「島原の乱」の天草四郎時貞は、現在日本のキリスト教会(特にカトリック)の中でどのような扱いになっているのでしょうか?
 殉教者・聖人という扱いなのでしょうか? それとも、ただの農民一揆の首魁、神の使いを詐称して民衆を苦しめた悪人、ということになっているのでしょうか?

 実は、全然別のカテゴリの中でこの点を質問したのですが、あまり納得のいく回答をして頂けなくて…。
 ↓を参照下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=228301

A 回答 (1件)

現在のカトリックでは、天草四郎は聖人ではないですね。


聖人の前の段階の福者という段階があるのですが、それにも入っていません。
そもそも、教えに殉じたわけでもないというのが本当のところです。
困民のために立ち上がった立派な人物ではあるでしょうが(ここは僕の主観)。

余談の知識ですが、日本で殉教した人のうち、初めて聖人と見なされているのは、日本26聖人殉教者です。東京の本所カトリック教会では、通年この聖人を奉祝する祭日を設けています。また、長崎にあるその聖人のレプリカは知られています。

この回答への補足

ありがとうございました。
要するに私が知りたかったのは「魔界転生」という映画の中で天草四郎は神の教えを裏切り、魔術で死人を蘇らせ、徳川幕府に復讐していくのですが、カトリック教会としては別に抗議する必要は何もないわけですね。

補足日時:2002/03/03 20:47
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「魔界転生」について。天草四郎を悪役にしていいの?

 沢田研二と千葉真一が主演した「魔界転生」は素晴らしい大傑作だと思います。
 だけどちょっと思うんですが、天草四郎は現在、日本のキリスト教徒(特にカトリック教会の方々)の中でどのような扱いになっているのでしょうか?

 というのはこの映画は、仮にも宗教指導者であり殉教者であるはずの天草四郎を悪役にし、しかも「イエスは我々を救ってくれなかった。ならば私は悪魔に魂を売り、魔力をもって徳川幕府に復讐してやる!」という四郎の復讐物語ですよね?
 キリスト教の方から抗議が来なかったのでしょうか? 私は全然キリスト教徒ではないので、大変面白く鑑賞できました。が、まっとうなキリスト教徒の目から見たら、腰を抜かしてひっくり返るような映画なのではないでしょうか。

 もし仮に、鎌倉幕府に逆らって佐渡島に流罪になり、許されて島から戻った後も身延山に隠遁(半幽閉状態と言えるでしょう)して死んだ<日蓮>が、「もはや仏など信じぬ。例えこの身は地獄に落ちようと、阿修羅となって鎌倉幕府と北条一族を滅ぼしてやる!」というストーリーの映画を作って公開したらどうなるでしょうか!?
 私は別になんとも思いませんし、面白い痛快な映画になると思います。が、「創価学会」からはとてつもない猛抗議が来て、絶対公開できないと思います。

 どうして「魔界転生」は公開できたのでしょうか?

 沢田研二と千葉真一が主演した「魔界転生」は素晴らしい大傑作だと思います。
 だけどちょっと思うんですが、天草四郎は現在、日本のキリスト教徒(特にカトリック教会の方々)の中でどのような扱いになっているのでしょうか?

 というのはこの映画は、仮にも宗教指導者であり殉教者であるはずの天草四郎を悪役にし、しかも「イエスは我々を救ってくれなかった。ならば私は悪魔に魂を売り、魔力をもって徳川幕府に復讐してやる!」という四郎の復讐物語ですよね?
 キリスト教の方から抗議が来なかった...続きを読む

Aベストアンサー

 キリスト教を信奉する個人・団体にとって、キリスト教の教義を知らない者の作った、あまりに荒唐無稽な物語だったから、ではないでしょうか。

 新約聖書を見ると、人間が復活するときは、いわゆる最後の審判のときで、人々は神の前に立ち、「いのちの書」に名を記されている善人は「聖なる都」に入り、そこに名を記されていない悪人は「火の池になげこまれ」て「第二の死」を迎えると書かれています(ヨハネの黙示録・20~22)。イエス自身も「善を行なった者は、よみがえっていのちを受け、悪を行なった者は、よみがえってさばきを受けるのです」と語っています(ヨハネの福音書・5-29)。

 ところで、天草四郎は「魔界転生」の中で、明らかに復活しています。となると、これはキリスト教における復活ではありません。ゆえに、たとえ映画中(小説中)で四郎が「イエス」「神」と口にしても(そういう場面があったかは忘れましたが)、それは別の宗教に属した天草四郎が、別の宗教のイエス・神の名を出しているのだと考えられます。したがって、キリスト教の人たちも相手にしなかったのでしょう。

 以上、仏教徒の家に生まれ、聖書に興味を持ったことがある人間が書きました。ゆえに「自信なし」です。

 キリスト教を信奉する個人・団体にとって、キリスト教の教義を知らない者の作った、あまりに荒唐無稽な物語だったから、ではないでしょうか。

 新約聖書を見ると、人間が復活するときは、いわゆる最後の審判のときで、人々は神の前に立ち、「いのちの書」に名を記されている善人は「聖なる都」に入り、そこに名を記されていない悪人は「火の池になげこまれ」て「第二の死」を迎えると書かれています(ヨハネの黙示録・20~22)。イエス自身も「善を行なった者は、よみがえっていのちを受け、悪を行なっ...続きを読む

Qwindows modules installer worker って何?

WIN8.1 IE11を利用してます。
別にPC重くはないのですが、タスクマネージャーを見たら

windows modules installer worker

とゆうのが、やたらとCPU使用率を使ってるので(50%くらい)
ちょっと心配です。いったいこれは何でしょう? そしてどうしたらいいのでしょう?
誰か教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

windows modules installer workerはWindows8/8.1以降に追加されたプログラムで、
Windows Update後に不要ファイルを削除するためのプログラムです。
環境によってはCPUパワーやメモリをかなり消費することもありますが、時間が経てば静かになるので
タスクキルはしないでそのままにしておいてください。


人気Q&Aランキング