
このような油絵の画材にはシンナーとかやばい成分は含まれてないんですか?
つかってて頭おかしくなったりすることはないですか?
臭いだけですか?
おしえてください
 

Aベストアンサー

何か誤解を広げるようなことばっかりですが。
基本的に油絵の具に用いる揮発性溶油は人体に大きく影響するものではありません。
しかし、テレピンの場合はリモネン同様天然の精油で粘膜に対して強く刺激するものですから、粘膜系の弱い人や喘息がある場合にはかなり注意が必要です。
また、これらは昨今流行りの天然由来とか自然派塗料なんかで使われている「比較的安全な溶剤」でもあります。

ぺトロールは石油系の有機溶剤ですから上記のような刺激はないです。
しかし、こちらも頭痛や吐き気を起こす場合もあります。ただし、シンナーなどで問題になる成分はまったく含まれていないので「頭おかしくなったりすること」などありません。

それと、「頭おかしくなったりする」シンナーを使う場合も含めて、人体への影響を押さえるために換気するのは「常識」です。

人体への影響は小さいものの、むしろあの具に用いられている顔料の方が問題でしょう。
習作用ならともかく、毒性のある顔料が含まれるから「専門家用」という表記もあるわけです。

Q数独 どなたか教えて頂けませんか

001 070 400
000 200 000
600 004 103
010 500 200
400 060 007
009 003 080
702 600 005
000 001 000
005 040 800

Aベストアンサー

231 876 459
954 231 768
687 954 123
816 597 234
423 168 597
579 423 681
742 689 315
368 715 942
195 342 876

では??

Q絵画初心者に最適な画材

趣味で絵を習いたいと思っているのですが、油絵・アクリル・日本画など、どれを選んで良いのか分かりません。
日本画に魅かれるのですが、細部を細かく描くことは苦手ですし、透明感のある色彩なので、重ね塗りをして色を作ったりすることには、向いてない画法なのでしょうか?

他の油絵・アクリル画の特徴もアウトライン的にしか分かりません。
参考意見がありましたら、教えて下さい。
ちなみに、道具や、画材にかかる費用が安いものも知りたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

本来なら「日本画に興味があるのならまずやってみれば」で終わりなのですが、誤解を招く回答もあるので幾つか書きます。
----------------
・アクリルについて

>テクニックがない初心者にはお勧め出来ません。

確かに速乾性で計画的にやる必要もあるのですが、全体的に言えば初心者にも良いと思います。

速乾性に関しては、リターダー系のメディウムを使えば乾燥は遅くなります。

また、小・中学校の図工や美術などでは水彩が一般的です。アクリルは感覚的に比較的水彩に近い(水だけでやろうと思えば出来る)ので他の画材に比べ違和感を余り感じず製作できます。

また、基本的には絵の具、筆、紙、パレット、水入れだけで出来、特別な用具はいらないので手軽です(勿論、慣れた上でなら、様々なメディウム等で表現の幅は大変広がります)。

・日本画について

>粉末の顔料を膠で溶くなど、絵の具を自分で造る必要があり

たしかに本格的にやるのならそうですが、「一応」、乾燥させて固形化した顔彩やチューブに入った岩絵の具(正式には岩絵の具とは言わないのかもしれないが)で何となく日本画っぽくというのも出来るので、そちらも考慮しては。それで物足りなくなったら本格的にやるとか。

ただ、本格的に日本画をやる場合、子供のころから慣れ親しんだ水彩などの画材に比べ勝手が相当違うので、それなりの覚悟は必要かと思います。

・透明水彩について

はっきり言って一番、入りやすい画材です。本屋の美術技法書コーナーに行けば色々と入門書があるので見てみては。

よく、旅の途中でちょっとスケッチなんて趣味の人もいるでしょ。あれの多くは透明水彩です。

透明水彩の場合は、普通は買った絵の具をパレットの所定の位置に詰めて乾燥させてから使うのですが既に乾燥した絵の具が付いたパレットも売っているので手間いらずです。

・油絵の具について

個人的には「一番表現のバリエーションが広い絵の具」と思っていて、画材の中で経験も一番ありますが「初心者向き」かと言われると疑問です。

乾燥が遅ければ確かにやり直しは簡単ですが、絵の具やメディウムの種類や厚み、気温によっては何日も指触乾燥すらしない場合があり、製作が中断されます。

また、基本的にはカンバスに描くわけですが、カンバスは紙とはかなり違った感覚であり、慣れには時間が必要な上に一般的な中目でも紙に比べると相当荒く感じます。細目のカンバスを使おうと思ったら自分で布と枠を買ってきて張らなければなりません。

当たり前ですが油絵の具を薄めるのは「油」です。筆を洗うのも基本的には「油」です。なじみのある水彩は「水」で何でも出来ますから、まずそこで「面倒」という感覚が起きます。

