宇宙が膨張しているとしたら、地球から見て北極側に光速の50%で離れていく星の光は、南極側に同じく光速の50%で離れていく星には永久に届かないと考え良いのでしょうか?

もしそれが正しいならば、そこがお互いの宇宙の果てになるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

ビッグバン理論や相対性理論は一つの仮説でしかなく、一つの御伽噺でしかありません。


光より速く動けないと言われても、宇宙から見れば余計なお世話なのではないでしょうか。

ビッグバンが起こって宇宙が膨張しているならば濃度が薄くなっていくはずですが、それが見当たらないのは新しい物質がどんどん発生している事になります。
新しい物質がどんどん発生できるのであれば、元々派手な花火(ビッグバン)は必要なく静かに宇宙を形成してくれればいいですよね。
物質が発生するのに何かのきっかけが必要とするならば、その派手な花火はどこからやって来たのでしょうか。

相対性理論というのはその心情とは反語を使った訳で、科学者、そして宗教家にとって絶対論が欲しかった訳でしょう。

時間の概念がある限り宇宙の始まりは遠い昔どこかに有るはずですが、宇宙の果てが有るのか無いのかは、一つの物質が生まれて次ぎの物質がどこかに生まれる間の時間が認識できるものと考えれば果ては有るし、認識できるものではないと考えれば果ては無い事になるのでしょう。

宇宙の謎を解明するのは、これから科学が発達していっても恐らく困難なものである事が予想されます。
それは我々がどこからか得てしまった精神を解明するのと同じ事ではないでしょうか。

永久に合えない星達

永久に合えない宇宙の真理か
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

3次元にいる我々でも2次元のことが全て解かっているわけでは有りませんので、4次元にいる神様でも宇宙の真理の全てには会えないと思います。

お礼日時:2002/03/07 21:31

 


  率直に言いまして、よく分かりませんので、「自信なし」とします。しかし、No.4 の方の回答は、わたしの考える範囲では、おかしいと思えます。
 
  >……星には永久に届かないと考え良いのでしょうか?
 
  条件によりますが、この場合、有限の時間内に届くと思えます。
 
  >もしそれが正しいならば、そこがお互いの宇宙の果てになるのでしょうか?
 
  正しいとは思えませんので、宇宙の果てにはならないと思います。
 
  北極側の星または銀河をNとし、南極側の星または銀河をSとします。すると、Nから地球へは有限の時間で光が届きます。ここで、地球で、Nからの星を確認し、その半分は、そのままSへと送ります(例えば、半透明の鏡等を使い、一部の光を観測し、一部の光は、鏡を使って、Sの方向へとまた、送り出すのです)。すると、地球からSへは、有限の時間で、光は届きます。
 
  あいだに地球が入っていますが、Sへと送る光は、何も手を加えていないので、そのまま地球には関係せず進んでも、NからSへ、有限の時間に光が到達することになると思います。
 
  ただ、その場合、NからSに辿り着いた光は、相当にスペクトルがずれているだろうとは云えます。ぎりぎりで電磁波が来たということになるでしょう。「可視光」の形では、届かないだろうと言うことです。
 
  宇宙がハッブル膨張している場合、ある天体を原点にして、そこから見た「宇宙の果て」というのは、遠ざかって行くにつれ、スペクトル変位が大きくなり、後退速度が、「限りなく光速に近い」天体です。宇宙が無限の大きさだと、そういう天体より更に遠くの天体が更に更に遠くに無数にあることになり、この天体より僅かに遠くに、全部かたまって見えるはずです。これが「事象の地平線」で「宇宙の果て」です。
 
  物質の移動速度は、光速が上限であるが、空間の移動速度は光速を超えることができるというのは、考え込みましたが、違っているように思います。
 
  稚拙なイメージかも知れませんが、ハッブル膨張する宇宙で、閉じていて、等方で等質な空間を考えると、モデルとしては、直径Rの四次元の超球が考えられ、この表面の超球面が、この三次元の宇宙だというモデルになり、ハッブル膨張は、超球のRが、時間と共に増大していることだとなります。
 
  すると、或る空間点Aと別の空間点Bが、光速を越えた速度で離れて行くということも起こり得ます。「空間は超光速で移動できる」とは、こういうことを言うのだろうと思いますが、空間はそもそも「移動するのか」という疑問があります。空間をマーキングできるのは、内部の物質で、電場や磁場、電磁場です。
 
