次の漢字の読み方を教えて下さい。
●後生
●血肉
●世の常
●手練手管
●不実
●軽率
●御車
●大儀
●骨身
●身代の半ば
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 


  念のため、その他の漢字の読みと意味・用法も書きます。
 
  >血肉:けつにく(けつにくを分けた間柄=親と子、兄弟姉妹などです)。よく似た言葉に、骨肉(こつにく)というのがありますが、これは意味が違います。「骨肉相食む(こつにくあいはむ)争い」というのは、一人の人の骨と肉が争うなど不条理であり、比喩として、親子や兄弟姉妹、叔父甥など、近親者同士で激しい争いを行うことを言います。
 
  >世の常:よのつね(信じる者に裏切られるのは世の常のことだ)。「世」は普通は「現世」です。「あの世」などもあるのですが、普通は「この世」のことです。「世の常」は「この世でいつでもあること・よくあること」の意味です。
 
  >手練手管:てれんてくだ(詐欺師は手練手管を使って、被害者を騙した)。「手練」は、これだけだと「てれん」とは普通読みません。(読まない訳ではありません)。この二語の場合は、「しゅれん」とか、「てだれ」と読みます。「しゅれんの技で、一刀のもとに相手を斬った」というのは、「見事な腕前の技で斬った」という意味で、「練り鍛えた技」を「手中」にしているというような意味です。「てだれ」と読む場合、元々、「手足れ」に当て字したので、「技の優れていること」を言います。「てだり・てきき」と同じ言葉です。しゅれん(手練)と同じ意味なので、手練を「てだれ」とも読むのです。
 
  四字熟語の場合、「てれんてくだ」ですが、「てくだ」は、「手管」で、この場合の「管」は、「管理」などの「管」で、「支配する」というような意味です。「てれんてくだ」は、「見事な腕前で、(人を)、手のなかにあるように支配しする・操る」というような処から、「人を丸め込んだり騙したりする方法」を言います。
 
  >不実:ふじつ(ふじつな人)。誠意のないことを言います。「実(実体)があらず」つまり言葉だけであったりすることです。「実らないこと・実現しないこと」の意味にもなります。
 
  >軽率:けいそつ。軽はずみ、そそっかしいの意味。「率」は、「そつ」とも「りつ」とも読み、「引率(いんそつ)・統率(とうそつ)」などの「率」は、「引き従える」ですが、「かるがるしい・急な」の意味もあり、「軽率」は、「軽くも軽々しい・軽々しく急」で、「軽はずみ」の意味になります。「りつ」と読むと、「割合・程度」の意味になり、「利率(りりつ)・比率(ひりつ)・勝率(しょうりつ)」などは、この「率(りつ)」の例です。
 
  >大儀:たいぎ(1[大名などが家来に]大儀であった。2こんな大儀なことは遠慮する)。1)は、ねぎらいの言葉で、「ご苦労」というような意味です。2)は、「疲れることで、気が進まないこと」などです。
  中国の漢文の言葉としては、1)重大な儀式、2)万物の大本。根源。=大道、などの意味です。
 
  >骨身:ほねみ(ほねみを惜しまず働いた)。骨と身で普通「自分の身体」のことです。
 
  身代の半ば:しんだいのなかば(身代の半ばを失った)。「財産」を普通意味します。古い言葉で、「身上(しんじょう)」と同じ意味です。「身上」は、「その人に関すること」で、まず第一に「財産」のことなのでしょうか。「身上書」も「その人に関する文書」の意味です。「身上」は「みのうえ」とも読むことがあります。
 
  何故、「身代」で財産になるかというと、「代」は、「変わる・交代する・時世・世」などの意味が漢語での意味ですが、日本語で、「値・値段」の意味になりました。「身代」は、「その身の価値」で、財産になるのでしょう。また、人をさらって、金などを要求する時、「その身の値段」で、「身代金」は、「人の身の値段の金」です。人身売買する時、人を買う時の値段の金です。「身の代わりの金」ではなく、「その身の値段の金」です。(代は、「酒の飲み代(のみしろ)」という風にも使います。「飲み代」とは、「飲んだ酒の料金」の意味です。
 
