江戸時代が舞台で、「剣客、幕末、新撰組」以外をテーマにした作品でお勧めを教えて下さい。なお、長編で巻数が10巻以上になるものは出来れば避けたいです。

ちなみに、杉浦日向子さんの作品、ながはまとしみ「大江戸きっちん」、湯浅ヒトシ「耳かきお蝶」など、市井の人々の暮らしを描いた作品が好みです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

石の森章太郎「さんだらぼっち」単行本全17巻 文庫全6巻


石の森章太郎「八百八町表裏化粧師」全3巻
大島やすいち「探し屋の女房 江戸うせもの控」現4巻
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

石ノ森章太郎さんの2作品に興味がわきましたが、どちらも絶版のようですね。角川から大全集というのが出ているようですが流石に60万出してまでは揃えられませんのでマンガ喫茶あたりで探してみようと思います。

お礼日時:2006/07/20 10:21

『 あんみつ姫 』


 作:倉金章介
 (リメイク:竹本泉)

『忍者無芸帖』
 作:いしいひさいち

『やじきた道中記』
 作:長谷川町子

 いずれも,質問の主旨とは違う回答ですね.
 失礼しました.

この回答への補足

皆さんにポイントをおつけすることができないので、教えて頂いた回答の中で、予想外に面白い作品を教えていただいた方にポイントをつけさせて頂きました。
ご回答本当にありがとうございました。

補足日時:2006/08/22 16:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

長谷川町子さんの「やじきた道中記」に興味を持ちました。今でも購入出来るようですので読んでみようと思います。

お礼日時:2006/07/24 18:30

あだち充「虹色とうがらし」



設定は未来らしいけど、どうみても江戸。
(もちろんそういう狙いで)
ラブコメ?
あだち節です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「虹色とうがらし」そういえば江戸でしたね。文庫版が出ているようですので、そちらをチェックしてみたいと思います。

お礼日時:2006/07/24 18:22

木原敏江さんの「夢の碑(いしぶむ)シリーズ」のコミックサイズの単行本9~13巻辺りが「鵺(ぬえ)」とい作品で、江戸が舞台のピカレスクロマンです。

美貌の武士・浪人・盗人・髪結・花魁などが登場し、美人局や陰間茶屋、殺人などと絡んでお話が進みます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
文庫シリーズが出ているようですので、そちらを読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/07/20 10:32

『大江戸酒道楽~肴と花の歳時記~』ラズウェル細木(著)


 タイトル通り江戸時代の食文化を紹介する漫画です。
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ラズウェル細木さんは「酒のほそ道」は存じておりましたが、江戸を舞台にしたものも書いておられたのですね。読んでみようと思います。

お礼日時:2006/07/20 10:25

思い浮かんだのは大好きな 村上もとかさん の JIN~仁


http://www.roy.hi-ho.ne.jp/motoka/indexright.shtml
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「JIN-仁-」は読んでおりました。確かに面白い作品ですよね。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/07/20 10:23

本田恵子「お江戸は眠らない」


とにかく綺麗な絵が見たい方にはお薦め。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「お江戸はねむれない―菊組天下御免―」でしょうか?

ちょっと検索してみましたら、「吉原で1,2を争う花魁が本当は天下のお殿様の娘」という設定がありました。なかなか面白そうですね、読んでみます。

お礼日時:2006/07/20 10:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸文化、風俗や江戸の刑罰を中心に学べる学部はどこでしょうか?

江戸文化、風俗や江戸の刑罰を中心に学べる学部はどこでしょうか?

Aベストアンサー

文学部歴史学科(ほかにも人間文化学科などの名称がありうる)の日本近世史ですね。もっと詳細には,近世の文化史・法政史を専門とする教員がいるところがいいでしょう。

Q歴史(戦国時代、新撰組あたり?)のことを知りたい

学生時代(今も学生ですが・・・)ものすごく社会が嫌いでした。
特に歴史はさっぱりわからなくて、歴史上人物の名前も覚えられなくて何が楽しいんだろうとすごく疑問でした。
しかし、最近日本に興味を持ち始め、日本の昔のことも知りたいと思うようになってきました。(戦国時代・新撰組あたり)
そう思い立って中学時代の歴史の教科書を引っ張り出して読んでみたのですが、やっぱり理解できないので、漫画で楽しみながら学んでいきたいなぁと思い、質問することにしました。
日本の歴史漫画のお勧め作品を教えてください。
わかりやすいのであれば漫画じゃなくてもOKです。ただ教科書で理解出来ないので相当理解力がないヤツです;
忠実に再現している漫画でも良いですし、歴史上の人物が現代にやってきたとか、現代の主人公が1000年前にタイムスリップするとか、そういったユニークなストーリー漫画でも大歓迎です。

