人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

この度の水害で家の擁壁が崩れてしまいました。擁壁と法面は、その団地を造成した会社の持ち物です。話では擁壁の改修工事を行うという事ですがいったいこの家はどうなってしまうのでしょう。擁壁を直すだけでまた住めるのでしょうか。崩れた擁壁と家の間は1mくらいです。隣の家は基礎まで見えてしまっています。仮に建て替えになると補償はしてもらえるものなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 質問者さんのお宅は、擁壁の上でしょうか、下でしょうか?


 又、擁壁のタイプは石積でしょうか、コンクリートL型でしょうか?

 擁壁の上で、尚かつL型擁壁だとすると、擁壁自体を完全に作り直す必要があるので、掘削などの関係(掘削幅=底版幅+余裕幅+掘削勾配による幅)で近接する建物は一度取り壊す必要が出てきます。
 その場合は保証の対象となる可能性もあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
家は擁壁の上に建っております。やはり完全に作り直すのならば立ち退きですね。今、地質調査を行っていてこの週末に結論がでるようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/25 08:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q擁壁が崩れた場合について

擁壁が倒壊して自宅に被害が出た場合、擁壁の持ち主に損害を保証してもらえるのでしょうか?
他人の擁壁が壊れて自宅に被害がでた場合、保証してくれる保険とかあったら教えて頂けますか?

Aベストアンサー

>擁壁が倒壊して自宅に被害が出た場合、擁壁の持ち主に損害を保証してもらえるのでしょうか?

原因によりますね。
老朽化などなら管理上の問題ですので、損害賠償を請求することはできるでしょう。

大地震など自然災害により発生した責任は原則として、持ち主に賠償を求めることはできませんので。
もっとも、擁壁の設置・管理などについては所有者などに過失があれば請求することはできますが、過失の存在の証明は質問者側にありますので、非常に困難です。

こんな質問をするのは、その擁壁に何か問題があるのでしょうか?
問題があることを知っていて放置すればそれは管理責任の問題となりますので、問題があるようなら持ち主に連絡しておいた方がよいでしょう。

Q擁壁がある土地を購入した方

新築を建てる土地を探しており、
探しているエリアに気に入る土地が見つかりました。
南ひな壇の土地で、隣地と接しているのは南のみ。北、東、西は道路となっている三方道路の土地です。
南と西に高低差があり、南は1メートルほどなのですが、西は2メートル近い間知ブロックの擁壁です。昭和40年頃の施工だそうで、当時の資料は残っておらず、いわゆる不適格擁壁です。
東日本大震災の際に震度6を経験したエリアですが、岩盤の上のエリアのため、周辺の同じ擁壁で崩れたりしたところはありません。
自分でもできる限りの自己チェックはしましたが、大きな亀裂やズレなどは見当たりませんでした。
土地の広さは100坪ほどあり、擁壁から離して家を建てれば建てることは出来るのですが、将来的なメンテナンス費用を考えると踏ん切りがつきません。
擁壁がある分、周囲の平地の地価より300万ほど安いです。建築家と擁壁の施工経験者に現地を見てもらいましたが、地盤が強ければ、擁壁は古いがやり直すほどではないと言われました。
実際に擁壁のある土地を購入した方に、購入して後悔などしなかったか?
また、メンテナンスに予想外の費用がかかったなど、購入に踏み切る点で注意点などありましたら教えていただきたいです。
また、購入して良かったという意見もありましたら聞かせてください。

新築を建てる土地を探しており、
探しているエリアに気に入る土地が見つかりました。
南ひな壇の土地で、隣地と接しているのは南のみ。北、東、西は道路となっている三方道路の土地です。
南と西に高低差があり、南は1メートルほどなのですが、西は2メートル近い間知ブロックの擁壁です。昭和40年頃の施工だそうで、当時の資料は残っておらず、いわゆる不適格擁壁です。
東日本大震災の際に震度6を経験したエリアですが、岩盤の上のエリアのため、周辺の同じ擁壁で崩れたりしたところはありません。
自分でもでき...続きを読む

Aベストアンサー

私ととても似ている事例だったので思わず書き込みしました。

私も自宅土地購入時、擁壁についてはさんざん悩みました。欲しいエリアは坂ばかりでまともな土地がほとんどなかったからです。(ちなみに7年探したのも同じです。)

で、結局購入した土地は南側に古い間知石積み擁壁が最短でも3.5mある土地でした。
やはり擁壁からかなり離して家を建てることにより万一の時でも家族の命は守れると判断しました。
私の場合は、地震などで擁壁が崩れたらきっとこの辺りは全て同じ状況になるため、行政から補助が出るかもしれないし、ま、その時考えればいいか、っていうのんきな考えで決めてしまいました。
他にいい土地が見つかりそうになかったし、その他の条件が希望にかなっていましたので。

そして、今の感想ですが、とても満足しています。
メインの開口部が抜けているということは想像以上に気持ちのいいものでした。
庭が結果的に広くなったのも快適ですし、(今は畑になっている)隣に建物が建っても日当りに影響なさそうですし。

価格も安いようですし、場所に後悔がないのなら購入してはいかがですか?
住んだら古い擁壁は自分から見えないので何も気になりませんよ。メンテナンスにお金って必要ですか?
でも、きっと盛土なので柱状改良はまず必要でしょうね。
当方も地盤は強いエリアですが、うちは100万位かかりました。

私ととても似ている事例だったので思わず書き込みしました。

私も自宅土地購入時、擁壁についてはさんざん悩みました。欲しいエリアは坂ばかりでまともな土地がほとんどなかったからです。(ちなみに7年探したのも同じです。)

で、結局購入した土地は南側に古い間知石積み擁壁が最短でも3.5mある土地でした。
やはり擁壁からかなり離して家を建てることにより万一の時でも家族の命は守れると判断しました。
私の場合は、地震などで擁壁が崩れたらきっとこの辺りは全て同じ状況になるため、行政から補助が出る...続きを読む

Q擁壁のある家について

玄関間口以外の3方が2メートル以上ある擁壁の上に建つ家について、購入を迷っております。擁壁の寿命は何年ぐらいか、また、擁壁が老朽化してきたら2メートル以上もある擁壁の下に建つ家との問題とかもいろいろ出てくるかなと思ったり、考え出すと良いことは思いつかないのです。でも、その他の部分は全て気に入っているのです。そういう家にお住まいの方や擁壁のことに関してよくご存知の方、また他の方々にもご意見をお聞かせいただければと思います。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

高さ2メートル以上の擁壁は、工作物として確認申請が必要です。
その擁壁が確認済みで検査済み証が発行されているか、地元の役所で、建築確認を行っている課に聞いて見ると良いでしょう。

地盤の良い地域では、切り土で押さえる形の擁壁でも十分もちます。
地盤の弱い場所では、造り変えるのでも大工事になり、隣家の建替えと同時期にあわせないと工事が出来ない場合も出てきます。
ですので、現状で隣家がどの程度擁壁から離れているかも重要な要素になってきます。

防災課でも、がけの危険地域の指定されているか確認するのもいいでしょう。

施工について、工事業者が土木業者か建築業者かによっても、施工の考え方が違います。
土木では、構造物は100年を単位に考えるので、必要以上の寿命を考慮する場合が多く、建築では、建物の寿命を基に30ー50年程度で見ることが多いですね。

下記URLの、「敷地がガケに面している場合」を参照してください。

参考URL:http://www.city.ota.tokyo.jp/ota/ken-shin/kentikukeikaku.2/youtoseigen.htm

高さ2メートル以上の擁壁は、工作物として確認申請が必要です。
その擁壁が確認済みで検査済み証が発行されているか、地元の役所で、建築確認を行っている課に聞いて見ると良いでしょう。

