TV・週刊誌などでは、「金融危機」を懸念する記事・報道が花盛りです。
 経済学素人ですので、分かりやすく教えていただけると有り難いです。
(1)「金融危機」って銀行が数多く倒産することですか?
(2)そうであれば、銀行が潰れても、しょせん「ペイオフ」なんてほとんどの庶民は関係ありません(1000万円以下の預金は保護されるので)から、そんなに心配する(=不安を煽る)ことではないような気がするのですがどうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

金融機関、特に銀行が潰れるとそこから融資を受けて事業を


継続してきた多くの企業も融資の道を絶たれ、倒産します。
以前の北海道拓殖銀の破綻時も多くの道内企業に資金面で
多大な影響がでました。後を引き取る銀行も優良な貸出先以外は
面倒を見ませんから、多くの中小企業が連鎖的に倒産します。
サラリーマンと呼ばれる人の8割は中小企業に勤める方ですから、
銀行の破綻時にはペイオフ以外にも影響が多くあります。
また、自治体や政府、企業が持つ銀行口座も同様に、
1000万円までしか保証されませんから、その対応が
必要になってきました。
たとえば地元中小金融機関を優先的に利用してきた自治体も
ペイオフに備えて大手銀行へ移し替えを検討中しますが、
安易に移すと地元の銀行の信用不安を煽る結果となり、
難しい対応を迫られます。

また生保の破綻時は、加入者(企業や庶民)の保険料がUPしたり
満期金、支払保険金などが減額か、凍結されます。

これら金融機関は、バブル期に行った過大は融資の返済がされずに
行内に多額の不良債権を持っています。また、これらの担保の大半が
土地ですが、土地価格が下落した為、担保を処分すると銀行に多額の
損失が発生し、業績が悪化するのが怖くて処理できない実情です。
(話が逸れてすみません)

日本の多くの企業は、間接金融(銀行借入)に依存しています。
お金の貸し手がなくなると、違う人がすぐには貸してくれません。
その間に企業資金は枯渇し、ショートを起こし倒産します。
そのような役割を担う銀行が破綻したら、大変ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 とても分かりやすい説明有り難うございました。

 『日本の多くの企業は、間接金融(銀行借入)に依存しています。 お金の貸し手がなくなると、違う人がすぐには貸してくれません。』ということが、私の疑問に対する一番のポイントのように思うのですが、新規の健全な融資先があれば問題ないんですよね?
 何故、不良債権を持っていない新しい銀行が作られないんですか? 
 日本は自由競争の社会ですから、新規の銀行が参入して、銀行の競争が進み、優良な銀行が生き残っていくという一般社会と同様のごく当たりまえの淘汰がなされれば、金融危機は心配ないように思うのですが・・・。
 支障なければ、もう少し解説を加えていただけると幸いです。
 有り難うございました。

お礼日時:2002/03/03 17:17

1.金融危機とは簡単に云うと、銀行・生保などの金融機関が破綻することです。



2.一般の庶民の生活にも重大な影響が出ます。

銀行倒産-株価の下落-企業の持株の評価減により業績悪化-企業の倒産-給料減-税収減-失業者の増加-生保の破綻で加入者の資産が減少-個人消費や設備投資の減少-物が売れない-年金制度の破綻(年金も株式投資をしている)-企業の生産活動縮小-企業業績悪化-失業増加と、いろいろなところに波及して来ます。
まだまだ、書ききれないほどの事が起きて、それが悪循環して広がります。

一番の原因は、日本人はかなりの貯蓄を持っていますが、日本の将来がどの様にして良くなるという、明るい展望がないために、物を買わないことが影響しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答有り難うございました。
 とても参考になりました。

お礼日時:2002/03/03 17:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新生銀行の振込み手数料無料について

新生銀行の振込み手数料は5回まで無料だと
思いますが、
例えば4回他行に振込みをして
5回目に新生銀行に振込みをして
6回目は他行に振り込んだ場合
振込み手数料300円は取られるのでしょうか。

Aベストアンサー

新生銀行宛ては何回でも無料ですので、この場合の6回目は無料ですね。

Q経済危機・金融危機のときの円高を避ける方法は?

世界で経済危機や金融危機の噂が立つごとに、円が安全資産として買われて意味なく円高になります。円の買い手はそれを一時の便法と考えていて、日本の経済を本当に信用しているわけではなさそうです(日本株は売られる)。こういう悪しき習慣をなくすには、国としてどのような対処をしたらよいでしょうか。米国やECが何と言おうと、強力に為替介入する以外に方法はないのでしょうか。

Aベストアンサー

No.4です。

>「円高でも株安でも日本経済がダメージを受けないような現金通貨の使い道」というのは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。

円高と株安はまるでコンボのようになっていて、例えば本日急騰している円相場、急落している日本株の様に、円高が進むと株安になる、という状況が継続して発生しています。
しかも日銀が追加緩和を見送っただけで前回は111円から105円に、今回は107円から103円に急騰。これははっきり言って異常としか言いようがありません。
これにイギリスのEU離脱、アメリカの政策金利引き上げの見送りが絡んでいる、といいますが、「アメリカが政策金利を引き上げるんじゃないか」という情報を流しているのはマスコミですし、本当の意味で為替に影響を与える可能性のあるのは唯一イギリスのEU離脱に関す情報のみです。

ですが、よく考えていただきたいのですが、普通に考えると、円高で損をするのは輸出企業であり(トヨタなどだと、1円円高になると1兆円損をするのだそうです)、国内で消費を起こしている我々国民にとっては、短期的に見るとそれほどのダメージはないはずの経済現象です。

また、「株安」にしても株価が下落して損をするのは企業ではなく投資家です。企業は新規株式を公開した時点で、既に資金は確保しているわけですから、喩え売り浴びせられたとしても短期的に考えればそれは影響のない話です。

つまり、「円高でも株安でも日本経済がダメージを受けないような現金通貨の使い道」とは、外需に依存せず、金融商品に依存しない経済構造です。

小泉内閣において、30兆円の資金を日銀が市場に対して供給しましたが、これは結局金融機関どまりで、結局実体経済には反映されませんでした。

安倍内閣に入っても、これは同様のことが言えて、2012年末、預金取扱機関が保有する現金資産は200兆円でしたが、安倍内閣に入って、この金額は400兆円を上回る金額にまで増大しています。
日銀が「金融緩和」「量的緩和」を行って、資金投与を行ってはいるものの、そのお金が有効活用できていないということです。

本来このお金は、企業が「借り入れ」を起こし、「設備投資」や「従業員の給与所得」に回すべきものです。
設備投資先、または従業員が二次的、三次的に消費を起こし、消費が起きた先で新たなる消費が起きる。

このような経済の循環が、日本国内のみで起きる経済システムが完成すれば、たとえ円高になろうが、株安になろうが、本来そこまで大騒ぎするものではないはずです。

円高になっても、株安になっても、雇用先が確保され、給与所得が増え続けるのであれば、何も問題はないはずです。

アベノミクスにより、この状況はだいぶん完全されてきていると思います。
お金がないのなら、政府が変わって借り入れを起こし、企業に発注する。
発注先となった企業は、これを貯蓄には回さず、設備投資や従業員の給与に回す。次は企業が自ら借り入れを起こし、さらなる投資に回す。

この循環を作ることが、「円高でも株安でも日本経済がダメージを受けないような現金通貨の使い道」だと私は思います。

No.4です。

>「円高でも株安でも日本経済がダメージを受けないような現金通貨の使い道」というのは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。

円高と株安はまるでコンボのようになっていて、例えば本日急騰している円相場、急落している日本株の様に、円高が進むと株安になる、という状況が継続して発生しています。
しかも日銀が追加緩和を見送っただけで前回は111円から105円に、今回は107円から103円に急騰。これははっきり言って異常としか言いようがありません。
これにイギリスのEU離脱、アメリカの政...続きを読む

Q銀行振り込み時の振込み手数料の仕訳は?

代金を払うために、銀行振り込みをしました。当然、振込み手数料がかかりました。この費用は、代金に含めて処理するのでしょうか。適用に、「振込み手数料XXを含む」と記入するのでしょうか。
又、振込み手数料には、消費税は含まれていないのでしょうか。

Aベストアンサー

一般的には「支払手数料」又は「手数料」勘定で処理します。
又、振込手数料には消費税が課税されていますから、次のような仕訳になります。

税抜き処理の場合。
支払手数料 500 / 現金(又は普通預金) 525
前払消費税 25

税込処理の場合。
支払手数料 525 / 現金(又は普通預金) 525

Q金融危機における流動性の危機とは?

大前研一氏の本に、金融危機には3つのフェーズがあり、

フェーズ1は「流動性危機」、フェーズ2は「不良債権処理に伴う債務超過の危機」、フェーズ3は「金融機関の貸し渋りによる事業会社の危機」とあり、これが順番に起こるようなことが書いてあったのですが、この分析は正しいのでしょうか?

フェーズ1の「流動性危機」とはどういうことでしょうか?

対応策として、90年代のスウェーデンなどのように、ER(緊急救命室)を設置して、資金流動性を確保すること、と書かれていました。

Aベストアンサー

各局面の度合いをフェーズで表していますが、どの局面でも底辺は流動性があります。流動性とはモノが流れる様(様子)を表し、経済学ではお金が順調に流れているかという様子なのです。
フェーズ1は、銀行間で資金を融通し合いますが、お互い相手先金融機関を疑って資金の貸し手にならない、貸出金利を上昇となってしまうのです。

その症状が短期金融市場で起こりました。外資系金融機関に対して邦銀の貸出金利は上昇しました。日本がバブル崩壊した時も日本の金融機関が不良債権を多く保有していたのでジャパンプレミアムとして海外金融機関より高い金利でしか調達できませんでした。
国際的に業務を行うインターバンクがありますが、ロンドンにLIBOR(ライボー)と言う銀行間取引市場があります。通常は各国の国債利回りにスプレット(上乗せ金利)を乗せて取引しているのですが、このスプレットが上昇しました。インターバンクの信用が落ちたわけです。
インターバンクは各国に対すれば日本のメガバンクに相当するものですから地銀より更に上位行の信用が剥がれ落ちたことになるわけです。
まず、最初に銀行が資金を上手く融通できなかったことをフェーズ1としているわけです。

この対策としてイギリス首相が国が銀行を保障するとしました。これに対して米国は民間金融機関の保障にのる気ではありませんでしたが、リーマン、シティ、AIGと次々危機がきて銀行取引に保障をしたのです。

スプレットについて
各国の国債利回りは、日本は1.28% 米国2.6%です(現在値)。これに銀行の与信として0.数パーセント乗せて取引してますが、LIBOR金利が5%以上に上昇したのです。信用の失墜ですね、金融の川上でこのような状態ならば企業への融資は更に困難になることは見えてます。

国債は日々取引されています。買われれば利回りは低下し、売られれば利回りが上昇します。この利回りが基準となって企業に融資したり住宅ローン金利を決めているのです。政府が国債を大量に売り出すと(政府が財政出動)と金利上昇をもたらし景気にブレーキをかけてしまいます。だからこそ日銀やFRBは長期金利を低下させるために国債を買い入れているのです。銀行は短期金利で資金を調達し(政策金利並み)長期金利で運用しているので、黙っていても利益がでますが、融資先の資金焦げ付きや保有有価証券の下落が収益の足を引っ張っているわけです。

米国10年債りまわりTNXの指標や為替をみればFRBが30兆円分の国債買取を表明した時点で大きく変動している様子が分りますよ。

各局面の度合いをフェーズで表していますが、どの局面でも底辺は流動性があります。流動性とはモノが流れる様(様子)を表し、経済学ではお金が順調に流れているかという様子なのです。
フェーズ1は、銀行間で資金を融通し合いますが、お互い相手先金融機関を疑って資金の貸し手にならない、貸出金利を上昇となってしまうのです。

その症状が短期金融市場で起こりました。外資系金融機関に対して邦銀の貸出金利は上昇しました。日本がバブル崩壊した時も日本の金融機関が不良債権を多く保有していたのでジャパン...続きを読む

Q振込み手数料無料の銀行について

他行宛の振込み手数料が一定回数無料である銀行についてお聞きしたいです。

新生銀行は月3回まで
新銀行東京は月5回まで
それぞれ無料である事は知っています。

この2つ以外に、振込み手数料が無料である銀行はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「住友信託銀行」
無通帳方式のネット振込が月5回まで無料。
手数料優遇キャンペーン中のことなので、
いつまで続くか判りませんが・・・。
http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/charge.html

「住信SBIネット銀行」
キャンペーンで08年3月末月まで、月3回無料。
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/camp_furikomi_20071011

「イーバンク銀行」
イーバンク口座で給与振込を受ければ、月3回無料。
http://www.ebank.co.jp/p_layer/campaign/kyufuri/index.html

Q新しい銀行が誕生しても、金融危機の問題は残りますか?

 少し勉強しましたので、3日にこのコーナーで質問したコーナーは閉じます。
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=228264

 ところで、不良債権を持っていない新しい銀行も登場して来ているようですね。
 ソニ-銀行、IYバンク(イトーヨーカ堂の銀行)が有名なようですが、これらは何か特殊な銀行なのですか?

 不良債権を抱えていない新しく優良な銀行が数多く登場してくれば、不良債権を抱え経営不振に陥った銀行が淘汰されることは、市場原理の面から考えると世の定めなのだと思います。
 したがって、新生銀行の登場が活発化すれば、「金融危機」という言葉は死語になると思うのですが、この考え方はどこか間違っている(=短絡的すぎる)のでしょうか?
 ご指導よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 >ソニ-銀行、IYバンク(イトーヨーカ堂の銀行)が有名なようですが、これら・
新生銀行は主な業務を個人に絞っており(だったような気がする)、一般に言われる銀行とは性格が違います。
 >不良債権を抱えていない新しく優良な銀行が数多く登場してくれば、不良債権・
経済で言う銀行の役割とは社会にお金を送り出すポンプのような働きです。このポンプがなければ経済はうまくいきません。このポンプの働きをなかば放棄したような銀行では経済がうまくいきません。それから不良債権の問題は不良債権を持った銀行が潰れてしまえばいいと言うような単純な問題ではありません。不良債権は当初発生した時と比べて大きく変わってきています。発生した当時(バブル崩壊直後)はその原因が土地を担保にしたため土地価格暴落によっていたり、無茶な貸し付けによる物でした(つまり銀行側の責任が大きい)。しかし今現在不良債権と呼ばれる物の多くは近年の新規発生分です。つまりお金を貸していた会社がどんどん借金を返せなくなり倒産していく事によって発生したものです。ですからこれらの銀行が淘汰されると言うことはここから融資してもらっている危ない会社(もしくは優良会社でさえも)潰れるとう事です。ですから銀行が潰れる→会社の倒産もしくは資金繰りの悪化→他銀行への影響(企業は普通複数の銀行から融資を受けますので)というふうに連鎖していきます。一般企業では考えられない銀行への公的資金注入が叫ばれるのもこの連鎖を防ぐためです。

 >ソニ-銀行、IYバンク(イトーヨーカ堂の銀行)が有名なようですが、これら・
新生銀行は主な業務を個人に絞っており(だったような気がする)、一般に言われる銀行とは性格が違います。
 >不良債権を抱えていない新しく優良な銀行が数多く登場してくれば、不良債権・
経済で言う銀行の役割とは社会にお金を送り出すポンプのような働きです。このポンプがなければ経済はうまくいきません。このポンプの働きをなかば放棄したような銀行では経済がうまくいきません。それから不良債権の問題は不良債権を持っ...続きを読む

Q振込み手数料、無料の銀行はどこ?

知らない間に新生銀行は、他行宛ての振込み手数料が1回のみしか無料じゃなくなったんですね。 そこで質問ですが、新生銀行以外でインターネットによる振込み手数料が無料のところはどこがありますか。
東京三菱銀行、みずほ、などそれぞれご存知の方いましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ここが月3回無料。今のところ。
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/charge_srv
ただし、イーバンクへの振込みは有料。ゆうちょ銀行への振込みは不可。

Q金融自由化とペイオフ解禁

金融自由化を行うと同時にペイオフ解禁を行ったのはなぜなのでしょうか。どなたかお教えいただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそもペイオフ制度は70年代からありました。しかし、日本は高度経済成長期。金融機関が破綻するなどということなく90年代を迎えます。

金融の自由化と国際化が進む中で、金融機関破綻が実際に起こってしまい、96年に政府は01年3月末までの5年間特例措置として預金の全額保護を決定しました。つまりペイオフを凍結したのです。

Q銀行の振込み手数料を少しでも安くしたい。。。!

今度、賃貸マンションに住むことになったのですが、振込み先が三井住友銀行で、私の給料が振り込まれるのがUFJ銀行です。他銀行にお金を振り込むのって、振込み手数料が発生しますよね。そこで、毎月のこととなると小さなお金かもしれませんが、振込み手数料さえ辛いのです。。なので、少しでも手数料を安くするOR無しにする方法っでないでしょうか?また、振込みにいちいち銀行に足を運ばなくていい方法はありませんか?
銀行に関しての知識がないので、ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

会社からの給与振込みを「新生銀行」に変えられるのでしたら、ANo.1さんの提案と同じ方法をお勧めします。

メリット
1.振り込み手数料、新生銀行以外の銀行であれば、月5回まで無料。
2.振込み作業は、インターネット画面から自宅で行なえる。俗に言うネット銀行と同じとが出来ます。

私も、もちろん新生に口座を持っていますが、目的はオークション等での振り込み手数料の削減のためです。月5回も振り込む事はありませんから、かなり有効です。

でわ!

Q金融危機の背景

サブプライムローンをきっかけとしてアメリカから始まった金融危機はいつどのような背景で実体経済まできたかを細かく教えていただきたいです。   よろしくお願いします。

Aベストアンサー

さんこうに

http://allabout.co.jp/career/jijiabc/closeup/CU20070819A/


人気Q&Aランキング