太平洋戦争期の軍部の方針について知りたいことがあります。
太平洋戦争は軍部の南進か北進かの選択肢の中で南進をとったためにアメリカを刺激し、おきてしまったということを聞いたのですが、それで正しいのでしょうか?
また、陸軍は対米開戦に積極的であり、海軍は消極的、また陸軍は北進と南進で内部において方針の対立があり、海軍については開戦の場合には南進の方針とっていた、ということも聞いたのですが、これは正しいのでしょうか?
はっきりと理解できていませんので、どうぞご教示ください。

A 回答 (3件)

 南進北進ではうまく説明できませんが少し書いてみます。



 ときは昭和15年。陸軍は日中戦争ですでにドロ沼状態でした。もう撤退してもよいのではないか。そう考え始めていた参謀本部のもとに、フランスがドイツに降伏したというニュースが飛び込んできます。
 なんという千載一遇のチャンス。陸軍は仮想敵国だったはずのソ連の存在などすっかり忘れ、バスに乗り遅れるなとばかりに仏印(フランス領インドシナ)へと侵攻していきます。
 欧米各国は日本が中国だけでドンパチしているぶんにはまだ良かったのですが、自分たちの利権に関わる地域にまで兵を伸ばされるとなっては黙っていられません、徹底的に関係を悪化させるキッカケになってしまいました。
 そして日独伊三国同盟に、ABCD包囲網への経過ははご存じの通り。
 さて、英米蘭を相手に戦争をするかしないか。今度の戦場は海。―――海軍の戦いになります。山本五十六に代表されるように、アメリカの国力をよく知る海軍軍令部の一部は、たしかに開戦には消極的だったと言えるでしょう。
しかし「やれるか?」と聞かれて海軍は「できない」とは言えません。
なぜかといえば、そもそも海軍の仮想敵国はアメリカでしたし、そのために陸軍の10倍もの予算をもらっていたからです。断れば予算が陸軍に取られてしまう。
 そんななか大本営連絡会議では、石油を絶たれこのままジリ貧に陥るか、魚雷で沈められても南方から石油をタンカーで運んでくるか、どちらが石油を長持ちさせられるかを計算したところ、わずかだが後者の方が有利として開戦決定にいたります。穴の開いたバケツリレーのようなものですね。

以上をまとめますと、こういう構図になるでしょうか。

日中戦争―――積極的な陸軍。輸送船を出して協力した海軍。
太平洋戦争――主力は海軍。兵を出して協力した陸軍。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
戦争がおきた原因には陸軍と海軍の間の微妙な関係もあったのですね。
それが原因のひとつであると思うとなんだかやりきれない思いがします。
大変勉強になりました。

お礼日時:2006/07/22 21:22

南進・北進という方針より以前に、アメリカとの関係を悪化させたのは、日中戦争が原因だと理解すれば、整理しやすいでしょう。

仏領インドシナへの進駐など日本のさまざまな行動は、アメリカが日本への圧力を強める口実に使われましたが、それがなくてもアメリカは圧力を強めていったと考えられます。
アメリカとの関係改善は、日中戦争を続けながらでは不可能でした。

陸軍は日中戦争に勝利するため米英蘭との開戦に賛成し、海軍は陸軍に大きな顔をさせないため開戦に積極的でした。海軍の中で開戦に消極的だったのは、山本五十六を中心とする一部の人々だけです。

陸軍と海軍の方針の対立を象徴する話:
開戦にあたり、戦争の名称として、陸軍は主戦場が中国であると『大東亜戦争』を主張し、主戦場は太平洋だとする海軍の『太平洋戦争』と激しく対立し、強引に押し切りました。
いくら『大』を付けても、ハワイやフィリピンが東亜(東アジア)になるわけないのですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
海軍は消極的だというわけではなかったのですね。
例としてあげてくだっさったお話は興味深いです。

お礼日時:2006/07/22 21:24

大体会っていると思いますが、


「海軍については開戦の場合には南進の方針を採っていた」というのは少し語弊があるように感じます。
というのも、「開戦しようかしまいか」という議論になってくるのは1941年に入ってからの話であって、南進論と北進論が議論を戦わせていたのは1939年までの話だからです。1940年に入ってからは陸軍内で北進論を言っている勢力はほとんどなかったと思います。
(その後1941年に松岡外相が一人で北進論をぶちまけますが、相手にされずクビになりました)
開戦を議論している時点では既に南進・北進という話はなく、南進が当たり前ということで議論になっていたと思います。

南進か北進か、というのは言い換えればソ連を敵に回すか英米を敵に回すか、ということを意味するわけですが、満州事変以前は「ソ連を戦うか、中国を先にやっつけるか」という議論が先行して行われていました。この時点では南方の英米領土に進出するという話はありませんでした。
しかし、満州制圧や、盧溝橋以後の日中開戦から先は、「蒋介石を支援している南方からの道を閉ざせ」という議論が出てきて、そこから「南進か北進か」という議論が沸き起こるわけです。
ノモンハンで大被害を被って(作戦的には決して負けていない、という話もありますが)、「英米勢力を排して支那事変(日中戦争のこと)を終わらせるのが先決で、ソ連を相手にしても何もいいことはないぞ」ということになったので、南進論が主流を占めることになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
北進論、南進論について頭の中で整理ができ勉強になりました。

お礼日時:2006/07/22 21:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング