こんにちは。
実は勤めていた会社のPCスクール部門が経営不振で
2月いっぱいで閉鎖となり、私も会社都合で退職しました。年末に会社にお願いしてあった年末調整の還付金が
未だに返らず、先輩に聞くと「この会社はいつも遅いんだよ」といっていたのでいつになるのかずっと待っていました。3/2に会社へ給料をとりにいったところ、2月分の給料明細と給料(現金支給)源泉徴収票の用紙が入っていました。帰りに現金を数えましたが、源泉徴収票に記載された年末調整の差額の還付金の金額が入っていませんでした。
経理の人にその件を尋ねたところ、すかさず「その件は社長になるから・・」といわれ社長に電話をまわされました。社長曰く「会計事務所に確認するからまた電話してくれ」といって電話をきられました。
今日もその件で社長へ電話していますが、いつもいるはずなのに、留守といわれてしまい、とりあってもらえません。どうしたらいいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

酷い話ですね。



>ただし緑色の申告書には本来自著・押印すべきですが、なにもかかされませんでした。

この用紙が「扶養控除等の申告書」だったら、14年の分ですから、その時に、既に閉鎖を決めていて、渡さなかったのでしょう。

本当に年末調整がされていなかったか確認するには、1月から12月までの給与明細の「所得税」欄を合計してください。
その金額と源泉徴収票の「源泉税」額とが一致すれば、年末調整がされていない可能性があります。

いずれにしても、税務署で、確認してもらえば、所得税が正しく計算されているか判ります。

この回答への補足

今日税務署へ行ってきました。
担当の方に源泉徴収票をみせたところ、「これはもうすでに処理はすんでいますよ。」といわれました。念のため持参した昨年の1月~12月までの給与明細の所得税もパラッとみてもらったらやはり金額が多く「差額が発生するはずですよ。」といわれました。やはり・・・。電話だけでは解決しないので、直接会社へいって交渉しようと思います。会社にしらをきられたら、最悪の場合あきらめざるを得ないでしょうが。

補足日時:2002/03/05 11:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。今朝税務署へいってきました。が、やはり・・・

お礼日時:2002/03/05 11:55

1年間の給与に対する所得税の精算が年末調整で、12月の最後の給料で行なわれます。


この段階で、所得税の過不足の清算は全て済みますから、納めすぎの場合は、12月の給料で戻されることになっています。
会計事務所に聞くまでもないことで、その還付金を会社の資金繰りで、他に使ってしまっています。
これは社長の言い逃れです。

この件については、労基署も、管轄外のことですから相談しても効果はありません。
他の社員の方も同じ状況でしょうから、全員でこのことを話して返還を求めましょう。
会社の業績が不振だと、ますます返還が困難になりますから、早急に交渉する必要があります。

又、後日の証拠となるように、還付金の未払金が有ることを、社長名でサインした書類で取っておきましょう。

この回答への補足

いろいろアドバイスありがとうございました。

補足日時:2002/03/04 21:17
    • good
    • 2
この回答へのお礼

さきほど社長からの伝言で会社の人から電話があり、「今回業務縮小で辞めてもらう2人(私と先輩)は辞めるんだから年末調整はしなかった。自分で申告してくれ」というものでした。業務縮小がきまったのは1月末でしたし、12月上旬には年末調整するからと保険の払込通知など請求され提出しました。(ただし緑色の申告書には本来自著・押印すべきですが、なにもかかされませんでした。)手元にある源泉徴収票はすでに源泉徴収金額が記載され支払い者に会社の名前と社印が押してあります。この用紙でホントに申告できるのか・・・ひとまず明日税務署へ行ってくる予定です。

お礼日時:2002/03/04 21:16

 年末調整は、文字のごとく「年末」に所得税を調整して、過不足がないように追加で納めたり、納めすぎていた所得税を還付する制度です。

還付の場合には、12月の給料で調整をするのが一般的ですので、まさに年末には調整が終了していることになります。
 いまだに、還付されないということは、会社の事情もあるのでしょうが、還付されるべき所得税が別な用途に使われていると、推測をされても仕方のない状況であると思われます。
 もう、3月ですので、1人では心細いでしょうから会社の同僚の状況も確認をして、複数の社員が還付を受け取っていない場合には、団体で申し入れをしたり、それでも見込みが多々ない場合には、管轄している労働基準監督署に相談をする方法もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございました。やはり「年末」にすべきことですよね。会社は親子経営でメインは消費者金融です。以前もお客と返す返さないでトラブルがあったときいています。

お礼日時:2002/03/04 21:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整と確定申告について

お恥ずかしいのですが年末調整と確定申告がよくわかっていません…。


今年、医療費が10万円を越えるので確定申告したかったのですが、時期的に年末調整って先にきますよね?
年末調整は今まで通り会社に行ってもらい、その後、医療費控除の確定申告申告は2月に別途行えばいいのでしょうか?
それとも年末調整はせずに確定申告でまとめて行えばいいのでしょうか?

給与所得も1か所なので、できれば年末調整は会社、確定申告は医療費だけにできると楽なのですが…。


また、根本的な質問で恐縮なのですが、なぜ年末調整は12月で確定申告は3月なのですか?

同じ税金の還付のような気がするのですが何が違って時期が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

>年末調整は今まで通り会社に行ってもらい、その後、医療費控除の確定申告申告は2月に別途行えばいいのでしょうか?

OKです。(医療費控除などの)所得税還付のための確定申告は、2月を待たずに、正月明けから税務署で受付が始まりますよ。

>それとも年末調整はせずに確定申告でまとめて行えばいいのでしょうか?

それは出来ません。会社は社員全員の年末調整をしなければならないと所得税法に書いてありますので。

>給与所得も1か所なので、できれば年末調整は会社、確定申告は医療費だけにできると楽なのですが…。

と言うよりも、会社で年末調整をしてもらわなくてはなりません。そして、医療費控除を受けたいのであれば、税務署へ確定申告するほかありません。

>なぜ年末調整は12月で確定申告は3月なのですか?

世の中、あなたのような会社員ばかりではなく、事業主もいます。事業主の確定申告は、書類や帳簿の整理が大変なのです。3月でも早過ぎるくらいです。

Q源泉徴収票から還付金の見方

源泉徴収票の見方について質問です。
主人が給与明細をもらってこないので、還付金がいくらあるのかわかりません。
源泉徴収票を見ればわかるのでしょうか??
ちなみに住宅控除を申請しているので、源泉徴収税額の欄は0円です。

Aベストアンサー

源泉徴収票を見ても、年末調整で還付された金額はわかりません。
会社によっては、源泉徴収票の欄外に還付金の金額書くところもありますが、通常は、還付金の額は給料明細に書かれるか、それとは別の紙に書いて渡されます。

ローン控除があるのなら「住宅借入金等特別控除額」に金額があると思いますが、少なくともその金額分は還付されていると思います。
たぶん、それ以上の額が還付されているのではないかと思われます。
毎月の給料から天引きされた所得税は、ローン控除は考慮されていませんし、通常、ローン控除がなくても還付される場合が多いですから。
ちなみに、「住宅借入金等特別控除額」はローン控除によって安くなった税金の額です。

Q年末調整をして確定申告?

年末調整をして確定申告?

年末調整の書類を書くように会社から言われています。
今年、いくらか寄付をおこなったため、寄付控除(?)を受けるために確定申告を考えています。
年末調整を受けずに確定申告後に還付という形だと認識していますが、年末調整を受けても確定申告してさらに還付ということも可能なんでしょうか?

年末調整しないように会社には言おうと思いますが、いまいち担当者が頼りなく、うっかり普通に年末調整されてしまったらと心配しています。
12月に還付を一部受けるか、来年の2,3月に全額還付受けるかの違いでしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

>年末調整を受けずに確定申告後に還付という形だと認識していますが、

誤りです。年末調整は会社の法的義務ですから、会社は社員の意向に関係なく年末調整をしなければならないのです。
【根拠法令等】所得税法第百九十条

>年末調整を受けても確定申告してさらに還付ということも可能なんでしょうか?

可能です。

>年末調整しないように会社には言おうと思いますが、

言うことはできません。前述のように、年末調整は会社の法的義務ですから、会社は社員の意向に関係なく年末調整をします。

>12月に還付を一部受けるか、来年の2,3月に全額還付受けるかの違いでしかないのでしょうか?