    • good
    • 0

後生―こうせい


血肉―けつにく
世の常―よのつね
手練手管―てれんてくだ
不実―ふじつ
軽率―けいそつ
御車―?
大儀―たいぎ
骨身―ほねみ
身代の半ば―しんだいのなかば

これぐらい自分で漢字辞典で調べてくださいよ。まったく・・・・。
    • good
    • 0

 


  まず、他の漢字の読みは、GOOの漢和辞典などで出てきまし、すでに回答も多数ありますので、省略します。問題な読みだけです。( )内は例です。
 
  血肉:「けつにく」(けつにくを分けた間柄=親と子の関係など)。
 
  >後生:ごしょう(ごしょうだから、助けてくれ)。
  これは、古語あるいは仏教語だと、「ごせ」と読みます。「ごせ」の意味は、大体、「来世」と同じです。「前世」「今生(こんじょう)」「後世(来世)」と言います。「ごせ」で変換すると、後世が出てきます(出てこないIMEもあるかも知れません)。……「ごしょうだからたすけてくれ」という表現は、「お前の来世(後世)にも功徳になるから、ここで私を助けて功徳を積むのがいいのだ……」から多分来ているのでしょう。「お前の後世のため、わたしを助けてくれ」ということです。「情けは人のためならず」みたいな話です。
  また、「こうせい」とも読みます。意味は、「あとから生まれる人・あとから学ぶ人」の意味です。前者だと「子孫」、後者だと「後輩」のような感じです。
 
  >御車:「みくるま」:用例は、下の参考URLで見て下さい。これは「車」に丁寧や尊敬の「御」が付いているので、「おくるま」「おんくるま」でも、場面によっては読めると思いますし、典拠も捜せば古典文学にあると思います。「みくるま」という場合、天皇などの乗る牛車です。(最初のURLでは、「白川法皇みくるまをよせさせたまひし旧跡」という形で出てきます。この「みくるま」は漢字では、「御車」のはずです。次のURLは現代の記事です。「みくるまよせ」の形で出てきます)。
  http://www.kamnavi.net/inari/itogainari.html
  http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/99nov/18/01. …
 
  「おんくるま」と読むのは、以下のURLにあります。検索で確認してください:
  http://www.cometweb.ne.jp/ara/HT0919.htm
 
  「おくるま」は、「おくるまよせ」の形で以下に出てきます。「おくるま」でもあるはずですが、現代語で「おくるま」がたくさんあって、面倒です。
  http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hanamizuki/ …
 
  その他は、わざわざ説明する必要がありません。
 

参考URL:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/99nov/18/01. …
    • good
    • 0

●後生


基本的に「ごしょう」。「~おそるべし」などの時に「こうせい」と読むケースがあり。「後生鉱床」の場合も「こうせいこうしょう」と読む。
●血肉
「けつにく」でよいです。
●世の常
「よ(の)つね」でよいです。
●手練手管
「てれんてくだ」です。手練だけだと、「てだれ」と読むことがあります。
●不実
「ふじつ」でよいです。
●軽率
「けいそつ」でよいです。
●御車
一番物議をかもしているこの読みですが、これは困りますね。馬を運転する「ぎょしゃ」は、大抵「馭者」または「御者」で書かれます。人ですからね。「ぎょしゃ」を意味するのは「御夫」という語です。「御」だけでも「ぎょしゃ」の意味はあります。
この場合は、書かれたもの自体が間違っている可能性もありますが、テストの場合は「ぎょしゃ」と答えた方がよいと見なし、普通に読む時は「おくるま」でお茶をにごします。
●大儀
「たいぎ」でよいです。「たいぎめいぶん」は「大義名分」で、字が違います。
●骨身
現代文では「ほねみ」でよいです。文献によっては「こっしん」と読ませる場合もあります。
●身代の半ば
「しんだい」でよいです。「身代」は「みのしろ」と読まれる場合もあります。