アクリルのメディウムがどれをどう混ぜても、余り問題ないのに比べ、油絵のメディウムは役割や特徴がはっきり分かれていて、それぞれの組み合わせのセオリーなどを覚えるのに結構慣れが必要です。

それを覚えないと後で絵にひびが入ったり、製作中でも描いた部分がシワになったりするトラブルに見舞われます。

また、絵の具やメディウム自体やカンバス、他の画材では使わない道具など、一つ一つの値段が結構高く消耗品も多いのでお金的には多くかかります。

また、油絵には「臭い」が付いて回ります。家族がいたり、一人暮らしでも安いアパート暮らしならその辺も考慮しなくてはいけません。臭いを抑えたものもありますが、単に臭いを抑えただけなので換気はしなくてはなりません。

趣味であっても、ある程度の覚悟がなくては続かないと思います。
------------------
絵の具の値段ですが、文房具屋やディスカウントストアで売っている物なら別ですが、「専門家用」となると画材別に明確に違ってきます。

「初心者だから専門家用でなくても良い」と思うかもしれません。

しかし、安い絵の具は顔料を少なしたり、顔料そのものも安いものを使ったりしているので、普通に使うと「色のききが悪い」などのトラブルがあり、初心者には向きません。いつまで描いても思い通りの色が出なかったりしたらモチベーションも下がってしまいます。

油絵の具とアクリル絵の具、透明水彩、ガッシュなど値段の差はかなりあります。

基本的には油絵の具が一番高いですね。また、透明水彩は一見値段が高く感じるかもしれませんが非常に薄く塗り重ねるので結構長持ちます。

また、アクリルは一見安く感じても乾燥したときの「痩せ」が大きいので結局大量に使い、結果的に高くつく場合があります。(日本画の場合は顔料を膠で溶いて使うので他のチューブに入った他の絵の具と単純に比べることは出来ません。)

また、どの画材でもそうですが使われている顔料の値段によって絵の具自体の値段が変わってきます。一般的には天然の顔料を使ったものは美しく値段も高い。合成の顔料は安いが発色がイマイチ。ただ、土や錆を顔料にしているものは天然でも安いですが。

筆ですが、これはハッキリ言って画材別というより素材別で値段が変わります。

>筆は、アクリル、油絵の具は使い捨てに近い感覚です。(アクリルはナイロンなど、油絵は豚毛などで比較的安価です)

これは大変な誤解です。油絵の場合用途に合わせて大体、筆の材質も変わっています。豚毛は比較的安いですが、セーブルは大変高価です(ある意味 学生などには憧れです)。また、セーブルに似せて合成繊維で作ったリセーブルはセーブルよりは安価です。

アクリルの場合は少し事情が変わります。アクリルの場合は絵の具やメディウムの化学的特性上「ヤスリの上を筆でなでているよう」と評される場合があるくらいなので、筆先はかなり早く傷んできます。

だから、高価な筆を使ったのでは勿体無いという意味合いでナイロンなどの安い筆が使われる場合が多いだけで、描き味の面でナイロンが特に適しているというわけではありません。

また、透明水彩の筆がまともなものは数千円から数万円などということはありません。何をまともかということにもよりますが画材専門店に行ってもずっと安く普通にかける筆を手に入れることが出来ます。

同じ素材でも安い筆はすぐに毛が抜けてしまうので注意が必要です。
----------------------------------------
初期投資額は画材によって明確に変わります。

一番安いのは、透明水彩でしょう。絵の具つきのパレットと何本かの筆、水入れ、スケッチブックくらいで済みますから。専門家用の絵の具とパレットを買って自分でパレットに詰めても一番安いと思いますよ。

本来なら「日本画に興味があるのならまずやってみれば」で終わりなのですが、誤解を招く回答もあるので幾つか書きます。
----------------
・アクリルについて

>テクニックがない初心者にはお勧め出来ません。

確かに速乾性で計画的にやる必要もあるのですが、全体的に言えば初心者にも良いと思います。

速乾性に関しては、リターダー系のメディウムを使えば乾燥は遅くなります。

また、小・中学校の図工や美術などでは水彩が一般的です。アクリルは感覚的に比較的水彩に近い(水だけでやろうと思...続きを読む

Qビーズのフクロウの作り方が載っているホームページや本を教えて欲しいです

ビーズのフクロウの作り方が載っているホームページや本を教えて欲しいです。

立体のビーズのものでかわいらしいものを探していますが、なかなか見つかりません。
ビーズモチーフっていうのかな?、アイロンビーズとは違い、立体のものです。

古い質問の中に、同じようにフクロウを探している質問がありましたが、回答に載っているホームページの中ではフクロウは見つかりませんでしたし、作り方は載っていないようです。

形を見ただけでは、よく作れないので、作り方が載っているようなホームページか本があればうれしいです。

知っている方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ビーズ ふくろう 作り方」で検索しただけですが、以下あたりはどうでしょう?

http://poochnavi.com/beads/recipe/fukurou/rec01.html


人気Q&Aランキング