地盤の良い地域では、切り土で押さえる形の擁壁でも十分もちます。
地盤の弱い場所では、造り変えるのでも大工事になり、隣家の建替えと同時期にあわせないと工事が出来ない場合も出てきます。
ですので、現状で隣家がどの程度擁壁から離れているかも重要な要素になってきます。

防災課でも、がけの危険地域の指定さ...続きを読む

Q擁壁が壊れた!業者に買い取ってもらえますか?長文ですいません。

新築で土地建物とも建築会社から5年前に購入しました。少し高台にあって家の敷地南側が擁壁となっています。先日家の傾きに伴い,薬液注入工法により地盤改良工事を行いました。結果的には終了して家は水平レベルに到達したのですが,その過程で,家を持ち上げるとともに横方向にもテンションがかかり,擁壁を押してしまい,擁壁が両隣家との境で破断して南側に倒れそうなくらい押し出されてしまいました。知り合いの一級建築士「k」に見てもらったところ,「構造力学的に擁壁としての機能を喪失している」ということでした。建築会社は土地を擁壁等造成をした会社から購入したようで,擁壁工事には関わってません。kは「擁壁が倒壊したら家も倒壊する虞があり,君たちの命も危ない。また,擁壁が倒壊してその下に居た人が死んだら君が責任を取ることになる。この家を建築会社に買い取ってもらうか,建築会社に他に住むところを新たに構えてもらえ。」といいます。建築会社は,擁壁工事または擁壁の地盤調査がきちんと行われているかどうか確認してはいなかったようです。こういった場合,建築会社にを買い取ってもらうことはできるのでしょうか?できないとなれば別に新たに居所を構えてもらうことはできるのでしょうか?私は大変不安であり,建築会社の担当者に対して今日からでも他所で生活したい旨を伝えるとともに,買取または新たな居所を構えてもらうことの希望を伝えましたが,建築会社の方は「社長と相談して後日連絡します。」というにとどまっています。建築会社から「擁壁の補強は十分です。崩壊しないように工事をするのでそれで納得して欲しい」といわれることも予想され,品確法も見てみたのですが,擁壁及び擁壁の地盤が品確法で対象とされる「基礎」に当たるかどうか判断できません。どなたか詳しい方,アドバイスをよろしくお願いします。

新築で土地建物とも建築会社から5年前に購入しました。少し高台にあって家の敷地南側が擁壁となっています。先日家の傾きに伴い,薬液注入工法により地盤改良工事を行いました。結果的には終了して家は水平レベルに到達したのですが,その過程で,家を持ち上げるとともに横方向にもテンションがかかり,擁壁を押してしまい,擁壁が両隣家との境で破断して南側に倒れそうなくらい押し出されてしまいました。知り合いの一級建築士「k」に見てもらったところ,「構造力学的に擁壁としての機能を喪失している」という...続きを読む

Aベストアンサー

品確法には基礎や土台は明記してありますが、地盤そのものについては記載がありませんので、地盤自体の瑕疵が品確法に適合するかどうかは微妙なところです。私は擁壁は「基礎」には該当しないと思います。

ただし、こちらのサイトのQ15に地盤沈下の例が記載されていますし、
http://www1.fctv.ne.jp/~sjc/page10.html

こちらのサイトにも同様の記載があります。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~iharageo/hinkaku.htm

これは地盤そのものは基礎など構造物ではなく、品確法の対象外と解釈されても、地盤の瑕疵により構造物が影響を受けるような状態の場合は、構造上(構造全体に対する物)の瑕疵として扱えると判断しているからだと思います。

質問のケースは地盤沈下とは異なる擁壁の瑕疵でありますが、構造が影響を受けるような物ですから、品確法の適用になる可能性が高いと思います。k建築士の型の鑑定書などをもらえれば、そういう風にはなしを持っていけると思います。