  空間点AとBにそれぞれ銀河があれば、この二つの銀河は、超光速で、離れ合っていることになりますが、そうはならないはずです。
 
  結局これはどういうことなのかと言えば、おそらく、AとBをマーキングできるのは、電磁波(光)で、空間の二点が、膨張により、超光速で、あいだの距離が広がって行くように思える場合、「あいだの距離」を、計っているのは、特定の座標系での光の運動の観測であり、「あいだの距離」は、どんなに宇宙が激しく膨張しても、(現代の物理学の知見では)光速以上の速度では、広がらないということでしょう。
 
  ハッブル膨張は、観測すると、赤色変移がスペクトルにあり、この説明として、天体や銀河が我々の太陽や銀河から離れているのだということになるので、その場合、等方向的に膨張速度が等しく思えるので、我々の銀河が、宇宙の膨張の中心というのはおかしいと思えるので、宇宙全体が四次元的に膨張しているのだろうという話になっているはずです。
 
  我々の銀河を中心に考えてもよいのであり、そう考えると、遠方に行くにつれ、観測天体は、どんどん、光速に近く遠ざかって行くことになりますが、光速を越えることはできません。(天体が、超光速で運動しているとすると、相対性理論の「光速度不変の原理」が破綻します。空間は、物質や場でマーキングされるのであり、物質も場も、量子力学の仮想過程ならともかく、超光速では運動できないはずです)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
感覚的ですが、何となくは解かります。

一つ疑問があるのですが、光速の50%以上で離れていく銀河N1の更に先には光速の50%以上で離れていく銀河N2が有りますね。
この銀河N2の光も地球に届くと考えていいのでしょうか ?

お礼日時:2002/03/07 21:23

届かないです。


宇宙の地平線ってやつですね。
正確には、event horizon(事象の地平線ってやつです。(嘘かも;何しろhorizonってたくさんあるので)

「地球から見て北極側に光速の50%で離れていく」
のは確かですが、この表現はかなり注意が必要です。
離れていくのは、銀河というよりは「銀河が存在している空間」なのです。どう違うのかというと、
相対論は、通常物質が光速を超えるのは、禁止していますが、空間の運動は光速を超えるのは別に禁止していないからです。

たとえばブラックホールから光が出てこれないのは、
ブラックホール周りの空間が光より速い速度で中心に落ち込んでいるから、ということになります。

では、実際に、2つの空間が光速を超えて運動していたら?
当然、2つの空間は、互いに観測できず、無関係な系ということになります。このことが後に宇宙論の大問題になるのですが、それはまた別の話です。

参考文献:いつぞやの数学セミナー
     二間瀬なんとかさん(東北大教授)
     特集「超」の中の「超光速」 
     
かなり昔のバックナンバーなので、
手に入れるのは難しいかもしれませんが、
わかりやすく、しかも短く解説しています。
一読の価値はありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
しかし、うーむ、難しい。「空間の運動は光速を超えるのは別に禁止していない」・・・素人には難しすぎます。少し時間をかけて考えてみます。
でも考える事は、楽しい難しさだと思います。刺激をありがとうございました。

お礼日時:2002/03/05 20:15

今読み返したら、早速致命的に間違ってました…。


時速でなく秒速でした。全個所です。
すいませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、大変ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/04 15:05

光の速度は光源の運動に左右されずに一定だそうです。

だから光は届くはずです。
 でも、仮に星の光が届かないとすると、それは認識できないのですから、宇宙の果てというよりも、その星の住民の科学力の限界点と考えたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
光の速度は光源の運動に左右されずに一定・・・そうですか。人間の感覚を超えていますね。

お礼日時:2002/03/04 14:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光で映画レンタルしていますか?

世間では光への移行が進んでいるようですが、我が家はお恥ずかしながらまだADSLです。光にすると映画などをレンタル出来るそうで、実際のレンタルビデオだと貸出中や延滞金があるのに、それがないとのこと。皆さんは本当に光で映画などをレンタルしているのでしょうか?もしもしているとすれば、どこの事業者のどの料金プランでどのように使っているのか教えていただけますか?

