やばいッス!もう期末考査です・・・。
なのに全然分かりません。
そこで何個か質問させてください。
1)~のようだと訳すseemsは知覚動詞ではないんですか?
2)so that、too to、enough toは全部かきかえがきくんですか?

教えて下さい。お願いします。

A 回答 (2件)

1)seemは知覚動詞ではありません。


知覚動詞とは無意識の感覚・動作の動詞で、代表的なものとしては、
see「見える」、hear「聞こえる」、smell「においがする」、taste「味がする」、feel「感じがする」などがあります。

2)
so that と too toは
たいがいは文法上は、書き換えができます。(テストではニュアンスまでは求められないです。)
この書き換えはよく試験に出ますよね。

He is so tired that he can not walk.

He is too tired to walk.

enough to では形容詞ではなく名詞がきます。

He has money enough to buy it.
He has enough money to buy it.
どちらでもOKです。

I was fool enough to believe him.
(私は愚かにも彼のいうことを信じた。)
のfoolは、形容詞的になって冠詞がなくなった
「名詞」です。

I was so foolish that I beleived him.
I was too foolish to believe him.
この場合のfoolishは形容詞です。

したがって、so that と too toのときは「形容詞」
enoughのときは「名詞」となるので注意しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

意味だけでなく伴う形もちがうんですね。
間違えないように注意します。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/03 21:19

1) 「知覚動詞」とは言わないと思います。

知覚動詞というのは「見る」「聞く」「嗅ぐ」などですから
I saw somebody jump into the river.「誰かが河に飛び込むのを見た」とか
They heard his name called.「彼の名前が呼ばれるのが聞こえた」と使うものです(SVOCの文ですな)。
He seems ill. 「彼は病気のようだ」では、単に「彼がどうだ」ということしか言っていません。(SVCの文とも言います)

2) so… that<SV>, too… to~. enough to~の書き換えは、間違えないようにしてくださいね。

 a)so…that<SV> 1「<SV>なほど…である」
          2「…すぎて<SV>である」

 b)too…to~  「~するには…すぎる(…すぎて~できない)」

 c)…enough to~「~できるくらい…である」

いかがでしょう?こんなところで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はぁ・・・。
enoufh toは他と若干意味が違うんですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/03 21:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qseem to 動詞 seem to be 動名詞 意味変わりますか? また、seem to 動詞に

seem to 動詞
seem to be 動名詞
意味変わりますか?
また、seem to 動詞には、
状態を表す動詞しか入らないのですか?
know. think
意外にも入るのですか?

Aベストアンサー

確かに、seem to の後は状態動詞が自然です。
現にそうしている、という状態でないと、
そのように思われる、見える、らしい、
ということにはならないので。

「これから~するらしい」的な意味ではないのです、seem to は。

動作動詞でも、be ~ing で進行形になれば
「~している最中」という状態になるので、
seem to の後に続けられます。

だから、進行形に seem to がついているのであり、
動名詞ではありません。

know/think 以外でも、状態動詞なら使えますし、
申し上げたように、動作動詞でも be ~ing にすれば使えます。

Q英文法(so~thatとtoo~to)

 英文法の質問です。
 よく次の例文の(1)から(2)へ、もしくは(2)から(1)へという書き換え問題があると思います。
(1) I was so tired that I could not walk any more.
(2) I was too tired to walk any more. 
 そして、(1)=(2)という記号が付いていることが多いと思います。しかし形が違うので、なにかしらの意味の違いがあると思います。
(ア)そこで、この二つの文には、どういう違いがあるのですか?もしくは違いはないのですか?
(イ)もしあれば、なにか使われる文脈などに違いがあるのですか?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高校の頃に予備校の英語の講師にされた説明によると、
例えばこの場合、
(1)は「もう歩けない」ということに、
(2)は「すごく疲れている」ということに、
言う人の主張の重点が置かれていそうです。

つまりso~thatは、~だから「…できないんだ!」という事実を、
too~toは、…できないくらい「~な状態なんだ!」という原因の方を
それぞれより強く主張しているのではないでしょうか?

ですが基本的に、意味自体に違いはないと思われます。

Q英語 to不定詞が来る動詞、to+名詞などが付く動詞などの覚え方は?

知覚動詞、使役動詞、megafepsdaなどは覚えやすいのですが
それ以外に動詞はたくさんあります。

to不定詞が付く動詞や、付かない動詞など、英作に必要な動詞を
覚えるのに、分類して覚えたいので、良い方法を教えてください。

知ってる動詞でも、英作する度に「to不定詞ってありかなぁ~」
と思うと、調べなくてはいけないので。
よろしくお願い致します m(_ _)m

Aベストアンサー

Oubliさんに賛成です。使う時に調べていくのが一番早道のような気がします。そのうちよく使うものはだんだん頭に残ってくるのではないでしょうか。I like to go shopping today.とは書いても、I like to shopping today.とは書かないみたいに…。自分自身がこうして身につけたものですから、私にはこれが一番いいように思います。

たしかに高校時代に似たような用法の単語をまとめて覚えるという指導をうけた記憶はあります。用法に違うものがあるという事実を理解するには役立ったと思いますが、そのとき定期試験までは記憶したそれぞれの単語は、使っていない限りしっかり忘れていますし、翻訳するときにも、自信のないものはたとえ初歩的な単語でも辞書やネットで用法を確認してから使っています。

