郵便局の定額貯金の名義が旧姓のままになっています。
戸籍抄本があれば、改姓の手続きができると思いますが、「旧姓のままになっているパスポートがあれば大丈夫」という書き込みをどこかで見ました。
本当に旧姓のパスポートがあれば、改姓の手続きができるのでしょうか?
その場合、旧姓を現在の姓であると偽って手続きするという意味でしょうか?(そうであれば、避けたいと思います)

ちなみに、今、手元に旧姓のパスポート・現在の姓の運転免許書・有効期限の切れた旧姓の免許書に改姓の訂正の入ったものがあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

経験者&関係者という立場から、正しい回答をさせていただきます。



改姓手続きに必要な物のうち、slowmadeさんが郵便局に持って行く物は
・貯金通帳(証書式の場合は証書)
・現在の姓の運転免許書(現在の姓の保険証でもOK)
・印鑑(今までの印鑑を引き続き使う場合は、同じ印鑑でOK)
以上の3点です。
http://www.yu-cho.japanpost.jp/t0000000/tj100100 …

あとは、郵便局で「氏名変更届書」という用紙をもらって記入し、
それを窓口に出せば手続き完了です。月曜・金曜・連休明けは窓口が
混雑するので、それ以外の日に行くと早く処理できると思います。

なお「戸籍抄本」でも変更処理が可能ですが、その場で通帳(又は証書)を
受け取ることができず、後日、自宅宛てに送付されます。
ですから「保険証」や「免許証」の方が簡単です。
http://www.yu-cho.japanpost.jp/t0000000/t000d001 …

参考URL:http://www.yu-cho.japanpost.jp/t0000000/t000d001 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。
結局、
 ○氏名変更と転居(住所変更)の届出を同時に行う場合
 ○姓と名の両方の変更の届出を行う場合
に限り、戸籍抄本が必要ということでよろしいでしょうか?
ただ、私の場合、言い忘れていましたが、住所も変わっています。ということは、結論は戸籍抄本が必要ということですよね?戸籍だと本籍地から取り寄せなくてはいけないのですが、住民票の除票でも構いませんか?

お礼日時:2006/07/18 20:11

引き続きの回答です。


○氏名変更と転居(住所変更)の届出を同時に行う場合
とのことですが、住民票にも「旧住所」と「新住所」の記載がありますので
大丈夫です。もし不明な場合や心配な場合は、平日の8:30~18:00の間に
フリーダイヤル0120-108420で確認することもできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。
でも、住民票の除票ではなく、現在の住民票だと前住所は記載されても、旧姓までは記載されないから、氏名変更の疎明資料とはならないですよね?
まぁ、一度、直接電話してみますv

お礼日時:2006/07/18 23:32

●私も、基本的に#2の方の、アドバイスのとおり、


変更のお手続きには、「戸籍抄本」が、必要だと思います。

その根拠は、「ゆうちょ、の、HP」に、記載が、ちゃんと、あるからです。

「旧姓のままの、パスポートでもよい・・・」などは、まったくの誤りですので、ご注意を。

http://www.yu-cho.japanpost.jp/t0000000/tj100100 …
    • good
    • 0

戸籍抄本の提示以外は一通りでは行きません


旧姓のパスポートがあっても、現姓との関係を証明する資料が必要です

有効期限の切れた旧姓の免許証に改姓の訂正の入ったものと現在の姓の運転免許証の両方を提示すれば可能かもしれませんが、
現在有効でない証明書では受け付けてもらえない可能性もあります

オーソドックスに戸籍抄本を提示することをお勧めします

インターネットの書き込みの大半は、嘘とまでは言えませんが、正確ではありません
ひとつの情報として受け取る事が肝要で、単純に信用するのは危険です
    • good
    • 0

>「旧姓のままになっているパスポートがあれば大丈夫」という書き込みをどこかで見ました。


>本当に旧姓のパスポートがあれば、改姓の手続きができるのでしょうか?