私は関西で戸建てに住んでいますので、選択肢としてはeo光かフレッツひかりのどちらかだと思われます。しかし例えばNiftyのひかりTVの場合、お値打ちプランだと月額3675円もの高額な料金になります。ツタヤ等の実店舗でレンタルビデオ1回につき500円としても月に8本以上もレンタルしないとひかりTVがお得になりません。せいぜい月に1~3本しか見ない我が家ではツタヤの実店舗に今まで通り借りに行くほうがお得に思われます。

Aベストアンサー

インターネット動画配信サービスを行っているところもありますよ。

huluというサービスは月額980円で見放題というサービスがあります。

Q宇宙が平坦だとすると宇宙の果ての問題は?

「宇宙の果てはどうなっているのか」という問題は考えるとジレンマが発生し、実際はどうなっているのか非常に不思議でした。

宇宙に果てがあるとすると、その果てには壁があるのか、その壁はなにできているのか、岩で出来ているとするとその岩はそれまた無限の体積を持つのか。

宇宙に果てがないとすると、宇宙の大きさは無限なのか、無限の大きさなどというものが実際にありえるのか。

といった具合に、宇宙に果てがあるとしてもないとしても「本当にそんなことってあるの?」的なジレンマが発生し、困ったことになってしまいます。

「無限」の問題と「果て」の問題は同じことの現われ方の違いという気がしますが、いずれにしても困ったことになってしまう。

高校の頃に読んだ宇宙の本の中ではこのジレンマに対して、スッキリした形で回答していました。曰く、「宇宙は正の曲率で曲がっており閉じている」。2次元に落としてたとえると、宇宙は球面のようなものであり、有限であるが曲がっていて一方向へいくらでも行ける。つまり果てがない。果てがないけど有限である、ということで、私の中では宇宙の「無限」と「果て」のジレンマは解決されていました。

ところが最近の観測ではなんと「宇宙は平坦である」というじゃありませんか!? 「宇宙が有限でかつ果てがない」というのは空間が曲がっていて初めてありえることであり、宇宙が平坦であるとすると「無限」と「果て」のジレンマが再発生してしまうではありませんか?

それとも「宇宙は平坦である」ということと「宇宙は正の曲率で曲がっており閉じている」ということは矛盾しない別の事柄なのでしょうか?

「宇宙の果てはどうなっているのか」という問題は考えるとジレンマが発生し、実際はどうなっているのか非常に不思議でした。

宇宙に果てがあるとすると、その果てには壁があるのか、その壁はなにできているのか、岩で出来ているとするとその岩はそれまた無限の体積を持つのか。

宇宙に果てがないとすると、宇宙の大きさは無限なのか、無限の大きさなどというものが実際にありえるのか。

といった具合に、宇宙に果てがあるとしてもないとしても「本当にそんなことってあるの?」的なジレンマが発生し、困ったこ...続きを読む

Aベストアンサー

球の表面のように、端も外も中心もない形は存在します。
最近の観測結果である、「宇宙が平坦である」というのは、
幾何学的に平坦であるという話ではなく、重力収縮にも
転じなければ、膨張も続けない、重力と膨張が釣り合って
静止に漸近する(これを宇宙定数0とも言う)という話です。

時間と空間のダイナミックなつながりを正しく把握しないと、
宇宙の構造を正しく認識できません。
「宇宙の果て」が『果て』なのは、そこが137億年の歴史を
持つ宇宙の、137億光年先=137億年前の姿だからです。
そこはビッグバン開始時の点であり、実際、強烈な輻射が
(光速に近い後退速度で間延びして)観測されています。
その『果て』からこちらを見れば、こちらが137億光年前の、
ビッグバン当時の姿=果てなのです。
すなわち、宇宙のどの地点においても、必ず観察者を
中心に宇宙年齢光年の半径の宇宙が見えるのです。
(どうやって「端」に行きますか?)

その爆発によって噴き出した宇宙の一番「端っこ」は、
あなたのいる所です。
また、その137億光年向こうに立って見ると、あなたの
立っている所が、137億年前の姿=「爆発の輻射」の壁の
一部に見えるのです。
その「自分を中心とした半径137億光年の球面」は、ビッグ
バン開始時の点であり、「ここ」も含まれているのです。

「こっち側」は、時間的に収束していますが、「むこう側」は、
空間的に収束し、両端で点に収束していて、そんな葉っぱ
のような形を張り合わせて地球儀を作るように、この宇宙
も球の表面(ただし四次元空間における三次元球面)の
ように果てはないのです。

本来、ビッグバンの慣性で膨張しているのであれば、重力に
よって減速して、その「宇宙寿命光年先のビッグバン当時の
輻射」は、晴れ上がってもいいのですが、ずっと見えている
不思議に対して、「加速している」とか「ビッグバン初期に
超光速で飛散した」とか、諸説が唱えられています。
しかし量子論的に考えると、認識によって宇宙が生じる=
自己(現在/感受/光速)から過去(記憶/時間/超光速)
と未来(予測/空間/光速下)が対発生していると考えれば、
その基底としての時空が広がる(時間経過=空間膨張)のは
当然のことです(最外縁が光速で遠ざかる事で膨張としては
静止に漸近する)。

我々は「過去は既に終わっている」「未来はまだ来ていない」
ので、「存在するのは現在」と考えますが、真の『現在』とは、
認識体の感受表面での量子相互作用(光速)のみであり、
その経験(過去=超光速)による予測(未来=光速下)として
時空的広がりは発生しているのです。

全ての存在は、量子的な不確定性に基づいており、無限に
つめこむと存在確率の山が平らになって、無と等しくなります。
この「絶対無=不確定性無限」において、その無限のゼリー
の中に、仮想的な認識体の断面を切ると、その認識体にとっ
て、相補的不確定性を伴う存在による宇宙が見えます。
しかしその「存在」は、認識される階層的現象の表面的に
生じるもの(自我仮説に対する相補)で、根源的に絶対化し
ようとすると、元の無限不確定性に発散します。

実は、相対性理論にしても、量子論にしても、認識体との
相対によってしか存在は無い、という帰結を潜在的に持って
います。
客観的時空や絶対的存在というのはない、というものです。
認識性を除外した存在は、無=無限不確定性になります。
その無限の闇に、認識体の仮定断面の運動(プランク定数h
の収束の時系列化)を想定すれば、相対的に無の風は光に
なり、認識体はその光の向うに、自我仮説の補完としての
時空仮説=宇宙を認識します。

即ち、「何か有るんじゃないの?」という疑問(自我仮説)の
相補として生じた時空仮説に対して、「本当はないんだけどね」
という無の射影として、存在は生じていると言えます。
無いとは分からない事が有なのです。
だから「その外」は、何もなくて当然です(元々無いのだから)。

球の表面のように、端も外も中心もない形は存在します。
最近の観測結果である、「宇宙が平坦である」というのは、
幾何学的に平坦であるという話ではなく、重力収縮にも
転じなければ、膨張も続けない、重力と膨張が釣り合って
静止に漸近する(これを宇宙定数0とも言う)という話です。

時間と空間のダイナミックなつながりを正しく把握しないと、
宇宙の構造を正しく認識できません。
「宇宙の果て」が『果て』なのは、そこが137億年の歴史を
持つ宇宙の、137億光年先=137億年前の姿だからです。
そこはビッ...続きを読む

Q光ファイバーでの映画はどのていど鮮明でしょうか

インターネットでの映画をときどき見ています
光ファイバーにするとより鮮明になるそうなので、乗換えを視野に入れています。

光ファイバーでのインターネット映画の映りは実際のところはどのていどのものなんでしょうか 

現在はヤフーADSL50M です インターネットでの映画は見られなくはないがいまいちなのです

速度測定では
 下り 3.66Mbps
 上り 0.8Mbps
 伝送損失39dB
 線路距離2980m
と出ました(価格.com)

PC WinXPHomeSp2  Pen4 3.06GHzメモリ512×2

Q1光ファイバーでは期待できる速度やインターネットでの鮮明さはどのていどになるでしょうか
電器店とかでデモっているのを見れば判るでしょうか

Q2現在ブロードバンドルータを介してデスクトップ2台をLANケーブルで、ノート1台を無線でつないでいますが、光にしてもこれはそのまま使えますか(BUFFALO Air Station WYR G54 )

Aベストアンサー

 画像の鮮明さは回線速度ではなく、データ提供元の会社が決定します。
 現在、多くの会社から提供されているデータは、最大でも秒間2Mbps程度で、これはあなたのおうちなら充分視聴できるサイズです。(会社によっては、もっと画質のいいデータを提供しているところがあるかもしれませんが)
 よって、光ファイバーに乗り換えても、画質の向上はまったく見込めないでしょう。

 ちなみに、光ファイバーに乗り換えた場合、現在お使いのルーターは使えなくなります。
 ノートで今と同じように通信するには、専用のルーターを用意する必要があります。(光回線の提供元に聞けば用意してくれるかもしれませんが)

Q月の動きは、南極北極から見ると

白夜と同じようなものでしょうか? 同じ北緯南緯から見る月の動きは同じですか?

