『金子みすず』の詩をネット上で、探していますが、
中々見つからないので、お願いします。

やはり著作権の問題で、ネット上では公開していないでしょうか?

HP,ご存知の方がいらっしゃいましたら、お知らせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

    • good
    • 0

ココで多少見付かります


ご期待に添えるかどうかは分かりませんが・・・。
検索で探してみてください

参考URL:http://www.easyseek.net/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

多少見つかりました!早速購入してしまいました。ネット上で探そうなどと言う、邪道な方法は、辞めます^^有り難うございます。

お礼日時:2002/03/04 09:25

こちらのサイトのトップページに、僅かですが金子みすずさんの詩が紹介されていますので、どうぞ。

(^_^)

参考URL:http://www.ncv-y.co.jp/~23-as/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

金子みす々さんの詩に惚れてしまって、ちょっと慌てて探しているのです^^もっと、他の詩も読んでみたくなりましたよ。有り難うございます。

お礼日時:2002/03/04 09:21

金子みすゞは1930年に亡くなっていますので、著作権はすでに失効しています。


しかし、没後永く経ってから、関係者の努力によって発掘されたという特殊な事情もあり、電子テキスト化は見合わされているそうです。(青空文庫、参考URL)
たとえばもし、あなたが金子みすゞの詩を入力してネットで公開するとしたら、法的な問題はありません。
しかし現時点で公開されていないのは、上に記したように、良心からの配慮によるものだといえます。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

亡くなられていると、著作権は失効になること、初めて知りました!
そうですね・・・良心からのネット上での公開は避けている・・・
と言う事、分かります。ありがとございました。

お礼日時:2002/03/04 09:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの詩ご存知ですか?

こんばんは。

ちょっと前に「いのちはいのちをいけにえにしてひかりかがやく…」
という内容の詩を聞いていたく感動したんですけど、
タイトルも、誰の詩かもわからないのですが、もう一度全部を読みたい
のです!!

どなたか、ご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。
作者と、タイトル、載っている本の名前がわかると、ありがたいです。

Aベストアンサー

谷川俊太郎「クレーの絵本」の中の「黄金の魚」です。
「クレーの絵本」は講談社から1500円で出ています。

Q親子関係や家族の普遍的価値について詩われた詩

親子関係や家族の普遍的価値について詩われた良い詩などはご存知ありませんでしょうか?

大変申し訳ありませんが、今は日本に住んでおりませんので、出来れば「詩集」のご紹介ではなく、「詩」そのもの、もしくは「詩」そのものが書かれたサイトをご紹介いただけると助かります。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

教科書に載ってた詩なんですが、河井酔茗の「ゆずり葉」。
親、大人たちがこども達へ向けてうたった詩です。

著作権にひっかかる(?)かも知れないのでURLは載せませんが、作者と題名で検索すればすぐヒットしますよ。

Q金子光晴のIL

ILっていう作品の略語の意味をご存知でしたら教えてください、
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これは略語ではなく、フランス語の「IL」でしょう。
ほかにも意味を含ませるということも考えられますが、
この場合は詩人のイメージにあるキリストが一貫してうたってあることからみても、
「彼」で充分だと思います。

Qネット上で読めるライトノベル

参考までに、ライトノベルを2~3、読んで見たいと思いますが、本屋で買うのは抵抗があるので、ネット上で公開しているものがありましたら、教えてください。
ジャンルは、特に問いませんが、なるべく優秀な作品が希望です。

Aベストアンサー

http://mkw.papy.co.jp/exzg/ranking.php
こう言うのもあるが、作品水準については保証しない。

Qネット上の書評の好感、反感、購買意欲

 ネット上の書評を見て、それに好感を持つのはどんなときですか?反感(嫌悪感)を持つのはどんなときですか?ネット上の個人の書いた書評をみて、買おうかなと思ったことはありますか?或いは直接amazon等でそれを購入したことはありますか?
 
 頻繁に訪問なさっている書評サイトがあればそれも教えてください。
 自分のサイトのコンテンツをつくるにあたって、どのような書評文を書けばいいのか悩んでいます。他人に本を紹介するときに、ほめればいいのか、鋭く何かを指摘しなければいけないのか。
 ビジネス本等だと、内容のあらましも重要ですよね。

Aベストアンサー

私は「書評」とは、原稿料を貰って、記名で書く「作品」の一種だと思っていますので、ネット上で勝手に書いているものは、「感想文」でしかないと思っています。
私自身、ネット上で本の「感想文」を書きますが、基本的に(広い意味で)面白くなかった本は、一切取り上げませんので、全般にいいところを誉めた文章になってしまいます。
他のサイトでは、辛らつに切って捨てるような感想文もありますが、単に、自分の知識の豊富さや頭のよさを自慢したいだけの自己顕示欲だけのサイトは、読む気はしないですね。
その本の面白さを上手く伝えてくれるサイトで、そのサイトを読むうち、自分と感性が近いとわかって、その後、読書の参考によく読んでいるサイトがあります。
それから、自分でも書けるような感想文は、読まないです。自分にはないような着眼点とか、情報を元に、書いてある文章は、とても参考になるので、そういったサイトはよく読みます。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報