その書き込みは言葉足らずですね。本人確認資料として旧姓パスポートもしくは免許証があれば
可能です。

名義が旧姓と言うことなので旧姓時代の確認資料と改姓後の確認資料両方があれば簡単です。

この場合両方の免許証があれば窓口で簡単に改姓出来ます。


戸籍抄本は不要です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧姓で銀行口座を作りたい

旧姓で銀行口座を作ることは出来ますでしょうか?

結婚して旧姓の銀行口座を全部解約しました。
しかし、またひとつ欲しいと思い質問させていただきました。

やはり無理でしょうか?

教えてください。
お願い致します。

Aベストアンサー

 No.2さんで述べられているように、旧姓のままの身分証明書があればつくれると思います。しかし旧姓のときの住所がそれにのっていると、キャッシュカードが届かない恐れがあります。転送届けを出してあっても「転送不要」扱いであったりするためです。通帳だけなら持っていられる可能性はあります。

 または一旦「離婚」して旧姓に戻り、旧姓の口座をつくって「再婚」する手もあります。それともそのまま離婚していますか?これは半分冗談。失礼いたしました。
 私なら旧制のときの口座も「記念」やいざというときのために残しておくと思いますが、いまとなっては・・・。

 ダメモトでいちおう銀行にお尋ねになってみてはいかかでしょう。
昔は偽名でもなんでも簡単につくれたのですが、いまはマネーロンダリング防止の観点から、たいへん厳しくなっています。たとえ正しい本人名義の口座でも一銀行につき2口座でさえどうかとう時代です。難しいとは思いますが、銀行によっては少々ゆるいところはあるかもしれません。

Q昔、親が私(娘)名義で作った郵便定額貯金について

おととい母が、
私(娘)名義で掛けていた古い郵便定期貯金通帳を出してきて、
民営化になるから新しく掛け変えるか現金に下ろすかどっちが徳か(金利的に等)、
あんたのために貯めたお金であんたの通帳なんだから自分で郵便局でよく聞いてきて、
徳な方にしてきなさい!と言うので、
仕事の昼休みに通帳持って郵便局に行き、局員の方に説明を聞いて、
満期になってるのもあるのでそれはおろした方がいいでしょうし、
続けて掛けるなら新しい通帳に掛け直した方がいいけど、
手続きに少し時間が掛りますと言う事でしたので、
昼休み中だったこともあり
掛かえの申込用紙だけ貰って手続きはせずその日は帰りました。

しかし今朝になって母が、
あれはあんたの名義だけどお母さんが掛けたお金なのだから
全額、現金に下ろして自由に使うんだから
とにかく通帳を返せ!(惜しくなった?)と言い始めました。
つっぱねて会社に出掛けて来たのですが、さっき携帯にまた
『通帳返して頂戴!お母さんが現金にするんだから!』
とわめき散らす電話が掛かってきて…(汗)
母は日によって言うことが違うから怖いです。

通帳を返した所で、
名義人が私になっているので私の身分証明書がないと動かせないはずですし
(ただ古くから懇意にしている郵便局に持って行ったら、親子だから
局員さんが気を利かせて身分証なくてもおろせるのかも?ですが)
もともと母が母のお金で掛けていたものなので確かに彼女のお金ですし、
一緒に住んでいるので家計は一緒ですから
通帳を返す事自体はやぶさかではないのですが
200万以上の大金、急にどうするつもりなんだろうかとか
母が高齢(80近いです)なので最近は軽い痴ほうっぽい言動もあります。
言うとおりに通帳を母に渡しても(返しても)大丈夫でしょうか?
渡さないと納得しさそうですが、郵便局で本人以外で処理しないように
電話等で事情を説明して根回しする事とかは可能でしょうか?

現在、通帳は私が持っています。
通帳を開設した当時の判子は母が持っています。

ややこしい話ですが、どなたかアドバイス頂けたら幸いです。
宜しくお願いします。

おととい母が、
私(娘)名義で掛けていた古い郵便定期貯金通帳を出してきて、
民営化になるから新しく掛け変えるか現金に下ろすかどっちが徳か(金利的に等)、
あんたのために貯めたお金であんたの通帳なんだから自分で郵便局でよく聞いてきて、
徳な方にしてきなさい!と言うので、
仕事の昼休みに通帳持って郵便局に行き、局員の方に説明を聞いて、
満期になってるのもあるのでそれはおろした方がいいでしょうし、
続けて掛けるなら新しい通帳に掛け直した方がいいけど、
手続きに少し時間が掛ります...続きを読む

Aベストアンサー

きっとお嬢様の為とこつこつ預金されたのでしょう

お母様に返せばよいのでは もともとお母様が貯めたものですもの
無駄遣いはしないでしょう 最近の高齢者相手の詐欺に注意が必要ですが 日常のに些細なことでも、同じ事の繰り返しの話でも耳を傾け コミニケーションが取れていれば 詐欺や無駄遣いもわかるでしょう

贈与税は あなたの名義ですし働いておれば200万円はためることができると推察される。ということは 自分で貯めたといっても通じるでしょう(預金名義もあなたのものですから堂々と言えますね 当然、母が内緒で貯めてくれたなんて言ってはだめですよ)

あなたのものにするのなら お母様が印鑑をお持ちでも 印鑑登録変更すれば あなたの自由になりますよね。また暗証番号がわかれば ATMで通帳だけでもお金は下ろせます(キャッシュカードなくても)

懇意な局員でも お母様が200万円を下ろすには あなたの身分証明が入りますよ。一緒に行ってもです。 懇意な局ならお母様だけでも下ろせるかも知れませんが それでもあなたの身分証明と親子関係のわかるお母様の身分証明が必要。
 この点銀行は厳格ですが まだ郵便局はゆるく思います。

と言うのも 恥ずかしい我が家の昨年の経験です
 母が子供にためにと預金していたのですが 独立し住所も変わり このまま実家の住所では身分証明の住所と違う もしものとき、即下ろせないでは困るだろうと 本人に通帳の存在を明かし住所変更させた。
勿論、通帳自体は母に戻させた。(自由に使えるお金でないからと)
 何年~10年のち 母が亡くなり本人に通帳を渡すべく利息の記帳に行ったら この通帳はすでに再発行されています。(ありゃ~印鑑も通帳も母の手元にあったのにですよ。紛失したと言ったのか 印鑑変更と通帳の再発行できたらしい)

そして、しっかり使われていました。
母がなくなった後わかったことですので 誰も文句は言いませんが

きっとお嬢様の為とこつこつ預金されたのでしょう

お母様に返せばよいのでは もともとお母様が貯めたものですもの
無駄遣いはしないでしょう 最近の高齢者相手の詐欺に注意が必要ですが 日常のに些細なことでも、同じ事の繰り返しの話でも耳を傾け コミニケーションが取れていれば 詐欺や無駄遣いもわかるでしょう

贈与税は あなたの名義ですし働いておれば200万円はためることができると推察される。ということは 自分で貯めたといっても通じるでしょう(預金名義もあなたのものですから堂々と...続きを読む

Q旧姓で残っている銀行口座やクレジットカードについて(現在使用なし)

結婚前に使っていた銀行口座やクレジットカードについてお伺いします。
現在は姓も変わり住所も変わり頻繁に使う銀行口座やクレジットカードは変更届けを出して現在使用中ですが、使わなくなった口座、クレジットについては、変更届けを出していない為、旧姓、旧住所のまま通帳やカードが手元に残っています。
これを破棄する前にわざわざ解約の連絡をするべきでしょうか?

Aベストアンサー

銀行口座はそのまま、放置していても特に問題ありません。
放置された口座は5年~10年で休眠口座になります。さらに、放置すると最終的には預金残高は銀行に没収されませす。
口座の残高が無いのであれば、何も問題ありません。

実際、私もそう言う口座があり、何年も前に実家に連絡が有りましたが、さらに放置しているので既に没収されているかもしれません。(残高は1桁の円です)

クレジットカードについては、解約すべきです。
カードが手元にあったとしても、偽造カードやネット上でカード番号を入力されて使われる可能性が全く無いわけではありません。

仮に使われた場合、請求書は旧住所に届くので、実際に気づくことになるのはずっと後になると思います。
この場合気づいた頃には、クレジットカードの不正利用の保険の期間を過ぎてしまっているので(届出から60日前まで補償されるのが一般的)、使っていないのに支払義務が発生する可能性が出てきます。

Q郵便局の『郵便為替』と『定額小為替』はどこが違うのですか?

何故二種類あるのかなとちょっと疑問に思いました。
ご教授ください

Aベストアンサー

※普通為替
現金を普通為替証書に換えて送付する送金方法です。
送る
送金額に料金を添えて、郵便局へ提出すると、引換に普通為替証書が発行されますので、お客さまはその証書を受け取る方に送ります。
このほか、お客さまのご請求により普通為替証書を郵便局から受け取る方にお送りするお取扱いがあります。

郵便局で証書と引換に現金をお受け取りになれます。

※小口の送金には「定額小為替」が便利です。
現金を小口定額の為替に換えて送付する送金方法です。
送る
送金額に料金を添えて、郵便局へお申し出をいただくと、引換に定額小為替が発行されますので、お客さまはその定額小為替を受け取る方に送ります。

定額小為替には以下の金種があります。
50円、100円、200円、300円、400円、500円、1000円

受け取る
郵便局で定額小為替と引き換えに現金をお受け取りになれます。

送金の手順などは「普通為替」の場合と同様ですが、定額小為替は、金種、料金とも小口となっておりますので、少額で50円未満の端数のない場合のご利用には、定額小為替が便利です。
以上、郵便貯金ホームページより抜粋

参考URL:http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/ssk00000.htm#ssk00000

※普通為替
現金を普通為替証書に換えて送付する送金方法です。
送る
送金額に料金を添えて、郵便局へ提出すると、引換に普通為替証書が発行されますので、お客さまはその証書を受け取る方に送ります。
このほか、お客さまのご請求により普通為替証書を郵便局から受け取る方にお送りするお取扱いがあります。

郵便局で証書と引換に現金をお受け取りになれます。

※小口の送金には「定額小為替」が便利です。
現金を小口定額の為替に換えて送付する送金方法です。
送る
送金額に料金を添えて、郵便...続きを読む

Q自己破産申請時の旧姓銀行口座

既婚女性です。
近々自己破産を申し立てる予定です。

その時に預金通帳をコピーしたものを提出するようにとされていますが、現在結婚後の新姓の銀行口座が二つ、旧姓の銀行口座が二つあります。
ただ旧姓の方は一つは通帳を紛失しており手元にありません。
もう一つはネットバンクの口座で通帳自体ありません。
旧姓の口座に関しても裁判所は詳しく調べるのでしょうか?
旧姓での取引明細、残高証明を出してもらうのもなかなか大変そうですし、家庭の事情で外出もままならない状況なので出来るものなら旧姓口座の方は隠しておきたいと思っています。

実は少し前に生活保護申請も検討していたのですが、その時に市役所で保健福祉の業務に携わっていた知人に「保険は解約しなくても奥さんの旧姓口座から引き落とすようにすれば良い」とアドバイスを受けています。
生活保護に関してもその辺は結構詳しく調べるはずなので、それなら自己破産でも…と思ったのですが、そういう訳にはいかないのでしょうか?
もしお分かりになる方がいらしたら、お答え頂ければとても助かります。

Aベストアンサー

違法行為になります。もし保険をその口座に移して契約続行したとすると(保険契約及び銀行口座の隠蔽)、裁判所が確認すれば破産宣告は受けられても、間違いなく免責決定は下りません。破産宣告と免責決定は別のものです。

自己破産を検討されているとのことですので、弁護士に委任する予定かと思います。その際に必ず必要になりますので、氏の変更の上通帳を再発行してもらってください。通帳再発行後、解約しても構いませんが、その通帳は保管し、弁護士に提出してください。

氏の変更には証明書類が必要になります。免許証の更新などで証明能力が無ければ、戸籍謄本が必要になる場合があります。詳しくは銀行にお問い合わせください。

Q担保定額郵便貯金の解約

担保定額郵便貯金を払戻したいと思っています。そこで、解約には払戻受領書が必要だと郵便局のホームページに書いてあったのですが、払戻受領書ってなんですか?

Aベストアンサー

●「払戻受領書」とは、「払い戻し請求書」の、ことです。
「払い戻し請求書」の、2枚目がカーボンコピーに、なっております。
「郵便局の、窓口」にある、赤い用紙の、ことです。

Q旧姓で銀行口座はもてますか?

旧姓で銀行口座ってもてるのでしょうか? もうすぐ結婚しますが、そのままの口座で貯金をもっておきたいのですが・・

Aベストアンサー

銀行を利用するにあたってのルールは、各銀行で定める預金規定等になります。
全部の銀行を見たわけではありませんが、ゆうちょ銀行や都市銀行は預金規定の中に「届出事項の変更等」という項目を設け、「直ちに書面によって届出てください。」と書かれてあります。
原則的として、ご結婚され姓が変わったのであれば、変更手続きをするべきです。

ただし、銀行サイドとしては質問者さんが結婚したという情報は入ってきません。
よって、届け出をしないと旧姓のままで口座を維持できるということになります。

名義変更をしないことによる当面の不都合は考えにくいですが、口座引き落としに指定してある口座で、引き落とし先の名義を変えると、引き落としに失敗したりということはあるでしょう。あと、銀行からのお知らせも手元に届かない可能性があります。
また、先の預金規定にはこの手続きを行わないで発生した損害は、過失があった場合を除いて補償しないと書かれています。

どちらを選択するかは、質問者さんお選びください。

Q定額郵便貯金が満期になったら自動でぱるるへ振込ってできますか?

定額郵便貯金の口座とぱるるの口座を持っています。当然ですが両方とも自分名義です。
定額郵便貯金が数年後に満期になるのですが、その時に自動でぱるるの口座へ振り込んでもらうことは可能ですか??

妹は数年前にそういう設定をしたそうですが、昨日郵便局で聞いたら「できない」と言われてしまいました。最近変わったのでしょうか??

Aベストアンサー

 こんばんは、#1です。
 妹さんは、証書の定額貯金を担保定額貯金に変更されたとのことなのですね。
 申し訳ないのですが私はそのような取扱いがあったとの記憶がないのです。

 私は元職員(郵便局ではなく事務方でした)ですが、他業種へ転職して数年たっておりまして、手続きに関する記憶も少々曖昧になっておりますし、規定が変わっているかもしれません。

 大変お手数で恐縮ですが、郵便局(違う局がいいかも知れません)で「この定額貯金証書を担保定額貯金にできるか?」とお聞きになられたほうが確実かと思います。お恥ずかしいことですが、聞かれたことにしか答えない職員もいることですから・・・。

 十分な回答になっておりませんで申し訳ございませんが、ご容赦ください。

Q旧姓名義の銀行口座(なぜ同一人物とわかるのか?

こんにちは。
とある銀行口座の名義について、旧姓から変更せずに放置していました。(定期なので、満期の時に変更すればいいかな~、と思っていたのですが。)
でかつ、同銀行の別支店で新姓で新たに定期を組みました。

開設時にはなにもいわれなかったのですが、1年程経ったつい先日「●●(別)支店の口座をお持ちですよね。名義変更して下さい。」と電話がありました。

ふと疑問に思ったのは、旧姓⇔新姓では、姓・住所・印鑑も全く別ですし、勤務先も違います。なのに、なんで分かるんでしょうか?(生年月日、名前だけしか一致しないのに・・・。)戸籍とか調べられてるんですかね?

Aベストアンサー

> ふと疑問に思ったのは、旧姓⇔新姓では、姓・住所・印鑑も全く別ですし、勤務先も違います。

姓名の、「名」の漢字と、読み、そして、生年月日、属性(銀行独自のデータ?)等から、銀行のコンピュータセンターが「名寄せ」のプログラム・ソフトを動かして、「同一人の可能性あり」として、ピックアップして打ち出したのでしょう。

「名寄せ」とは
https://www.google.co.jp/#q=%E5%90%8D%E5%AF%84%E3%81%9B


だから、名義の銀行から電話が有った時、銀行の担当者も「同一人か別人か」断定できずに、電話して来たのでしょうね。

金融機関では、名義人も忘れている休眠口座とか、名義変更をしない口座とかを見つけるために、いろいろなプログラム・ソフトを開発や工夫をして、休眠口座、名義忘れ口座を見つけているようです。

Q郵便局での貯金について

今日、高齢の私のおじいちゃんが、郵便局に貯金に行くので
ついてきてくれということで、一緒に行ってきたのですが・・・

おじいちゃんは50万円ほどの定額貯金をしたくて行ったのですが、
通帳を見た窓口の人にこう言われました。

「あぁ、イタイ基準額が0円になっているので、郵便局ではもう貯金できないですね。ほら、普通貯金の残高のところに( )で書いてあるでしょ?」また、通帳の表紙の裏を見せて、「ここが0円になってるから、もう限度額一杯で入らないんですよ」と言われました。

おじいちゃんはもちろん、私にも何のことだかさっぱり分かりませんでしたが、とにかく貯金はできないということで、他に待っている人もいたので、何も聞かずに帰ってきました。

おじいちゃんの貯金は一体どうなっていて、なぜ貯金できないのでしょうか??
また、残高の( )書きとか、表紙の裏のどこかの項目の0円というのは一体どういうことなのでしょうか?

すみませんが教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 残高の( )書きとか、表紙の裏のどこかの項目の0円というのは一体どういうことなのでしょうか?

 今ではゆうちょ銀行の口座間で送金や払込み(振込み)が可能となっていますが、昔は郵政省と大蔵省(銀行)との兼合いで、貯金口座では送金できない制度となっていました。ところが時代変化とともに貯金口座での口座間送金や払込みという要求が増えたため、これらの取扱をするために郵政省が考えたのは、振替口座の利用でした。振替口座は主として企業での利用を想定したもので、利息が付かずに送金が可能な口座です。この振替口座を貯金と同時に開設させることで、制度を変えずに、貯金口座で送金が可能になりました。

 民営化後もシステム的には未だ民営化以前のものが継承されていると思うので、通常貯金の通帳が1冊だけでも、内部的には通常貯金と振替(送金)口座の2つを持っていることになります。ところでゆうちょ銀行では通常貯金(厳密には貯金全体)に預金限度額があり、通常貯金では移替基準額(預金限度額)を超えて入金された場合は自動的に振替口座に入金される仕組みになっています。()内に表示された金額は、この移替基準額を超えて、つまり振替口座として入金されたことを表します。

 現在移替基準額が0円になっているということは、通常貯金以外の貯金商品で既に預金限度額一杯に貯金しているためだと思われます。この場合新たに貯金することは出来ません。現在通常貯金の通帳に入金されている分は全て利息がつかない振替口座の残高として扱われています。

> 残高の( )書きとか、表紙の裏のどこかの項目の0円というのは一体どういうことなのでしょうか?

 今ではゆうちょ銀行の口座間で送金や払込み(振込み)が可能となっていますが、昔は郵政省と大蔵省(銀行)との兼合いで、貯金口座では送金できない制度となっていました。ところが時代変化とともに貯金口座での口座間送金や払込みという要求が増えたため、これらの取扱をするために郵政省が考えたのは、振替口座の利用でした。振替口座は主として企業での利用を想定したもので、利息が付かずに送金が可能な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報