太陽と地球、地球と月、公転自転ぐらいまで理解してる程度です
黄道、白道も理屈だけ解ってるようですが、実感が伴ってないのです

大きな間違いとか、解り易い説明をお願いします

Aベストアンサー

1昼夜の天体の動きは,大まかにいって天の北極(北極星のある方向)と天の南極を軸にして東から西へと1回転するもので,太陽でも月でもこれに従います。これは日周運動といって地球の自転にしたがって我々の視線が動くからです。地球上で緯度が同じ場所では,天体はほぼ同じ動きをします。

北半球でも南半球でも,緯度が高い(天の北極・南極が天頂に近い)ほど天体の日周運動は水平に近くなります。白夜で太陽が沈まなくなるのはこのためです。天体の昇り・沈みも斜めの度合いが水平に近くなり,その結果ゆっくりと昇り・沈むことになります。

なお,日本だと天体が右へ右へ動くように見えますが南半球では左へ左へと動きます。北側の空を通るためです。

月も,高緯度地方であれば水平に近い動きをするため,沈まないでまた東の空へ回っていくという現象が起きます。ただ白夜の太陽のように何か月も出たままにはなりません。太陽よりずっと近くにあって地球から見た方向の変わり方が早く,天球上の太陽の1年分の動きを1か月で1周するからです。新月では太陽と同方向だった月が,約1週間後の上弦の半月の時には太陽の3か月分を先取りした位置にいます。

同様に高緯度地域では数日は月が水平線上に出てこない,という現象も起こります。

緯度が高いと動きが水平になるだけではなく,月の形を見る際「上」の方向が変わるため,高緯度では三日月が「立った」状態で見えることが多くなります。私は北欧の高緯度地方に住んでいるため,日本のような斜めに「寝た」角度が大きい三日月はなかなか見られません。ただし「上」の方向が違うだけで月の形自体は同じです。

こちらでは冬は満月が空高くこうこうと輝いてぐるっと空を回り,一方夏はあまり暗くならない上に南の空の地平線近くに出たかと思うと高く昇らず水平方向に動いてすぐ沈んでしまうため,夏はめったに満月を見ることがありません。

1昼夜の天体の動きは,大まかにいって天の北極(北極星のある方向)と天の南極を軸にして東から西へと1回転するもので,太陽でも月でもこれに従います。これは日周運動といって地球の自転にしたがって我々の視線が動くからです。地球上で緯度が同じ場所では,天体はほぼ同じ動きをします。

北半球でも南半球でも,緯度が高い(天の北極・南極が天頂に近い)ほど天体の日周運動は水平に近くなります。白夜で太陽が沈まなくなるのはこのためです。天体の昇り・沈みも斜めの度合いが水平に近くなり,その結果ゆっく...続きを読む

Q映画の背景で換気扇がゆっくり回って光が射し込んでいる映像

よくある映画のシーンで、背景に換気扇がゆっくり回っていてその隙間から光が射し込んでクルクルまわっているいる映像をよく見るのですが、これを一番最初にやった映画や監督は誰ですか?

大抵の映画にこのようなシーンがあるような気がするのですが・・・何故なんでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リドリースコットだと思います。ブレードランナーや、ブラックレイン、エイリアンなどに、そのようなシーンがでてきます。パッと思い浮かんだのが、リドリースコットです。

参考URL:http://www.i-breeze.com/ayachi/direct/direc_r/direc_r02.html

Q南極と北極が凍る理由

地球は太陽からの距離が適当なのに、何で
南極と北極は常に凍ってるんですか?

Aベストアンサー

地表面に当たる太陽光の傾きが大きいため、面積当たりの太陽光の量が少ないからだと思います。同じ断面積の光軸(同じ熱量)だと赤道付近は直角に近く小さい面積を照らしますが、極付近は地表に対してかなり鋭角になるため大きい面積を暖めることになります。あとは太陽からの距離も影響しますかね。

Q光と闇が対決する映画を教えてください

光と闇が対決する映画を教えてください。
洋画邦画アニメなんでもいいです。
たとえば「幻魔大戦」みたいなものでしょうか?

