プロが教えるわが家の防犯対策術!

今年から近くの六畳一間ほどの小さな畑を借りて、野菜づくりにチャレンジしています。

1ヶ月ほど前にトウモロコシの苗を買って来て植えました。
ある日、近隣の畑の名も知らぬベテランおじさんから、トウモロコシの穂の部分に虫がついているなぁ … と指摘を受け、薬をつけたほうがいい、というので、その方の持っている駆除剤(白い袋に入っていて、小さな粒錠の、やはり白い駆除剤でした。その名前は思い出せないんです。)をトウモロコシの穂の先の部分に指で少しづつ散布していきました。
かなり成分の強い駆除剤らしく、2週間ほど後、穂の部分から下のほうまで、その駆除剤が溶け出すあともみられ、また数本のトウモロコシは、穂の部分からすこし枯れはじめました。ただ、トウモロコシの実の部分は少しづつ大きくなっています。
基本的に、失敗してもいいから薬を使わない、というつもりでいたのですが、その時は、栽培に関して右も左もわからず(今でもそうですが … )ベテランの方のアドバイスに耳を傾けるしかなかく、またその親切心を拒むのも悪い気がして … でも、今になってすこし反省してい次第です。

実が大きくなったら子供達と収穫を楽しみ、味覚を楽しみたいと胸をふくらませていたのですが、その薬の影響が心配で、今では場合によったら、収穫をあきらめて、トウモロコシは廃棄しようと考えています。
それとも、こんなのは私の考えすぎなのでしょうか … 。

ピンとくる方がいらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アワノメイガという蛾がやってきて、卵を産みつけ、幼虫となって食害して穂(=雄花ですね)が枯れてしまいます。

つまり枯れたのは虫が入ったせいで、薬のせいではありません。折れたところに糞も見られると思います。
この虫は実(=雌花)にもつきます。実に入るととても食べられたものではありません(糞だらけで大きな芋虫がコンニチワ、嫌ですよね?)。そこで無農薬でやるには雄花を間引いて行きます。雄花を取って雌花に花粉をつけたら畑の外に持ち出します。これで虫害を「軽減」できます。うちの地域ではトンネル+マルチで6月下旬に出すものは雄花の抽出期が蛾の発生より前になるので防除は不要です。
さて駆除剤(=農薬ですよね?)の使用ですが、農薬取締法にのっとってラベルどおりに使用すれば問題の無い残留濃度となるようにできています。「近隣の畑の名も知らぬベテランおじさん」からに薬の名前だけ聞くことができれば検索をして、どの作物に、どのくらいの量を、収穫何日前までに使えば大丈夫か調べられます。ちなみにその条件以外では農薬を使ってはいけないと法で定めているわけです(家庭菜園で使用する場合は他の作物にかからないように注意して使ってくださいね)。

とうもろこしは1回の防除でそこそこのものが取れるので、農薬散布回数は少ない方です。あとは1列とかでなく、できるだけ正方形に植えてやれば受粉しやすく、先端等の実の詰りが良くなります。

秋野菜のアブラナ科野菜は芋虫君たちとの戦いです。虫は葉の裏にまとめて卵を生んだりしますからその時点で取り除くと良いですね。それには虫の卵がどんな形か調べておくと良いわけです。まあ苗を植えた途端成長点を食べてしまう幼虫なんてのもいますが。

というわけで図書館等で栽培について調べる事も大事ですよ。野菜作りにはいろんな知識が必要です。農薬を使わないためには先手必勝です。
大いに楽しんでくださいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

satesate9さん、ありがとうございます。やはり今度ホームセンターなどで類似の商品の棚などをながめ、どんな薬があるのか勉強してみます。おそらく、自分の手にした薬もみつかると思います。
そういえば、ベテランおじさんのなかで私がひそかに尊敬している方がおりますが、その方はまっさきに私に“図書館に行きなさい”とおっしゃってましたね。なにごとも勉強と、いまさらながら痛感いたします。でも、こういう勉強って、ほんとうに楽しい、と、私もこんなオヤジになってやっと気がつきました。
アドヴァイスありがとうございました。

