はじめまして!
こんにちは!!

固定資産税と都市計画税の推移についてお伺いしたいのです。
現在、建物について評価額560万円くらい(築7年程度3階建て、延べ床面積32坪、軽量鉄骨造)の家で両税金が年額11万円弱かかってきています。

土地は変わらないにしても、建物分に付いてはどんな具合に金額が推移していくと思われますか?

もしお分かりになれば、数年おきにどうなっていくかの予想を教えていただけると幸いです。

その道の達人の方のアドヴァイスをお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

固定資産税の評価額は、土地・家屋共に原則として3年に一度の「評価替え」で評価を見直します。

(土地はここ数年毎年見直しているけど)
家屋の最初(新築時)の評価額については、実際に建てた(取得した)価格の半分ぐらいで評価される事が多いようです。ただし、知り合いに安く建ててもらったりすると、当然取得価格より評価額が高くなることもありえます。その後、評価替えごと(3年ごと)にこの評価額を見直していきます。
簡単に説明すると、家屋を構成している材料は年々古くなっていくので、これを考慮した「償却率」と、材料の値段が物価に左右されることを考慮した。「点数表」の変更で評価の見直しを行います。
具体的には、桧の柱が1本1000円とすると、3年後には償却(古くなったので)で5%の減価、また物価が3年後に2%上昇(桧の柱の値段が2%上昇したことになる)とすると、単純には差引3%の減価となります。(実際はもっと複雑)これを家屋の材料ごとに計算して評価替えを行います。また原則として、償却よりも物価の上昇が大きくても、評価額は据え置かれますので、値上がりすることはありません。ちなみに一般的には評価替えで評価額は2~4%ぐらい減価することが多いようです。
それでは、最終的にはどうなるのでしょうか。0円にはなりません。大体最初の評価額(新築時の評価額)の2割ぐらいまでしか下がらないようです。
参考になりましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
どうもすみません。

最終的にはゼロにはやはりならないようですね。
実際、築40年くらいの家が相応の金額になって課税標準としてきています。

詳しい流れも教えてくださって、ホント助かりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/27 13:39

固定資産税の評価は3年ごとに評価替えをして、その評価額に税率をかけて計算されます。


次回の評価替えは、平成15年です。
評価額については、市役所で閲覧できます。

詳細は、下記のページか参考urlをご覧ください。
http://www.city.nagoya.jp/04zaisei/siori/ch_202_ …

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/7304.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなりました。
すみません。

3年毎というのがとても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/27 13:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京20坪以下の土地に中古建物/固定資産税はいくらですか?計算方法をおしえてください。

東京で20坪以下の土地に中古の2階建ての建物が建っている場合、
固定資産税はいくらぐらいになりますか?

計算方法を教えてくださいよろしくお願いします。

Aベストアンサー

地価X税率

Q建物の滅失登記

亡くなった父名義の土地に父名義の建物を解体し、私の主人名義の建物を建築することは出来るでしょうか?滅失登記というものをしなければならないと
ハウスメーカーから言われましたが、壊す建物も
名義変更しなければならないでしょうか?
土地に関しては、娘である私の名義に変更しようと考えています。

Aベストアンサー

亡くなった父名義 と言うことは相続登記なされていないのでしょうか ?
(その建物以外も)
その方が問題です

滅失登記しないと、建てられません
滅失登記は、司法書士に依頼すれば手続きしてくれます(所有権移転登記は不要のはず)

相続人は、質問者だけですか ?
相続登記も 司法書士に依頼される方がよろしいですよ
相続人と相続財産を含め調査し手続きしてくれます
(ただし、他に相続人がいる場合、相続人同士の話し合いには必要な資料を提供してくれるだけです)

Q建物の名義変更について

夫のお金の使い方が心配なので(先日もサラ金に借金が有ったのが分かって返済したところです)建物を私名義に変えたいんですが、その場合贈与税、不動産取得税、登録免許税の他に掛かる費用はありますか?

名義を変えた場合、現在借金は無いと夫は言ってるんですが、もし後で何か出てきたら財産を隠したという事になってしまうんでしょうか?
実際家を取られない為に私の名義にしたいんですが・・・

あと今度から「登記原因証明情報」という物が必要だそうですが、かなり具体的に理由を書くのですか?
この場合どういう書き方をするのが良いのでしょう?

建物評価額は400万円程、土地は義父名義になっています

Aベストアンサー

まず根抵当権の設定は債務がなくても設定できます。
が、しかし、あくまで極度額の範囲内の債権額他利息等の額分だけがその建物が競売された時に優先的に返済にあてられるだけです。これでは質問者様の目的にはちょっと合致しないと思います。
やはり、まだ担保がついていないのであれば、名義を換えることをおすすめします。

失礼ですが、結婚何年目ですか?20年たっていると無税で質問者様に贈与できます。そうでなくても建物の評価からしても30-40万ぐらいです。

「登記原因証明情報」ですがそんなたいそうなものではありません。ご自分で登記をなさるのですか?
それなら贈与契約書を市販の契約書の雛型を見てつくっちゃえばいいんです。あとは法務局にいって相談窓口で申請書の書き方を聞けばできます。

