出版社は○ックオフなどに対して、何か買い取られない対策などは打っているのでしょうか?

出版社は潜在的に相当額が損をしているとおもうのですが

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

物凄く損をしています。

一番頭痛い問題です。
また著者自信も、印税などの問題から訴えたりしていますね。

最近買取られない対策というより、差別化を図るということで、コミックに付録(携帯ストラップとか)を付けるとか始めましたね。

再販の問題については、再三もちあがってはいるのですが、再販によって、流通や印税の問題、「価格」ということについての崩壊、が懸念されて新古書店の対策も考えなければならないのですが、実際は大手は再販制度に反対しています。
    • good
    • 0

そうです、損してます。



そこで、再販制度を無くそうという話がありますよ。
再販制度は、
「出版社が値段を決めて、その値段で書店が販売する」という制度です。
これがなくなると、書店が独自で値段を決められ、
売れ残った本を安く売ることが出来るようになります。
そうすれば、
返品予定の売れ残りを古本屋が安く買取って売っている「新古書」なんていう物を、
防ぐことが出来ます。

ですが、
そうすると、「本の流通」という意味で色々問題がでて、難しいようです。
(参考URL:再販制度について)

参考URL:http://www.jbpa.or.jp/saihan-faq.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報