パソコン初心者で、新中学1年生の息子を持つ母親です。
 全く英語を習っていないので、4月からが不安になってきました。(気づくのが おそすぎるかも・・・)
 そこで、パソコンならそんな人のお助けサイトがあるのでは・・・とさがしてみ ました。でも、何せ初心者ゆえどうやって検索していいのかわかりません。
 
 どうか、英語の発音がわかるサイトを教えてください。
 
 よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは。


単語だけですが、たまに使っているのが、gooの辞書です。
国語辞書はもちろんのこと、和英、英和、新語辞典などいろいろ豊富です。
参考URLには、英和を載せますが、gooのトップページからも入れます。
http://www.goo.ne.jp/
和英辞書で、検索してスピーカーマークを押せば、発音がでます。
参考になれば幸いです。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/ej-top.cgi
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 スピーカーの音が良くてびっくりしました。私も遊んでしまいそう・・・どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/04 15:33

英語の発音がわかるサイトですか・・・



私の紹介するサイトはかなり上級者用(?中学生にはちょっと・・・)ですので訳にはたたないと思いますが、参考までに・・・
でも、高校以上になってくると、こういうサイトはかなり勉強になると思われます。
発音練習も楽に出来ますし。
将来TOEICを受けるというのであれば、かなりいいサイトです。

でも、あんまり私の意見は参考にならないですね・・・・
( ̄▽ ̄;)

参考URL:http://www.hungryforwords.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 とても難しいものまであるんですね・・・びっくりしました。いつかこのサイトを使いこなす日を夢見て!どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/04 15:25

http://eiwa.excite.co.jp/

はとても使いやすい辞書だと思います。発音もほとんどの単語が聞けます。私の娘(中学校)重宝しています。

参考URL:http://eiwa.excite.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 電子辞書を買ってやろうかと思っていました。パソコンって辞書にもなるんですね。(何も知らなかったです)どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/04 15:29

ごめんなさい・・・ちゃんとURL出ませんでしたねm(__)m



ブロードバンドこどもチャンネル(下記URL)

子供のための英語
http://allabout.co.jp/education/kidsenglish/mbod …

参考URL:http://hirakegoma.tv/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。実は、夕べこのサイトを見たかったのですが、ダウンロードが良くわからず、開けないんです・・・子供にやり方を聞いてみます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/04 15:38

うちも利用しているホームページをご紹介いたします!


参考になれば嬉しいいです♪

参考URL:http://hirakegoma.tv/,http://allabout.co.jp/educ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ”経験者で自信あり”という方に教えていただけて、とてもうれしいです。
  ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/03 23:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリス英語とアメリカ英語の発音記号…

発音記号について復習しています。
イギリス英語の発音記号とアメリカ英語の発音記号について比べているような、良いサイトの記載などご存知ですか?
例えばどれとどれが記号は違うが同じ発音とか…。

また、イギリス英語発音記号、アメリカ英語発音記号についてお勧めサイトなどあれば教えてください。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「発音記号の発音の仕方」が変わるのでなくて、同じアルファベット綴りの単語で、発音記号が変わります。

まあ、併用しているのも多いみたいですね。。
紙の辞書を見ると2種類発音の仕方が書いてあったりしますが、区別していない場合もあるのかな。

以前の話題から少し、ご参考まで。

質問:アメリカ英語とイギリス英語のRとLの発音
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2034075

質問:イギリス訛を学びたい!
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1814595


上のトピックに載せたものと同じです。

http://help.yahoo.co.jp/help/jp/dic/ej02/ej2.html

http://tool.zaq.ne.jp/dic/hanrei_eiwa.html

http://manabu.s15.xrea.com/english/i01.html#02

引用ばかりでごめんなさい。

Q【英語の発音について】 iPhoneのSiriをアメリカ英語に設定してbadlyの発音練習をしている

【英語の発音について】
iPhoneのSiriをアメリカ英語に設定してbadlyの発音練習をしているのですが、Siriがbatteryと認識してしまいます。

badlyがbatteryではなく正確にbadlyと認識できるようなコツがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

badly
dとtの発音は舌の動きは同じなので、確り濁ること、

Lの発音も上前歯の裏に舌を当てて発音する事ではないでしょうか。

dの発音の直後のLは舌が後ろに行きやすくしたで音を反響させてしまうとrと認識されてしまいやすくなるでしょう。

dとLの発音を意識してみましょう。

Q英語の発音について

英語の発音について

英語初心者です。英語の発音について質問です。海外旅行に言った際、外国(英語圏あるいは英語圏以外)でカタカナ読みで発音した場合、どの程度分かってもらえるものなのでしょうか?