お礼日時:2006/07/21 20:45

 トウモロコシの穂につく害虫といえばおおかたアワノメイガですが、これ用の白い粒状の殺虫剤ならば、多分、パダン粒剤でしょう。

アワノメイガ対策として最も普通に使われています。
 もちろん、トウモロコシにも登録はあり、使用方法は株の上から均一に散粒、総使用回数は2回、使用時期は収穫の7日前までとなっていますので、現状ではそれほど神経質になることはないと思います。また、一部が枯れたのは害虫の影響の可能性が高いです。
 アワノメイガを無農薬で防除というのはかなり大変で、まずてっぺんの雄花につきますので、この虫が付き始めたようだとその雄花は取り除きます。しかし、雄花がないと受粉しませんので、取った雄花を使って手で受粉させてやります。なお、取り除いた雄花は害虫の発生源となりますので、畑に放置せずにきちんと処分する必要があります。
 また、これだけでは完全ではないので、毎日良く植物を観察し、虫が潜り込んだ穴を見つけたら、カッターナイフで繊維に沿って縦に切り開いて、潜り込んだ虫をほじくり出すという作業を続けてやれば、家庭菜園レベルだと大丈夫だと思います。
 ただ、あまり農作業に慣れていない人にここまで要求するのは何ですし、アワノメイガにやられるとほぼ食べられなくなりますので、ある程度は農薬の使用も仕方がないかなと言う気はしますけど。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

近隣の家庭菜園ベテランの方達は、トウモロコシと聞くと、口をそろえたように“虫につかれやすい”とおっしゃってました。アワノメイガという名前だったんですね。勉強になりました。またバダン粒剤のことも調べてみようと思います。とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/07/21 18:09

おはようございます。



そのおじさんの説明不足には釈然としないものはあります。それに、家庭菜園のいいところを考えると、あなたのおっしゃるとおり、薬を使わないといういいところを害されたような気にもなります。

また、家庭で園芸用に一般的に使っている、スミチオンやマラソン、ベンレートなどの比較的毒性が弱いと考えられている農薬でさえ、胎児に対する催奇性や、環境ホルモンの働きがあるのではないかとの疑いを唱える人もいます。

しかし、私たちがいつも利用しているスーパーの野菜に目を転じると、どう考えても無農薬で作っているようには見えない。

とすれば、せっかく作ったとうもろこしを、いかがわしい薬品が付いているからと言って、みすみす捨ててしまうのは(失礼な言い方かもしれませんが)矛盾しているような気がしています。スーパーの野菜も、使ってる農薬までは表示されてはいませんものね。

よく洗って召し上がれば問題はないように思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

term-ottさん、ありがとうございます。私も自分で生まれて初めて野菜などを作ってみて、色々なものに見方が変わったのに自分で驚いています。確かに、先日、無農薬のキャベツとレタスをいただいて家に持って帰ってみて、だんご虫やら毛虫やらがあちこちこびりついているのを見て少々びっくりしました。でも、虫たちを落としてから水できれいに洗って味わったあとの味は格別でした。ほんとに、これが無農薬かぁ … と、しばらく言葉を失いました。それを考えると、たしかに店頭にならんでいる野菜があまりにきれいなので、すこし考えさせられます。
これからも勉強していきます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/21 18:16

使用された薬剤と、その薬剤の基本的な使用方法が判らなければ、食品として安全かどうかは判りません。


特に食用作物に使用する農薬には「収穫前**日以降は使用しない」といった制限がありますから、ホームセンターなどで農薬のラベルを読まれて参考にされるとよいでしょう。
栽培している地域が、平年並みに雨が降っているのであれば、農薬の成分は(そのうち)流れていきます。植物上に白い斑が残りがちですが、増量剤のこともありますので、農薬が大量に残っているかは簡単には判断できません。

>指で少しづつ散布していきました。
それよりも、こちらの方が気にかかります。
農薬は基本的に有害な薬品ですから、使用の際には手袋やマスク、長袖服を着用し、使用後は手洗い、うがい、洗顔、着替えが推奨されています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そのときは市販のグン手をして指で薬をつまみました。でも薬品を扱うという意識はもっていなかったと思います。うがいなどもしてません。軽く手を洗っただけで … 。有害で危険を伴うという意識を忘れないようにします。アドヴァイスありがとうございました。

