最新閲覧日:

幼少の頃、川崎病になった私はそのとき血液製剤を投与されたことを知らず育ってしまいました。
最近、知人にその頃の血液製剤は危ないかもしれない・・・といわれました。
それってHIVとか?
急に不安になってしまいました。
しかし、今から23年程前なので大丈夫とは思うのですが、気になって仕方ありません。何か検査などを受けた方がよいのでしょうか?
HIVの他に心配な病気などはあるのでしょうか?
教えてください。

A 回答 (4件)

輸血後感染を起こす可能性のある主なウイルスとしては以下のウイルスがあります。


1.肝炎ウイルスとしてB型肝炎ウイルス(HBV)、C肝炎ウイルス(HCV)
2.レトロウイルスとしてHIV,HTLV-(1)(成人T細胞白血病ウイルス type1)
3.その他のウイルスとしてサイトメガロウイルス、EBウイルス

HBVに関しては1998年まではHBs抗原のみの検査でした。この時点では輸血後B型肝炎の発生が0.13%ありました。その後高力価HB抗体の検査が加わって0%となりました。この事よりHBVが感染している可能性はわずかですが存在します。

HCVに関しては最初の検査が導入されたのが1989年12月ですので、検査を受けられたほうが宜しいと思います。

HIVに関してはもちろん当時検査はされていませんが可能性はかなり少ないと思っていただいて宜しいと思います。

HTLV-1(成人T細胞白血病ウイルス type1)は南九州での一部の地域ではキャリアの方が30%位おられる所もあり、比較的日本人の保有率の高いウイルスです。この検査は1986年から行われていますのでこれは検査が必要です。但しウイルスを保持していても発症率は高くありません。

サイトメガロウイルス、EBウイルスはかなり確率が低いと思って結構です。

上にあげたウイルスは全て検査が可能です。現実的にはjijyoさんが感染している可能性は少ないと思いますが、見つかっても早期発見になるわけですので早めに対応することが出来ると思ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
もう少し勉強してみて検査を受けてみようと思います。
やはり、結果が少し怖いです。

お礼日時:2002/03/03 20:01

血液製剤から感染する可能性があるのは、各種肝炎、HIV、クロイツフェルトヤコブ病などさまざまです。



病院できちんと事情を話し、
その上で血液検査をしてもらうのが一番良いのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
検査受けてみようかな?という気持ちに少しなりました。
でも少し怖いかも。

お礼日時:2002/03/03 19:59

やはり肝炎ウィルスへの感染のことではないでしょうか。


肝炎は、血液製剤、輸血、性行為感染などが感染源です。
よろしかったら参考URLをご覧になってくださいね。

参考URL:http://kaneninfo.tripod.co.jp/003vksg.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/03 19:56

HIVは大丈夫としても、C型肝炎ウィルスの方は以前からあったので、


検査は受けておいた方がよいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2002/03/03 19:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報