ただし、記憶力がないことには定評のある(?)者のいうことですから、普通以上の記憶力をお持ちの方からは、別のアドヴァイスがあるかもしれません。お役に立ちましたら幸いです。

Qenough to とso as to 構文について教えてください

The boy is strong enough to help his father.
ほぼ同じ意味で、The boy is strong enough to help his father.
→どちらも、訳は“その子は大変力が強いので父の手伝いをすることができる。”

He did not do the job carefully enough to be successful.
ほぼ同じ意味で、
He did not do the job so carefully as to be successful.
→どちらも、訳は“仕事をいい加減にしたので彼は成功できなかった。”

上記の “その子は……”の文は肯定ですが、
“仕事をいい加減に……”の文は否定文から始まって、
“……to be successful.”を成功できなかった、と否定文になるのが意味がよく分かりません。

↑は最初にnotの否定がくると(did not do the job so carefully) 、
帰結というか、to以下は否定分になるのでしょうか?

The boy is strong enough to help his father.
ほぼ同じ意味で、The boy is strong enough to help his father.
→どちらも、訳は“その子は大変力が強いので父の手伝いをすることができる。”

He did not do the job carefully enough to be successful.
ほぼ同じ意味で、
He did not do the job so carefully as to be successful.
→どちらも、訳は“仕事をいい加減にしたので彼は成功できなかった。”

上記の “その子は……”の文は肯定ですが、
“仕事をいい加減に……”の文は否定文から始まって、
“…...続きを読む

Aベストアンサー

ほぼ同じ意味で
The boy is so strong as to help his father.
ですよね?
最初に言っておきますが、この so ... as to はほぼ死語です。

否定文の場合も enough to で考えましょう。

肯定文の場合、本来日本語のりくに当てはめると
父を助けられるくらい強い
ですが、
→十分強いので助けられる
と前から訳せます。

否定文の場合、
成功するくらい十分に注意深くしなかった
という意味です。

これを前から訳そうと思うと
十分にしなかったので、成功しなかった
とでもなるでしょう。

こういう構文を程度・結果構文といい、
前から訳せば結果、後ろから訳せば程度です。

英語の構造的には程度なのですが、
前から訳す手法が結果みたいなものです。

だから日本語でわかりやすいように前から訳さず、
特に否定文の場合、英語として、程度の否定として理解することです。

Q英語 視覚/知覚動詞+O+動詞の原型、視覚/知覚動詞+O+現在/過去分詞について 視覚/知覚動詞+O

英語

視覚/知覚動詞+O+動詞の原型、視覚/知覚動詞+O+現在/過去分詞について

視覚/知覚動詞+O+動詞の原型を受身の形にしたい時はto不定詞が使われますよね、
The boy was seen to fall down.
訳:その男の子は転ぶのを見られた
このような感じに

ここで、知覚/視覚動詞+O+現在/過去分詞の形を受身にしたい場合はどうすればよいのでしょうか?

その男の子は母親に叱られるのを見られた
この文を英文にしたい場合

The boy was seen to be scolded by his mother.
翻訳アプリではto不定詞を用いて↑のように表していたのですが、翻訳アプリなので文法が合っているのか分からないので質問させていただきました。
(あまり使わない表現だと思いますが文法を知りたいので別の言い回し等は聞いていません^^;)

Aベストアンサー

> 要するに受身を表す分詞の形は適切な表現が無い

人によるってことです。
「知覚動詞+O+過去分詞」を受身にした形に、何の問題も無いという人もいるし、一瞬、何のことか理解できない人もいる。

だから、先に挙げたスレッドでは
”The boy was seen knocked down by a car.”
が言えるかどうかで、議論になっている。

不自然だという人は、これを読んで不自然に思わない人のことが理解できない。
逆に、言えるという人にとっては、これのどこが不自然なのか理解できない。
だから、探せば用例はたくさん出てくる。



> 文法問題で分詞を使った視覚/知覚動詞+O+過去分詞をつかった問題はまず出てこない

大学入試レベルではまず出さないでしょう。

そもそも「知覚動詞+O+過去分詞」がそれほど頻度が高くない。
「知覚動詞+O+現在分詞」または「知覚動詞+O+形容詞」の方がはるかに多い。

だから、「知覚動詞+O+現在分詞」または「知覚動詞+O+形容詞」の受け身形なら出るかもしれない。
でもまあ、「知覚動詞+O+過去分詞」の受身を問題として出されたとしても、これでもう分かるようになったんじゃありませんか?
実際、用例がないわけじゃないから。



> The boy was seen being scolded by his mother.

これは
Someone saw the boy being scolded by his mother.
「男の子が叱られているのを見た」
「知覚動詞+O+現在分詞」の受け身形です。

> 要するに受身を表す分詞の形は適切な表現が無い

人によるってことです。
「知覚動詞+O+過去分詞」を受身にした形に、何の問題も無いという人もいるし、一瞬、何のことか理解できない人もいる。

だから、先に挙げたスレッドでは
”The boy was seen knocked down by a car.”
が言えるかどうかで、議論になっている。

不自然だという人は、これを読んで不自然に思わない人のことが理解できない。
逆に、言えるという人にとっては、これのどこが不自然なのか理解できない。
だから、探せば用例はたくさん出て...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報