お礼日時:2006/07/21 20:27

問題ありません。


駆除剤で健康被害が出るなら、駆除剤を販売などできるはずもありません。
それに人間は虫とは違います。
蚊取り線香で人間が死にますか?
とうもろこしの穂は実が成長すればかれてきるのが普通です。
駆除剤の影響ではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

flippy200408さん、ありがとうございます。考えてみれば、あまり気にしすぎても仕方がないですよね。今回いただいたいくつかのアドヴァイスでとても勉強になりました。

お礼日時:2006/07/21 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三明デナポン粒剤5を収穫直前に散布してしまった

住友化学園芸 三明デナポン粒剤5 200gをとうもろこしを収穫する三日前に適
量散布しました。二回目の散布です。とうもろこしのひげが散布後3日で茶色
くなったので収穫し食べました。散布後21日を待たずして食べたのですが副
作用はありますか?現在、目に見える体調不良はありませんが体内に蓄積され
たり子供の発育に影響がでたりするのでしょうか?二回目の散布後収穫まで毎
日雨でした

Aベストアンサー

日本曹達に農薬中毒の症状と治療法がありました。

http://www.nippon-soda.co.jp/nougyo/

製品一覧
http://www.nippon-soda.co.jp/nougyo/index2.html

下の方の
付録 農薬中毒の症状と治療法
http://www.nippon-soda.co.jp/nougyo/seihin/pdf/chiryo.pdf

p.429 2.カーバメート剤(殺虫剤)
農薬名NAC(デナポン他)

直接農薬を摂取されているわけではないと思いますので、
食物にどれだけ残留農薬として残っているかではないかと思いますが・・・

遅発性神経障害を来すことがある。と記載されているのが怖いですね。

心配であれば残留農薬を測ってもらった方が良いかもしれません。

Q農薬、スミチオンやマラソンについて教えてください。

  庭で毛虫が大発生して困っています。
スミチオンやマラソンが効くと教えてもらったのですが、この薬の違いは何なのでしょうか。
毛虫に直接散布するとすぐに死ぬのでしょうか。
薬の長所や効果を発揮するまでの時間や、注意点など教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm
【スミチオンについて】

http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
【展着剤について】

ANo2です。
補足質問の件ですが、ナスやピーマンに噴霧される恐れがあるなら、1,000倍希釈液が無難です。
但し、1,000倍希釈液は殺虫効果に即効性が見られませんから不安になると思います。

それと、展着剤については必ずしも必要ではありませんが、展着剤(界面活性剤)を添加する事で濡れ性が良くなり毛虫や植物に農薬が付着しやすくなるので殆んどの農薬(殺菌&殺虫剤)及び除草剤にも有効です。
スミチオンは、害虫に直接的に効くのは勿論ですが、スミチオンが付着した葉を害虫が食する事でも殺虫効果があるので、農薬が展着しにくい葉には効果があるという事です。

スミチオンは人間や鳥のような温血動物には毒性は低いですが、昆虫や魚類のような冷血動物には毒性が強いので噴霧する付近に金魚などが生息してる池がある場合は農薬が混入しないような配慮が必要です。

http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm
【スミチオンについて】

http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
【展着剤について】

ANo2です。
補足質問の件ですが、ナスやピーマンに噴霧される恐れがあるなら、1,000倍希釈液が無難です。
但し、1,000倍希釈液は殺虫効果に即効性が見られませんから不安になると思います。

それと、展着剤については必ずしも必要ではありませんが、展着剤(界面活性剤)を添加する事で濡れ性が良くなり毛虫や植物に農薬が付着しやすくなるので殆んどの農薬(殺...続きを読む

Q園芸用農薬(?)スミチオンの使用方法及び注意点

以前ここの質問で、蚊を撃退するのにホームセンターで売っているスミチオンをじょうろに薄めて庭にまくと蚊が居なくなる・・・ってのがあって、早速スミチオンを購入したのですが、説明を見てみると

☆1000倍から2000倍に薄める
☆農薬
☆サングラス&手袋着用
と書いてあり、なんだか恐くて使用できずにいます。

☆じょうろで薄める場合、1000倍から2000倍薄めるには1摘程度スミチオンを入れれば良いのか
☆農薬なのに庭にまいて体に害は無いのか
☆庭に咲いている花等には影響は無いのか
☆使用する上での注意点

などを教えてください。

Aベストアンサー

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
1000倍というのは農薬の量(CC)*・・・倍ということです。一滴という適当ではなく計れ!。