12月に一部の税額の還付を受け、さらに来年の2,3月に残りの税額の還付を受けることになりますね。

Q源泉徴収票からの還付金計算の仕方

色々過去の質問を見てもわかりませんでしたので
教えてください。
源泉徴収票から実際戻ってくるべき額を計算するにはどの金額からどの金額を引けば良いのでしょうか?「源泉徴収額」が実際自分が払った額とありますが、毎月の給与から引かれていた所得税を足していくと3100円の差が出ますが、これが戻ってくるべき金額なのでしょうか?
過去の質問の答えはほとんどが専門用語(ではないのかもしれませんがホントに無知な者にとって見ると・・・)ばかりで、結局わかりませんでした・・・。
すみません、どなたか解りやすい言葉で教えてください。

Aベストアンサー

源泉徴収票の数字だけを見ても、実際に戻ってくるべき金額は分かりません。

あらかじめ源泉徴収されていて、戻るべき金額が戻った後、もしくは追加で払うべき金額を払った後の金額が、「源泉徴収額」の欄に書いてあります。他の数字は、その源泉徴収額になるための根拠となる数字(または印)です。

考え方としては、
>給与から引かれていた所得税を足していくと3100円の差が出ますが、これが戻ってくるべき金額なのでしょうか?
これでOK。

Q配当と確定申告と年末調整について

最近株を始めたばかりです。
配当は少額の予定ですが、源泉徴収分を取り返す為に確定申告をしたいと考えています。
その場合、年末調整との関係はどうなるのでしょうか。
確定申告をする場合年末調整をしてはいけないのでしょうか、また年末調整と確定申告の両方をすると何か問題があるのでしょうか。
無知な質問かもしれませんが、今まで確定申告をしたことが無いので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

配当金の源泉税を取り戻すには、年末調整ではなく、翌年の1月上旬から3月15日までに、税務署に確定申告をする必要が有ります。
又、配当金控除という控除も受けられます。

>確定申告をする場合年末調整をしてはいけないのでしょうか、また年末調整と確定申告の両方をすると何か問題があるのでしょうか。

会社で年末調整をしてもらって大丈夫です。
その後で、確定申告をすることになります。
従って、年末調整と確定申告の両方をして問題はありません。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.mfi.or.jp/kumiya/stock216.html

Q前職の源泉徴収票がない場合の年末調整

タイトルどおりなのですが、前職の源泉徴収票が
ない場合、給与明細で年末調整を行ってもらえますか?
前職は解雇だったので、源泉徴収票を送ってもらう
ように依頼しづらいのです。。(退職時に、一度
源泉徴収票は発行してもらいましたが、紛失してしまいました。)
給与明細で代用してもらえるのでしょうか??
教えて下さい。

Aベストアンサー

やはり基本的には源泉徴収票で確認して年末調整してもらう事となりますので、再発行してもらうしかないと思います。
直接話すのがいやでしたら、返信用封筒を同封して手紙で再発行を依頼する方法もあると思います。

確定申告の際も、基本的に給与明細では認められず(給与明細だけを持っていっても、例えば賞与等の支払があってもわかりませんし、それだけでは実際に何月まで働いたのかさえわからない訳ですので)源泉徴収票でなければ出直してくるよう言われるだけです。
但し、会社が倒産してしまって物理的に源泉徴収票の発行ができない等のやむを得ない事情がある場合に限っては、給与明細による申告も認められますが。

Q確定申告と年末調整とは?

(確定申告について)
1・確定申告は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
2・確定申告を行うのにどこの施設に行ったら良いですか?
3・医療費の確定申告があるように他の確定申告も存在するのですか?
「年末調整について」
A・年末調整は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
B・年末調整を行うのにどこの施設に行ったら良いですか?

質問が似ておりますがとても知りたいです。お願いします。

Aベストアンサー

>1・確定申告は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
確定申告には2種類あります。
自営業者など事業所得がある人や給与所得者でほかに所得がある人など納税が必要になる人の申告は、2月16日~3月15日です。(土・日がその日になる場合はずれます)
給与所得者で年末調整をされた人が、医療費控除などを受ける場合、年末調整のとき扶養控除、生命保険料控除などの申告をするのを忘れた場合など所得税が還付になる申告は、翌年1月になればいつでもできます。
期限はありません。

