【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

中学の教科書に
「馬鈴薯のうす紫の花に降る 雨を思へり 都の雨に」
という石川啄木の短歌がでてきました。
父にそれを解釈してもらったところ、
下記の様なものになりました。

時代背景も有り、大多数の人間が馬鈴薯の花を見た体験もあり、
決して恵まれた環境ではない都会に出て雨に打たれたときに
この詩を見たときに、自分の体験と重ね合わせると言う事が
技術としての短歌だとしたらいわゆる「つかみ」が上手だという
ただこれだけなんですか?下敷き山藤章二の俳句の手練を思う。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  何を質問されているのかよく分からないのですが、このうたの鑑賞を試みたいということでしょうか。
 
  >「馬鈴薯のうす紫の花に降る 雨を思へり 都の雨に」
 
  まず、馬鈴薯(じゃがいも)は、啄木の当時でも、すでに日本全国に出回っていたかも知れませんが、その「花」を見たことのある人というのは、あまりいなかったはずです。仮に、「黄金の稲の穂の……」だったら、一応、日本人の多くの人が見て知っていたでしょう。しかし、馬鈴薯の花は、特殊なものです。それは、馬鈴薯を栽培している地域の人か、それに関連する人しか知らないでしょう。
 
  だから、このうたの最初「馬鈴薯のうす紫の花」と読むと、「馬鈴薯」はともかく、「うす紫の花」はロマンティックで美しいと思います。それが馬鈴薯の花だとすると、珍しさもあって、異郷趣味的な美しさもあるでしょう。
 
  しかし、うたを読むと、明らかに、「馬鈴薯の花」と「都会」が対比的に出されています。馬鈴薯は、北海道か東北でしか栽培していないはずですが、それを知らなくとも、多くの人は、どこか異郷・田舎に咲く馬鈴薯のうす紫の花と、「都会」が対比されているということは分かります。
 
  「馬鈴薯」が何となくやぼったいですが、反対にこれが、土着の世界、田舎の郷愁、都会に対比された、「重みとしての感慨」を読み手に伝えるのです。どういう感慨かというと、「都会」に対比される、おそらく「田舎の故郷」への「郷愁」です。都会に住んでいて、雨が降るのを見て、あるいは経験して、ふと思い起こすのが、「馬鈴薯のうす紫の花に降っていた故郷の雨」であるというのです。
 
  これは、「美しく哀しみのある郷愁のうた」です。啄木の人生を知らなくとも、そういううたに読めますし、「悲しみのある郷愁の美しさ」が伝わって来ます。馬鈴薯の花を実際に知っている人に向けて書いているのか、知らない人に向けて書いているのか、知りませんし、どうでもよいのですが、少なくとも、圧倒的に多くの人は、見たことがないはずです。そのことは啄木も知っていたはずです。
 
  馬鈴薯という、どこかやぼったい物象と、うす紫の花というロマンティックで美しい物象の対比、そして、田舎である故郷に降る雨と、都会に降る雨の対比、この時、非常に美しく切なく、ロマンティックに、都会に住んで感じた故郷への「郷愁」の思いがうたに結晶化されていると云えるでしょう。
 
  参考URLに少し背景が記されていますが、そういう背景を知らなくとも、十分美しい、哀切な郷愁のうたです。
 

参考URL:http://www.bellmark.or.jp/column/010626.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に説明して頂いてありがとうございました。

お礼日時:2002/03/19 23:57

starfloraさんの名回答がすでにでていますが。

私の受ける俳句からの感じを
説明申し上げたいとおもいます。技巧的な面です。

歌の前半の、
馬鈴薯のうす紫の花に降る 雨を。。 
までは、どんなイメージでしょう。
畑いっぱいに広がった馬鈴薯の花。薄紫の花。そのに雨が降っている。
そういう情景が頭に浮かびますよね。大変田園的です。

ところが、
思えり。。
ときたところで、聴いているほうはあれ?っと思うわけです。
空想かな?と思います。
いわゆる「破」です。

そして、
都の雨に
ときて、一気にそうか、ここは都なんだ。とわかり、
さっきの牧歌的田園風景から、いっきに都会の
泥まみれの馬鈴薯の花が思い浮かび、
聴いているほうもそのギャップにビックリするわけです。

啄木は、故郷への思い、都会にいる辛さをこのような、
前半と後半のギャップの大きさによって表現しようと
したと思われます。
そこが、技巧の鑑賞のしどころでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/19 23:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれらの言葉は、形容動詞でしょうか?

「形容動詞」と<「名詞」+「だ」>の区別がよくわかりません。例えば、以下の言葉は、「形容動詞」でしょうか、それとも<「名詞」+「だ」>でしょうか? もし、形容動詞だとしたら、括弧内の例文は正しいでしょうか?

(1)美人だ (彼女は、美人な人だ)
(2)巨人だ (彼は、巨人な人です)
(3)黄色だ (黄色な花が咲いている)
(4)赤色だ (赤色な花が咲いている)
(5)高速だ (高速な自動車が走っている)
(6)恐怖だ (恐怖な一夜を過ごした)
(7)接戦だ (接戦な勝負が行われた)
(8)好みだ (私の好みな果物はいちごです)
(9)誤解だ (それは、誤解な話だ)
(10)決定だ (それは、決定な話です)
(11)馬鹿だ (彼は、馬鹿な男です)
(12)痴呆だ (彼は、痴呆な男です)

Aベストアンサー

>このような場合、「黄色だ」が本当に形容動詞がどうかを確認できる辞書などはないのでしょうか?

http://www.goo.ne.jp/

「○○だ」の○○だけを入力して「国語」をクリック。
(形動)か(名・形動)が出れば形容動詞です。
一度で出ないときは左の候補から選んでください。

Qテスト直前なのに、短歌の区切れがわかりません………。

短歌の句切れ、どのように見分けたらよいのかがわかりません。
感動の助詞(けりなど)がなかったら『句切れなし』なのでしょうか?

以下の句の句切れ、自分で考えても理解できず、家族や友人に聞いてもわからないと言う返事しか返ってこなく、
ネットで調べてもよくわからないので困っています。
どうぞよろしくお願いします。

・防人に 行くはたが背と 問ふ人を 見るがともしさ 物思もせず(防人歌)
・多摩川に さらす手作り さらさらに なにそこの児の ここだかなしき(東歌)
・君待つと 吾が恋ひをれば 我がやどの すだれ動かし 秋の風吹く(額田王)
・近江の海 夕波千鳥 汝が鳴けば 心もしのに 古思ほゆ(柿本人麻呂)
・うらうらに 照れる春日に ひばり上がり 心悲しも ひとりし思えば(大伴家持)

すべて万葉集で、とても一般的な句なのだそうですが、よくわかりません。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「句切れ」とは、和歌や俳句において、意味の上でいったん切れるところです。
以下のような場合があります。

1、切れ字のあるところ。
「切れ字」は、「や」「かな」「けり」など。俳句の項目で調べると分かります。でも、松尾芭蕉は「全て切れ字」とも言っていて、本質的には奥の深いもので、一概に「これが切れ字」とは言えません
↑「けり」は「詠嘆の助動詞」です(「助詞」ではない)。

2、係り結びの結んであるところ。
係助詞「ぞ」「なむ」「や」「か」は連体形で結び、「こそ」は已然形で結ぶ。

3、終止形や命令形で言い切っているところ。

4、体言止めで言い切っているところ。
ただし、体言で句が終わっていても、そこへ「を」「に」などの助詞を補ってあとの句へ意味がつながるような場合は、ここを句切れとは考えません。

5、倒置法のあるところ。

6、呼び掛け法のあるところ。

韻文の場合、芸術的に感心できませんが、一応、「解釈(分かりやすい現代語に訳す)」をしてみると、句切れも分かるかと思います。

*防人に・・・
あの九州の警備兵として徴兵されていくのは誰の旦那さんかしらね、と訊く人を、見ることのうらやましさと言ったらないよ。なんの悩み事もなくて(あの防人は私の夫なのだよ、私には危険な国境に夫を送り出すという悩みがあるのだ)。
→「ともしさ」が体言止めで、意味的に倒置法なので四句切れです。

*多摩川に・・・
多摩川に晒して作る布を見ていた。その「さらす」という音でふと思い出したが、さらにさらにどうしてあの子がこんなに恋しいのだろうか。
→「多摩川にさらす手作り」までは、「さらさらに」を導くための「序詞(じょことば)」で、和歌の解釈としては内容的な意味はなく、「手作り」は体言止めで、二句切れです。

*君待つと・・・
恋人のあなたの訪れを待って私があなたを恋い慕っていると、私の家の簾を動かして、あなたの代わりに秋の風が訪れ、あなたはまだ来ないのだった。
→順当な流れのうちに結句まで言い切っている歌で、句切れなし。ちなみに、古今集以降だと、「秋風」を「飽き」との掛詞(かけことば)と考えて、恋人の訪れがないのを、恋人とが自分に「飽き」たからだ、と、別れや失恋を暗示するのですが、万葉集だとそこまで読むのは深読みと考えられるでしょう。単に季節がほんとに秋だっただけ。女心の寂しさは詠み込まれているけど。

*近江の海・・・
琵琶湖に夕方立つさざ波に群れ遊んでいる千鳥たちよ、お前が鳴くと、私はひどくしみじみと悲しくなって、昔のことが偲ばれてならないよ。
→「夕波千鳥」を呼び掛け法と考えても、単なる体言止めと考えても、いずれにせよ二句切れ。

*うらうらに・・・
うららかに照っている春の陽射しに雲雀が空高く舞い上がり、私の心はいっそう悲しいなあ。一人ぼっちで物思いに耽っているので。
→「心悲しも」の「も」は、上代特有の助詞で、詠嘆を表すので、ここで切れて四句切れ。春の憂愁(メランコリー)を詠い、万葉集としてはかなり進んだ、中古的美意識をもって詠んだ歌。雲雀の楽しそうなさえずりと、自分の憂鬱な物思いとの対比。

万葉集の和歌には、二句や四句の偶数で句切れのある歌が多いのです。
五七/五七/七
と「五七」のリズムが強調されるので、「五七調」と呼ばれます。
(古今集以降の和歌は、初句や三句の奇数句で句切れのある歌が多く、五/七五/七七と「七五」のリズムが強調されて、「七五調」と呼ばれます)
五七調の和歌は、五音という軽い上半身を、七音という重い下半身でしっかりと支えるので、歌体が安定し、堂々とした力強い響きをもたらします。
七五調の和歌は、反対に、七音という重い上半身が、五音という軽い下半身の上に乗っかる格好になるので、歌体はふらつき、なよなよとした流麗な流れの良い歌になります。

「句切れ」とは、和歌や俳句において、意味の上でいったん切れるところです。
以下のような場合があります。

1、切れ字のあるところ。
「切れ字」は、「や」「かな」「けり」など。俳句の項目で調べると分かります。でも、松尾芭蕉は「全て切れ字」とも言っていて、本質的には奥の深いもので、一概に「これが切れ字」とは言えません
↑「けり」は「詠嘆の助動詞」です(「助詞」ではない)。

2、係り結びの結んであるところ。
係助詞「ぞ」「なむ」「や」「か」は連体形で結び、「こそ」は已然形で結ぶ...続きを読む

Q石川啄木

短歌
 
やわらかに 柳あをめる 北上の岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに  
の意味(口語での)を教えて下さい 
大まかな背景も教えて頂ければ幸いですm(__)m

Aベストアンサー

 ご参考までに
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1226297392
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1249690972


人気Q&Aランキング