 スミチオン1ccx1000cc水=1000倍

<体に対する害>
 散布日当日はその場所に立ち入らないこと。
 散布箇所には素手で触ったりしない。何らかの作業 をして農薬に触れた場合にはよく水道水で洗う。
<花についての影響>
 あります。したがって開花時期や咲いている花には養生する。(当然)

<使用上の注意>
  *風の強い日にはやらない。
  *適正濃度で散布する。
  *散布後は他の種類の農薬を使用しない。
  *散布したことはあなた個人だけではなく家族に   も伝えること。

  以上、ちょっと怖くなって使えないような回答していますが、その位注意すれば大丈夫ということです。 よく農薬で被害を蒙る人はよっぽどの素人さんかセミプロです。 ようく注意書きを読みましょうね。 
 この時期草むしりをすると、晴れた日はすぐ蚊がよってくるので事前に周りの草むらに蚊専用の殺虫剤をまいてから、防虫スプレーを手足にふってから作業しています。 藪蚊はかゆい、痒い。
 

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
10...続きを読む

Q農薬を使わない野菜の害虫駆除方法は?

庭で野菜(サラダ菜)を栽培しています。青虫ならず、小さい黒虫がせっかくの野菜を食い荒らします。農薬以外に害虫駆除方法がありますか?

Aベストアンサー

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫やウリバエにあります。ただし、悪乗りして**菌を添加しても、効果はありません。
http://kame65.seesaa.net/category/4243824-1.html
・不織布を利用し、虫の接触を断ちます。寒冷紗の使用は作物の生育を遅らせるのでお勧めできません。
・鳥よけに使われるキラキラ反射するカラーテ-プと、シルバーのマルチフィルムは、アブラムシ防除に有効です。
・堆肥の施用は播種・移植の1週前とし、完熟の堆肥を使用します。
(2)駆除
・園芸愛好家は「Green Finger」と言われておりますが、これはアブラムシを見つけ次第、指で殺すため赤緑に染まるため付けられた名称です。アブラムシ、青虫、毛虫は殺すか遠くに投げます。これがもっとも有効かもしれません。
http://www.eiga-kawaraban.com/01/01021602.html
・アブラムシは、蟻のサポートがありますので、なかなか撲滅できません。私は牛乳原液をアブラムシに向けて噴霧します。臭いが気になれば、乾いた翌日水をかけます。最近は噴霧式の洗たくノリもありますので、これも使えそうです。

 色々と試みましたが、天敵の利用などは施設園芸での話で、この程度の技術しか利用しておりません。キャベツ、ブロッコリでは無農薬では虫の害で商品にはなりませんし、不織布栽培しても価格競争で負けます。トモロコシでは、アワノメイガの害に毎年悩まされた結果、離れた畑で農薬を2回使います。試しにハーブを作物の中間に植えてみましたが、300坪の畑では、作業が煩雑で中止しました。
結論:(1)時期外れの作物は植えない。(2)土を作り、作物は順調に生育させる。(3)しっかり観察し、病気、虫の害を早く見つける。こんな基礎が大切です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3380698.html

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫や...続きを読む

Qオルトランの人体への影響

 10数年前のパソ通時代さるフォーラムでも話題に上がっていたオルトランの人体への影響ですが、当時から漠然と薬害を理解していたに過ぎませんでした。

 最近の汚染米の問題からメタミドホスがにわかに世間に知れるようになり、農薬のオルトラン主成分のアフトラキシンが体内でメタミドホスへ変化することがおぼろげながら理解出来るようになりました。
 http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-105.html

 これまでもオルトラン粒状を、家庭菜園で野菜の播種後の発芽後に焼香程度土壌表面に使用していますが、近隣の菜園ではキャベツの青虫駆除として直接この粒状を散布しているのも見かけます。

 数年前オルトランメーカーに、この直接散布での人体への影響を質問したことがあります。回答は「悪影響があれば国が認める訳がありません」でした。

 実際オルトランが本当にどれほどの影響があるのか、その真実を知りたくアドバイスをお願いするものです。

Aベストアンサー

100%影響がないとはいえませんね。

じぶんはずいぶん前に使いましたがよく喉がへんな感じになってました。それ以来使ってません。

影響がないといってもそれは現時点での話しということですよね。未来永劫影響がないとはいえないのではないですか。なんせ農薬の技術から”科学兵器”が作られたりしていますからね。