>2・確定申告を行うのにどこの施設に行ったら良いですか?
居住地を管轄する税務署です。
通常なら一番近くの税務署でしょう。
また、2月16日~3月15日なら市町村の役所で受付してくれることも多いですね。

>3・医療費の確定申告があるように他の確定申告も存在するのですか?
あります。
1で書いたとおりです。

>A・年末調整は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
>B・年末調整を行うのにどこの施設に行ったら良いですか?
11月~12月初めに必要な書類を会社に提出し、会社はそれをもとに所得税の計算をし直し、今まで給料から天引きした所得税の合計と比べ天引きした額が多かったなら12月(1月のこともある)の給料などで還付、少なければその分徴収します。

>1・確定申告は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
確定申告には2種類あります。
自営業者など事業所得がある人や給与所得者でほかに所得がある人など納税が必要になる人の申告は、2月16日~3月15日です。(土・日がその日になる場合はずれます)
給与所得者で年末調整をされた人が、医療費控除などを受ける場合、年末調整のとき扶養控除、生命保険料控除などの申告をするのを忘れた場合など所得税が還付になる申告は、翌年1月になればいつでもできます。
期限はありません。

>2・確定申...続きを読む

Q倒産した会社の源泉徴収票について

今年2月中旬に前の会社が倒産し、ちょうど一カ月分の給与が未払いの状態で、実際、今年その会社で働いて給与をちゃんと支払って貰った日数は、1月前半の9日間だけなのです。今の会社からその倒産した会社の源泉徴収票を提出するように言われているのですが、給与未払いということもあり、前の会社の社長に連絡を取りづらくどうしたらいいものか困っています。社長は自己破産しており、管財人に問い合わせてみたのですが、こちらの仕事ではないというような事を言われてしまいました。
ちなみに未払い給与は立替払いを受けられることになり近々振り込まれる予定です。複雑なのですがこのような状況でも源泉徴収票は提出しなければいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

ちょっと話が飛びますが、確定申告の際は、源泉徴収票は必ず必要なのですが、ご質問者様のように、たとえば会社が倒産して源泉徴収票をもらえないような特別な事情がある場合には、給与明細等での代用が認められています。

その理屈で言えば、年末調整の際も、できそうな気もしますが、ただそれを受ける会社としては難しいかもしれませんので、その場合は、年末調整せずに、今の会社の源泉徴収票と、前の会社の給与明細等(未払分も含む)を持って、税務署に確定申告に行って、事情を話せば申告できるはずです。

確定申告の際に必要な書類は、上記のほか、ご自分で支払った健康保険・年金があれば、それらの支払った金額がわかる書類、生命保険料控除証明書・損害保険料控除証明書をお持ちであればそれらの証明書、認め印、還付の場合は還付口座となる預金通帳、が基本的なものです。

Q年末調整と確定申告についてご教授下さい。

年末調整と確定申告についてご教授下さい。

サラリーマンで会社で年末調整をしました。
しかし、FXで100万円ほど儲けたのですが、それを会社に知られたくないので年末調整には書きませんでした。

確定申告はどうすればいいのでしょうか?
基本的には初めから全て申告し直し、ただし、年末調整などでの源泉徴収分・還付分を調整すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>それを会社に知られたくないので年末調整には書きませんでした…

知られて良いとしても、年末調整の対象ではありません。

>確定申告はどうすればいいのでしょうか…

普通の FX なら雑所得として「総合課税」。
クリック35とか言われるものなら「申告分離課税」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm

>基本的には初めから全て申告し直し、ただし、年末調整などでの源泉徴収分・還付分を調整すればいいのでしょうか…

おおむねその解釈でけっこうです。
確定申告とは、年末調整をいったんご破算にし、合計所得から税金を計算し直し、前払いした税金を引き算した残りを新たに納めることです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q転職した先の会社が翌年に発行する源泉徴収票について

年の途中で転職して、転職先に源泉徴収票を提出し、年末調整をお願いいたしました。年末調整後に現在の会社から貰える19年の源泉徴収票には、前会社の収入も含められていますか?

Aベストアンサー

>年末調整後に現在の会社から貰える19年の源泉徴収票には、前会社の収入も含められていますか?

前職の会社に扶養控除等申告書を提出したのであれば、現在の会社は、前職の会社の給与も含めて年末調整を行い、前職の会社と現在の会社の給与を合計した新たな源泉徴収票を交付します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報