例えば、Where is the rest room? → ウエア イズ ザ レスト ルーム?

また、本格的な発音を身に付けたほうがいいでしょうか?本格的な発音を身に付けるには、どのようにするのが近道でしょう

Aベストアンサー

No.1です。
発音記号の読み方はNO.1にリンクしたこの中にあります。
タイトルをつけなかったので分かりにくかったでしょうか、すみません。

英語音声応用HP
http://fstc.hp.infoseek.co.jp/link.htm
  ↓
英語サイトもあちこちクリックしてみると役立つんですが、日本語サイトのほうがいいでしょうかね。
「英語・音の素」
http://pronunciation-english.com/
たとえばこんな感じ。
http://www.pronunciation-english.com/2/13-s/
http://www.pronunciation-english.com/2/05-k/

あとこれは他の方が紹介していたサイトなんですが、スティーブ・ムライの英語発音のコツ。
左下の「子音の発音」「母音の発音」というのをクリックして開くと、音声はありませんが、解説が出ます。
http://www.eigohatsuon.net/

音を聞くのは大切ですが、舌の位置、唇の噛み方、息(空気)などのコツを読むのも役立つと思います。少なくとも自分にとっては役立ちました。辞書についていた解説ページで読んだので、CDなど無かったんです。

No.1です。
発音記号の読み方はNO.1にリンクしたこの中にあります。
タイトルをつけなかったので分かりにくかったでしょうか、すみません。

英語音声応用HP
http://fstc.hp.infoseek.co.jp/link.htm
  ↓
英語サイトもあちこちクリックしてみると役立つんですが、日本語サイトのほうがいいでしょうかね。
「英語・音の素」
http://pronunciation-english.com/
たとえばこんな感じ。
http://www.pronunciation-english.com/2/13-s/
http://www.pronunciation-english.com/2/05-k/

あとこれは他の方が紹介して...続きを読む

Qイギリス英語とアメリカ英語、習うならどちら?

英会話を習いたいと思い、英会話教室に通おうと思っています。
英会話を習おうと思ったのは、単純に「英語が話せるようになりたい」と思っただけであり、ビジネス関係の理由はありません。強いて言うならばよく海外の人に道を聞かれる事が多く、いつもそれに返せないので「英語を話せるようになって、ちゃんと道案内出来るようになりたい」と思った、というのがありますが、勿論それだけが理由というわけではなく、そういった事も含め、純粋に「英語が話せるようになりたい」と思った次第です。

そして今、通う教室を選んでいる最中なのですが、イギリス英語の教室に行くか、アメリカ英語の教室に行くかで迷っています。

私は元々、紅茶やイギリスの文化、イギリス出身の俳優さんなどに興味があった為「習うならイギリス英語を習いたい」と考えていました。しかし(何となくですが)アメリカ英語の方が使用される事が多い、という印象もあります。
英語が話せるようになったら海外の人とお話ししたい、と思っているのですが、イギリス英語とアメリカ英語で日常会話をした時に、話が通じない、といった事はあるのでしょうか?
そういった「話が通じない」という事があれば、やはりより多くの人に通じる方を習おうと思っています。
私の場合はビジネスは関係していないので(アメリカ英語とイギリス英語で話しても)日常会話レベルの話が成り立つのであれば構わないかな、と思っているのですが、実際はどうなのでしょうか。

また、イギリス英語を習い上達した場合、多少の違いはあれど、大体の英語(アメリカ英語含む)の意味はわかるようになるのでしょうか?それともやはり、まったく違うものなのでしょうか?

初歩的な質問かもしれませんが、どうかご回答お願い致します。

英会話を習いたいと思い、英会話教室に通おうと思っています。
英会話を習おうと思ったのは、単純に「英語が話せるようになりたい」と思っただけであり、ビジネス関係の理由はありません。強いて言うならばよく海外の人に道を聞かれる事が多く、いつもそれに返せないので「英語を話せるようになって、ちゃんと道案内出来るようになりたい」と思った、というのがありますが、勿論それだけが理由というわけではなく、そういった事も含め、純粋に「英語が話せるようになりたい」と思った次第です。

そして今、通...続きを読む

Aベストアンサー

一言で日本におけるイギリス英語とアメリカ英語の違いを書くと
・イギリス英語は格式があり、華道や茶道を習って身につけるのに似ている。
・アメリカ英語は実用的で、ビジネスで多用されている。

日本のまわりをみると、海の向こうがアメリカで、アメリカは太平洋全般でビジネスをしています。ですので、母国語と英語しかできない日本人や中国人や韓国人などは、英語でビジネス会話を行ないますし、その際の英語はアメリカ英語が基本です。ですから、どちらかというとビジネスに役に立てたいなら、アメリカ英語のほうがいいかもしれません。

ただ、アジアでもマレーシアあたりの東南アジアからインドあたりになると、元々イギリスの植民地だった関係でイギリス英語のほうが流通しています。オーストラリアやニュージーランドもイギリス英語の派生系だといえます。

ただ、この地域にもアメリカ英語は押し寄せてきていて、たとえばインドでは、時差の関係でアメリカのコールセンター業務をしやすいため、コールセンターで働く人はアメリカ英語を徹底的に勉強しますし、シンガポールやマレーシアの空港などの案内板は、昔はイギリス英語だったのに、今はアメリカ英語になっています。
たとえば
エレベーター:LIFT→ELEVATOR
手荷物:LUGGAGE→BAGGEGE
のような違いです(日本語:イギリス→アメリカ)

逆に、たとえば皇后様など皇室の人々はきれいなイギリス英語を話しますし、イギリス大使の夫人などは、どこの国に行っても「英語を教えてほしい」と各国の大使婦人などに要望されてサロンのようになるそうです。国際政治の世界ではクイーンズイングリッシュが一番教養がある、ということになっているからです。
 質問者様が大使夫人を狙っているなら、イギリス英語をお勧めします。

また、イギリス英語とアメリカ英語の違いですが、言葉だけならそれほど感じないかもしれませんが、文化的な違いを含めれば私は大きな違いが在ると思います。

以下は、イギリス人を父に持つ杉山ハリーとアメリカ人の父をもつシェリーの「英米の言葉の違い」についての動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=nMOngyqSj0A
単に言葉だけでなく、言葉に対する意識とかの違いが分かると思います。イギリス人は日本人同様、丁寧なときは丁寧に話す、のに対してアメリカ人はいつでも誰に対しても基本的には率直であるといえるでしょう(ただし、アメリカ英語にも敬語的表現はあります)

次は単語の違いについての動画
https://www.youtube.com/watch?v=jpPpQsbU87U

最後は、アメリカ人とイギリス人の女の子が英米の英語の違いについて話している動画ですが、アメリカ人の女の子はかなり中西部訛りがあります。イギリス人とされる女の子の発音もイギリス式というには「怪しい」とコメントがついていますが、まあ、楽しそうなので見てみてください。ほかにも英米の違いをネタにしているものは現地(日本人向けではないもの)でもたくさん作られています。
https://www.youtube.com/watch?v=QvFR6cNDxag(字幕はありません)

イギリス英語でもアメリカ英語でも、日常的に話す分にはどちらで上達してもコミュニケーションに不足は無いでしょう。逆にどれだけ上達しても、インド訛りやピジン英語などは理解できないでしょう。

日本で習うならアメリカ英語のほうが使いやすいのは確かでしょう。日本で得られる英語の情報のかなりの部分がアメリカから来るものだからです。でも、イギリス英語が好きならイギリス英語でいいと思いますよ。

一言で日本におけるイギリス英語とアメリカ英語の違いを書くと
・イギリス英語は格式があり、華道や茶道を習って身につけるのに似ている。
・アメリカ英語は実用的で、ビジネスで多用されている。

日本のまわりをみると、海の向こうがアメリカで、アメリカは太平洋全般でビジネスをしています。ですので、母国語と英語しかできない日本人や中国人や韓国人などは、英語でビジネス会話を行ないますし、その際の英語はアメリカ英語が基本です。ですから、どちらかというとビジネスに役に立てたいなら、アメリカ英語...続きを読む

Qアメリカ英語 Rの発音

waterなどの"r"で終わる単語の発音はイギリス英語では"r"をあまり強く発音しないか、あるいは全く発音しないと思うのですが、アメリカ英語ではかなり"r"の発音が強いと思います。
実際に私が聞いた限りでは、イギリス英語の影響が強いニュージーランド人の"water"の発音は「ウォータ」のような感じだったのに対して、アメリカ人(特に南部の人)の発音は「ウァーラー」のように聞こえました。

英語は元々イギリスの言語だったはずですからアメリカ英語はそれよりあとで出来たものですよね。
普通、言葉の発音は簡単で楽な方に変化して行くはずなのに、何故アメリカでは却って面倒くさい"r"の発音が強くなっているのでしょうか?
他民族国家であることも関係あるのでしょうか?

Aベストアンサー

-er, -ar などの母音の後の r は、元々イギリスでも発音されていました。西暦1500年頃から後の英語を時代区分で「近代英語」といいますが、近代英語の初期のころまで発音されていた r がイギリスでは次第に発音されなくなったのですが、アメリカでは古い発音が残ったのです。

もちろん、イギリスでもアメリカでも地域差、個人差がありこの r を発音する・しないが国によってはっきり分かれるというわけではありません。

Q中高生で習う英語は子供が使うような英語!?

よく中高生が使う英語はネイティヴからみれば子供が使うような英語とききますが・・・
ネイティヴとの違いはなんなのでしょうか?
ネイティヴが使うような文章を作れるようにするにはどんなことを勉強すれば良いのでしょうか??

Aベストアンサー

>よく中高生が使う英語はネイティヴからみれば子供が使うような英語とききますが・・・
 
 「中高生が使う英語」の「使う」場面がどのようなものかを想像することは難しいのですが、たまに学校にやってくるALTの所に行って「好きな食べものは何?」とか「日本の文化に興味があるか?」という質問をするような状況でしょうか。

 もしそうであれば、中学の低学年で学ぶ、いわゆる自己紹介などで使われる定番のような英文を思い浮かべてしまいます。そのような質問だけで終わってしまうのであれば、幼児が話すような英語と言われても仕方がないかもしれません。

 最近の学校では、英語の表現を学ぶ機会が増えています。しかし、いくら授業で会話の練習をしても、それがただ表面的なまたは機械的なものであれば本当のコミュニケーションにはならないでしょう。

 大人の会話、または本当の会話をしたいのであれば、日常会話の決まった言い方を学ぶだけでなく社会的なことやお互いの国の文化についての知識を深め自分の考えの土台となるものを普段から築くように努力することが必要です。

 その基礎となるものが学校で学ぶ教科書の内容ではないかと思います。特に高校の教科書はそのような題材を巧みに取り入れています。ただし、語彙のレベルは決して高いものではなく、日本にやって来たある留学生は日本の教科書(高2)は英語圏の小学校5,6年生レベルのものだと指摘していました。特に語彙の面での遅れが大きようです。

 しかし、限られた語彙力でもその人の好奇心の広さによっては「大人の内容」の会話をすることができるのではないかと思います。例えば、ディベートなどの授業で「ブッシュ大統領のイラク政策について自分はこう思う。」という自分の意見を述べた上で「あなたはどう思うか?」などという質問をするのであれば、子供のような英語だと言われることはないでしょう。

 ここでの質問の意図は、一般的な中高生の英語の傾向について知りたいということだけでなく自分自身が「大人の英語」を使えるようになるためにはどのような取り組みが必要なのか知りたいということではないかと推測いたします。

 貴方自身が大人の英語を使えるようになるためには、英語の学習で基本的な表現方法を学ぶことはもちろん必要なことです。しかし、それだけではなく新聞や本などを利用して幅広い知識を持ち、さらに自分の考えを持つようにしてみてはいかがでしょうか。そしてそれを英語で考えたりノートに書きとめたりするようにするとさらに良いのではないでしょうか。ご参考になれば・・・。


 

>よく中高生が使う英語はネイティヴからみれば子供が使うような英語とききますが・・・
 
 「中高生が使う英語」の「使う」場面がどのようなものかを想像することは難しいのですが、たまに学校にやってくるALTの所に行って「好きな食べものは何?」とか「日本の文化に興味があるか?」という質問をするような状況でしょうか。

 もしそうであれば、中学の低学年で学ぶ、いわゆる自己紹介などで使われる定番のような英文を思い浮かべてしまいます。そのような質問だけで終わってしまうのであれば、幼児...続きを読む

Qイギリス英語とアメリカ英語の発音の違い

英語の発音に詳しい方にお尋ねします。
アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いについてです。日本は学校でイギリス英語の発音を習っていると思います。
私はごく大雑把に言うと違いは二つだと思っています。
1.アメリカではRの音が強い。
たとえばパークならイギリスではほぼパークですが、アメリカではパRRRクとなります。

2.イギリスではOをオと発音するが、アメリカではアと発音する。たとえばイギリスではホット、ショットと言いますが、アメリカではハット、シャットと発音する。

上記の点について教えてください。

Aベストアンサー

皆さんへのお礼を拝見しました。ご質問の2点については、概ねですが、その通りであり、またその2点が英米の発音の中でもひときわ大きな違いと言えるでしょう。

ただし、今の日本の中学と高校の「英語の授業」では間違いなく、アメリカ英語を教えている学校のほうが公立でも私立でも圧倒的に多いです。それは個々の学校に確認していただければわかりますし、私は1970年代にたまたま、珍しくイギリス英語を教えている私立中学に通っていて、その存在の特殊性を知らされていたので間違いありません。例えば「ショット」という日本語は国語の授業であくまでも「ショット」と習いますが、英語の授業では「shot」のことを「シャー」のような発音として教える学校のほうが主流です。

なお、明治時代の日本では確かに、イギリス英語ももっと多く教えられていました。ただし、カタカナ表記のいわれは、そういうこととは、あまり関係がありません。例えば、ヘボン式ローマ字の生みの親であるジェームス・ヘボン(Hepburn)さんは、江戸時代に来日したアメリカ人宣教師ですが、自分の名前をアメリカ風の「ヘップブルン」に近い発音ではなく「ヘボン」と読ませています。それはおそらく、そのほうが日本人にとってなじみやすい発音だと判断したのでしょう。ちなみに、同じHepburnという姓が、のちには「キャサリン・ヘップバーン(アメリカ人)」「オードリー・ヘップバーン(イギリス人)」に代表されるように「ヘップバーン」と読まれるようになります。で、それでもジェームスさんは「ヘボン」のままです。

かと思うと、黒船でやってきたペリー(Perry)提督は当初、日本で「ペルリ」と呼ばれていたんです。これは彼の母国アメリカの発音に近いような気がしますよね。しかしこれもやがて「ペリー」になりました。一方でビートルズ(Beatles)は、英米どちらの発音にも属しません。イギリスでもアメリカでも「ビートーズ」という発音に近いので。そのビートルズの名曲「Helter Skelter」も、イギリスでは「ヘオタ・スケオタ」のような発音で、アメリカでは「ヘオトゥRR・スケオトゥRR」のような発音なのに、日本では「ヘルター・スケルター」です。おそらく「ル」は綴りから来ているのでしょう。詩人Wordsworthの読み方なんて、今の「ワーズワース」に至るまでに4つか5つの変遷をたどってきたらしいですね。カタカナに関しては、その都度その都度、好都合な表記を選んできただけで、イギリス主流とかアメリカ主流ということとは、必ずしも関係ないと思います。ご参考までに。

