今、熱帯魚や水草を飼育するうえで最適な砂はなんでしょう?
90cm水槽に使用する砂の量はどれくらいでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

水草には砂は必須です。


(ソ・そこ! リシアやアヌビスを挙げないこと(笑))
魚には必須ではありません。
(同様に 一部のシクリッドなどマニアックなものをあげないように(笑2))

普通の水槽をプランされているならば、水草中心で考えればいいですよ。とすると目の大きさは大きからず小さからず(小さいと扱いも困りますが、目詰まりで根が腐ります)角のない砂ということで大磯砂に落ち着くんですよ。
量も厚さ7・8cmもあれば普通なら十分でしょう。
    • good
    • 1

底砂の最適種類の選択に、容積はほとんど無関係です。


90cm水槽というからには、そこそこの魚飼育経験があるとおもいますがこの文章から判断出来るのは、「水草メイン水槽」では無いというくらい。
飼育する魚種によって、当然違うでしょう。
まあ「水草」を植えるからには、「アフリカン・シクリッド」ではないと思いますが(ただ、無理では無い)あと、結構90cm水槽が理想でも「底砂掘り返し癖の魚(サンドイーター)」「繁殖の際に底砂を掘るタイプ」など漠然としすぎで的確コメント書けない。
という事から、pHが7,3以下。常識でいくならpH6,5から7,0の間と決めつけます。この範囲以下が適してる水草&魚はいますが(というよりむしろ多い)そこまではフォロー不可能(質問にメインにしたい魚か水草を明記必要です)
あとは、なんともいえませんが、「大磯砂7厘(7厘以上でも当然OK)」で大体飼育可能でしょう。(上部フィルター・パワーフィルター・底面吹き上げだって大丈夫)
逆に使用を推薦出来ないのは、有り得るでしょう。当然底砂の粒子サイズが小さいほど、水圧で潰れやすく、「水草向け砂」ではすぐに「泥」化していき、メインテナンスの際(何ヶ月単位のサイクルで水換え・洗浄するのか不明も)に、せっかく「バクテリア」のコロニーが出来たのに、全部交換(砂とゴミが分別不可能化し)ではもったいないし、生体の状態にも悪影響発生。

結論:大磯砂系(粒子が大きいもの)人工砂も粒子サイズと硬度(水の「硬度」じゃなく)が水圧に負けないタイプ。使用量はお好みで。大袋(比重が違うが一般に8kg前後)最低3袋位かなぁ。(これでもベアタンクに近い)
使用が向かないのは、ソイル系。泥化しやすいタイプ。(BUT自分は、一つの90cm水槽には、低pH維持の為「○○サンド」なる粒子極小の泥化タイプを使用。)あと、このソイル系(泥化し易い)は、かなりの量が必要です。ものすごく水を吸収するから、セット前の半分以下になるとの想定、覚悟が必要。
いずれにしても、もっと具体的に生体種を書き、「○○○科と☆☆☆科を××目的で◎◎匹、水草を★に△▼くらい配置し▽▲ティックな感じのレイアウト」と投稿頂けば、いくらでも回答します。(水槽の構想は暇潰しに年中してる)
以上。この質問では具体的な商品・会社名挙げれません!
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熱帯魚の水槽と砂の量について

うちには90cmの水槽があります。
砂の入れ替えをしようと思うのですが、
以前何キロほど砂を買ったのか忘れてしまいました。

90cmなら、何キロ程砂を購入すればよいでしょうか?

もしわかればで結構ですが、ネット通販で
砂の安く買えるサイトご存知でしたら
それも教えてください。

Aベストアンサー

今水槽に何がいるかにより、砂の量も変わると思います。水草が植えてあるなら、やっぱり3cmくらいの厚さが必要と思います。そうすると、40~50kg必要でしょうか。ディスカスやら古代魚やらであれば、砂は全く必要としないでしょうし、まあ魚だけであれば、砂が特に必要と思いませんが。古代魚でもアジアアロワナの赤を引き出したいのであれば、赤系統の砂を薄く撒いたほうが効果的であるし、考え方は色々と思います。
が、普通に考えれば、大磯砂を30~50kgと言うところでしょうか。
色々書いてすみません。余計迷ったりしない様に、まあ砂ですから...