但し質問のケースでは請負契約か売買契約か不明なので(買ったと書いてあるので売買契約なのかな)、それによって買い取り請求ができるかどうか、対応が異なるようです。

請負契約の場合は修理、修理できないときは建て替えとなるようです。元々購入したものではないので、買い取り請求などはできないようです。
但しこの場合擁壁のやり直し、建て替えの場合は仮住まいの費用の請求も損害賠償として請求できると思います。

売買契約の場合は修理が原則で、修理不能の場合は、契約解除もできるようです。ただし、一般にこのような場合減価償却が発生しますが、品確法は特殊な法律であるため、品確法に基づく契約解除の場合については建物減価償却をどう扱うかは法律に明記されておらず、現状では判例などもないことからその取扱が決まっていないということです。
すなわち、減価償却が認められるなら契約解除の場合売買代金から減価償却分を差し引いた金銭が返還される。減価償却が認められないのなら売買代金のほとんどが返金される。というふうに減価償却の扱いによって返金される金額が大きく異なってしまいます。

木造の場合品確法以外の法律についての瑕疵は5年で時効が来るような物ですから、減価償却があるとほとんど返ってこないという状況にもなる可能性があります。
減価償却の法的な解釈は非常に重要です。
そのためには法的な解釈論が必要になると思いますので、弁護士などに相談した方がよいと思います

なお、品確法に基づく住宅性能評価を受けていると、公的機関による仲裁を受けられますので、もし評価を受けている場合はそこを利用しみてはいかがでしょうか?
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/hinkaku/hinkaku.htm


ちなみに擁壁自体は、質問者との契約関係にある建築会社が建てた物ではなく、別の造成業者が行ったもののようですが、質問者が請求できるのはあくまで契約相手の建築会社であって、擁壁を建てた造成業者にはできないことになっています(建築会社は造成会社に損害賠償を請求することはできます)。

次に万が一、品確法には適用しないと判断された場合でも、家の傾きの補修工事による被害結果と考えて、施工ミスによる資産の損傷と見なして、その補修業者(建築会社と同じところ?)に対して損害賠償請求、状況によっては建て替え費用などを請求することができると思います。

ただし、品確法の適用または補修工事による損害といういずれの場合でも、修理で解決できる問題か、どうかが大きなポイントとなります。そのためには専門家の鑑定結果などが必要です。補修工事による影響と考える場合は、その因果関係を証明する必要も必要です。補修業者と建築会社が別の場合は、責任のなすり合いになる可能性もあります。
これらの鑑定をできる限り信頼のできる専門家に見てもらってください。

いまは知り合いの建築士に見てもらっているようですが、おそらく今は無料に近い状態で見てもらっているものと推定します。
擁壁と鑑定結果の責任の明確化の意味も込めて、知り合いとはいえども鑑定をしてもらう場合は鑑定費用を支払った方がよろしいと思います。

それと補修工事との因果関係を示すために、できるだけその因果関係を示す証拠を記録しておいた方がよいです(補修工事の時期・内容、擁壁の被害の発生日時・状況など)。時間が経つと因果関係を証明するのが困難になります。写真もできる限り自分でも取っておくとよいでしょう。
それが進行しているかどうかも重要な情報ですので、定期的にチェックすることも大事です。

品確法には基礎や土台は明記してありますが、地盤そのものについては記載がありませんので、地盤自体の瑕疵が品確法に適合するかどうかは微妙なところです。私は擁壁は「基礎」には該当しないと思います。

ただし、こちらのサイトのQ15に地盤沈下の例が記載されていますし、
http://www1.fctv.ne.jp/~sjc/page10.html

こちらのサイトにも同様の記載があります。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~iharageo/hinkaku.htm

