国ごとの労働時間の長さのグラフを
みました。そしたらイギリス フランス アメリカ
などが上位に挙がっていました
日本は9位か10位くらい・・・
私は日本が1番か2番だと思っていました
フランスに行ったことがありますが
日本人のほうがはるかに勤勉だと
思います。24時間営業の店も多いし
残業も当たり前だし いったいどうしてでしょうか?
統計がまちがっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一体何の統計をご覧になったのでしょうか?


もちろん、集計方法によって結果にはばらつきが出ますが、
少なくともフランスが日本より長いことはあり得ませんよね・・・

ちなみに昨年ILO(国際労働機関)が発表した統計によると、
年間の平均労働時間は、韓国(2474時間)が1位で、以下チェコ、アメリカ、メキシコ、オーストラリアと続き、
6番目に日本(1842時間)が出てきます。
10年前の同様の調査では1位だったのですが、日本でもぐっと労働時間が短縮されたんですね!

ってオイオイ本当??
年間1842時間ってことは、1日8時間として230日。とすると年間休日は135日。
1年は52週だから、週休2日休んで104日。
日本には祝日が14日だから、これを足しても116日。

つまり、週に2日と祝日はきっちり休めて、なおかつ盆暮れ合わせて一年間に19日休みを取り、
しかも1日8時間しか働かない(=残業をしない)人が、この「1842時間」に
当てはまることになるのですが・・・
そんな人が日本人の平均値だって言われても、ねえ(笑

(ここからは推測ですが)こうした統計っていうのは、主に製造業での生産職で比較することが多いです。
100%それだけではないにしろ、多分重点がおかれているのでしょう。
そうすれば、この不況下で労働時間が減っているってのも事実だと納得もできるんですけどね。
でも、これで日本人がワーカホリックで無くなったと言い切るのは、短絡的である気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます 参考になりました
私の周りにもモーレツに働いている人が
います はっきり言って残酷です
でもその上を行く国があるなんて
信じられない・・・・

お礼日時:2002/03/04 22:28

私の感覚では


1位は24時間働いているアメリカのホワイトカラー
次いで,2箇所で勤務することが多いドイツ
寝る間を惜しんで働く華僑‥
こういったところではないかと思ったりもします。
日本も比較的労働時間は長いのかも知れませんが,高度成長時代の「モーレツ社員」の時代からすると,ずいぶんと労働時間は短くなっているといえるでしょう。
週休2日制もかなりの範囲で定着していますしネ。
実際に統計調査の方法を知りませんが,サンプリング法などによってデータは大きく変わるものですから‥
ただ,欧米では複数の仕事を持つ人が多いために見た目よりも労働時間が長いということ。また,企業の上層部は恐ろしくよく働くということは言えます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます アメリカは
すごいですね 日本人も
働きすぎですが ヤッパリ職業によって
だいぶばらつきがありますね ぼくは
正直日本が1番だと思っていました

お礼日時:2002/03/04 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「労働時間制」の訳は何でしょうか

下記のWebサイトによると、日本では次の8つの労働時間制があるそうです。
(ア)通常の労働時間制(法定労働時間を労働時間とする労働時間制)
(イ)変形労働時間制
  (a)1カ月単位の変形労働時間制
  (b)1週間単位の非定型的変形労働時間制
  (c)1年単位の変形労働時間制
(ウ)フレックスタイム制
(エ)みなし労働時間制
  (a)事業場外みなし労働時間制
  (b)専門業務型裁量労働時間制
  (c)企画業務型裁量労働時間制
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/index.html

これらの労働時間制の法的根拠は労働基準法であり、同法においてこれら8つの労働時間制が規定されているそうです。

英国では、「労働時間制」のことを何というのでしょうか。また、労働時間制を規定した英国の法律は何でしょうか。

米国では、「労働時間制」のことを何というのでしょうか。また、労働時間制を規定した米国の法律は何でしょうか。

英次郎で「労働時間制」を検索するとworking hours systemと出てくるのですが、英国では、working hours systemは flexible working hours system という熟語でしか用いられてないようで「労働時間制」という一般的な言葉ではないようです。

米国では"working hours system"という用語ではヒットしません。

下記のWebサイトによると、日本では次の8つの労働時間制があるそうです。
(ア)通常の労働時間制(法定労働時間を労働時間とする労働時間制)
(イ)変形労働時間制
  (a)1カ月単位の変形労働時間制
  (b)1週間単位の非定型的変形労働時間制
  (c)1年単位の変形労働時間制
(ウ)フレックスタイム制
(エ)みなし労働時間制
  (a)事業場外みなし労働時間制
  (b)専門業務型裁量労働時間制
  (c)企画業務型裁量労働時間制
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカで労働に関する法律は連邦+州ごととなります。連邦で労働者に関する法律を管轄するのは労働省、U.S. Department of Laborです。
http://www.dol.gov/
ここにWage and Hour divisionがありますので、労働時間や賃金に関してはこちらが受け持ちますが、労働時間だけとなると、Overtimeなど個別になりますから、日本のようなひとまとめの単語はないと思いますよ。
http://www.dol.gov/whd/

また州ごとに給料と労働時間に関する法律があります。これは Wage and Hour Lawsで検索すると山ほど出てきます。

Qあなたの思う第二次世界大戦での国ごとの総合的な戦力のランキングを教えてください。

あなたの思う第二次世界大戦での国ごとの総合的な戦力のランキングを教えてください。

Aベストアンサー

1.アメリカ
2.ソ連
3.ドイツ
4.日本
5.イギリス
6.フランス
7.イタリア

戦力は、大戦中に陸海空軍の保有していた戦艦や飛行機や戦車等と兵器弾薬等の総数です。兵士数も。
軍事兵力の研究家ではないです、資料は見ていません、ただの予想です。
ホントの事が分かる方はご投稿下さい、私も見たいです。

Q所定内労働時間が減少しているのはなぜ?

18年度労働経済白書などによると、2005年の所定内労働時間が前年比0.7%減少したようなのですが、その理由としてどんなことが考えられますか?
次のようなことを想像しましたが、まったく自信がありません。

1 週休2日制に移行する企業が増えた
2 パートの正規の労働時間が減った

どなたか、ご教示いただければありがたいです。


※労働者の実労働時間は所定内労働時間と所定外労働時間に分けられ、所定外労働時間というのはいわゆる残業などのこと、所定内労働時間というのは正規の労働時間のことと認識しています。

Aベストアンサー

1に加えて1日7.5時間という会社も増えているからでしょう。
あと週休二日制も初期の休日があると土曜が出というのも減って完全週休二日制(土日は必ず休みで祭日も休み)の所が増えてます。

Q無知は勤勉の母である 人が1日生きるために必要な労働は ほんとうに8時間だろうか??? 賢い人

無知は勤勉の母である


人が1日生きるために必要な労働は
ほんとうに8時間だろうか???

賢い人は2時間で、おバカちゃんは
12時間かかったりするのだろうか?

ふうん。

おバカちゃんは12時間かけて
働くべきだろうか???

いや。

その労働は人類にとって
必要ないかもしれない。

機械を渡せばあっちゅうま。

おバカでも、ありあまる衣食住を
もしかしたらほんの数分で
作り出せるかもしれない。


そんなことを考えもしない
無知は勤勉の母でありますね?

Aベストアンサー

元々は19世紀のヨーロッパで、「8時間が一番労働効率がいい・生産性が高い」という実験結果が示されて、日本においては戦後に労働基準法が制定されて決まったわけです。
それが、アナログからデジタルという今の時代になっても引き継がれているわけですが、「働き方」は劇的に変わって、SOHOがあったりフレックスになったりして、一番効率のいい働き方を労働者の技量・力量の程度によって、ある程度自由裁量となる時代になりました。
なので、人によって5時間働けばいいこともあるし、10時間働いても足りない人も出るでしょう。
それを、一律8時間と規定していることは、もはや時代遅れかも知れませんね。

Q法定労働時間

労働基準法での法定労働時間は週40時間です。
変形労働時間制では例外もあるようですが。
会社は土曜日は3週間に一度出勤日があります。
その場合、週の所定労働時間は8時間×6=48時間になります。
週の法定労働時間は48時間でそれ以上の8時間の労働時間は残業手当の対象になるのでしょうか?
変形労働時間制は監督署に届ける必要があると思いますが、所轄の監督署で教えてもらえますか?

 

Aベストアンサー

こんにちは。
変形労働時間制は1年単位、6ヶ月3ヶ月1ヶ月単位で制定出来るはずです。
また、3ヶ月1ヶ月単位の変形労働時間制は、就業規則等に記載することで所轄労働基準監督署への届出を省略出来ます。

ご質問者様の会社で、3週間に一度土曜日出勤とのことですので、
1ヶ月単位で換算すると4週×5日×8時間+8時間となり、
1週間当たり2時間の超過になります。
ただし、1ヶ月の内に会社で法定休日等でその2時間の超過を相殺出来るカレンダーですと、超過になりません。

よくあるのが、盆正月の休日や祝日を含めて超過時間を丸めます。

つまり法定労働時間の超過がない場合は、1日単位の超過を計算します。
8時間勤務につき1時間の休憩をとっている場合は割増賃金を
計算しなくても良くなります。

ですので、変形労働時間制の確認が必要になります。
(会社員様ですよね?業種によって法定労働時間が変わります。)

簡単ですが以上です。

Q110番と119番について

以前友人から救急車が必要な場合110番に電話したほうが119番より早く到着すると言われました。

実際にそうなのか気になります。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

救命救急訓練の際に救急隊の方と話したのですが、119番通報から救急車が到着するまでの平均時間は5~6分だそうです。
電話で住所を聞き次第、電話が終わる前でも、即座に出発する手順になっているとのことです。
このことからすれば、119番通報の方が明らかに早いでしょう。

そのときの話ですが、
通報があったときは、消防車か救急車かをまず聞き、住所は方面が判れば速やかに発車。
この間、1分足らず。(警察じゃ、まず無理。)
その他の詳細は、走りながら無線で指示、だそうです。

Qなぜ「変形期間における法定労働時間の総枠」が必要?

厚生労働省は「改正労働基準法の施行について(昭和63年1月1日 基発1号)」で、次の(1)、(2)のようにしています。

(1)労働基準法第32条の二(1か月単位の変形労働時間制)について、「変形期間における法定労働時間の総枠の範囲内とすることが必要であるということ」としています(二、(1)、ハの項)。

(2)労働基準法第32条の三(フレックスタイム制)について、「労働者が労働すべき時間」「の計算方法は、一箇月単位の変形労働時間制の場合と同様である」としています(二、(1)、ハ、(3)の項)。

つまり、1か月単位の変形労働時間制とフレックスタイム制については、「変形期間における法定労働時間の総枠」を超えると時間外労働となるとしています。

しかし、基発1号は、1週間単位の変形労働時間制、1年単位の変形労働時間制など他の変形労働時間制では「変形期間における法定労働時間の総枠」の範囲内とすることが必要とは、まったく言っていません。

なぜ、1か月単位の変形労働時間制とフレックスタイム制の2つだけが「変形期間における法定労働時間の総枠」について考える必要があって、他の変形労働時間制ではその必要がないのでしょうか。

厚生労働省は「改正労働基準法の施行について(昭和63年1月1日 基発1号)」で、次の(1)、(2)のようにしています。

(1)労働基準法第32条の二(1か月単位の変形労働時間制)について、「変形期間における法定労働時間の総枠の範囲内とすることが必要であるということ」としています(二、(1)、ハの項)。

(2)労働基準法第32条の三(フレックスタイム制)について、「労働者が労働すべき時間」「の計算方法は、一箇月単位の変形労働時間制の場合と同様である」としています(二、(1)、ハ、(3)の項)。

つまり、1...続きを読む

Aベストアンサー

1週間単位の非定型的変形労働時間制は、日10時間を限度とし、週は40時間限度の固定です。変形期間=1週間=40時間です。

1年単位は、平成5年改正法により導入、昭和63年当時は、前身の3か月単位の変形労働時間制でした。引用の通達からは削除されています。1年については平成六年一月四日基発第一号に言及があります。

Q東京メトロ・地下鉄渋谷駅の10番~12番出口は、どうしてあんな構造にな

東京メトロ・地下鉄渋谷駅の10番~12番出口は、どうしてあんな構造になっているんでしょうか? ダイレクトに、宮益坂中央改札にアクセスできてもいいのに。

副都心線が開通する半蔵門線&田園都市線のころからこんな作りですよね。

また、10番出口と11番出口の間に昇降階段があるのも意味がわかりません。何かライフラインなどを回避している気もしますが、この下(地下2階)は広場のはずですし。

10番~12番出口のフロア構造
10番出口と11番出口の間に昇降階段

この2つが本当に不思議です。
どなたか東京の地下鉄や渋谷に明るい方がいらっしゃいましたら、回答をお願いします。

Aベストアンサー

前にテレビで観たのですが、ちょうどあの辺りの真下に川が流れているからだそうです。 小学校で習った「春の小川」のモデルにもなった渋谷川です。
あの不思議なアップダウンは川を避けてのことだそうです。

Q時間外労働時間数の考え方

1カ月単位の変形労働時間制など特殊な労働時間制度ではなく通常の労働時間制度を採用している場合で、日曜日のみを法定休日とし、月~土曜日は1日7時間労働させた場合は、その1週間の全時間外労働時間数は1週間の法定労働時間40時間を超えた部分(=2時間(=7時間×6日-40時間))となるのでしょうか。

Aベストアンサー

そうです。

先ず、1日については、各日の労働時間が7時間なので、法定労働時間の8時間内ですから、時間外労働数はゼロです。
次に、1週間については、法定労働時間の40時間を2時間超えますので、時間外労働数は2時間になります。
この1週間の全時間外労働数は、piyo_1986さんの言う通り2時間となります。

Qビジネスでも、ローマの2位より村の1位になるほうがよい?

ビジネスの世界でも「長い物には巻かれよ」「寄らば大樹の陰」より、
「ライオンの尻尾より犬の頭」「ローマの2位より村の1位になるほうがよい」ものですか?
それぞれのメリット、デメリットを教えてください。

Aベストアンサー

鶏頭となるも牛後となるなかれ、ですね。

組織で能力を発揮できる人間もいるし
独立独歩の方が能力を発揮できる人間も
いるのです。

だから、どっちが良い、というのではなく
どっちに向いている人間なのか、という
見極めが問題になると思います。



それぞれのメリット、デメリットを教えてください
   ↑
安定と不安定
やりがい
中小企業の社長は自殺はしますが
過労死はしません。
過労死は人に使われる人間が遭います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報