ちなみに、私は日本の高校や大学の英語の授業では、アメリカ人のことを「アメRRRリカン」と発音すると習いましたし、現役高校生の息子もそう習っています。

皆さんへのお礼を拝見しました。ご質問の2点については、概ねですが、その通りであり、またその2点が英米の発音の中でもひときわ大きな違いと言えるでしょう。

ただし、今の日本の中学と高校の「英語の授業」では間違いなく、アメリカ英語を教えている学校のほうが公立でも私立でも圧倒的に多いです。それは個々の学校に確認していただければわかりますし、私は1970年代にたまたま、珍しくイギリス英語を教えている私立中学に通っていて、その存在の特殊性を知らされていたので間違いありません。例えば「シ...続きを読む

Q非英語圏で英語を中学から必修で習わない国や地域ってありますか?

非英語圏で英語を中学から必修で習わない国や地域ってありますか?

こんにちは、毎度くだらない質問です。言うまでもなく日本では外国語と言えば、英語が別格的な地位にありますよね。他の非英語圏の国も英語を別格とまでは行かなくても、どこでも英語をNo1に位置においているようです。そして、昔は第1外国語として フランス語やロシア語を教えていたところも英語にシフトしているようです。どうせ外国語を覚えるのなら 世界で最も広く使われている外国語を学んだ方が役に立つからでしょう。

さて、このような流れの中で 非英語圏の国や地域で中学でも必ずしも英語を必修で習わないところってありますか?

Aベストアンサー

 昔は、と言われるのが何時代を指しておられるか分かりませんが、現在20代の中国人の中には英語を習ったことが無く、第一外国語が日本語だった、あるいはロシア語だった、という人がたくさん居ます。地域ではなく学校によるようです。中国の東北三省には日本語やロシア語学習の伝統があり教師も多いということだそうです。もちろん日本語学校などではなく一般の中学校での話です。

QTOEICの英語の発音で英語圏ではないような人の発音がありますが・・・

TOEICの英語の発音で英語圏ではないような人の発音がありますが・・・

新しくなったTOEICのリスニング部の発音には、ちょっと英語がネイティブでないような人がしゃべっているものがあるんですが、これはアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアの発音のうちどれなのでしょうか??

どうでもいいんですが、東欧の人がしゃべる英語のような発音でとても気になります。

添付した会話文で、特に男性の発音を聞くたびに、違和感を感じてしまうのです。

Aベストアンサー

かなり典型的なイギリス人の、わかりやすく話している英語です(とはいえ実際にはオーストラリアかニュージーランドの人かもしれません)。十中八九、白人でしょう。私には東欧ふうには全く感じませんし、声質も典型的な東欧人のそれとは全く違います。いわゆる「正規の英語」と言われる英国王室の英語とはちょっと違いますが、ビジネスマンがしゃべる典型的な英語で、実際、話している内容もビジネス関係ですね。田舎訛りなども感じません。ロンドンを5回訪れ、日常的に、さまざまな英語圏人を中心とした英語の音声を書き起こしている者の意見として参考にしてください。

Qこんばんは、受験生です。 入試テストの英語を解いていていつも時間が足りません…(泣)そこで、英語の長

こんばんは、受験生です。 入試テストの英語を解いていていつも時間が足りません…(泣)そこで、英語の長文の解き方を教えて下さい!(^^)  私の年の入試テストの時間が40→50分になってより英語の長文が難しくなりました。あなたの方法でぜんぜんいいので教えて下さい。φ(゜゜)ノ゜

Aベストアンサー

こんばんは。

①まず、初めにサクサクと答えられる問題だけを記入していき、最後まで行く。

②長文は、1つ1つを細かく見るのではなく、
 ざっくりと、わかる単語などを訳していき、
 それだけで、ある程度の文章の内容を把握する。

③問題文を読み、注目すべき所を把握した後、
 問題に関わる所だけを細かく訳し、答える。


……という感じで英語の問題は解いてました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報