低インシュリンダイエットによれば、砂糖より果糖を使った方が良いということですが、果糖って普通にスーパーで売っているものでしょうか?
また果糖を料理に使った場合の、砂糖に比べて劣る点や、使いにくさ、逆に良い点などあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

甘味を砂糖で取ると一挙に血糖値が上がり、その後一気に下がりますが、それは砂糖が精製された純粋な糖であるためで、吸収されると血中濃度が上がり組織に取り込むためにはインシュリンが必要です。

しかし、果糖はインシュリンの働きを借りずに組織に取り込める糖なので、上がった血糖値は一気に下がらず徐々に下がるので血糖値は安定します。
だから、糖尿病の人にもいいようです。

果糖は普通の砂糖に比べて甘いので、使う時は普通の砂糖の2/3の量で充分です。

どんな料理にも使えますが、果糖という名の通り(?)果物を使った料理というかデザート、ジャム作りなどに特に向いているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>果糖は普通の砂糖に比べて甘いので、使う時は普通の砂 糖の2/3の量で充分です。

そうなんですか。低GI値だし、使う量を少なくても良いということは、カロリーの面でも安心ですね。
簡単に入手できるかどうかが、やはり気になりますが。

お礼日時:2002/03/11 12:34

以前祖母が使っていましたが、ジャスコで売ってました。


甘いのですが、やけにすっきりしてます。
砂糖にある灰汁の味がしないです。
グラニュー糖よりすっきり、料理により”こく””まったり感”が無い感じがします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>砂糖にある灰汁の味がしないです。
灰汁の味って、どんなのでしょう?

甘さでも、あきらかに砂糖と違うみたいですね。
ジャスコですか。
近くにマックスバリューがあるので、行ってみます。

お礼日時:2002/03/05 18:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三ツ矢サイダーゼロの果糖て何ですか

三ツ矢サイダーゼロは、カロリーゼロ、糖質ゼロ、ということで、いくら飲んでも大丈夫と思い、水のようにガブガブ飲んでいました。
しかし、成分を見てみると、果糖が入っています。
果糖ってなんでしょうか。
摂りすぎると、糖尿病になるなどの害があるのでしょうか。
三ツ矢サイダーゼロは、いくら飲んでも平気でしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

 果糖については、No.1の方の回答の通りですが、私も、他社のカロリーゼロをうたっているある飲料について、原材料名の中に「砂糖」という表示があったため、メーカーに「砂糖が含まれていて、なぜカロリーゼロなのか」という質問を、メールで行ったことがあります。
 メーカーからの回答は「100ミリリットルあたり5キロカロリー未満なら、カロリーゼロ、またはノンカロリーという表示が認められている。ご質問の商品の砂糖は、隠し味のために、ごく少量だけ添加している」とのことでした。
 ほかに、「カロリーオフ」は、100ミリリットルあたり20キロカロリー未満で表示可能だそうです。
 私は、人工甘味料の毒性より、糖分の摂り過ぎによるメタボのほうが問題と思い、この手のカロリーゼロ飲料を愛飲していますが、やはり、どんな飲料、食物でも、特定の物を摂り過ぎるのはよくないといえます。

参考URL:http://www.otona-magic.net/diet/600006.html

Q酒、味醂、酒足す砂糖、味醂足す砂糖、酒足す味醂足す砂糖、これって厳密に使い方の基礎の理論があるのでし

酒、味醂、酒足す砂糖、味醂足す砂糖、酒足す味醂足す砂糖、これって厳密に使い方の基礎の理論があるのでしょうか?
いつも適当です。酒は柔らかくする、味醂は固くする、とか?それは肉や魚、野菜
全て?順番は?プロはそれぞれ論理的に使っているのでしょうか?

Aベストアンサー

酒と味醂には旨み成分の有機酸が含まれています
出汁との相性がよく 旨みを倍増してくれます
砂糖は単純に甘いだけです
甘み成分の少ないお酒は 味を変えずに旨みのアップに
味醂は甘みを付けて旨みのアップ(照りも付ける)
味醂は煮込みに使うと素材が固くなるので注意 たこの柔らか煮では厳禁です
以外とよく使われる隠し味 蜂蜜です

日本料理では 酒はだし汁 味醂はまろやかにする隠し味です
スッキリした味は酒と砂糖
複雑な味は味醂で旨みと香り+砂糖(酒も使う)
酒は料理酒は使いません 合成酒で塩分も含まれてます
清酒のパック酒で大量に使いましょう。
京料理の場合出汁の味で勝負的に言われます 繊細な味なのでバランスに気を遣ってます ご飯の友にはならない味です
地方料理は 味が濃い その分出汁の味も強いわけです 砂糖や味醂を多様しても味は崩れません
家庭料理もご飯の友です 強めに使いバランスだけで気を付けるだけ十分です。

Q果糖 フルクトース

果物に果糖が多く含まれているといいますが、これは果糖単体で存在しているということでしょうか?ショ糖は果糖とブドウ糖で成り立っているのでショ糖(砂糖)も果糖ってたくさん入っていますよね?
なぜ果物がたくさん含むというふうに言われているのでしょうか?

ご意見下さい。

Aベストアンサー

>果糖単体で存在しているということでしょうか
その通り。

>ショ糖は果糖とブドウ糖で成り立っているのでショ糖(砂糖)も果糖ってたくさん入っていますよね?
果糖とブドウ糖との二糖なので半分は果糖

>なぜ果物がたくさん含むというふうに言われているのでしょうか?
逆です。果物に多く含まれることから、この名前がある。
果物によっても、含有量は異なりますが。

果糖
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%B9
http://www3.ocn.ne.jp/~eiyou-km/newpage189.htm

砂糖
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9

Q砂糖を不使用で泡立てた卵白と砂糖を使用し泡立てた卵白の違いについて

卵白に砂糖を入れないであわ立てると場合と入れた場合の違いについて教えてください。特に入れなかった場合どうなるかが知りたいです。ご存知の方どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
No.1のかたがおっしゃるように、砂糖不使用ですと泡が立つに従いキメが荒くなって、しばらく放置すると水分が出てしまいには分離してしまいます。砂糖を使用しても長時間放置すると結果は同じ状態になりますが、砂糖不使用の方がだんぜん分離するのがはやいです。お砂糖は卵白の水分をがっちり包み込んで水分が外にでて分離するのを防ぐ役割をします。ということは砂糖がメレンゲを強くする役割なのです。ですので、卵白に対して砂糖の量が多い程分離する時間がおそくなり、より強いメレンゲになるわけです。

砂糖不使用でお塩をひとつまみ入れて泡立てると比較的腰の強いきめの細かい泡が立つようです。でも、すぐに使わないとしぼみます。これは砂糖使用でも同じですね。
塩味のスフレなんかは混ぜたらすぐに焼いていますね。

お役に立つかどうかわかりませんが、どうぞ(笑)

Q果糖+クエン酸で自家製スポーツドリンク

ダイエット目的で
水泳を週5~6回しています。

疲労回復と脂肪燃焼を目的として
果糖とクエン酸と水で
自家製スポーツドリンクを作ろうと
思っています。

そこで質問ですが、
果糖+クエン酸による効能と
脂肪燃焼のために摂取する場合の
果糖の適量を教えてください。

Aベストアンサー

>果糖+クエン酸による効能
果糖は吸収が早く、エネルギー源にすぐになってくれます。ダイエット自体に効果が有るのではなく、そのための運動をより長く使えると言う事に役立ちます。

クエン酸は細胞内のエネルギー工場でのATP産生のサイクルに必ず入ってくるもので、本来は自分で作るのですが、非常に重要で複雑な過程なので、其処にクエン酸を外部から入れると、スムーズにまわる事と成ると、今は言われています(これの実験での専門家ではないので・・・)。

蛇足:
水泳のレベルと時間が分からないのでなんともいえませんが、かなり旨いならダイエット自体にはなりません。
プロ並に追い込むなら別ですが・・・・。 それだけやっていれば、更に他の物質の摂取を既に行なっているでしょうし・・・・・。

Q(至急)料理用の砂糖とコーヒーの砂糖

料理で砂糖を使うのですが、きれてしまっていました。

コーヒーの角砂糖はあるんですが・・・。
これを料理に入れては駄目ですか?
ちなみに煮物に入れます。

Aベストアンサー

いいですよ。
まったく問題ないです。
私も時々やります。

Q果糖の行方

果糖の代謝ついての質問です。
果糖の特徴は
・単糖である(吸収は早いのか遅いのかはよくわかりません。単糖なので吸収は早い!?でもGI値(グリセミックインデックス)は低い)。はて?
・タンパク質と結合する。極端な食べすぎは血糖調整障害をまねく。
これをふまえて、いくつか質問があります。
■質問1
血糖は、血液中の「ぶどう糖」の濃度です。
果糖は必ずしもぶどう糖に変換されませんから、吸収スピードにかかわらず、血糖(ぶどう糖濃度)を上げにくい=GI値が低い、と私は理解しましたが、合っているでしょうか?
■質問2
果糖は、どこで、どの程度の割合で「ぶどう糖」に変換されるのでしょうか?また、インスリンの影響を受けにくいようですが、ぶどう糖に変換されなかった果糖(フルクトース)はどのようなメカニズムで貯蓄(代謝)されるのでしょうか?

Aベストアンサー

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「砂糖の代謝」
このページは砂糖の吸収・代謝の説明ですが、ブドウ糖と果糖に関しての記載があります。
この記載によると果糖は腸管からの吸収に際して、一部ブドウ糖に変換されて吸収されるようです。

snuffyさんはGI値に関して詳しいので、既にチェック済みかもしれませんが・・・?
◎http://www.somos.co.jp/solution/013.htm
(グリセミック指数(Glycemic Index) 初級)
「ブドウ糖」と「果糖」では吸収速度に差があるようです。

◎http://www.coara.or.jp/~ijioita/eiyou.html
(果糖)

ご参考まで。

参考URL:http://sugar.lin.go.jp/japan/view/jv_0003a.htm#2

Q油や砂糖を使わないでおからを食べる

おからはそれだけでもヘルシーですが、油と砂糖を使わないおいしい食べ方や調理法があったら教えてください!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

厚手の鍋でカラいりしてお砂糖ではなく本味醂としょうゆで味付けすればおいしいおからができますよ。
具はしいたけ、人参。竹輪、ネギなどをこまかく刻んでね。
椎茸の戻し汁は必ず入れましょう。

あとおからクッキーもおからが入ってると思えないくらいですよ。
小麦粉と混ぜますが好みの割合でやってみてください。

Q果糖とブドウ糖の区別

 ジフェミルアミンで果糖が青色に呈色するということで同じ単糖類である果糖とブドウ糖は何によって呈色に違いがでたのかわかりません。教えて下さい。

Aベストアンサー

メカニズムが書いてあるページが無いですね。特に日本語では。ジフェニルアミンは2-オキソ糖の検出試薬ですので果糖に反応し青緑色に呈色します。
一応、英文の「糖の定性反応一覧」をどうぞ:
http://www.science.smith.edu/departments/Biochem/Biochem_353/CARBO.html

最近糖類は「環状構造」で表記される事が多いので、環状と鎖状の両方の構造が書いてあるページも貼っておきます。下記(日本語)。

参考URL:http://133.100.212.50/~bc1/Biochem/biochem3.htm

Q外国では、料理に砂糖を使わないのですか?

「料理(デザートを除く)に砂糖を使うわが国の習慣はきわめて異例である」というお話しを読んだのですが、これは本当でしょうか?

私は料理にお砂糖やみりんを使うのは、当然のことだと思っていたので、驚いてしまいました。

外国では甘い料理は無いという事ですか?
だからTERIAKIやYAKITORIなどの甘い料理が珍しくて、アメリカで受けたのでしょうか?

なにかご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

昔まだ海外渡航が今ほど簡単ではなかった時代(たぶん30年以上前だと思います)の話です。
テレビであるビジネスマンの体験談が語られていました。

そのビジネスマンがアメリカからのお客様を日本滞在中にいろいろ食事につれていき、そのアメリカの方はすきやきが好きになったそうです。
何度か来日するので、そのたびにすきやきへつれていったのですが、過去に行ったお店では割り下(すきやきのたれ)で煮込んでいたものが、ある時に行ったお店では昔ながらのしょうゆと砂糖を具材にのせ、肉や野菜からでる水分でいっしょに煮込む調理法で、目の前で作ってくれたそうです(これは30代後半以上の人は、家庭でもやっているケースがあったと思います)。

するととたんに「料理に砂糖をいれるのか!それもこんなにたくさん」と叫んで、すきやき好きだったアメリカ人はほとんど手を出さなかったそうです。

海外ですきやきや、てりやきのような甘い料理は、ないことはないですが、それほど多くないと思います。
また使われていたとしてもそれほど量は多くなく、また目の前で砂糖を加えるところをほとんどの人がみたことがないので、料理に砂糖を入れるのに抵抗がない日本とは、人々の意識に大きな差があると思います。
たぶん今でも、外国人の前で、砂糖をあからさまに料理にいれるところを見せると、食べられない外国人は多いかもしれません。

日本では、うどんのたれや、煮物、卵料理、スープなど多くに砂糖がはいっています。このちょっとした甘みやうまみが、逆に海外旅行をした日本人が、現地の料理がおいしく感じられない理由にもなっているような気もします。

昔まだ海外渡航が今ほど簡単ではなかった時代(たぶん30年以上前だと思います)の話です。
テレビであるビジネスマンの体験談が語られていました。

そのビジネスマンがアメリカからのお客様を日本滞在中にいろいろ食事につれていき、そのアメリカの方はすきやきが好きになったそうです。
何度か来日するので、そのたびにすきやきへつれていったのですが、過去に行ったお店では割り下(すきやきのたれ)で煮込んでいたものが、ある時に行ったお店では昔ながらのしょうゆと砂糖を具材にのせ、肉や野菜からでる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報