趣味の小説書きの資料として、雪と雪女に関する資料を探しています。

雪に関しては、特に雪にまつわる言葉が多く載っているもので、現代ではあまり使われていないような珍しい言葉などが載っていると嬉しいです。
イメージとしては以前ベストセラーになった「空ノ名前」の雪景色版のようなものがあれば一番嬉しいのですが、取りあえず写真はあってもなくても構いません。
雪女に関しては各地の伝承などが掲載されているものを探しています。

以上、なにか心当たりがあれば紹介していただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

雪女に関する1冊本があればよいのですが、民俗学関係の妖怪の本・民話の本の一部分を参照することになりそうです。


比較的最近の出版物だと

『日本怪談集 妖怪篇 下』
今野 円輔 著 中公文庫(2004年刊)

『津々浦々「お化け」生息マップ 雪女は東京出身?九州の河童はちょいワル?』
宮本 幸枝 著 技術評論社(2005年刊)

さて、雪の本、というと私は江戸時代に書かれた奇書『北越雪譜(ほくえつせっぷ)』を思い浮かべます。
読んだことはないのですが、著者鈴木牧之(すずき・ぼくし)は雪と雪国にまつわる全てを記録することに生涯をかけたそうです。出版にこぎつけるまで実に40年近くかかったという、なんともはや情熱というか執念というかとにかくすごいですね。
直接参考にはならないかもしれませんが。
参考URLにはamazonで一番売れている版をあげておきます。

『空ノ名前』のような本、というのであればこちらはいかがでしょうか。

『季節のかたち 四季を彩る美しい日本語』
高橋 健司 著 光文社(2004年刊)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4092510357/50 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
やはりなかなか雪女だけで一冊というものはないようですね。
それにしても北越雪譜は気になります。40年かけた雪に関する本とは…
ぜひ読んでみようと思います。
季節のかたちの方も気になりますし、色々と参考になりそうです。
ご回答有難うございました。

お礼日時:2006/07/25 23:22

現代ではあまり使われていないような珍しい言葉でふと思ったのですが、俳句の歳時記ってありますよね。


季語が載っているものです。私は俳句に詳しいわけではありませんが、歳時記を見ているとこんな言葉があるんだという言葉に出会うことがあります。
冬の季語の中に「雪女郎」というのがあって、雪女のことをそう言うそうです。
御存知だったかもしれませんが…

参考URL:http://www.yamagata-info.com/story/yukijoro/text …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

雪女郎って季語だったのですか!
面白い、使っている俳句を読んでみたいです。
俳句の季語は盲点でした。何か意外な取っ掛かりが見つかるかもしれませんし、調べてみようと思います。
ご回答有難うございました。

お礼日時:2006/07/18 23:22

雪女に関してですが、東京都青梅市が有名です。


http://www.top.ne.jp/aliceweb/yukionna/sinka/
数年前に新聞で掲載されたことがあり、私も初めて知りました。

参考URL:http://www.top.ne.jp/aliceweb/yukionna/sinka/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東京都内に雪女伝承ですか……それは意外ですね。面白い。
北陸辺りを舞台にする予定で考えていますけど、こちらももう少し調べてみて使えるようなら話に絡めてみたいです。
ご回答有難うございました。

お礼日時:2006/07/18 23:18

「立山黒部の昔ばなし」富山観光出版社発行


http://akasaka.cool.ne.jp/hiro13/data/
に、雪女に関する昔話が出ています。
この本には、このほか黒部の山深い部落に伝承されている昔話が20でています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

富山の雪女伝承となると読んでみたいです。
他にも山の部落の伝承があるとなると気になりますし。
ただ……これはもしや一般流通していない本でしょうか?
富山に行く機会が作れたら探してみたいと思います。
ご回答有難うございました。

お礼日時:2006/07/18 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『法則』に関する本やサイトに心当たりのある方お願いします。

『法則』に関する本やサイトに心当たりのある方お願いします。

心理学にて多用されると思われますが、それが経済や仕事、何気ない日常生活の事であっても構いません。
最近できた言葉や、有名な言葉で無くても構いません。

要は、一つの法則に関して記述された、本やサイトでは無く、多数の法則に関して解説された様な本を探しています。
ウェブも検索したのですが、じっくり検索した訳では無く、加えて、ある程度その法則の事や名称を知らないと、検索しにくいと実感しました。

当方営業マンですが、ちょっとした待ち時間や移動中に読みたいので、できれば本の紹介を頂ければ幸いです。
書店において、書籍検索をすれば良いとも思うのですが、店員さんによっては、書籍名や著者を告げない限り、辿り着かない恐れもありまして、そのアドバイスでも大歓迎です。