これは地盤そのものは基礎など構造物ではなく、品確法の対象外と解釈されても、地盤...続きを読む

Q擁壁工事の費用が適正なのかわかりません。教えてください。

南ひな壇の42坪のアパートの新築見積りをある鉄骨ハウスメーカーにお願いしました。
建物本体の価格より驚いてしまったのが、擁壁工事費用550万円かかるという点でした。
アパートの解体撤去費230万円というのも予算オーバーでしたが、主人はこのハウスメーカーと契約してしまいそうです。
この価格は妥当なのでしょうか。

すみません。何の知識もありません。よろしくお願いいたします。

南ひな壇はおおや石で、このままでは建築許可がでない。
東側と西側ともに4メートル道路と隣接していて、擁壁工事をぐるりと
コの字形にしなければいけません。
道路からの高低差は一番高いところで1メートル70センチくらいはあると思います。

ご専門の方、わかりやすく、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 #1です。

 見積りの内容を見ると、現場打ちですね。通常このくらいの高さであればプレキャストを使った方が工期が短く、見た目もきれいなのですが。
 ただ、ここに出された数量だけでは規模(長さ)が分からないので、適正かどうかの判断は出来かねます。
 ちなみに、プレキャスト擁壁(宅造用)だと1.5m位の高さ(根入れ含む)でだいたい4~5万くらい(1本/2m)です。設置手間は2.5~3万/mといったところでしょう。ただし、土工事(掘削、埋め戻し、残土処分)などは別になります。又、設置手間も高さによって異なってきます。

Q擁壁の水抜き穴と側溝について

前回も擁壁の件で色々教えていただきありがとうございます。
擁壁の水抜き穴の件で教えてください。
一般的に,家同士の境界で利用される擁壁には水抜き穴を付けずに,それぞれの敷地内で水はけを考慮して排水し,水抜き穴を擁壁に付ける場合は,水抜き穴から出てきた水を処理するために擁壁の下に側溝を付けるのが一般的なのでしょうか?
水抜き穴が擁壁にあるけど,流れ出た水は隣の敷地内に流れたままの擁壁工事は工法として、おかしいのでしょうか?
道路とかに面した擁壁の場合は水抜き穴だけで側溝などは付けないが,家同士の境界の場合は水抜き穴を付けた場合は側溝を付けるのが普通だと聞いたのですが・・・。
っというのも我が家の東側の擁壁が水抜き穴があり,側溝がついておらず,うちの庭にチョロチョロと水が流れてましたが,先日お風呂の栓が抜けたように大量の水が流れ出してきました。
このような工法が問題なら何とかしてもらおうかと思い,質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し様子が解りました。
擁壁のトップ部分にお隣の土地のレベルでU字構を入れてもらい表の道路の側溝へVU管で落としてもらうよう、工事中に工務店に伝えてください。
隣も今は、家が建っていないので、雨がふると、水が来ますが、家が建てば、土地に吸収される雨量が減って、U字構でほとんど水が流れて、水穴は水がほとんど出なくなると思いますが。。。。。。

となりも家が建ちますよね????

QFRP仕上げのバルコニーに何か敷くべきでしょうか?

12月に家が完成しました。
2Fリビングにつながる4畳半のバルコニーがあります。
FRPで仕上げてありますが,台風等の飛来物で穴やヒビが入ると雨漏
りの原因になるからホームセンターで売っているような30センチ角の
ウッドパネルのようなものを敷いたほうが良いと聞きました。

最初は「そうなんだ。敷くべきなんだ」と思いましたが,住み始めると
汚れれば水道で洗い流せるし敷かない方が掃除が楽だなと感じています。

みなさんはどうお考えでしょうか?

Aベストアンサー

防水工事屋です。
基本的には 露出防水で 表面(トップコートと呼びます)は高品質の塗料(と言うよりも樹脂)に 滑り止め骨材を 入れてますので この上にカバーを敷くのは 邪道です。デザイン的に 敷くのであれば 簡単に剥がせる物が 理想です。ボンド等で接着するタイプは感心しません。
どうしてもの場合は FRP防水メーカーが トップコートを塗らない状態(塗ってあればサンダーで削り落として)で 樹脂で貼り込むタイプ(タイル敷以上の工事費になります)でないと 長持ちしません。

ご質問の通り こまめに 少し柔らかめのブラシ(車用程度)で”水洗 ”されるのが 一番です。
凡そ5年ほ程で 表面のトップコートが劣化したり 禿げて来ることもあります。施工時の気温や 樹脂の微妙な配合にも依りますが、堅いブラシ等で擦ると 傷が付きます。そのときは トップコートのみ を塗り直す事で 防水性能には 影響しません。
5年ごとの プロ(FRP防水屋)の点検を心がけて下さい。

Q擁壁のある建売り戸建ての購入を検討していますが、がけ崩れが心配です。

擁壁のある建売り戸建ての購入を検討していますが、がけ崩れが心配です。

某大手ハウスメーカーが森を切り崩して大規模造成した建売り一戸建ての購入を検討しているのですが、そこは斜面地になっていて、前面は平坦な住宅地ですが裏はひな壇になっており、検討している住宅の裏にも結構高い(2階建て住宅より若干低いくらいの)石積擁壁(間知ブロック擁壁)が作られています。
作っているのが信頼性のある大手ハウスメーカーで、擁壁についても行政の検査済証をとっていて、それもきちんと見せてくれました。
また、基本切り土だそうですが、私が検討している住宅の下は凹凸部分を埋めるために深い所で3mほど盛り土がしてあるそうですが、事前の地盤調査で問題なかったとのことで、杭はうっていないそうです。
営業の方や、他の不動産業者の方の意見を聞いても、新しい擁壁で行政の許可をとっているものについてはがけ崩れの心配はないといわれました。しかし、一方では、やはりどんなにしっかり作られていても擁壁がある以上、がけ崩れのリスクは考えなければいけないという意見もあります。
また、その擁壁は5棟分くらい続いていて、共同管理となるため、自分で勝手に修理や建て直しができないため、その部分についても不安があります。

擁壁があることでがけ崩れを心配するかしないかは、結局の所本人次第なのだと思いますが、行政の許可を取ってきちんと作られている擁壁であっても、大地震や長雨などがあった場合のがけ崩れのリスクは念頭においた方が良いのでしょうか?

駅からのアクセスや周りの環境、ハウスメーカー、家自体にはかなり満足していて、むしろ不安な点といえば擁壁があることくらいなのですが、やはり一生のことなので気になります。
どうか良いアドバイスをお願いいたします。

擁壁のある建売り戸建ての購入を検討していますが、がけ崩れが心配です。

某大手ハウスメーカーが森を切り崩して大規模造成した建売り一戸建ての購入を検討しているのですが、そこは斜面地になっていて、前面は平坦な住宅地ですが裏はひな壇になっており、検討している住宅の裏にも結構高い(2階建て住宅より若干低いくらいの)石積擁壁(間知ブロック擁壁)が作られています。
作っているのが信頼性のある大手ハウスメーカーで、擁壁についても行政の検査済証をとっていて、それもきちんと見せてくれました。
ま...続きを読む

Aベストアンサー

物理的に崖がある以上、どんな対策をしようと崖くずれが100%起こらない保証は誰にもできません。リスクはあります。
でもそれは日本国内、どこにいても地震から逃れる事ができないのと同じです。
日本で家を建てる以上、現在の建築基準法に乗っ取った住宅でも、あらゆる地震に見舞われても倒壊しない事を保証はしてくれません。
耐震基準を満たした家を建てて倒れにくくし、万一の場合は保険で備える、というのが現実的です。
割り切りが必要だと思います。一度保険屋に相談されてはいかがでしょう。