ちなみに今知っている歴史漫画は少年漫画のピースメーカーと、少女漫画のリョウ(だったかな?)です。

過去の質問見ればいろいろな情報があると思うのですが、今日中に買いに行きたくて、すぐに質問することにしました。
よろしくお願いします。

学生時代(今も学生ですが・・・)ものすごく社会が嫌いでした。
特に歴史はさっぱりわからなくて、歴史上人物の名前も覚えられなくて何が楽しいんだろうとすごく疑問でした。
しかし、最近日本に興味を持ち始め、日本の昔のことも知りたいと思うようになってきました。(戦国時代・新撰組あたり)
そう思い立って中学時代の歴史の教科書を引っ張り出して読んでみたのですが、やっぱり理解できないので、漫画で楽しみながら学んでいきたいなぁと思い、質問することにしました。
日本の歴史漫画のお勧め作品を...続きを読む

Aベストアンサー

漫画ですと有名どころは
・花の慶次
http://www7.big.or.jp/~sosan/hokuto/hanakei.html

・信長
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/484010493X/kazusanosuke-22/250-4005529-4751413

この2大作品をお薦めします
歴史を学ぶという点はともかく物語として非常に面白い名作です
この漫画をきっかけに歴史好きになった人も多いです

Q江戸時代の犯罪、捜査(?)方法、司法、刑罰

江戸時代の犯罪、そしてそれを捜査する際には現代のような科学技術も
無く、その捜査方法はどういったものだったのか。
そして犯罪人を処罰する当時の司法機関や課せられる刑罰。
この辺りについて調べてみたいと思ったのですが
何かおすすめ、適当な書籍などはないでしょうか?
歴史に関してはほとんど無知な私ですが
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

刑罰については明治大学博物館の「刑事部門」に、
当時の写真や復元刑具の展示があります。
展示内容は、「法の情報化」「江戸の捕者」「拷問と刑罰」
「裁判」等に分かれています。
西洋の刑事裁判・拷問具も展示されています。

書籍では、
『江戸時代 犯罪・刑罰事例集』解題 原胤昭・尾佐竹猛(柏書房)
『図説 日本拷問刑罰史』 笠間良彦著(柏書房)
等、いろいろ出ています。

参考URL:http://www.meiji.ac.jp/museum/

Q明治時代~大正時代が舞台のマンガを教えてください。

「九十九眠るしずめ」と「カミヨミ」というマンガを読んで、
明治時代に興味を持ちました。できればもっと、明治時代が舞台のマンガを
読んでみたいです。御存知の方はぜひ教えてください!
(「ハイカラさんが通る」みたいな大正時代の話でもOKです)
私は政治とか戦争とかは詳しくなくて「日露戦争物語」かは難しくて
よくわからなかったので、できれば、ファンタジーみたいな、
あまり難しくないのをお願いします。

Aベストアンサー

 No.7です。
 入手可能であれば、いなだ詩穂が白泉社時代に出した『幻影奇譚』と言うコミックスもお薦めします。読みきりシリーズで私は結構好きでした。雑誌掲載された話が全部収録されていないのが非常に残念です。

 10年以上も昔の本なので完全に絶版ですが、古本屋なら今も取り扱いがある筈な(1週間前に古本屋に行ったら目視しました)ので、一回位は手に取って読んで頂いても、良いのではないかと。
 

Q江戸時代の発明の法律と刑罰について

江戸時代の発明・技術・開発についての法律について質問です。

1. 見世物や特産品は発明を許されたが、それ以外は発明を許されなかった
私はこういう理解です。そこで、
a. このような法度を破った人は刑罰を受けたのか?
b. 受けたとしたらどのような刑罰か?