また、あまり該当しない場合でも、参考になった、面白かった、一読の価値があるというご紹介でも大歓迎です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんなのでもいいでしょうか?ずいぶん前ですが一時期評判になったのが
『マーフィーの法則―現代アメリカの知性』ASCII出版
「失敗する可能性のあるものは失敗する」という非常にネガティブな(笑)法則から派生した
ユーモアと皮肉たっぷりの数々の法則集。大笑いしたり、にやりとしたりとても面白い本です。
 アマゾンなどで検索すると、1円から手に入ります。


ちなみに同じ名前でまったく逆の、『マーフィーの(成功)法則』もあります。

Q最新、ベストセラー、推理小説

すみません、人から頼まれたのですが、私が趣味じゃないので教えてください。

新しめで、よく売れている推理小説をお薦めしてください。
本屋で色々見たのですがどれが推理小説なのかわからず。。。ネットでも推理小説限定で探すのがよくわからなくて。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 読み応えのある重量感溢れる1冊を・・・・

『邪魅の雫』(京極夏彦著、講談社新書)
 京極堂シリーズ最新作!探偵榎木津礼次郎に魅了されるはずですから、シリーズ前7作品は自分で探して下さいとお伝え下さい。
 私も今、通勤電車の中で読破中ですが、あまりの厚さに周りの目が気になり、クーラーも効きません。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4061824384/ref=pd_ecc_rvi_5/250-8675623-5389831?ie=UTF8


 無難なところでは、文庫版が出たばかりの伊坂 幸太郎の『重力ピエロ』(新潮社文庫)、デビュー作の『オーデュボンの祈り』(新潮社文庫)といったところでしょうか・・・。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101250235/sr=1-2/qid=1159982080/ref=sr_1_2/250-8675623-5389831?ie=UTF8&s=books

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101250219/sr=1-4/qid=1159982114/ref=sr_1_4/250-8675623-5389831?ie=UTF8&s=books

 読み応えのある重量感溢れる1冊を・・・・

『邪魅の雫』(京極夏彦著、講談社新書)
 京極堂シリーズ最新作!探偵榎木津礼次郎に魅了されるはずですから、シリーズ前7作品は自分で探して下さいとお伝え下さい。
 私も今、通勤電車の中で読破中ですが、あまりの厚さに周りの目が気になり、クーラーも効きません。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4061824384/ref=pd_ecc_rvi_5/250-8675623-5389831?ie=UTF8


 無難なところでは、文庫版が出たばかりの伊坂 幸太郎の『重力ピエロ』(新潮社文庫...続きを読む

Q伊勢。熊野古道にまつわる神話・伝承について

伊勢。熊野古道にまつわる神話・伝承について

伊勢、熊野へ旅行に行こうと思っております。

特別、スピリチュアルなことに興味があるわけではないのですが、
せっかく行くので、伊勢神宮・熊野古道にまつわる神話・伝承的な事も少し調べて行きたいなと思っております。

また、建物を見に行くことも目的の一つの為、
伊勢神宮の建物様式や神宮式年遷宮などについても大変興味があります

何か、お勧めの書籍をご存じの方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

Aベストアンサー

高田崇史さんという作家の、QEDというミステリーのシリーズがあります。
本来の殺人事件よりも、歴史のうんちくが満載という本です。

熊野に関しては、そのうちの「熊野の残照」というのを以前読みましたが、正史には載らない神話や伝承の話をたどりながら、主人公たちが熊野を旅します。専門家の書いた本ではありませんしミステリーですが、それだけに読みやすいですよ。

Q某有名ベストセラー小説のヒロイン松原倫子って?

「私の死亡記事」(文芸春秋)という本の中で篠田節子さんが松原倫子という名に触れていたのですが、これって誰のなんという本なのでしょうか。
とても気になっています。
それと、この本の中に出てくる「本」で実際に読んでみて面白かったというのがあったら教えてください。

Aベストアンサー

松原凛子(字が違いますが、、)なら「失楽園」(渡辺淳一著)ではないでしょうか?「私の死亡記事」は知らないです。

Qオタク趣味がテーマの小説や漫画に心当たりはありませんか?

オタク趣味がテーマの小説や漫画に心当たりはありませんか?
『げんしけん』や『乃木坂春香の秘密』や『電車男』のような感じの。
できれば恋愛風味のものがよいのですが…
ご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もりしげ「フダンシズム-腐男子主義-」漫画
http://www.square-enix.co.jp/magazine/yg/introduction/fudanshi/
若木民喜「神のみぞ知るセカイ」漫画(アニメ化決定)
http://websunday.net/rensai/kaminomi/
神野オキナ「あそびにいくヨ!」ライトノベル(2010年7月よりアニメ放映)
http://asoiku.com/
本田透「ライトノベルの楽しい書き方」ライトノベル(実写映画化決定)
http://ga.sbcr.jp/novel/lightnovel/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報