Q90cm水槽にどんな熱帯魚いれる?

あなたの水槽の中身を教えて下さい。もしくは、希望でもOKです。何でも聞かせて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。楽しそうな質問ですね。

私の場合は90cm水槽を玄関に置き、ピラニア数匹を入れてました(^^)
ピラニア(ピラニア・ナッテレリ)はお店では3cmぐらいの
稚魚(まるでフナみたい)で売っているのですが、
餌を与えれば与えるだけ大きくなるかのような成長ぶりで、
あっという間に皆さんご存知の姿になります。

餌を水槽に落とすと、あの独特の旋回泳ぎが見れるし、
腹部の発色(オレンジ色)もなかなか綺麗なもんです。

他の熱帯魚も飼ったことがありますが、私の中で
ピラニアに勝てるものはありません(^^)

いずれ、大きな水槽でピラニア好きの憧れ、
ブラックピラニアやイエローピラニアなども飼育してみたいです。

Q床はどれくらいの水槽の重さに耐えられますか?

その他ペットでも質問したのですが、内容からして改めてこちらで質問させてください。

木造築6年の3階建の戸建てに住んでいます。
60cm水槽は2本持っているのですが、もっと大きい水槽が欲しくて購入を検討しています。が、熱帯魚の雑誌で木造の場合、180×60×60cm(水だけの重さで648kg)以上の水槽では、確実に床が持たないと書かれていました。

購入したい水槽は、120×60×45cm(水だけの重さで324kg、水槽台、ろ過などを含めると360kg位になるでしょうか)なのですが、木造の3階に設置は可能でしょうか?それとも床が持たないでしょうか?
建設は住友林業で、「普通の木造よりは頑丈にできているが、大丈夫だとは保証できない。最初は大丈夫でも何年も同じ場所に重いものがあると床が抜ける可能性はある。」と言われました。何かあったら責任問題になるので保証はできないのでしょうが、実際どうでしょうか。

また120×45×45cmではどうでしょうか?
今は閉鎖してしまっているサイトでは、建築関係の方に大丈夫という意見も頂いたのですが。

その他ペットでも質問したのですが、内容からして改めてこちらで質問させてください。

木造築6年の3階建の戸建てに住んでいます。
60cm水槽は2本持っているのですが、もっと大きい水槽が欲しくて購入を検討しています。が、熱帯魚の雑誌で木造の場合、180×60×60cm(水だけの重さで648kg)以上の水槽では、確実に床が持たないと書かれていました。

購入したい水槽は、120×60×45cm(水だけの重さで324kg、水槽台、ろ過などを含めると360kg位になるでしょうか)なのですが、木造の3階に設置は可能でしょうか?...続きを読む

Aベストアンサー

>120×45×45=243kg+ろ過水槽台などで30kgで、計273kgではどうでしょうか?
273/180=1.5167に分散させる必要があり、
コンパネ1.6m2でセーフとなるのでしょうか。

面積で計算すれば足りますが、それはあくまで荷重を均等に床面に伝えられた場合です。
コンパネだと、薄いために反ってしまい、敷く意味が無くなってしまうでしょう。

>>私なら、もっと大きくて頑丈なパネルを作って固定しますが。

>どんな方法があるでしょうか。

架台やパネルは、大きくて頑丈で軽いほど良いです。
例えば、プラパレット
http://www.webshiro.com/buturyufile/buturyu_syousai/sd1010.htm

例えば、先のコンパネを改良してパネルにします。
資材は、コンパネ4枚
45*120の角材 182cm*7本

最初にコンパネを2枚並べて、
その上に角材を30cm間隔で並べ
また、コンパネ2枚でサンドします。
もちろん、全て接着剤併用でビスでとめます。

しかし、このサイズになってくると住宅の3階に置けるのか疑問です
計算上は畳二帖分の面積が必要ですが、実際そこまで必要じゃないでしょうし
部屋の中に、上記のようなものがあったら、邪魔です。

私としては、あくまで、諦めたら?って思いますが
それでも何でも、ということなら

まず、設置する場所は、部屋の壁際で宜しいでしょうか?
その場合、部屋の壁面で、1階から3階まで通っている壁面を探します。
例えば、総三階建てであれば、外壁側の壁がそうです。

その部分は、柱も基礎からあるし、梁もあるでしょうから丈夫です。
そこに、水槽を普通に置いて、その周りには、本棚など重たいものは置くのを止めましょう。
責任は持ちませんが、それで大丈夫だと思います。
コレが、一番現実的です。

360kgと言う事は、男性6人ぐらいですね。
6人が固まって、その壁面に立っていると思えば、なんと無くもつ気がしませんか?

次の方法は
水槽の架台を大きいものにすることです。
例えば120cm*60cmの架台を二つ並べて120cm*120cm角にします。
面積計算では、底面の面積が足りませんが、180kg/m2は平均荷重ですので
水槽の周りに、重量物を置かなければ、たぶん大丈夫でしょう。

次の方法は、床を作るです。
造り付けのベットのようなものを大工さんに作ってもらいその上に置きます。
これは、お金も掛かりますが安全でしょう。

あと、アドバイスとしては、
お宅は、間取りを上から平面的に見て、長細いでしょうか?
建物は幅の狭い側の方が揺れが大きいので
建物平面が、長細ければ、水槽も同じ方向に長細くして置きます。
そうすれば、地震の時に、水槽が倒れにくくなります。

長くなりましたが、あくまで、置かないことをオススメします。

>120×45×45=243kg+ろ過水槽台などで30kgで、計273kgではどうでしょうか?
273/180=1.5167に分散させる必要があり、
コンパネ1.6m2でセーフとなるのでしょうか。

面積で計算すれば足りますが、それはあくまで荷重を均等に床面に伝えられた場合です。
コンパネだと、薄いために反ってしまい、敷く意味が無くなってしまうでしょう。

>>私なら、もっと大きくて頑丈なパネルを作って固定しますが。

>どんな方法があるでしょうか。

架台やパネルは、大きくて頑丈で軽いほど良いです。
例えば、プラパレット
h...続きを読む

Q90cmの維持費

何度か質問させて頂いています。
今回は90cmの維持費についてお聞きしたいです。
現在は16Lの水槽と60cmの水槽を持っているのですが、60cmで飼育中のエンゼルフィッシュが大きくなる前に新しく水槽を購入しようと考えています。
以前こちらで質問させて頂いたときにいれすぎではないかという事と小型魚をエンゼルが食べてしまうことをご指摘頂いたので、小型魚を飼育できる水槽を立ち上げたいのです。
そこで、90cmにチャレンジしようと思ったのですが、電気代はどのくらいかかるのでしょうか。少しネットで探してみたところ何千円というかたもいたり何万という方もいらして…。
何千円くらいは頑張れるのですが、何万もいくと少し無理があるかなと思いまして。
よろしければ16L の水槽と60cm水槽、90cm水槽のそれぞれの維持費をお教え頂けませんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

使用する器具によります。
概算は参考URLの「電気料金計算」を参考にして下さい。

参考URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/tsurumaru/

Qたまに水替えしてのショックよりも頻繁な水替えできれいな水にした方が良い?

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日きれいな水を1/4入れ替えています。

それからは魚、エビ(の動き)がとても安定しているように見えて、
今のところ死魚が一匹も出ないようになりました。
水替えにも、魚は「また来たか」て感じで(魚の気持ちは、わかわないけど・・・)、毎日の行事にしています。

たまの水替えペースのために、水が汚れてしまうより、あるいは、その時に水質が突然変わり、ショックを与えるよりも、、、
頻繁な水替えできれいな水になるべくしていた(これも魚にとってショックを与える)方が良いのでしょうか?

でも、頻繁な水替えはバクテリアを減らしていることなので
良くないのかな・・・とも思うのですが、、、

いまのところ(水替えしなかった時よりも)調子いいですが。。。?

わかりずらい質問、書き方で申し訳ありません。

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日き...続きを読む

Aベストアンサー

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをしていると疲れるんですよね...
もうちっと、論理的にいきたいところです。
===========================

ビギナーなら「正しい水替え」を知りたいところでしょう。
が、「正しい水替え」って、どこのサイトさんでも詳しく解説されていないんですよ。
私としても、解説できるかな?なんて思ったのですが、ほぼ飼育法全てを解説するほどのもの凄い分量になります。
なので、さわりだけは説明させて頂きます。

■水替えする目的
(1)pH(アルカリ度)を適正範囲に戻す。
(2)水の濃さ(浸透圧,硬度etc.)を適正範囲に戻す。
(3)余剰汚泥の除去。
(4)微量元素の補給。
(5)飼育水の富栄養化を防止。(コケの栄養源を取り除く)
<特別なケース>
(6)アンモニア,亜硝酸を除去。(水槽立ち上げ時など濾過不足の場合only)

≪残り餌,排泄物→アンモニア(猛毒)→亜硝酸(有毒)→硝酸(ほぼ無毒)≫
というのが生物濾過の構図ですが、最終生成物の硝酸はpHを酸性に傾けます。
水棲生物には生物毎に、生存可能なpHの範囲があり、その範囲を外すと体調を崩し、死んでしまいます。
そこで、pHを定期的に計測しながら、硝酸(塩)の蓄積を追っていくわけです。

この時の前提条件として、水槽内に水質を変化させるようなものを入れないことが挙げられます。
水質を安定化する底床,濾材は全部NG。思わぬ水質急変を引き起こすキッカケとなり得ます。
現実として、水質を変化させるもの(特に底床)は沢山あるわけですが、
それを使用する場合、それぞれの性質を熟知して使う必要があり、
特に不都合な環境を引き起こすトリガー条件を把握する必要があります。
これは、いちいち解説していられません。ゴメンネ。

基本的に水道水はアルカリ性(1日放置して計測)で、餌が硝酸塩に変化することにより、pHは徐々に低下します。
ある程度下がったら、水替えでpHを引き上げます。
この下がる周期が個々の水槽の水替え周期と言えますね。(あくまで基本)

期間が経つと、pHの下がる周期が早くなってきます。
これは硝酸が硝酸塩として濾材や底床に入り込んでいるためだと思われます。
よって、水を換えてpHを上げてもすぐに硝酸が溶け出してpHを下げるわけです。
ここで、底床クリーナーで掃除,もしくは軽くリセットを掛け、硝酸塩を洗い流すと、またpHの下がる速度が遅くなります。

もう一つは、水の濃さです。
餌をやることで、様々な物質が水の中に溶け込み、水は濃くなっていきます。
魚は飼育水の浸透圧に合わせて適応していきますが、濃くなり過ぎると代謝機能が不健全化します。
で、水替えで濃くなり過ぎた飼育水を薄めてやることになります。
この時、大量換水で、あまり濃度差を付けてしまうと、魚が急激な変化に対し、
浸透圧の調整に対応しきれず、細胞が破壊され大やけどと相成ります。

--
ついでに、複合パターンの一例を出しておきます。
底床に大磯砂を使っていたとします。
未処理の大磯砂にはサンゴや貝殻が入っていて、主成分が炭酸カルシウムです。
ここに硝酸が加わると、炭酸カルシウムと硝酸が反応して、硝酸カルシウムが生成されます。
すると、本来、硝酸が増えたことにより下がるはずであったpHが下がらずに弱アルカリ性で固定されます。(pHの緩衝作用)
その代わりに、カルシウムの溶出により全硬度GH(これも濃度を示す一指標)が上昇します。
この場合、GHの動向を追うことで、水替えを行うことが出来ます。

まあ、こんな感じで、水槽内の状況を推測していくことができるわけです。

なお、pHを単発で計測しても、それほど意味はありません。
雑誌に最適pH6.5~6.8と書いてあるからと言って、そこに合わせる必要などないわけです。
pH7.5であっても、魚が調子良ければ、全く問題ありません。
しかし、継続してグラフ化して変化を追っていくことで、異変を事前に察知することができるようになります。

そのうち、魚よりもさらに生育条件が厳しい水草の育ち具合や、泡の消え方、
魚の様子,貝の様子などで、徐々になんとなく水槽内の状態を掴めていけます。
「数値に拘りすぎると良くない」とも言われますが、目安となる物差しがないと、経験も蓄積していかないということです。

さわりだけでしたが、pHベースの飼育法でした。
週○回1/○の換水なんていう、初心者仕様の水替え方法からの脱却です。
取り敢えずは、pHを定期的に計測していくことでしょう。
ペーパーでは大まかな数値が取れないので、試薬かpHメーターをお求め下さい。
http://aquamindlaboratory.com/products/new.html
pHが予定より下がった時だけ水替えすれば良いので楽ですよ。

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをし...続きを読む

Q外部フィルターで流量が大きいのを購入してしまった

60×30×45水槽でニモなどを飼育しようと現在、バクテリア増殖中です。(まだ、生態を入れていない)
エーハイムの2217で回しているのですが、流量が多い気がします。(洗濯機状態?)
かといって購入してしまった後なので、返品するわけにもいかず困っています。
流量を抑える方法はありませんでしょうか?

ダブルタップを絞ればよいと聞いたこともありますが、モーターに負荷がかかり過ぎませんでしょうか?

また、もっとよい方法はありますでしょうか?

Aベストアンサー

海水の60cmのハイタイプタンク(81L)ならば、2217は標準です。
2217の使用で問題ないと思います。
60×30×36cm(64.8L)60cm標準タンク
60×30×45cm(81.0L)60cmハイタイプタンク
http://www.eheim.jp/pdf/filter_size.pdf

> ダブルタップを絞ればよいと聞いたこともありますが、モーターに負荷がかかり過ぎませんでしょうか?

2217などに使用されている単相交流電動機は電源周波数に同期するモーターです。
・電源周波数の変動で回転数が変わるモーターです。
・直流モーターとは異なり、電圧の変動で回転数は変わりません。
このモーターの場合、ポンプ流量の変動により過負荷が生じた場合、誘導コイルの発熱量が増大しますが、即、故障につながる事はありません。
流量(負荷)変動に強いモーターですから、極端に流量を絞らない限り故障の心配は無用です。
また、2217は外部フィルターであり、ポンプモーターはフィルターの上部モーターブロック内にあります。
増大した熱量は、モーターブロックから大気に排熱される設計のため、飼育水の上昇は最小に抑えられる設計です。
過負荷による発熱量増大による飼育水の温度上昇も、通常のホースで配管している限り心配要りません。

ただし、ダブルタップは水流調整用ではありません。
ダブルタップでの水流調整はオススメできません。
(ゴミやヘドロが滞留する可能性があります。)
水量調整を行うならば、ボールバルブなどを使用すべきです。

ご存知かもしれませんが、シャワー排水パイプによる水流調整が一般的です。
・シャワー排水パイプの穴を広げる。
・シャワー排水パイプの穴数を増やす。
・シャワー排水パイプの排水方向を、「壁に向ける」「上面に向ける」。
・シャワーパイプをオプションで一本購入し、接続(シャワーパイプとシャワーパイプをホースで接続)する。
上記の方法で、かなり水量を殺すことが出来ます。

海水の60cmのハイタイプタンク(81L)ならば、2217は標準です。
2217の使用で問題ないと思います。
60×30×36cm(64.8L)60cm標準タンク
60×30×45cm(81.0L)60cmハイタイプタンク
http://www.eheim.jp/pdf/filter_size.pdf

> ダブルタップを絞ればよいと聞いたこともありますが、モーターに負荷がかかり過ぎませんでしょうか?

2217などに使用されている単相交流電動機は電源周波数に同期するモーターです。
・電源周波数の変動で回転数が変わる...続きを読む


人気Q&Aランキング