というものです。
 ※そもそもの理解が間違っていたらご指摘ください。


それから、次のは、ついでで…必ずしも解答が必要な訳ではありませんが…。
2. 「江戸の町に消火機構を作ろうとした宮大工が、志を果たせず亡くなった」これは父のご先祖の話を母から又聞きしたものです。一応、開発できなかった理由は上述の法律が邪魔だったという事になっているのですが、それを事実と仮定した場合、この話は
a. 史実の可能性はあるか?
  I. 史実とした場合
   i. 消火機構のような人命救助に役立つものが許可されない理由の政治的・社会的論拠とは?
   ii. どのくらいの確信で逸話を真実と捉えられるか?
  II. 史実でない場合
   i. 何故このような逸話が口伝されていると考えられるか?
b. 「宮大工」ってのは、
  I. 当時の世間体(一般の評価・政治家との関わり)はどんな感じだったんでしょう?
  II. ただの大工とは違っていた?(持っているスキルや知識、信仰的に)

以上です。

書籍をあさって考察したいのですが、本業のために読む本の方が優先順位が高いので、探す時間・読む時間があまりとれません。

よろしくお願い致します。

江戸時代の発明・技術・開発についての法律について質問です。

1. 見世物や特産品は発明を許されたが、それ以外は発明を許されなかった
私はこういう理解です。そこで、
a. このような法度を破った人は刑罰を受けたのか?
b. 受けたとしたらどのような刑罰か?

というものです。
 ※そもそもの理解が間違っていたらご指摘ください。


それから、次のは、ついでで…必ずしも解答が必要な訳ではありませんが…。
2. 「江戸の町に消火機構を作ろうとした宮大工が、志を果たせず亡くなった」これは父のご先祖の話を...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/200805/jpaapatent200805_048-055.pdf
が参考になるかと思います。
龍吐水の支給がされていたことを考えると、江戸の大問題である消火に関してそこまで規制が行われていたとは考えがたいところですが、知見がありませんので、文献の紹介に留めます。

QBLコミック、この作品にハマったら大変という作品

BLコミックで、中毒性がある作品を教えてください。



BL小説で、木原音瀬さんという作家さんの作品をご紹介いただきました。

購入前に色々調べてみると、何と言うかBLの王道というか典型的BL作品というのではなく、
しかも、何だか中毒性というのでしょうか、
読んでしまった後、日常生活に戻るのが大変なような、そんな感想文をネットで何度か目にしました。

BLは小説もコミックもあんまり多く持っていなくて、
コミックで高永ひなこさんの作品を大体持っているくらい。
小説では、きたざわ尋子さんのだまされたいシリーズを全巻持っているのと、
御堂なな子さんの作品を数冊持っているくらい。

興味はあるのですが、仕事を持っていますので(主婦とか大学生とかではないので)
中毒してしまって、日常生活に差障りがあっては・・・と思い、
木原音瀬さんの小説は未読です。
ただ、アマゾンで購入した、FRAGILE という作品が、手元にあることはあります。

Aベストアンサー

私も木原さんの作品は、ネットでの評判等を読んでいて、
まだ怖くて一度も読む気になれないので、
質問者様と似ているかもと思いました。

BLコミックでハマったら大変な作品…とのことですが、
中毒性があるかと言われると、人それぞれかと思いますので、
私が1冊読んでハマってしまい、その後作品を全て揃えたり、
新刊が出たら買い続けているような作家さんを上げますね。

可愛らしい系だと、
 ・小椋ムクさん
 ・三島一彦さん
 ・藤谷陽子さん
 ・北別府ニカさん
 ・タカハシマコさん

王道かな?と思うのが、
 ・山田ユギさん
 ・夏目イサクさん
 ・夏水りつさん
 ・まさお三月さん

個性的(独特の世界観)かな?と思うのが、
 ・猫田リコさん
 ・ヤマシタトモコさん
 ・雲田はるこさん
 ・腰乃さん
 ・草間さかえさん
 ・鈴木ツタさん
 ・鹿乃しうこさん


ふと読みたくなり、頻繁に読み返すことが多い方々の作品です。
作品でハマるよりは、作家買いが多いので、多くなってすみません…
15年以上BL作品を読んでいるのですが、
最近の作品をあまり知らないので、ちょっと古めかもしれません。

1冊で終わるものや、読み切りばかりを集めた本もありますので、
試しに1冊読んでみて、ご自分に合うかどうか確認してみると良いと思います。
参考にして頂けたらと思います。

私も木原さんの作品は、ネットでの評判等を読んでいて、
まだ怖くて一度も読む気になれないので、
質問者様と似ているかもと思いました。

BLコミックでハマったら大変な作品…とのことですが、
中毒性があるかと言われると、人それぞれかと思いますので、
私が1冊読んでハマってしまい、その後作品を全て揃えたり、
新刊が出たら買い続けているような作家さんを上げますね。

可愛らしい系だと、
 ・小椋ムクさん
 ・三島一彦さん
 ・藤谷陽子さん
 ・北別府ニカさん
 ・タカハシマコさん

王道かな?と思う...続きを読む

Q江戸時代の刑罰について教えてください

宮部みゆきさんの時代ミステリー小説を読みました。
同心が中心となって活躍する人情物のストーリーで面白かったのですが、最後に同心や岡っ引きは犯人を特定したにも関わらず、捕らえもせず放免した状況となっています。(実際は管轄外であることなどでややこしい設定となっていますが)犯人は、殺人及び幼児誘拐監禁を犯しています。(ましてや誘拐監禁は同心の目の前で行われています)
現代なら、死刑もしくは無期懲役相当の罪になるところかと思いますが、江戸時代ではこのような事態に対して役人が見逃すことなどもありえたのでしょうか。
妻もこの小説はすでに読んでいて、私のこの疑問に対して「宮部みゆきは人情物語を書いたのであり、このような情状酌量を認める心温まる同心の活躍を書くことが主眼であったのだろう」と言いますが、どうも納得いきません。
私は宮部みゆきさんの時代小説は時代考証もきちんとしていると思っているだけに、江戸時代には公の機関によって罪に罰が下されないということがありえたということが得心いかないのです。
どなたかお考え、ご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

警察の誕生 (集英社新書)
上記は基本的には、近世欧州における警察の進化と、明治の日本人が見た、近代化した欧州警察を記述しております。

近代以前の警察は公安警察というか、支配者に逆らうやつを取り締まる。というのがメインの仕事で、個人の犯罪は、あんまり関与しない。
でなければ、100万都市江戸にあのように少数の警察官で済むわけがない。

二足のわらじ
という言葉がありますが、上記の警察の誕生によれば、19世紀以前の欧州の警察も「二足のわらじ」状態で、訴えるためには、役人にカネを払う必要があったり、犯罪者が金を払えば訴訟を取り消しちゃうというのが日常茶飯事だったそうです。

Q手塚治虫先生の作品で犬をテーマにした作品を教えて下さい

手塚治虫先生の犬と人間の心温まる交流を描いた作品を探しています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私には具体的にどの話と絞ることが出来ないのですが、

「手塚治虫アンソロジー犬傑作集」という本があります。手塚治虫氏が今まで描いたマンガの中で犬が出てくるお話だけを新しく集めなおした本です。参考にどうですか?

参考URL:http://ja-f.tezuka.co.jp/manga/backlist/te37/te37_00101.html

Q江戸所払いに付いて

奉行が江戸所払いの刑を言い渡すことがありますが、現代の刑罰で言うとどれくらいの刑に相当するのでしょうか?

Aベストアンサー

すりの場合、初犯は入墨、再犯が江戸所払いですから、今なら中短期の懲役刑ではないでしょうか。
(4回目で首が飛ぶ)
ご承知のように江戸所払いといっても、立ち入り禁止という訳ではなく、江戸の中心部には住めないだけですから、「執行猶予付き」とも言えます。
江戸のやくざが旅人姿をしてるのも、町人でも旅人に限り刀の所持が認められたことと、前科持ちは江戸の中心部に住めないので、旅の途中に立ち寄ったと、方便をつけるためだったとか。

江戸ところ払いの有名人
 玉屋市弥兵衛(花火師、火薬の事故)
 め組の辰五郎(火消し、けんか)
 市川団十郎(歌舞伎役者、瀟洒禁止令)

Qオススメの新撰組のマンガを

新撰組についてわかる漫画を探しています。
あまり、くだらない物では無く、「おーい!竜馬」的な漫画がいいのですが、オススメの物がありましたら教えて下さい。
宜しくお願い致します…

Aベストアンサー

『月明星稀~さよなら新選組~』はどうでしょうか?
まだ連載中の作品で現在8巻まで出ています。
↓で上のほうにある『第1話を読む!』をクリックすると読めるのでどうぞ。
http://www.youngsunday.com/rensai/comics/getsumei.html#


人気Q&Aランキング

おすすめ情報