漢字検定はあてになりませんね。1級ですが、そのせいでかえって自信がありません。「御車」に関しては本当に自信がありません。
    • good
    • 0

↓の方合ってると思います。


御車はぎょしゃでいいはずです。
ちなみに私も漢検準1級なので自信はあります!
    • good
    • 0

後生=コウセイ


血肉=ケツニク
世の常=ヨ(の)ツネ
手練手管=テレンテクダ
不実=フジツ
軽率=ケイソツ
御車=ギョシャ
大儀=タイギ
骨身=ホネミ
身代の半ば=シンダイ(の)ナカバ

御車は難しいですね。
ギョシャであってると思いますが…。
私は(一応)漢検二級です(笑)。
    • good
    • 0

御車以外はリンクに載っています



参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-top.cgi
    • good
    • 0

ごしょう


ちにく
よのつね
てれんてくだ
ふじつ
けいそつ
みくるま(?ちょっと自信なし)
たいぎ
ほねみ
しんだいのなかば

それほど特殊な読み方をするものは無いのですが、人に聞くより
自分で調べる方が自分の力になりますよ。
    • good
    • 0

後生:こうせいorごしょう


血肉:けつにくorちにく
世の常:よのつね
手練手管:てれんてくだ
不実:ふじつ
軽率:けいそつ
御車:おくるま(ちょっと自信なし)
大儀:たいぎ
骨身:ほねみ
身代の半ば:しんだいのなかば

です。

http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-top.cgi
ここで漢字を入れれば意味付きで出てきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

Q至急宜しくお願い致します!今日からまた宜しくお願いします! を英語にできる方居ましたら宜しくお願い致

至急宜しくお願い致します!今日からまた宜しくお願いします!
を英語にできる方居ましたら宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

Please take care again from today.でどうでしょう?

Qなぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

なぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

中国では、1つの漢字に一通りしか読み方がないと思います。
その中国から漢字が伝わってきたと思うのですが、、
どこで、どうやって、日本では2通りの読み方になってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の日本には文字がなく、中国から漢字を輸入したのです。ところが、漢字の発音は中国流ですが、漢字の表す意味と同じ概念を表す日本語が既にあったのですね。例えば「心(しん)」には「こころ」がありました。

日本人の凄いところは、一つの漢字に中国音(音)と日本音(訓)を当てはめて、二つの読み方をできるようにしたことです。漢字を輸入したのは、朝鮮もベトナムも同じですが、訓読みを使用するのは日本だけで、朝鮮(韓国)もベトナムも一つの漢字の読みは中国音(自国流に訛ってますが)の一種類です。

さらに、他の方が書いておられるように、日本では呉音、漢音、唐音の3種類がありますが、朝鮮もベトナムも1種類です。訓にしてもある漢字に相当する日本語が複数あるときは、全部使います。

また、「考」という漢字に「考える」というように振り仮名をつけて、動詞や形容詞を「漢字+かな」で表現するというのも日本独特です。

Q『御樒威』という熟語の読み方がわかりません。

父が持ち帰った文章の中に『御樒威』という熟語(単語?)があるのですが、読み方がわかりません。漢和辞典や広辞苑などで読み方を調べたのですが、わからないまま・・・父がその文章を人前で読まなければならないため、とても困っています。お解りの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『御樒威』は「みいつ」と読みます。

戦前の新聞などには年がら年中、いやと言うほど出てきた単語で天皇の【御威光】を意味します。

「いつ=威光の意」の尊敬語になります。。。

Q漢字の読み方辞典〈人名用)

本当は出産とか育児のカテゴリーの方が良かったのかもしれませんが、赤ちゃんの名前じゃないもので…。
人の名前を考えなければならないのですが、名前用の読み方辞典〈サイト〉というのはありますでしょうか?
たとえば慶喜(よしのぶ)、それぞれの漢字の読み方を調べてもよし、のぶというのは出てこないと思うのですが。この漢字はこんな風な読み方に使えるというガイドはあるのでしょうか?他の質問を拝見させていただくと、人名で使える漢字には制限があるけれど、読み方は自由なようなので、自分で勝手に「これはこう読む!」と決めることができるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

誰の名前を何の為につけるのかわかりませんが、お急ぎのようなので、回答します。

 お探しのサイトは↓のようなサイトでしょうか?

 >読み方は自由なようなので、自分で勝手に「これはこう読む!」と決めることができるのでしょうか?

 日本語の基本法則には従ってください。漢字の音読み訓読みの約束の中で、自由に読み方を決めてください。

 いくらなんでも『高志』とかいて「スヌーピー」とは読ませられません。

参考URL:http://www.willcode.co.jp/kirakira/index.html

Q和菓子屋さんの屋号の前によく付けてある「御菓子司」の読み

和菓子屋さんの屋号の前によく付けてある「御菓子司 ○○屋」の「御菓子司」の、
読みを教えて下さい。

読みは「おんかしつかさどる ○○屋」でいいのでしょうか。

意味については、「お菓子物語」というホームページに
(http://www.mitakado.co.jp/pianta/c/9907c.html)
「昔、お菓子は国家公務員がつくっていた。.....
今でもお菓子を「御菓子」といい、製造者を「御菓子司」というのは
尊いものをつくるという意味があるからです。
ちなみに「司」とは宮中に仕えるものの職位です。」
という記事がありました。

近代における和菓子屋の屋号についての歴史的、言語的な経緯を
さたに詳しくご存知の方、ご参考意見をいただければ幸いです。

Aベストアンサー

 nrbrtさん、こんにちは。
 
 「御菓子司」は「おんかしつかさ」と読みます。「宮中などに納品する、格式の高い菓子屋」のことです。
 
 では、失礼いたします。

Q中国、朝鮮の人名の漢字と読み方

日本の人名は使用できる漢字に制限がりますが、読み方は無制限です。「幸史」という名前をつけて読み方「こうじ」「ゆきふみ」「ゆきじ」と何通りも読めますし、ぜんぜんちがう読み方で「たくや」とつけても自由です。
1)中国、台湾では漢字制限ありますか。また、たとえば沢東とつけたら「つおーとん」としか読めないのですか、それとも「しゃおぴん」とかどんな読み方でもいいのですか。
2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。また大中とつけたら、「デジュン」としか読めないのですか、それとも「ジョンイル」とかと読んでもいいのですか。さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
3)北朝鮮は漢字をやめハングルにしてます。漢字を使ってた世代の人が漢字表記あるのはわかりますが、金正男、正哲など、ハングル世代なのに漢字表記があるのですか。戸籍の表記はどっちですか

Aベストアンサー

2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。
韓国にも人名用漢字というものがあります。(1991年から施行) 4,794字です。

>さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
戸籍は併記かハングル単独表記です。
ハングルだけの表記もOKです。

3)北朝鮮には戸籍はありません。

Q漢字の読み方

3文字以上の漢字を書くのに、読み方が2字の地名を教えて下さい。

Aベストアンサー

七五三(しめ)  (岐阜・糸貫)
保栄茂(びん)  (沖縄・豊見城)


4文字で3文字のところです。
西広門田(かわだ) (山梨・塩山)
七五三場(しめば) (茨城・結城)

Q漢字の読み方

漢字の読み方をお教えください。
「福」と「彦」のフク、ヒコ以外の読み方です。

Aベストアンサー

人名の読み方は、また別のもんですから。
私の手元の事典ですと
「福」は、さき・さち・たる・とし・とみ・むら・もと・もと・よし。
「彦」は、お・さと・ひろ・やす・よし。
なんて読み方が載っています。でも、人名は何でもありですから。

Q漢字の読み方

しょうもない質問ですみません。
「備置」この漢字の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

自分で調べろよ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014754710


人気Q&Aランキング