とある国立大の理学部生物科学科2年なんですが、修士は医学系の研究室に入りたいと思っています。
とりあえず生理学、免疫学、ガン、微生物学の教科書を勉強しようかなとか思ってるんですが、やっぱ病理とか、薬理の全般とか、医学っぽいのもやったほうがいいんでしょうか?
俺は何を勉強したらいいんでしょうか?また、院試の勉強方法とか、いまやっておくべきこととか、ほかにありますでしょうか?
ちなみに行きたい研究室は、免疫制御系で、在籍大学内にあります。
まだ決めたわけじゃないんですけど。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

わたしも、あなたが希望するコースと同じ道をたどっています。

理学部出身で、医学部の大学院博士課程にいます。

大学院の入試は、各大学(学部)ごとにさまざまです。過去問を手に入れることを、強く勧めます。それを見て、どういう勉強が必要か判断してください。

一般的には、英語と専門科目1・2ヶのみですね。英語は選択の余地がありませんので、当日でた問題を皆さんと同じように解くしかありません。専門科目は、多数のジャンルの中から自分の得意なものを選べばよいわけです。わたしは生化学と免疫学を選びました。あらかじめ手に入れた過去問から、毎年出題傾向の変わっていないもので、かつ、自分の得意な科目ということで、その2つにしました。

がんばってね。

この回答への補足

なるほど。
ありがとうございます!

補足日時:2002/03/04 18:40
    • good
    • 0

免疫学やガンだと・・・うちの大学は病理学の扱いになりますね。


病理学の講座には技官として理学部だかなんかの卒業の人がいます。
ですから大丈夫だと思いますよ。
ただ、病理学だと「病理学診断」というのが、県内などの病院から集まるため、
毎日1~2時間で百枚程度のプレパラートに診断を付けるようです。
ですが、診断はおそらく医師でないと付けられないので、
関係ないかもしれません。

基本的に、必要になったときに勉強するので良いと思いますよ。<薬理とか
興味があるのであれば勉強したらいいと思います。

院試に関しては良く分からないので言及しません^^;
ただ、在籍大学内にあっても、他学部の場合、
下手すると外部からの受験と同様の扱いをされることがあるので、
それだけはご注意ください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~en7e-enk/inshi.html

この回答への補足

皆様ありがとうございました。とりあえず研究室に出向き話を聞いてみることにします。

補足日時:2002/03/09 23:25
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

自然免疫にも液性免疫と細胞性免疫があるという考え方はありますか?
またそれは考え方として一般的ですか?

私としては、獲得免疫には液性免疫と細胞性免疫とがありますが、
自然免疫は細胞性免疫のみという認識です。

これらを組み合わせて説明してある文章を時折見ますが、
著者(文責者?)によってそれぞれの認識が異なっているためか文章の意味が釈然としません。

Aベストアンサー

私は、液性免疫はB細胞による抗体産生、
細胞性免疫はT細胞による働きだと思ってました。
つまり、獲得免疫のなかに液性免疫と細胞性免疫が
含まれるということです。

ただ、液性免疫系とか細胞性免疫系って
言葉になると意味が違って、
自然免疫・獲得免疫関係なく、
液性のもんなら液性免疫系で、細胞が関わるなら細胞免疫系
って使い方をしてると思います。
自然免疫の液性免疫系のものだと、抗菌物質とか補体とか
があると思います。

一般的かどうかはわかりませんが・・・。

Q薬剤学・薬理学関連の入門本を探しています

来年春からMRのタマゴとして製薬企業に勤める大学院生です。
現在時間的なゆとりがあるので、くすりについての勉強をしようと思っています。
独学でも読める薬剤学・薬理学関係の入門書としておすすめ本の紹介をお願いします!!

医学部の図書館で本を借りて読んでみましたが、専門用語についての解説が乏しいものについては難しく、読み進めるのがとても遅いです・・・。専門用語の解説をしながらすすめてくれる本だと助かります。

私のこれまでの知識の範囲;
大学では農芸化学・大学院では生物学(植物)を専攻してきましたが、薬・人体については素人です。
タンパク質や遺伝子・分子生物学など細胞レベルまでのことなら植物と共通することも多いので理解しやすいです。

Aベストアンサー

MRになるなら,MRの勉強をしといた方が良いかと思います.
その中で薬理学などを勉強していけばと思います.

 http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rls=SNYA,SNYA:2003-46,SNYA:en&q=MR+%E8%B3%87%E6%A0%BC+%E5%8B%89%E5%BC%B7&suggest=1&sa=X&oi=cjkrefinements&resnum=0&ct=result&cd=2

(株)じほう, 薬事日報等専門会社の出版カタログを貰うと良いですね.
 http://www.jiho.co.jp/
 http://www.yakuji.co.jp/

Q【医学】免疫学、及び遺伝学に一番密接する「診療科」にはどんなものがあるでしょうか。

こんにちは。
質問はタイトル通りになります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結構難しい質問ですね。
診療科はどちらかというと症状や疾患部位から選択するものですから。
アトピーなら皮膚科になるでしょうが、遺伝要素と免疫が関係しますし、同様にアレルギー性鼻炎なら耳鼻咽喉科ですが、アレルギーが関係しているので免疫要素があります。
膠原病などもやはり免疫要素。こちらは診療科は失念しました。
やや珍しいところではMSという病気はやはり免疫疾患ですが、神経に症状が現れるので神経科です。

なぜこういう質問になったのか判りませんが、もし研究系から臨床系に移行したいのであれば、関係者に聞くのが一番よいのではないでしょうか。

Q薬理学について

薬理学の課題で
中枢神経系の薬剤を作用機序の観点から分類し、どのような疾患で使用するのかについて述べなさい。
という課題が出ました。
どう書いたらいいのか分からず質問させていただきました(>_<)
私が全然勉強してないから分からないのだと思います(;_;)
ヒントだけでもいいので良かったら教えてください(;_;)

Aベストアンサー

中枢神経に作用する薬剤となると、
中枢神経刺激剤と中枢神経抑制剤があるわけでしょ。
それぞれ代表的な薬剤があるわけでしょ。
刺激のほうだと覚醒作用のあるものやドーパミン作動薬があったりして、抑制のほうだとだいたい鎮静鎮痛麻酔あたりのものが多いわけで、その辺のものの代表的なものをいくつかピックアップしてまとめていけばいいんじゃないですか?

Q細胞生物学(基礎医学)の研究

今、細胞生物学の研究用にpentoxifylline, 培養上清中のVEGF濃度、細胞中のAGE濃度を測定する方法を探しています。ご存じの方がいたら、入手先、価格等を教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

・Pentoxifyllineの定量法について、下記のような論文がありました。その論文では液クロで測っているようですが、それを見れば、IntroductionやDiscussionにはpentoxifyllineの従来の測定法について記述があるでしょうから、そこを出発点にされたら如何?
J Chromatogr B Biomed Sci Appl. 1998;716(1-2): 387-391.
Simple high-performance liquid chromatographic method for determination of pentoxifylline in human plasma.
(PubMed)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=9824257&dopt=Abstract

・VEGFについては、各社からEIAキットが10万前後で発売されてます。アッセイをする量が多いと、自分で抗体を調達してELISAをセットアップしたほうが安上がりでしょうが、アッセイをする量が少なければこれらで用は足りるでしょう。たとえば、

EMD Biosciences(Oncogene Research Products)
http://www.apoptosis.com/Products/ProductDetail_ONC.asp?catNO=QIA51&CatID=842

Chemicon International
http://www.chemicon.com/Product/ProductDataSheet.asp?TXTSEARCH=VEGF&ProductItem=CYT132

・AGEが何の略か残念ながらわかりませんので...。

・Pentoxifyllineの定量法について、下記のような論文がありました。その論文では液クロで測っているようですが、それを見れば、IntroductionやDiscussionにはpentoxifyllineの従来の測定法について記述があるでしょうから、そこを出発点にされたら如何?
J Chromatogr B Biomed Sci Appl. 1998;716(1-2): 387-391.
Simple high-performance liquid chromatographic method for determination of pentoxifylline in human plasma.
(PubMed)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報