主人が、現在ハローワークで職を探しており、
職安の担当者に色々アドバイスもらってるようなんですが、
求人情報の「残業時間●●時間程度」や給与「●円~●●円」
って、実際入社してみると全然違う(悪いほうに)ってことは
よくあるんでしょうか?
主人が以前勤めていた会社は残業時間が毎月100時間を
超え、いつ過労死してもおかしくないような状況で、
仕事内容自体は好きでしたが、少しでも人間らしい生活がしたい
との理由もあり(人間関係も退職理由にありましたが)辞めたので
次こそは残業時間がせめて2、30時間にとどまる会社にしたい
と考えてます。
でも、職安担当者いわく、面接でそのようなことを聞くのは
タブーだと言われたようです。まず、入社できることを第一に
考えないとだめだと。
「残業時間や給与は本当に求人情報通りなのか」
とか「転勤はないのか」など、できれば入社前(面接時)に聞きたい
ことだと思うんですが、本当にそのようなことを聞くとそれだけで
落とされたりするんでしょうか???
もし、入社してみて求人情報と全く違った場合、ただ辞めるか
我慢して続けるしかないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

給与の条件とか、勤務に関する条件など面接の時に確認しなくて、いつ確認するのでしょう?


入社前の面接時に、きちんと確認し納得のいくところでなければ、就職したって続かないだろうし、採用する側もきちんと説明しなくてはいけないはずです。

また、求人票に記載されている事柄と現実とが異なっており、求人票の内容が虚偽の内容であれば、問題にできるはずです。

その職安担当者の言うことは、少し間違ってますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ですよね?!私も全く同感です。
働く側にも勤務条件や待遇で会社を選ぶ権利はありますもんね?
な~んだ、聞いて良いことなんですね!
主人も転職経験初めてなので、自分の気持ちと職安担当者に言われた
ことの狭間で苦しんでいました(汗)

お礼日時:2006/07/20 00:01

私の知るハローワークのコンサルタントの方もご主人が言われたのとほぼ同様なことを言われていました。


私が思うにこれは需要と供給の関係です。
つまり求職者が優れた人材であれば事前の条件確認程度大した問題ではありませんが、ボーダーライン上にいる、またはいつも書類選考で落とされているような人材であれば少しでもこういったことを聞くとマイナスに受けとられ就職出来ないことになってしまいます。
ただこの部分はどうしても譲れないと思うのであれば、他の回答者が言われているように確認するしかないと思います。
今就職状況は好転していますが、それは能力やキャリアのある方のように感じますので、ご自身の状況に合わせて確認を取った方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>私の知るハローワークのコンサルタントの方もご主人が言われたのとほぼ同様なことを言われていました

職安職員の決まり言葉なのかもしれないですねぇ?
職安職員からすれば、自分がアドバイスした以上、早く職決まって欲しいものだろうし・・・。うん、そうかも。

聞きたいことはやはり入社前にちゃんと聞いたほうが良いですよね!

お礼日時:2006/07/20 00:09

私も現在転職活動中ですが、タブーではないと思いますよ?


求職者にとって労働条件はとても大事なことですから、聞いておく必要はあると思います。
ただ聞く時の聞き方には私も気を使っていますが、

>「残業時間や給与は本当に求人情報通りなのか」

とストレートには聞かずに
「残業ってどれくらいですか?」「給与はどれくらいですか?」
など、求人票のことは知らない振りして聞いてます。
提示金額に幅がある場合には、「私の場合だといくらくらいになるでしょうか?」
などと聞いています。

いずれにせよ、それを聞くことが落とされる直接の決定的な原因ではないと思います。


と、転職活動中でまだ落ち着き先が決まってない私が
言っても説得力ないですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

タブーじゃないんですね!やはり、入社前にキチンと聞いて
おきたいことはハッキリ聞いて良いんですよね?
たしかに、聞き方には気を使わないといけないですね。

>提示金額に幅がある場合には、「私の場合だといくらくらいになるでしょうか?」
などと聞いています。

これは一番聞きたいところですもんね^^!

>転職活動中でまだ落ち着き先が決まってない私が
言っても説得力ないですが・・・

早く決まると良いですね!頑張って下さい^^

お礼日時:2006/07/20 00:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q求人する際(職安、人材紹介、求人情報誌など)の企業の出費は?

いつもお世話になっております。

素朴な質問です。


求人媒体
職安
人材紹介
求人情報誌(Bingなど)
求人サイト

これらにかかる企業側の費用はいかほどなのでしょうか?

Aベストアンサー

以前、人材派遣会社に勤めていました。

人税紹介に関しては、想定される年収に対して○○%、という成功報酬になると思います。企業や取引先によって違うと思われますが、10数%~30%くらいでしょうか。
ちなみに、紹介予定派遣では
 ・派遣期間は通常の派遣料(ここまでは紹介料は一切なし)
 ・採用が決定すれば上記の人材紹介と同じくらいの手数料
をもらっていました。

普通、企業が採用する際には複数の媒体・方法を取ると思うので、結構お金がかかってますね…。

Qハローワークの求人と求人情報誌の求人

ハローワークの求人と求人情報誌の求人がありますが、ハローワークには低賃金の求人が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

ハローワークには低賃金の求人も高賃金のものもあります。
ただし求人誌は、購入する人も掲載する会社も、わざわざお金を出す訳です(一部例外はあるようですが)。
購入する人は勿論、条件のよい求人を求めています。
企業の方も、応募して貰えるような求人を出さなくては、お金を払った意味がありません。ですから比較的、高賃金の求人を出したり、或いはいかにもやり甲斐(や将来性などのプラスα)がありそうな求人を出します。
そのため、ハローワーク求人の方が不利に見えるのでしょう。
いずれにしても、しょっちゅう求人を出している企業に応募する場合は、必ずその理由を確認することをお勧めします。社員を使い潰す会社、求職者を食い物にする会社もありますから、ご注意下さい。

Q求人情報のサイトにいつも募集がかかっている求人について

求人情報のサイトにいつも募集がかかっている求人の件についてお聞きします。
今派遣の仕事を探している最中なのですが、いつも大量募集ということで募集をかけている求人を見かけます。内容はデータ入力で電話応対などがないとのことです。このようなずっと募集をかけている求人は何か難があるために誰も来ず募集をかけているのでしょうか?今応募しようかどうかと迷っています。
このような求人についてご存じの方回答をお願い致します。

Aベストアンサー

常に求人をしている会社は二通りの会社が考えられると思います。

一つは、青天井で従業員を増やす会社なぞなく、その会社の待遇・体質等々に問題があり離職率が高いことが考えられます。
離職率が高いと言うことは、そこがどんな会社か想像がつきますよね。

二つ目は募集した企業が求めているスキルを持った人材がなかなか集まらない。
そんな会社は業績を伸ばすため、妥協をせずにより優秀な人材を求めて吟味しているわけですから、怪しい会社とは言いきれません。
ただ、質問者さんの言う「いつも『大量募集』」をしている会社がこの二つ目の事項に当てはまる会社であるかとなると、少々疑問に思いますけど・・・

いずれにしても求人票やインターネット上で会社の良し悪しを見極めるのは難しいと思いますが、その会社のことを良く調べた上で応募するのが賢明かと思います。

Q求人が60才以上に特化した求人情報を教えてください

求人が60才以上に特化した求人情報を教えてください。
もっと働きたいと思っています。

Aベストアンサー

60歳以上に特化というか、60歳以上歓迎は、マンション管理員などが多いです。給料は17~18万円ですが。そのほか、同じような給料の軽作業(工事現場の交通整理員、スーパーの自転車整理とか)は結構ありますよ。
求人ペーパーに沢山出ています。

Q【求人記載の不思議】雇用保険も厚生年金も健康保険も会社で加入する会社が「正社員以外」で求人を出してい

【求人記載の不思議】雇用保険も厚生年金も健康保険も会社で加入する会社が「正社員以外」で求人を出しているメリットは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

正社員で有れ、契約社員で有れ、
社会保険に加入の義務は、ついて回ります。
それは、法律的な義務なのですが、法令を守ら無い企業は、ゴマンと、有ります。
社保は、給料から、天引きされますが、同額の負担も会社はせねば成りません。
其れを回避する為に、会社は『契約社員』を、採用するのです。
勿論、社保負担はせず、すべてを、契約社員に、押し付けるのです。
労働法違反を、承知で会社は、ズルをして居ます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報