だから害虫退治はニームオイル。病気には木酢液などをいまは使っています。

Qネギの植え替え時期などについて

初心者です。
一昨年知人からいただいた普通の棒ネギ、植えっぱなしでずっと利用してきました。
植え替えた方がよいということなので、4月も間近となり、植え替えてみようか思っているところです。
植え替えの適期など、ネットで調べてみましたが、いろいろ出てはいるものの、もう一つはっきり分りません。
まだ、時々霜なども時々ありますので今頃植え替えても良いものかどうか、ちょっと心配しています。
そこで、次のについて教えていただけたら幸いです。

1 植え替えの適期
2 植え替えの方法(深さ、肥料の量や与え方など)
3 その他必要なこと。

などのついてよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネギが分けつしすぎて密集したので植え替えたいと言うことですね。
ネギは寒さにはめっぽう強い作物です。
私は去年の11月に播種した苗を2月の末に定植しました(関東地区)。
やはり同じく分けつしすぎたネギも、ばらばらにほぐして植えかえしました。
質問者様の地域も同じような気候と思われますが、今でも植え替えをして大丈夫ですよ。
密集したネギを丁寧にほぐし(土が落ちても大丈夫です)20cm間隔くらいで植えます。
30cmくらいの溝に、深さは根が隠れる程度です。
この時肥料はやりません。あらかじめ圃場が用意されているなら、追肥でよいでしょう。
この辺はNO1様の回答を参考にしてください。

Qトウモロコシ苗の病気?について

GW中に植えたトウモロコシの苗の状況が芳しくありません。
現象は、下の方の葉から刃先のほうから茶色く枯れていき、元気な(緑色)部分は葉の外側から葉上側に巻いてきました。
プランターで8株(2株 × 4つ)を栽培しておりますが、全部そうなってしまったことから、虫・病気ではなく、栽培方法が問題かと思っております。
日照時間は昼すぎから日没までです。(約6時間)
水不足/過剰なのか、肥料過剰/不足なのか、それとも病気か害虫(ウィルス)なのか、詳しい方からのアドバイスをいただきたく、質問させていただきました。
お手数ですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

いくつかの質問
1.>GW中に植えたトウモロコシの苗の状況
 書き方からして、苗を買われたか、別に育苗した苗を移植されたのでしょうか?
 それとも種を播かれたのでしょうか?
2.現在の草丈は?
3.プランターの土は既に配合された物を使われましたか? 
 それともご自身で肥料を配合されましたか?
 また、配合土を使われた場合には、そのまま使ったのか、更に肥料を追加されたのか?

書かれた内容で、症状から否定されるものでは、最初に肥料不足です。
肥料不足なら硬めで大きくなりにくく、そのうちに色が薄くなります。
次に日照不足なら柔らかく、伸びるけれど色が薄くヒョロッとした感じになります。

水不足なら日当たりの良い日の夕方などの少し萎えて、水をやると戻る。

私は水過剰ではないかと思っています。
移植苗で活着せずに枯れる事をおそれて、再々水をやって水過剰になったと。
今年は今のところ曇りや雨が多いので、土が乾きにくいです。

他には購入土にさらに肥料を追加したり、自家配合土で肥料を多く入れすぎ、過多も考えられますが。

いくつかの質問
1.>GW中に植えたトウモロコシの苗の状況
 書き方からして、苗を買われたか、別に育苗した苗を移植されたのでしょうか?
 それとも種を播かれたのでしょうか?
2.現在の草丈は?
3.プランターの土は既に配合された物を使われましたか? 
 それともご自身で肥料を配合されましたか?
 また、配合土を使われた場合には、そのまま使ったのか、更に肥料を追加されたのか?

書かれた内容で、症状から否定されるものでは、最初に肥料不足です。
肥料不足なら硬めで大きくなりに...続きを読む

Qとうもろこしが大きい実が成らなくなったのはなぜ?