Q古屋付き・擁壁 作り直し土地の値引き交渉

購入しようと思っている土地があるのですが、どのくらい値引きが出来るでしょうか。

購入したい土地(57坪です)
●駅から1800m離れています
●約50m離れた場所に高速が走っていますが住宅地より下がった場所にあり、上部に壁などで音や排ガス対策はされています(朝晩は混み合います)
●坪単価33万
●擁壁は作り直す必要があります(約300万)
●古屋付(約30坪の平屋・解体費用約150万)
●西側が道路に面しています、東北南は家が建っています


地価動向で近所の土地を調べました(この土地も西側道路で東北南は家が建っています)
駅までの距離が1500mで坪単価は33万9900円高速道路からは200m離れています。

古屋や擁壁、高速や駅からの距離が難点だと思うのですが、地価動向で調べた土地と約1万の違いしかないです。
できれば解体費と擁壁を作り直す費用分を考慮して500万ほど安くならないかと思っているのですが、そんなに値切ることはできるのでしょうか?
不動産会社の方に「大幅に値引きは可能ですか?」と聞いたところ「売り主の方も今住んでおられるわけではなく、難があるので柔軟に考えます、と言われているので契約となれば頑張ります」とは言ってくださっています。

購入しようと思っている土地があるのですが、どのくらい値引きが出来るでしょうか。

購入したい土地(57坪です)
●駅から1800m離れています
●約50m離れた場所に高速が走っていますが住宅地より下がった場所にあり、上部に壁などで音や排ガス対策はされています(朝晩は混み合います)
●坪単価33万
●擁壁は作り直す必要があります(約300万)
●古屋付(約30坪の平屋・解体費用約150万)
●西側が道路に面しています、東北南は家が建っています


地価動向で近所の土地を調べました(この土地も西側道路で東北南は家...続きを読む

Aベストアンサー

NO.2です。
ところで
>他の物件と比較して坪1万云々の細かい単価など引き合いに出すのは得策ではありません。
これはなぜなのでしょうか?
仲介人への価格交渉でそのことを言う分には差し支えありません。しかしそれが売主へ伝わるのは、良くありません。不動産は同じものは2つとありません。また一般の売主というのは自分では理解していても、他物件と比較されて欠点を指摘されるのは、不愉快に感じるものなのです。
商品を売っているのではなく、自分の財産を換価するのですから、その過程で心象を悪くするような言動は、慎んだほうが良いのです。これが、100万引いて欲しいという交渉の理由でそのようなことを言う分には問題ありませんが、1800万強の売価に対して400万以上引いてくれという「交渉」をするのですから、それが適えば後は目をつぶるぐらいの気持ちが無いと、むずかしいでしょう。売主が業者なら構いませんが。
事業用地や私たち業者の買取などはあくまでそろばんを弾いての交渉となりますが、マイホームは違います。富裕層で無い限り予算内で条件をクリアし気に入る物件は限られます。買える価格帯まで交渉できれば(工事費も含めて)良しと考えないと、マイホーム用地を探すのはむずかしいですよ。
質問者さんが売主側だと仮定して、工事費は引いてくれ(これは仕方ないと思えるかも・・・)その上に相場より高いから云々・・・と買主が言ってきたらどう思われますか?
経験上、この方は気が進まないのでお断りしてください・・・という結果もあるわけです。
また、メーカーさん経由の解体や土木工事は2割程度割高となります。土木業者に直接見積もり依頼をするか?不動産や経由でも見積もりを依頼して見ましょう。たぶん結構下がるはずです。ここで値引き幅が小さくなれば、纏まる可能性も大きくなるわけですから。

NO.2です。
ところで
>他の物件と比較して坪1万云々の細かい単価など引き合いに出すのは得策ではありません。
これはなぜなのでしょうか?
仲介人への価格交渉でそのことを言う分には差し支えありません。しかしそれが売主へ伝わるのは、良くありません。不動産は同じものは2つとありません。また一般の売主というのは自分では理解していても、他物件と比較されて欠点を指摘されるのは、不愉快に感じるものなのです。
商品を売っているのではなく、自分の財産を換価するのですから、その過程で心象を悪くする...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング