アメリカのケック望遠鏡の主鏡は、六角形の鏡を何枚も合わせて、
直径10メートルの巨大な反射鏡であるということですが、

質問1.鏡と鏡の間は金属枠(?)のようなもので接合されているが、
   これは天体撮像時にどのような影響を与えるのでしょうか。

質問2.小さな六角鏡から組み上げられた巨大鏡の形もまた
    六角形でありますが、同口径の円形鏡と比べるとこれは集光能力や
    精度にどういった違いが(どれくらい)生じるのでしょうか。

質問3.将来、合わせ鏡式の望遠鏡の技術が高まって
    広く普及した場合、今のドブソニアン式のように
    一般人が大口径のものを自作するなんて事は
    ありうるでしょうか。

質問が多くてすいません。
どれかひとつでも答えていただけるとありがたいです。

ケックの概要は放送大学を見て知ったんですが、
あまり納得がいかなかったのです。
別に鏡は円形でなくとも光は集められるのですね。
あたりまえと言えばそれまでですが、ちょっと不思議な感じはします。

A 回答 (1件)

A1.


光を反射しないように、まっくろに塗っておけば枠の影響はないはずです。

A2.
集光力は鏡の面積に比例するので、同じ面積の円形鏡と同じになります。 分解能角は鏡の直径に反比例するので、干渉環を含むジフラクション像は、鏡の形の影響を受けます。 全体の形が6角形なので、6角形に近い像を結ぶでしょう。

A3.
ふつう手作りの反射鏡は、すり合わせで作るので球面になります。 本当は放物面鏡でなくてはいけないので、球面鏡を複数組み合わせると、収差を持った像が鏡の数だけ現れると思います。
では全く可能性がないかというと、球面鏡を薄く作りアクチュエータで強制的に放物面に変形させる技術が普及すれば、可能になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、枠は光の反射を影響させないようにすればよいのですね。
集光力が面積に比例するということは、同じ直径の円形鏡と六角形鏡ならば、
集光力は円形の方が若干上になるということですね。
6角形のジフラクション像というのは、かなり見てみたいです。
一般へ六角鏡による大口径望遠鏡が普及するための鍵は
アクチュエータですか。
そのためには相当な技術向上が求められるのでしょうが、
もし実現したらアマチュアが巨大な鏡を特注して大発見したりとか…。
楽しそうです。

助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/05 00:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA/D変換、D/A変換の分解能について

A/D変換、D/A変換の分解能についてお伺いしたいことがあります。
例えば、あるA/D変換器の分解能が8bitで、出力が±10Vである場合には、
入力のアナログ信号が、20V/2^8 = 0.078125 V 変化すると出力が1段階反応することになる、
つまり分解能が0.078125Vってことですよね?違ってたらすいません。

私がわからないのは、D/A変換器の分解能についてなんです。
D/A変換器の分解能ってのはどういう考え方なのですか?
D/Aですから、元のデジタル信号をアナログに変換するわけで、
その分解能が8bitとか書いてある場合にはどういう考え方するのでしょう?
教えてください。

Aベストアンサー

ADを図にすると、
アナログ入力があって、反対側から8本のデジタル出力が
ありますね。(8bitの場合)

DAはその逆になりますから、
デジタル入力が8本あり、反対側にアナログ出力があります。
8bitのDAには8bitまでしか入力できないという
ことです。

Q天体望遠鏡の口径について

屈折式の天体望遠鏡で口径が10mm違うとどの程度の性能差があるのでしょうか。

Aベストアンサー

明るさが違ってきます 二乗で効きますので大変大きいです 100mmが110mmにでしたら約1,2倍となります
でも値段も高くなります やはり二乗位かな?それ以上かな?

大きい割に安いのはその他の性能 分解能、収差等 を犠牲にしているのです 
ですから値段だけで決めてはいけません 使用目的をはっきりさせましょう 観望とか写真とか 
万能にしたら それこそ大変な値段となります

Q低分解能A/Dコンバータを高分解能として扱う方法

お世話になります。 過去質問を参照しましたが、同じような質問がなく、投稿させてもらいました。

たとえばA/Dコンバータで8bitのものを使った場合、アナログ0-5V入力であれば、その分解能は1digitあたり0.0195Vになります。

この8bitの分解能のA/Dした値を非常に短い時間で16回変換してその16回分のA/D値を足しこみ、結果として12ビット相当の分解能にするという考え方は一般的でしょうか?

たとえば、16回のA/D値が
10,11,10,11,10,10,11,10,11,10,10,10,11,10,11,10
としたとき、

[8bitでみたとき]
最初の値をとって(10÷256)×5 = 0.195・・・ V

[12bitとしてみたとき]
上記を合算して
10+11+10+11+10+10+11+10+11+10+10+10+11+10+11+10 = 166
(166÷4096)×5 = 0.202636・・・ V


ただし、アナログの入力は0.001Vの変化ではなく、せめて0.019V程度の幅を持った変化のものが対象となると思いますが。

また、こうした考え方っていうのはサンプリング論とかになるのでしょうか?参考文献等もご紹介いただければ幸いです。

お世話になります。 過去質問を参照しましたが、同じような質問がなく、投稿させてもらいました。

たとえばA/Dコンバータで8bitのものを使った場合、アナログ0-5V入力であれば、その分解能は1digitあたり0.0195Vになります。

この8bitの分解能のA/Dした値を非常に短い時間で16回変換してその16回分のA/D値を足しこみ、結果として12ビット相当の分解能にするという考え方は一般的でしょうか?

たとえば、16回のA/D値が
10,11,10,11,10,10,11,10,11,10,10,10,11,10,11,10
としたとき、

[8bitでみたと...続きを読む

Aベストアンサー

分解能を上げる効果としては、それだけの手間を掛けてもあまり有効じゃないですね。データの種類によってはそれなりの効果が得られるかもしれませんが、12bit相当の分解能が現実に得られることはまずないでしょう。
(例の場合、10と11の閾値付近で変動してくれていれば上記のようになりますが、10に近い値で変動していれば、全て10になってしまうわけで、とりうる値こそ12bit分あっても、実際には、8+1bit分程度しか測れません。つまり、8bitの最下位の桁の値の間を16等分した測定ではなく、最下位の桁の半分の値前後の狭い範囲を16等分した測定になるということです。)

分解能を上げることが目的であれば、短い時間で測定レンジを切り替えて、上位8bit,下位8bitを順次測定したものを合算して16bitデータにするというような戦略の方が有効でしょう。

Qハッブル望遠鏡とすばる望遠鏡の画像の比較

いつもよくわからないのですが同一の星の世界をハッブル望遠鏡とすばる望遠鏡で画像の比較したものが見当たらないのです。これは故意に比較しないのでしょうか?
得意な分野が違うためなのか費用を比べてもハッブルのほうが数段優れているからなのかいつもよくわかりません。
同一の対象を撮影した結果について教えてください。

Aベストアンサー

すばるの最も優れているのは、主焦点カメラで、他の同クラスの
20倍以上、HSTの200倍以上の面積を一度に撮影できることです。

主焦点で10時間露出を行うことで、遠方銀河の観測では他を寄せ付けません。

(際遠10位までの8位以外はすばるが発見)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/technology/science/CK2008111102000171.html

http://www.mitsubishielectric.co.jp/dspace/column/c0402_2_b.html

QAD変換器の分解能について

ただ今、マイコンについて勉強している者です。

そのなかでADコンバータの分解能について自分の理解が正しいかどうか、
また知識が不足している部分について指摘・補足していただきたいのです。

①分解能はアナログ信号をどの程度細かく表現できるかを表す指標である。その細かさはADコンバータのbit数で決まり、bit数が大きいほどアナログ信号を細かく分解できる。

②分解能が高い(細かく分解できる)と何がいいのか
→もとのアナログ信号に近い状態でデジタル表現できる。例:音声であれば実際に耳で聞いた時と同じように再現される

③分解能が高いと何が悪いのか
→細かい分デジタル表現する際に計算時間を要する。データ容量が増加する。

④分解能が低いと何がいいのか
→デジタル表現する際の計算時間が短く済む。データ容量が小さくなる。

⑤分解能が低いと何が悪いのか
→もとのアナログ信号の再現性が低くなる。例:音がバリバリ聞こえる等(ここが特に漠然としている)


どんな小さなことでも構いませんのでご指摘をいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

ただ今、マイコンについて勉強している者です。

そのなかでADコンバータの分解能について自分の理解が正しいかどうか、
また知識が不足している部分について指摘・補足していただきたいのです。

①分解能はアナログ信号をどの程度細かく表現できるかを表す指標である。その細かさはADコンバータのbit数で決まり、bit数が大きいほどアナログ信号を細かく分解できる。

②分解能が高い(細かく分解できる)と何がいいのか
→もとのアナログ信号に近い状態でデジタル表現できる。例:音声であれば実際に耳で聞...続きを読む

Aベストアンサー

産業機器の制御系を設計していたものです。A/Dコンバータの話ですね。

① その通りです。bit数が大きいほど、取得したデータは滑らかになります。
② その通りです。分解能が高いほど、忠実な波形を再現することができます。
③ "細かい分デジタル表現する際に計算時間を要する。" ← これは一寸違います。分解能に応じたサンプリング能力がないと、そもそもデジタル化できません。ここは、分解能が高くなると "より処理能力の高い性能が必要になる" です。サンプリングする周波数が高くなると、ハードウエアは級数的に高価になります。データ容量に関しては、その通りです。デジタル化したbit数と共に、単位時間当たりのデータ量が増加します。
④ "デジタル表現する際の計算時間が短く済む。" ← 分解能が低い場合は、サンプリング周波数が低くて済みますので、能力の低いコンバータでも十分間に合います。データ容量に関しては、その通りです。
⑤ "例:音がバリバリ聞こえる等" ← サンプリングの間隔が広いので、いわゆる音飛びが生じているのでは。分解能が高い場合は、滑らかに変換されるので、アナログデータの急激な変化にも対応できますが、低い場合は、レベルの変化が激しくなるのでしょう。

通常は、サンプリングしてA/Dコンバータでデジタル化、マルチプレクサで出力してマイコンに読み込みますが、そのデータ列に応じた取り込みができないと、波形に欠落が出ます。私が組んだときは、取り込み部分だけ割り込みを使って、アセンブラでプログラムを書きました。かなり昔の話です(笑)。

https://www.contec.co.jp/product/device/analog/basic.html

産業機器の制御系を設計していたものです。A/Dコンバータの話ですね。

① その通りです。bit数が大きいほど、取得したデータは滑らかになります。
② その通りです。分解能が高いほど、忠実な波形を再現することができます。
③ "細かい分デジタル表現する際に計算時間を要する。" ← これは一寸違います。分解能に応じたサンプリング能力がないと、そもそもデジタル化できません。ここは、分解能が高くなると "より処理能力の高い性能が必要になる" です。サンプリングする周波数が高くなると、ハードウエアは...続きを読む

Q地上望遠鏡と衛星望遠鏡の違いについて・・・。

こんばんわ。質問します。

地上望遠鏡と衛星望遠鏡の建設の容易性や、予算等の関係、またその必要性、また観測効率についての違いを教えてください。

また、地上望遠鏡と衛星望遠鏡の違いについて書いてあるサイトなどがあったら教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簡単に言いますと、
建設の容易性や予算などは、
地上望遠鏡より、衛星(宇宙)望遠鏡の方が、宇宙に運ぶコストやら、
一度打ち上げたら、修理などが困難。
しかし、地球の大気に邪魔をされないで、観測ができたり、
正確な観測ができると言う点では宇宙望遠鏡の方が期待が持てます。

詳しくはウィキペディアで、

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%9C%9B%E9%81%A0%E9%8F%A1

Qバーコードの分解能

バーコードの分解能について教えてください。
バーコードスキャナの仕様に分解能1.0mmなどの記載がありました。
この分解能1.0mmとは、バーコードのどの部分が1.0mmなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

バーコードリーダーのメーカーの者です。

最少分解能はバーコードの細いバー太さのことです。1.0mmは太いですよね。細バー1.0ではバーコード自体がずいぶん大きくなってしまう気がします。(太い方のバーが3mmくらいになってしまう。)

一般的にスーパーのレジなんかで読ませているコード(JANコード)なんかは細バーが0.25~0.4mmくらいで構成されていますから・・・かなり性能的には大雑把なスキャナーのようですね。(もしかして0.1mmの間違いでは?)

Qビクセン製 天体望遠鏡 VOYAGER T-80M てどんな望遠鏡かご存知ですか?

ビクセン製 天体望遠鏡 VOYAGER T-80M てどんな望遠鏡かご存知ですか?
使えそうでしょうか?

Aベストアンサー

Voyager T-80Mはかなり以前にビクセンが売り出した製品ですよね。
対物レンズは2枚のアクロマート、口径80ミリの簡易経緯台と思います。
中古の製品でも対物レンズに「カビ」が発生していなければ、また「光軸」が正常なら、まだまだ十分に使えるでしょう。
月、木星、土星、金星の形は捉える事が出来るはずです。
明るいメシエ天体の観察も可能でしょう。アンドロメダ銀河、オリオン星雲、すばる、といった明るい天体です。
観測する土地(場所)にもよりますが…町の中だったら、最近は夜空が明るいですから、星雲の観察は難しい。

接眼レンズにK(ケルナー)やMH(ミッテンゼー・ハイゲン)あるいはOr(オルソ)の25-40ミリを使って低倍率で夜空の天体を楽しむ使い方が可能でしょう。
最近は高額ですが、広視野を得ることができる接眼レンズも入手できます。

天体写真撮影といった本格的に使うのには不適当な機器です。
しっかりした赤道儀に搭載して利用するなら、まだまだ十分に使えると思います。

QTEM、STEMの分解能

電子顕微鏡をこれから仕事で扱うことになりました。

そこでわからないことがあるのですが、
TEMは収束させた電子線を拡大させるのに対し、STEMは収束した電子線を
走査すると習いました。

TEMは拡大するのですから、STEMよりも分解能が落ちると思うのですが、
結晶性の物質を高分解能でみるにはTEMがいいといわれました。

実際、高分解能観察にはTEMとSTEMのどちらがいいのでしょうか。
また、TEMは拡大させるのに高分解能で観察できるのはなぜなのでしょうか。

Aベストアンサー

SEMはある場所に電子線を当てて、放出される2次電子や反射電子を検出します。位置分解能は電子線の径に依存します。直径が100 nmだとすれば、その100 nmの内側の情報は平均化されてしまいます。

TEMで同様に径100 nmの電子線を用いたとします。(厳密な言い方ではありませんが)TEMではその100 nmの電子線を試料にあてて、透過してきた100 nmの電子線を磁場で拡大します。つまりSEMでは平均化されてしまう領域の内側を拡大して観察することになります。したがってTEMの方が位置分解能は高くなります。

どちらを使うかはケースバイケースです。

SEMは分解能に劣りますが取り扱いが楽です。通常のルーチン測定なら、数時間レクチャーを受ければ測定できると思います。試料の前準備もそれ程手間ではありません。また試料の立体的なデコボコにも強いです。

TEMは単原子層を区別できる高い分解能がありますが、試料の薄片を用意するのがとにかく面倒くさいです。経験者にレクチャーを受けつつ、しばらくは標準的な試料で練習する必要があります。いきなり本番では、実験で得た貴重なサンプルを台無しにしてしまう可能性が高いです。

通常のルーチン測定はSEM、検討を重ねた結果どうしても原子レベルでの位置分解能が必要な場合のみTEM、こういった運用をしている所が多いのではないでしょうか。


仕事で必要で今から勉強するということであれば、「表面分析技術選書」シリーズから実務向きの入門書が出ているのでお勧めします。

http://www.amazon.co.jp/dp/4621073613
http://www.amazon.co.jp/dp/462108156X

SEMはある場所に電子線を当てて、放出される2次電子や反射電子を検出します。位置分解能は電子線の径に依存します。直径が100 nmだとすれば、その100 nmの内側の情報は平均化されてしまいます。

TEMで同様に径100 nmの電子線を用いたとします。(厳密な言い方ではありませんが)TEMではその100 nmの電子線を試料にあてて、透過してきた100 nmの電子線を磁場で拡大します。つまりSEMでは平均化されてしまう領域の内側を拡大して観察することになります。したがってTEMの方が位置分解能は高くなります。

どちらを...続きを読む

Qハッブル宇宙望遠鏡とすばる望遠鏡はどちらが遠くを見れますか。

題目の通りです。
ハッブル宇宙望遠鏡は何年か前部品交換をしたので格段に性能が上がった
と思われます。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ハッブル宇宙望遠鏡」「最古」

「スバル望遠鏡」「最古」
それと
「宇宙」 「画像」「最古」
で検索をかけてみました。

最新の情報ではないみたいですが、私が見つけた中では
スバル望遠鏡:127億年前
http://subarutelescope.org/Pressrelease/2005/02/16/j_index.html
131億光年
http://www.nao.ac.jp/news/science/2014/20141119-subaru.html

ハッブル宇宙望遠鏡:130億年前
http://karapaia.com/archives/51580238.html
132億年前
http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-19229820110127
(ただし、残念ながら画像がありません。)

でした。
探してみるのもいいかもしれませんよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報