めんどくさければ近くの司法書士に頼めばけっこう簡単にできますよ。

ご主人様は協力して実印・印鑑証明書をだせばの話です。

税金をそんなに考えなければ財産隠しとかそのような事は
考える必要ありません。登記が早いほうが基本的には勝つのです。

Q建物の時価の計算

建物だけ(土地は別途)の売買について、その時価計算法を教えて下さい。
親族間での売買時に所得があるか否かの判断の為、国税局に例として・・・新築時建物の取得費(価格)2000万円、鉄筋コンクリート造、築後20年経過の場合(正確には19年経過)として聞いたところ・・・簡易計算として
3%×20年=60%償却と考え、2000万円×40%・・つまり800万円での売買なら所得(利益)は発生しないと考えて良いと回答を頂きましたが、良いのでしょうか?(すると実際には、860万円となりますが?)

Aベストアンサー

ああ、そうか少しご質問の意味を勘違いして受け取っていた上に回答も課おかしいですね。すいません。

まず、

>建物のみの時価の計算法(減価償却当考慮しての)は、どの様なものなのでしょうか?

ですが厳密にはちょっと面倒です。
まずその建物の構造はもとより、事業用なのかどうか、更には用途毎に耐用年数が変わります。事業用で無い場合は法定耐用年数の1.5倍で計算します。減価償却には定額法を用います。

耐用年数毎に定額法の償却率が定められていますので、その数字を使い、

取得金額×90%×償却率

が毎年の減価償却の金額で、あとはこれに年数をかけてもとの取得金額から差し引けば、建物の現在価値が出てきます。

ご質問の建物が住宅用で賃貸に使う、つまり事業用として考えると耐用年数は47年で、償却率は0.022ですか、築20年であれば、減価償却は792万、つまり残存価値は1208万となります。

法定耐用年数はかなり細かく分かれているのでどれに該当するのかは調べてください。わからなければ地元税務署でもよいと思います。

建物の取得費とはこの減価償却を差し引いた金額を先の回答の譲渡所得の計算に当てはめます。

ああ、そうか少しご質問の意味を勘違いして受け取っていた上に回答も課おかしいですね。すいません。

まず、

>建物のみの時価の計算法(減価償却当考慮しての)は、どの様なものなのでしょうか?

ですが厳密にはちょっと面倒です。
まずその建物の構造はもとより、事業用なのかどうか、更には用途毎に耐用年数が変わります。事業用で無い場合は法定耐用年数の1.5倍で計算します。減価償却には定額法を用います。

耐用年数毎に定額法の償却率が定められていますので、その数字を使い、

取得金額...続きを読む

Q建物の固定資産税

昭和44年に建てた家なのですが、そのときの建物の評価が290万でした。現在の評価額は330万円です。
物価の上昇などを考慮すれば評価額は上がっていくと思うのですが、
最近は物価の下落があり評価額は下がってもいいはずなのに全然下がりません。
実際に家の傷みも多くなってきているのですが、それでも毎年評価は下がりません。
役所に聞いてもこれで間違いないとのことですが一回も見にきてくれません。新しい家は年々評価が下がると聞いていますが古い家は傷みも激しくなってくるのになぜ評価がさがらないのでしょうか?
またなにかいい知恵がありましたら教えてください。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

今の物価水準が昭和44年の水準まで下がっているのであれば、当時より築年数が経過した今の評価額のほうが下がっていなければならない理屈になります。

ところが昭和40年代後半から平成の初めにかけての物価上昇率はかなりの高さで、最近の物価下落によっても当時の水準まではとてもじゃないけど下がりきっていません。

したがって、(最近の物価下落があったとしても)当時からの物価上昇率が、いまだに経過年数による減点補正率を上回っているため、評価額が下がらないのです。

評価額を算出するうえでの「物価上昇率」や「経過年数による減点補正率」については、家屋の種類・構造などにより一律で決められたものなので、現物を見たとしても評価が変わることはありません。ひとつひとつの家屋の痛み具合を個々に判定して評価していたのでは、見る人の主観に左右される可能性もあるし、すべての家屋の立入調査が必要になり現実的ではありません。

参考URLのように、各市町村の固定資産税のQ&Aなどをみると、古い家屋の評価額が下がらないことについての解説があります。

ただ、物価上昇率が上回ったとしても評価額を上げることはせずに据え置きになるので、ご質問にあるように290万から330万に上がっているということはないはずです。もしそれが間違いでなければ、増改築があったとか、あるいは最初の評価額が誤っていたものが訂正されたとか、なにかの理由があるはずです。

参考URL:http://www.city.nagaoka.niigata.jp/dpage/siminzei/sisanzei/q&akaoku.htm#17

今の物価水準が昭和44年の水準まで下がっているのであれば、当時より築年数が経過した今の評価額のほうが下がっていなければならない理屈になります。

ところが昭和40年代後半から平成の初めにかけての物価上昇率はかなりの高さで、最近の物価下落によっても当時の水準まではとてもじゃないけど下がりきっていません。

したがって、(最近の物価下落があったとしても)当時からの物価上昇率が、いまだに経過年数による減点補正率を上回っているため、評価額が下がらないのです。

評価額を算出するう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報