よろしくご教示お願いします。

Aベストアンサー

アニメ 「バンパイヤーハンターD」

 人間とバンパイヤーの混血、D(ディー)が
バンパイヤーたちと戦います。
 人間からはバンパイヤの仲間のように見られ
嫌われるDですが、彼に救われた人たちは彼への
感謝の気持ちを忘れていません。


洋画 ブレイド

 この日本アニメのパクリだと言われているハリウッド
映画に「ブレイド」というのがあります。
出産の直前に母親がバンパイヤーに襲われ、
人間でありながら、バンパイヤーたちが持つ
特殊なパワーを身につけたブレイドとバンパイヤー
たちの戦いを描きます。吸血本能だけは薬で
押さえ戦うブレイドですが、徐々に限界に近づき
苦戦を強いられます。

Q宇宙の果て、宇宙とはなにか

宇宙ってどれくらい広いんですか?
宇宙の果てなんてものはあるのでしょうか?
宇宙は無限というイメージがあるんですが無限だとすると我々が存在する太陽系みたいなものが1つや2つくらいありそうなきもしますがどうなんでしょう?

また宇宙について面白いお話があったら教えてください!

Aベストアンサー

>宇宙ってどれくらい広いんですか?
誰にも解りません
130億光年程度の星が発見されているので半径でそれ以上は確実ですね
またそれ以上の距離は光より早く星が遠ざかるので観測する事ができませんこれから先もどこまで広いかというのは解らないでしょう

>宇宙の果てなんてものはあるのでしょうか?
誰にも解りません
数年前の仮説では宇宙はたくさん有ると言ってました、よって果てがあるということになります
ですが、これは仮説であり事実かどうかは解りません
宇宙の仮説などというのは10年も有れば180度とは言いませんがそれに近いほど変わってしまう事が多々有りますのでなんとも言い難いです

>太陽系みたいなものが1つや2つくらいありそうなきもしますが
我々が住む天の川銀河だけでも太陽系みたいな物(恒星の周りに惑星(地球)が回る)ものは数億とあります
宇宙には銀河ですら数百万、数億とあります
全宇宙には太陽系みたいな物は兆を超えるくらいの数はあるのではないでしょうか?

それとも人が住む地球みたいな物という意味でしょうか?
宇宙の進む時間とは我々とは次元の違う物です我々が住む時間が宇宙の全てではありません
50億年前によその星で今の地球より発達した文明があった可能性は非常に大きいでしょう

50億光年先の星で50億年前なら今、目に映ってる星に文明が有るかもしれませんね

>宇宙ってどれくらい広いんですか?
誰にも解りません
130億光年程度の星が発見されているので半径でそれ以上は確実ですね
またそれ以上の距離は光より早く星が遠ざかるので観測する事ができませんこれから先もどこまで広いかというのは解らないでしょう

>宇宙の果てなんてものはあるのでしょうか?
誰にも解りません
数年前の仮説では宇宙はたくさん有ると言ってました、よって果てがあるということになります
ですが、これは仮説であり事実かどうかは解りません
宇宙の仮説などというのは10年も有れ...続きを読む

Qプリキュアの映画に行くと大きなお友達も光るライトをもらえますか?

プリキュアの映画に行くと大きなお友達も光るライトプレゼントをもらえますか?
一人で行った場合。

Aベストアンサー

チケットを買わずに入れる下の娘と
チケットを買った私は貰えませんでした。
チケットを買って入った上の娘だけが貰えました。
だから貰えないんですよ。なんだか納得いきませんが。

ちなみに昨秋の光るライトはミラクルライトII
この春のものはミラクルライトIIIです。

新しい主人公にちなんで
「幸せゲットだよ~♪」と言いたいところですが。。

Q宇宙年表のこと(最初の星から最後の星)

昔NHK特集でやっていた「宇宙大紀行」を見返していたのですが、「宇宙年表」を移していた回があって、その年代が定かでなかったので知りたいのです。

最初の星が誕生したのは、宇宙開闢後いつで、最後の(普通の)星が死滅するのはいつなのか?お願いできますでしょうか?

Aベストアンサー

・最初の星が誕生したのは宇宙誕生から90億年後です。

・最後の星が死滅するのはいつなのかはいろいろな説があります。
一説では10の18乗年後くらいには星はブラックホールに吸い込まれたり、銀河からはじき飛ばされてしまうらしいです。

蛇足ですが、私は宇宙が好きで趣味でいろいろ本を読んでいまして、以下の本はわかりやすくてお勧めです。
140億光年のすべてが見えてくる宇宙の事典(ナツメ社)
宇宙創造と惑星の誕生(ニュートンムック)


人気Q&Aランキング