すみません。わかる人がいたら教えて下さい。家では庭で家庭菜園を楽しんでいます。肥料には初めの頃は牛糞やら消石灰やらやっていましたが、趣味でクワガタ、カブトをブリードしている関係でクヌギの劣化したマット(オガクズ)がよくでます。カブト虫の糞(砕くと黒土になると聞きました)も多いので庭に撒いていましたら山と同じ条件になったのかなんとすごく緑が濃くおいしい作物ができました。ですが3年目くらいになった現在、葉ものは緑が濃いのですが、とうもろこしの木があまり大きくならず、実も1/3程度しか大きくならなくなりました。土の栄養のバランスが崩れたのではと思い、消石灰を入れてアルカリになるようにしましたが、他に何をしたらいいのかわかりません。家内は土を全量入替えないとダメだと言っていますが、何か化学的に足らないものがあると考えています。その足らないものさえ補えばよいはずですので、それが何か知りたいです。農業の知識が皆無な為、とうもろこしの実を大きくするのに必要なものが何か知っている方、どうすればいろんな作物が大きく育つのかわかる方ご指導宜しくお願いします。子供が残念がっている為、来年はぜひがんばりたいのです。宜しくお願いします。

すみません。わかる人がいたら教えて下さい。家では庭で家庭菜園を楽しんでいます。肥料には初めの頃は牛糞やら消石灰やらやっていましたが、趣味でクワガタ、カブトをブリードしている関係でクヌギの劣化したマット(オガクズ)がよくでます。カブト虫の糞(砕くと黒土になると聞きました)も多いので庭に撒いていましたら山と同じ条件になったのかなんとすごく緑が濃くおいしい作物ができました。ですが3年目くらいになった現在、葉ものは緑が濃いのですが、とうもろこしの木があまり大きくならず、実も1/3程度...続きを読む

Aベストアンサー

補足ありがとうございます。
前回答で>化成肥料の絶対量の不足の可能性が高いと思っています。
と書きましたが、訂正いたします。
少し肥料分が足りないかなと思っていました。
どうも、そうではなくもう少し複雑なように思うようになりました。

補足に書かれた事を確認の為に書いておきます。
面積は約10平方メートル、乾燥鶏糞は1回の植付けか、1年に一度入れた量が1袋(約15kg)、消石灰は3年で3袋、1年では1袋(20kg)を使われた。

農業では1反(10アール・・1000平方メートル)で計算しますので、この場合は100分の1と考えてみてください。
1.乾燥鶏糞はものすごく成分の差がありますので、仮にチッ素(N)4%、リン酸(P)6%、カリ(K)4%としておきます。
投入量15kg×100=1500kg(10aに換算)では、チッ素とカリは1500kg×4%=60kg、同様にリン酸では1500kg×6%=90kgとなります。
この成分量は仮に年2作分でも過剰気味です、1作分ですと明らかに過剰です。

2.消石灰は20kg×100=2000kg(10aに換算)となります。
土の種類が判りませんが、火山灰土で酸性度が強い原野などで最初の作付け前に3000kg以上入れることもありますが、その後は1000kgでたります。
その他の土では、最初が1000kg以下で十分ですし、その後は500Kgも入れません。

PHの測定値がありませんので、断言はできませんが、そこそこ強いアルカリ土になっているのではないかと想像され、石灰が多く残っていると思われます。
そうであれば、それが今回の症状の元凶になっているの可能性があります。

参考URLは北海道の農業関係から「目で見るスイートコーンの栄養障害」です。
欠乏症状側で似た物はないでしょうか?
また、検索キー:リン酸 欠乏 水田 スイートコーン
で出るPDFファイルも参照してください。

実際に欠乏していることもありますが、肥料成分の互いの多少で、そのバランスが崩れることで肥効が変わり、欠乏と同様の症状が出ることがあります。
その代表的なものが、石灰・・カルシウム(Ca)と苦土・・マグネシウム(Mg)との比率。
苦土とカリ・・カリウム(K)との比率。
言い換えれば石灰・苦土・カリのトライアングルが崩れると面倒ですし、無駄な肥料を使うことになります。
すみませんが、とりあえずここまでで・・・

参考URL:http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/syuppan/s_corn/index.html

補足ありがとうございます。
前回答で>化成肥料の絶対量の不足の可能性が高いと思っています。
と書きましたが、訂正いたします。
少し肥料分が足りないかなと思っていました。
どうも、そうではなくもう少し複雑なように思うようになりました。

補足に書かれた事を確認の為に書いておきます。
面積は約10平方メートル、乾燥鶏糞は1回の植付けか、1年に一度入れた量が1袋(約15kg)、消石灰は3年で3袋、1年では1袋(20kg)を使われた。

農業では1反(10アール・・1000平方メートル)で...続きを読む

Q収穫を終えたトウモロコシは緑肥になりますか?

トウモロコシが緑肥になると聞いたのですが、収穫が終わった物でも緑肥に使えるのでしょうか。
使えるとしたら、どのようにしたらいいですか?
細かく切って土に混ぜ込むとか、混ぜ込んでから何日くらいおくとか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足です。

通路に置いた場合・・・・
カット無しでそのまま寝かして置けばOKです。
踏んで歩く・水分が有る事で、ボロボロに成っていきます。
私の住んでいる所は雪が積もらないので、雪が積もり続けている場合は結果は判りませんが、分解しないで残るとしたら根元部分ですね。
春に成って硬い部分は、更に通路部分に置いて下さい。畑の端に集めておいてもOK   置いて有る部分は土の乾燥を防ぎますし、雨上がりでも歩き易いです。 どかして見るとミミズも集まっていて、フカフカな良い土を作ってくれます。 緑肥はミミズが増え難いですが、枯れた茎・草・藁類は、ミミズが増えやすいです。

Qオルトランの効果、使用法?

オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、

ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。

現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。

根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。

あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。

水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか?

あと、スプレーより飛び散らないような感じがするんで、効果は多いでしょうか?(スプレーはほとんど、空中に捨ててしまうイメージがあるんですが、、、?)

※あと、既に、きんもくせいなどは、完全に新芽がゼロの状態までひどく、葉巻虫にやられました(こんな状態で駆除をして意味はあるでしょうか?夏にむけて、まだ、新芽はでてくるんでしょうか?)。

レッドロビンやどうだんつつじなどは、まだ、今は、葉巻虫にそれほどは食われていません。

少しでも、効果的な方法をアドバイス頂けたら嬉しいです。

あと、根元に散布とありますが、風で吹けるから、水をまいたほうがよいでしょうか?(1メーター少しの高さの樹木にどれくらい撒いたらよいのか?もわかりません。一応、一本の根元に大きなスプーン2杯程度まいて、シャワーで水を撒いておきましたが、、、これでよいのか?

あと、風で吸い込んでも、心配はないでしょうか?

すいません、宜しく、ご教示ください。

オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、

ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。

現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。

根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。

あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。

水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか?

あと、スプレーより...続きを読む

Aベストアンサー

オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は
オルトラン水和剤のみだけです。粒剤や液剤は使用が出来ません。
粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な
ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布
をします。スプレー容器に入れて薄めるのではありません。バケツで溶かした
液をスプレー容器に入れて噴霧します。
薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り
に薄めて使用して下さい。
スプレー式のオルトランCがありますが、ハマキムシには効果はありません。

オルトランには色んな種類がありますが、名前が同じだけで成分が異なります
から、場合によっては害虫が駆除する事が出来ず、樹木を弱らせて枯らせてし
まう事もあります。

薬剤を使用する時は、まず薬剤が害虫に対して有効(駆除が可能な事)であっ
て、散布する樹木が作物登録されている事が条件となります。
樹木が作物登録されていても、ハマキムシには有効では無い時は使用する事が
出来ないと法律で厳しく制限されています。

薬剤を確実に害虫に付着させるには、ダインと言う展着剤を薬剤に混ぜて使用
します。ダインは一種の糊です。
散布すると大半は害虫には付着しませんが、ある程度付着すれば効果はありま
すから、気にしないで散布して下さい。

オルトランは農薬で毒ですから、使用する時は必ずマスクと防護メガネ、ゴム
手袋を着用して作業をして下さい。
原則として無風時で天候の良い日を選び、風が強い日や散布して1時間後に雨
が降る時は延期をします。
散布時間は朝か夕方の何れかに行います。

もう一度だけ言いますが、ハマキムシには水和剤以外は使用しない事です。
葉が全て食われても散布は行って下さい。ハマキムシの肉眼では見えない幼虫
が潜んでいます。

オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は
オルトラン水和剤のみだけです。粒剤や液剤は使用が出来ません。
粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な
ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布
をします。スプレー容器に入れて薄めるのではありません。バケツで溶かした
液をスプレー容器に入れて噴霧します。
薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り
に薄めて使用して下さい。...続きを読む


人気Q&Aランキング